さむらい物語 第94話 ~さむらいにとってまさかの事件勃発~

やあやあ、さむらいである。

昨日の宣言通り、本日は

『さむらい物語』

を更新したいと思う。

隔週位では更新したいとしていたが、気付けば2週間以上、経っていたw

楽しみにしていた門下生(読者様)には大変、申し訳ない。

しかも、前回は気になる終わり方をしたと言う反響の大きかった回。

と言う事で早速であるが、

『さむらい物語』

をお届けしよう!

前回までの話し

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩、さむらい『過去の記憶や足跡』『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこうと言う、趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は“妄想”もあり、中には“記憶違い”等が含まれている可能性がある事もお断りしておくw


若かりし頃から、『パチスロ』に目覚めたさむらいは将来、

『スロプロ』

になる事を夢に見、決意していた。


しかし、まずは苦労を掛けた両親への感謝の念から、『野望』を胸にホテルへ就職したさむらい“ベルマン”に配属されたのち、

『ドアマン』

に配置転換されるのであった。


“ドアマン”に配属された事でこれまで無縁であった普通免許を取得し、自家用車も購入。


何より、“ドアマン”の仕事が楽しく、やりがいを感じており、“シフト作成者”として責任ある立場を任されるようにもなった我輩は益々、退職の機を失ってしまうのであった。


当時の『ぱちんこ』“最大連チャン数5回”と言う、リミッター規制が長らく敷かれていたが、1999年に解除されると規制緩和の動きが強まって行く。


そんな中、『パチスロ業界』“劇的な進化”を遂げ、“CT機”の登場を皮切りに新基準機と呼ばれる“大量獲得機”“セブンライン機”“AT機”と言った新たな機種が続々と登場する。


更には“BIG中のJAC INフラグ”を持ち越す、『シフト持越し機能』を搭載する機種まで現れると、後に“サイレントストック機”と呼ばれる“合法的なストック機”が登場するのであった。


規制緩和と言う動きが進む、『ぱちんこ』であったが、“爆裂AT機”で明らかな盛り上がりを見せる『パチスロ業界』にも暗雲が立ち込める状況になっていく。


前回は4号機と言えば、誰もが思い付く、過去一番売れた台である、『北斗の拳』をご紹介。

プライベートでは我輩へ好意を抱く後輩から積極的にメールが届くようになるのだが、やましい事がないのだからメール位返せばいいと、言う彼女の言葉通り、メールのやりとりを続けていたが…。

前回の話しをお読みでない門下生(読者様)はこちらから

第93話

やあやあ、さむらいである。現在、"楽天スーパーセール"が行われているのはご存知だろうか?"お買い物マラソン"もそうであるが、ショップ周りをすると、どんどん、貰える楽天ポイントの"パーセンテージ"が上がって行く。我輩は"守銭奴"で[…]

北斗の拳

思い出の機種

モグモグ風林火山
©NET

『モグモグ風林火山』ネット4号機である。

ここ最近、後継機となる

『天晴!モグモグ風林火山全国制覇版』

6号機で登場しているので記憶に新しいだろう。

今回で『モグモグ風林火山シリーズ』5機種目である。

さて、そんな前身機となる、初代の『モグモグ風林火山』であるが、こちらはA600タイプストック機であった。

A600タイプと言うのはおおよそ、“BIG”600枚獲得出来る機種を指し、過去に紹介した機種で言えば『大花火』などが同一タイプ。

『大花火』を紹介した記事はこちらから

第61話

やあやあ、さむらいである。ここまで雨が降り続くと、寒いばかりか気分まで落ちてしまうと言うもの。そんな中、昨日の記事で、アンケートを取らせて頂いたのであるが、皆様の"温かなコメント"にすっかり、"心温まった我輩である"wアンケート[…]

大花火

この当時、ストック機“サイレントストック機”と呼ばれ、内部で成立したボーナスをすぐには放出せず、ゲーム数や特定役での解除抽選に当選すると、ボーナスを放出し、内部で貯めていたボーナスを一気に吐き出すと言った連チャンを見せる事が出来るようになっていた。

