【さむらい物語】第95話 ~さむらい黙認する~

やあやあ、さむらいである。

本日、7月8日『ガールズパンツァーG』の導入日であったのだが、初打ち出来た方はおられるだろうか?

何と、我輩はと言うと、珍しくも良番を引き、土俵に上がる事が出来た。

需要があるなら近々、記事にしようかと思う。

但し、新台と言う事で色々と、手が掛かるので余裕がある時にさせて頂こうと思う。

つまりはフル稼働した日の更新では難しく、不発に終わり、早上がりした日に更新すると言う事である。

『ガルパンG』の記事が上がった日はダメだった日だと察して頂こうw

さて、本日であるが、隔週更新のお約束通り、

『さむらい物語』

をお届けしよう!

前回までの話し

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩、さむらい『過去の記憶や足跡』『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこうと言う、趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は“妄想”もあり、中には“記憶違い”等が含まれている可能性がある事もお断りしておくw


若かりし頃から、『パチスロ』に目覚めたさむらいは将来、

『スロプロ』

になる事を夢に見、決意していた。


しかし、まずは苦労を掛けた両親への感謝の念から、『野望』を胸にホテルへ就職したさむらい“ベルマン”に配属されたのち、

『ドアマン』

に配置転換されるのであった。


“ドアマン”に配属された事でこれまで無縁であった普通免許を取得し、自家用車も購入。


何より、“ドアマン”の仕事が楽しく、やりがいを感じており、“シフト作成者”として責任ある立場を任されるようにもなった我輩は益々、退職の機を失ってしまうのであった。


当時の『ぱちんこ』“最大連チャン数5回”と言う、リミッター規制が長らく敷かれていたが、1999年に解除されると規制緩和の動きが強まって行く。


そんな中、『パチスロ業界』“劇的な進化”を遂げ、“CT機”の登場を皮切りに新基準機と呼ばれる“大量獲得機”“セブンライン機”“AT機”と言った新たな機種が続々と登場する。


更には“BIG中のJAC INフラグ”を持ち越す、『シフト持越し機能』を搭載する機種まで現れると、後に“サイレントストック機”と呼ばれる“合法的なストック機”が登場するのであった。


規制緩和と言う動きが進む、『ぱちんこ』であったが、“爆裂AT機”で明らかな盛り上がりを見せる『パチスロ業界』にも暗雲が立ち込める状況になっていく。


前回は大量獲得機でありながらストック機と言う、『モグモグ風林火山』をご紹介。

プライベートでは5年付き合っていた彼女のまさかの裏切り行為を目撃してしまうのであった。

前回の話しをお読みでない門下生(読者様)はこちらから

第94話

やあやあ、さむらいである。昨日の宣言通り、本日は『さむらい物語』を更新したいと思う。隔週位では更新したいとしていたが、気付けば2週間以上、経っていたw楽しみにしていた門下生(読者様)には大変、申し訳ない。しか[…]

モグモグ風林火山

思い出の機種

スーパーブラックジャックS777
©NET

『スーパーブラックジャックS777』ネット4号機である。

前作の『モグモグ風林火山』に続き、ネットの機種であるが、たまたま、時期的に同じ位であったから。

本当は本機『スーパーブラックジャックS777』を先に紹介するつもりであったが、よくよく調べて見ると、『モグモグ風林火山』の方が先であった。

その為、前回先にご紹介させて頂いた次第である。

どちらかと言うと、やれる気がしない仕様なので『モグモグ風林火山』の方が断然、打っていたw

その名の通り、前身機は以前に紹介したストック機の元祖となる、『ブラックジャック777』の後継機である。

前作と大きく異なるのネットを代表する萌えキャラである、Rioのデビュー作であると言う事であろう。

ここから“ネット=萌えスロ”が始まったと言っても過言ではないだろう。

『ブラックジャック777』を紹介した記事はこちらから

第86話

やあやあ、さむらいである。『さむらい物語』の更新を望む、"一定層のマニア"な門下生(読者様)がおられる以上、こちらも更新したいと考えながらも"実戦記"の方がアクセスが集められるとあって、またもや更新が疎かになってしまっていた。正[…]

キングパルサー

本機はA400タイプストック機

ただ、これまでのテーブル方式(ゲーム数管理)ストック機とは一線を画していた。

ストックされたボーナスは、毎ゲーム抽選されている放出抽選に当選するか、“Rioチャンス”に当選すると発動される仕様であった。

“Rioチャンス”とは、ボーナス終了後にたまに入る“ストックタイム”中にのみ、抽選され、“ストックタイム”中に“Rioチャンス”を貯めていくと言ったゲーム性であった。

