グレートキングハナハナ実戦記!3日目こそと再リベンジを敢行!序盤は好スタートを切るが結果は果たして(前編)

やあやあ、さむらいである。


5月だと言うのに雨を機に急激に寒くなり、
やっとこ、温かくなってくれた。


“マイホ”の店員さんは既に夏服への“衣替え”
終えた後だった為、少々、可哀想であった。


寒暖差で体調など、崩されぬよう、くれぐれも
ご自愛くだされ。


さて、一向に晴れる事なく、お寒い状況が続く
“マイホ”であるが、新たな攻め手はないものかと

『グレートキングハナハナ』

を攻めた3日目“実戦記”をお届けしよう!


まだ、前哨戦をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

グレートキングハナハナ実戦記!またしても究極の2択!?悩んだ末に選んだ台の行く末は?(前編)

グレートキングハナハナ実戦記!この日も究極の2択!リベンジ成功なるか?(後編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は卯花月も月末に差し掛かろうかと言う頃。


『ジャグラーコーナー』の一角に配置替えとなり、
更には増台となった、

『グレートキングハナハナ』

2日続け、攻めた結果、両日とも、2択となった
状況で最初に選んだ候補台を土壇場で覆し、
どちらも裏目をかくと言う失態を晒していた。


2日目1台目候補台をハズしながらも変更挙動
であった台へ移動し、“REG”は引けているから
悪くはないと粘るも3314G“BB8RB13”で合算
“1/158”ベル“1/7.89”と、ベルが振るわず、
撤収したのであった。


しかし、閉店時には我輩が打っていた2台目の台は
8273G“BB29RB29”と言う結果になっていた。


ちなみに、2日目本命台はと言うと、およそ、
9100G“BB41RB25”の快勝を収めていた。

グレートキングハナハナのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©パイオニア

機種情報
メーカーパイオニア
導入日2017年11月
導入台数約5,000台
タイプノーマルAタイプ
コイン保ち約37G/50枚
天井なし
BIG最大312枚
REG最大130枚
設定BIGREG合算出玉率
11/2991/4961/18696%
21/2881/4681/17898%
31/2781/4361/170101%
41/2681/4071/161104%
51/2551/3741/151107%
61/2341/3361/138112%
設定ベル確率
11/7.48
21/7.40
31/7.40
41/7.41
51/7.31
61/7.22

*スロマガ10万ゲームシュミレート結果(30φ)
引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦3日目

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

我輩が止めた時点で前任者と合わせ、4059G
“BB9RB14”で合算“1/176”と決して、良くなかった
が、後半は伸び、8273G“BB29RB29”と言う
結果に。


後半の4214Gでボーナスを“BB20RB15”とまで、
引いたのだから驚きである。


同じ台なのに4000Gでここまで挙動が変わるのか
と、改めて『グレキン』の難しさを垣間見たので
あった。


増台してから3日目となったこの日、『グレキン』
を攻める“専業”は既に我輩のみと言う状況に。


この日の狙いは単純に“1番の凹み台”本命台で、
2択ではなく、ほぼ、1択と言う状況で、問題は
果たして3日目にも設定を使うのか?と言う事。


恐らく設定6は使って来ないだろう。


『設定4ないし、設定5』がターゲットとなると、
前日のような展開も考え、内容次第では少々、
深めに追うべきがと考えていた。

再リベンジ、参る!