ストック機を詳しく解説した記事はこちらから

第86話

やあやあ、さむらいである。『さむらい物語』の更新を望む、"一定層のマニア"な門下生(読者様)がおられる以上、こちらも更新したいと考えながらも"実戦記"の方がアクセスが集められるとあって、またもや更新が疎かになってしまっていた。正[…]

キングパルサー

そんな流行のストック機と、大量獲得機を合わせたのが『モグモグ風林火山』であった。

この当時、ネットはゲームメーカーであったTecmoと業務提携を結び、キャラクターデザインなどを手掛けるようになった時期でもある。

戦国武将にこの愛くるしい、モグラを見立て、モチーフとしたのはTecmoが手掛けたからではなかっただろうか?

ゲーム性は武田モグ玄決戦(モグラ叩き)“全国制覇”を目指すものとなっている。

愛されるキャラクターもそうであるが、中身も完成度が高かった。

まず、注目すべきは“BIG”中の“リプレイハズシ”が打ち手のレベルの合わせて選べると言うもの。

“リプレイハズシ”について知りたい方はこちらの記事を参考に

第16話

やあやあ、さむらいである。先日、テスト段階ではあるが登録した『LINE@』のアカウントであるが、トークを一斉送信するのは月に『1000件』までと言うのはまだ、わかる。しかし、タイムラインに投稿するのも月に『5回』まで[…]

目押しが苦手と言う方は、『大花火』のように3連モグ玄を目安に目押しすると、80%でハズシが成功する。

この時の平均獲得枚数は約577枚

ビタ押しに自信が有る方は左リールに“青7青7リプレイ”ビタ押しし、成功すると、“ハズシ成功+15枚の払い出し”を受ける事が出来る。

この時の平均獲得枚数は約613枚

ここは確実にハズシたいと言う場面では“BARベルリプレイ”を上段か、枠上に押せばハズシコマ数が2コマとなる為、確実にハズス事が出来るが、払い出しはない。

このように打ち手のレベルに合わせて平均獲得枚数が変わってくるので“ビタ押しスト”にとってはより、甘い台となるのであった。

この当時のNETの筐体はリールの枠が広く、ビタ押しがし辛く、苦労したのを覚えている。

キャラクター、ゲーム性、“BIG”中の技術介入要素に加え、打ち手を魅了したのは何より、“甘さ”であったと思う。

ストックがある場合ではあるが、天井が最大で1216Gとなり、最深部であれば2連チャンは約束される。

大量獲得機であるのにこの天井ゲーム数は浅いと言えるだろう。

但し、カバーしなければならない、連チャンゾーン192Gと深めなのである。

早めのゲーム数から天井狙いが出来、カバーすべき連チャンゾーンも深い為、打ち始めのハードルは低く、長く打つ事が出来たので打つ機会も多かった。

更には“ビタ押しスト”であった我輩は出玉率を最大限に引き出す事が出来たので店を選ぶ事無く攻められる機種でもあった。

そんな中、間違ってでも“全国制覇”なんぞ、しようものなら大量獲得が期待出来たのである。

現行機となる、『天晴!モグモグ風林火山全国制覇版』は未だ触らず終いであるが、浅い所から天井が狙えるらしいので狙っていきたいと考えている。

事件勃発

--sponsored link--

前回までの話しを簡単に説明させて頂く。

当時、5年付き合っていた4個上の彼女と半同棲をしていたが、マンションの賃貸更新のタイミングでちゃんと、同棲しようと、物件を探していた。

しかし、物件の条件が、お婆さんの面倒が見れる近所と、場所が限定されており、且つ、二人で飼っていた愛猫の“コチ”が住める、“ペット可”の物件を探していたのだが、この限定された条件で望める物件と出会えず、更新時期を迎えてしまい、一先ずは半同棲を解消する。