“ストックタイム”50G~777Gが選択され、この間に“Rioチャンス”を貯留していき、“ストックタイム”消化後に貯めていた“Rioチャンス”を発動する。

本機は小役6連続当選時ストックしたボーナスを放出するのだが、“Rioチャンス”6G間、小役の押し順ナビをしてくれるので

『Rioチャンス=ボーナス』

と言ったように、必ず、内部ボーナスを放出する仕様であった。

“ストックタイム”をより多く消化出来ればそれだけ、“Rioチャンス”の当選契機が増えるので、通常時からのみ当選する最大である777Gに当選すればそれだけで“ストックタイム”中のAT1000枚以上獲得出来るだけでなく、“Rioチャンス”が貯められる仕様。

更には、この時当選した“BIG”は全て“SUPER BIG”となり、角チェリー(15枚)の押し順ナビをしてくれるため、平均500枚獲得出来るので更なる大量獲得が見込めるのであった。

天井はゲーム数ではなく、スイカ成立11個と言う、変則的であった為、これと言ったゲーム数はなく、平均すると900G程であったのだが、前任者がどれだけスイカを引いていたかに依存するのでハマっていたからと言って、迂闊に手を出すと痛い目に遭う事もしばしばであった。

設定変更時に“通常ストックタイム”が優遇されているモーニングも存在した。

設定変更後、“モーニングストックタイム”当選時は毎ゲーム“1/100”で抽選され、当選時は“50Gor777G”に当選し、設定変更時の“ストックタイム”高設定ほど、当選率が優遇されていた。

777Gに当選したのは1回位なもので、我輩としてはこれと言って、思い入れがあったわけではないが、時代を担った機種の一つである。

修羅場勃勃発か?

--sponsored link--

さて、前回では事件勃発を綴らせて頂いたのだが、覚えているだろうか?

簡単に説明すると、事件と言うのは我輩が風呂に入っている間に我輩の携帯を盗み見している彼女を目撃してしまったと言う話しであった。

そこに至るまでの経緯や、登場するコチなどは重要なので読んでいない門下生(読者様)は遡って読んでくれと言う話しであるw

さて、人の目を盗んで陰で携帯を盗み見る行為をどう思うか?

我輩は後ろめたい事がないと言い切れるが、勝手に見られるのは気分が悪い為、止めてほしいと言うのが本音であり、同時に、相手の携帯を盗み見るような事はしない。

もし、疑わしいと言うような事があるなら直接、携帯を見せてくれと言う。

これは信頼関係で成り立つので見せてくれなどと言う事もなかったが、お互いに携帯を見るのは止めようと、約束事を交わしていた。

にも、関わらずである。

風呂場からニャーニャーと鳴く、愛猫を下から覗き込んだら恐ろしい形相で我輩の携帯をガン見している彼女を目撃してしまったのだ。

我輩のショックは尋常ではなく、その扉をすぐさま開け、問い詰めれば現行犯であり、言い訳のしようもない状況。

『あなたならどうするか?』

と、ここで出て来てしまったが、貴殿ならどうするだろうか?

ここで我輩の取った行動は問いただすでもなく、黙認であった。

知らないふり所か、むしろ、そろそろお風呂上がりますよ!と気付かせる為に大きい音を立ててみたり。

それが出来たのは我輩に好意を持っているであろう後輩からメールが来てそれに返信しようが、やましい事が一切なかった事がまず、あげられる。

これが完全に“黒”であったのなら風呂を飛び出ていただろうw

どう言う訳か、女性と言うのは彼氏の携帯を見たくなる生き物なのだと言うのを知った。

疑わしい事がなくても気になる事が出て来てしまったら相手を疑ってしまうだけではないか?

だったら、最初から見ない方が賢明である。

結局、我輩の携帯を盗み見して、後輩とどう言ったメールのやり取りをしているのか確認した所で安心するのだろうか?

正直、問いただしたい気持ちでいっぱいであったが、それを押し殺し、我慢をする事を選択する。

これが、正しい判断であったのか、未だにわからぬが、5年以上お付き合いをし、結婚まで考えていた相手に初めて“溝”を感じてしまった瞬間であった。

総括

--sponsored link--

彼女は気にしないと言っているのに友人や妹に後輩とメールとか、止めた方が良いよと、言われてストレスに感じていた。

本人が構わないと言っているのに、なぜ、他人に言われなければならないのか?

そのように気にせずにいたが、その行動が軽率であったのだろうか?

それでいて、見たくもない、現実を見てしまい、見なかった事にしたのは本当に、正しかったのか?

正直、今となっては正解がわからないが、結果として今、一緒にいないと言うのが現実である。

この事件を境に関係が悪化していくのだが、その前に、我輩の人生を左右する出来事が待っているのであった。

『第96話』へ続く。。。

第96話

やあやあ、さむらいである。昨日はお休みを頂戴し、誠に感謝である。記事を作成している段階では梅雨明け宣言も未だされていないのに、週末に台風直撃か?との報道。おそらくは、この台風一過で本格的な梅雨明けとなり、夏が到来すると思われる。[…]

さむすろ

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『相変わらず、引っ張るねぇ』と思われた門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

スーパーブラックジャックS777
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--