--sponsored link--

無事に本命台を押さえ、まずは“ガックンチェック”
から。


ピクピク、位の微妙な感じではあったが、ガックン
したと言えば、したような感じ。


とりあえずは第1関門はクリアとしておこう。


あとは1発目“BIG”『パネルフラッシュ』
してくれたら展開を問わず、終日勝負を敢行しても
良いとさえ、思っていた。


初当たりは投資1本36Gで光るもここは“REG”


ここは持ちメダルでは繋がらず、追加投資2本
127G回した所で念願の“初BIG”


ここでの肝心の『パネフラ』なのだが

『パネフラせず!』


正直、設定上げ狙いでの『パネフラなし』は本当に
モチベーションが下がる。


こうなると、朝イチの“ガックンチェック”すら
本当にガックンしていたのか?と、疑心暗鬼
なってしまう。


しかし、他に目ぼしい台もなく、前日の“当たり台”
以外にガックンは確認出来ていない。


自信を持てと自身に言い聞かせ、粘る決意を
するのであった。

一樹五十穫前半戦

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

一樹五十穫実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率50個毎の確率BRBR合算確率
50個460G1/9.201/9.20BB2RB21/115
100個886G1/8.861/8.52BB5RB31/111
150個1272G1/8.481/7.72BB8RB31/116
200個1623G1/8.121/7.02BB8RB31/148
250個2048G1/8.191/8.50BB11RB61/120
300個2315G1/7.721/5.34BB12RB61/129

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


“ベル50個”を貯めたのは460Gベル確率
“1/9.20”とかなり、重い。


ボーナスが“BB2RB2”で合算“1/115”と当たって
いたからこそ、気にせずに続行出来ていた。


“ベル100個”を貯めたのは886Gの所で“1/8.86”と、
相変わらずベルが重かったが、ボーナスは
“BB5RB3”で合算“1/111”と、当たっていた。


ここ2日間の実戦でもここまでベルが悪い展開は
なかった。


だが、ここまでボーナスが調子良く引ける展開も
また、無かった。


せめて、ベル確率の推移を細かく見ようと、
“ベル100個置き”ではなく、“ベル50個置き”
計測する、『一樹五十穫』で記録する事に。


“ベル150個”1272Gで貯め、ベル“1/8.48”
言う数値に。


ここで

『ハナ連3連チャン』

をカマし、ここで“レトロサウンド”が炸裂する。


ボーナス後、87G以内の“連チャン”『ハナ連』
称し、『ハナ連』で引いた“BIG”の一部で

『レトロサウンド』

が発生するのだが、これは高設定の方が出易い。


その“レトロサウンド”が良くわからないと言う
声が多くあった。


確かに『ハナ連』で引いた“BIG”は通常と異なった
サウンドになる為、わからない方もいるだろう。


“レトロサウンド”発生時には

『7を揃えた時に下部パネルが一瞬消灯』

し、“レトロサウンド”が始まると言う特徴がある。


そこを注視していれば聞き逃す事はないだろう。


実際に経験すると“チープな古いサウンド”と、
気付くであろう。


“ベル200個”1623Gで貯め、“1/8.12”まで上げる
もボーナスが引けず、530Gハマっての“REG”


しかし、74Gで連チャンした“BIG”

『上下パネルフラッシュ』

と、ここも設定差のある演出を確認する。


2315G“ベル300個”を迎えた時にやっと、
“1/8.0”を切り、“1/7.72”を記録するのであった。


以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
136GRB投資1本
2127GBB追加2本
348GRB2連
4209GBB
572GBB2連
641GRB3連
7304GBB
814GBB2連
9125GBB
1099GBB2連
1120GBB3連
レトロサウンド
12530GRB
1374GBB2連
上下パネフラ
14142GRB
1536GBB2連
16115GBB
1717GRB2連
18125GBB

総括

--sponsored link--

変更挙動ガックンしたのかどうか、と言う
弱い状況で朝イチの『パネフラ』は確認出来ず。


ここまでベル確率は悪いがボーナスは引けており、
“レトロサウンド”や、“上下パネフラ”など、内容は
良い。


昨日はベルが悪いと言う理由からと半日で見切りを
付けた結果、高設定と思わしき台を捨ててしまって
いる。


その反省を活かし、ベル確率は悪いが、高設定
信じて粘るのであった。


『後編』に続く。。。

グレートキングハナハナ実戦記!設定が期待出来る3日間を追った結果とは?再リベンジなるのか?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
これで“レトロサウンド”も判別出来るぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

7上段揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
広告