我輩は会社の男子寮に戻り、彼女はお婆さんの近所の団地に住む母親の元へ、身を寄せるのであった。

団地である為、もちろん本来はペットは厳禁である。

そんな状況下で我輩の会社で頻繁にメールをしてくる後輩がいた。

好意があると知りつつも、やましい事はないし、内容も会社の事であったり、大した話しではない為、気にせず返信をしていた。

お付き合いしていた彼女も気にせず、メール位すればいいと言っていたのだが、彼女ではなく、妹や親友からそう言うの止めなよと、説教されていた。

恐らくは彼女が愚痴をこぼしていたのだろうと察しながらもやましい事はしていないと言う自負と、表向きはやればいいと言っているのに他人から言われるのはしゃくに障った為、我輩は気にせず、メールのやり取りをしていた。

ここまでが前回まで語った話しであった。

当時はもちろん、ガラケーであり、スマホもなければLINEなんてない。

iモードを使い、ドコモメールでやり取りしていた時代である。

半同棲を解消しながらも親公認のお付き合いをしていたので、たまに我輩が彼女の母親の団地に泊まりに行っていた。

週に1~2回と言った所か。

彼女に会うのもそうであるが、愛猫の“コチ”に会う為でもあるw

“コチ”を語った話はこちらから(写真有り)

第75話

やあやあ、さむらいである。5月も半分が過ぎた所だが、今の所、『1日1万PV以上!』と言う、ブログ目標は達成出来ている。となると、極端にアクセス数の下がる『さむらい物語』の更新タイミングが難しい所なのである[…]

ワニマル

“コチ”は人見知りで臆病な超ツンデレな性格をしており、甘えてくるのは家に帰って来た時のみ。

後は放って置いてくれと言うスタンスなのだが、これまで毎日のように暮らしていたのに我輩がたまにしか来なくなり、少し寂しい思いをしているのか、比較的甘えてくるようにw

なぜ、こんな話しを今さらしているのかと言うと、事件と大きく関わっているからである。

その事件と言うのは我輩が風呂に入っている時であった。

“カラスの行水”と言うわけではないが、熱がりである我輩は比較的短時間で風呂を上がる。

髪を洗い始めると扉の向こう側から“コチ”

『ニャ~ニャ~』

と、甘えた声で鳴いているではないか。

超ツンデレな性格の“コチ”が珍しいと思い、

『どうした~?』

と、扉の下の方にあるシマシマの通風孔とでも言うのだろうか?

下から覗くと、扉の向こう側が見えたのである。

そこから覗き込んだ時、我輩は衝撃的な光景を目にしてしまう。

事も有ろうか、“コチ”の先の居間で、我輩の携帯を食い入るように見入っている彼女の姿を目にしてしまったのである。

二人の間で互いの携帯は見ないと言うルールを設けていた。

だから、お互いを信じながらもプライベートは尊重し、ロックを掛ける事もない。

読まれた所でやましい事はしていないので困る事はないが、彼女が起こした行動は我輩に対しての裏切り行為であった。

我輩を裏切ってまでして携帯を盗み見る彼女の行動がわからなかった。

メールをするなと言われれば、控えるし、やり取りを見せろと言われれば見せる事も出来る。

だが、メールはしても気にしないよと、言いながら我輩との約束を破って陰で携帯を盗み見るとは裏切り以外の何物でもなかった。

総括

--sponsored link--

さて、我輩にとってこれは今後の付き合い方を揺るがす、大きな事件となった。

風呂から上がった我輩はどうしたか?

騒ぎ立てたり、問い詰めたりしたのか?

“コチ”を可愛がったのか?

気になる所であろうが、この続きは次のお話しとさせて頂こう。

『第95話』へ続く。。。

第95話

やあやあ、さむらいである。本日、7月8日は『ガールズパンツァーG』の導入日であったのだが、初打ち出来た方はおられるだろうか?何と、我輩はと言うと、珍しくも良番を引き、土俵に上がる事が出来た。需要があるなら近々、記事にしようかと思[…]

スーパーブラックジャックS777

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『相変わらず、続きが気になるぜ!』と言う門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

モグモグ風林火山
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--