グレートキングハナハナ実戦記!またしても究極の2択!?悩んだ末に選んだ台の行く末は?(前編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


“マイホ”の状況が変わってからと言うもの、大分、
経っているが、我輩にとって厳しいのは“サクラ”
使われる事よりも『ジャグラー』に設定を使わない
事であった。


何とか、『ジャグラー』以外にも攻め手がないか、
模索している所で、

『グレートキングハナハナ』

増台が行われ、島も『ジャグラーコーナー』
一角を担うまでに。


そして、配置替えをした1週間後、更に増台した
のであった。


本日はそんな増台した入替日“実戦記”をお届け
しよう!

実戦日

--sponsored link--

時は卯花月も月末に差し掛かろうかと言う頃。


序盤でご説明した通り、この日は

『グレートキングハナハナ』

配置替え後、更に増台をした入替日


増台数は3台と多くはないが、既存台も含め、
設定には大いに期待出来そうな日であった。


しかし、出来たら新しく入る新台を攻めたい所。


その為には抽選番号3番以内を引かなければ
ならないのだが、我輩が引いたのは

『抽選番号2番!』

であった!


どうにもここ最近の抽選の引きは恵まれており、
土俵に上がる事が出来ている為、何とか記事も
書けている。


しかし、問題は尽く、ハズしている読みである。


つい最近の話しをすれば、『グレキン』に行くか、
『笑ゥせぇるすまん3』に行くかで『グレキン』
選択し、『笑ゥせぇるすまん3』設定6を取り
逃している。


結果的に前任者が止めてくれたお陰で後ヅモ
出来たが失策であった。


『笑ゥせぇるすまん3』後ヅモした“実戦記”
こちらから

笑ゥせぇるすまん3設定狙い実戦記!抽選番号1番で朝イチの究極の2択をハズす!リカバリー出来るのか?(前編)

笑ゥせぇるすまん3設定狙い実戦記!虹色のランタン出現で設定6確定!?ドンドンプレミアムの威力とは?(後編)


この他にも散々、2択をハズしてきているのだが、
わからない門下生(読者様)ここ最近の“実戦記”
読み返して頂けたらおわかり頂けるであろう。


そして、この日もどちらの台を選ぶか?と言う
2択を迫られる事になる。


あいにく、先頭の1番は角から2台目に行くと言う
ので、ここは助かった。


我輩の中で、そこは位置的に3番手


それならば、我輩は最近の傾向だと角台が強い
傾向にある事から

『角台に行きます』

と、3番手のライバルに告げる。


我輩の中で第1候補角台であったのだが、
土壇場で心が揺らぐ。


ここ最近の実戦を思い出し、尽く、裏をかいている
事をである。


揺れに揺れた挙句、我輩は

『やっぱ、角から3番目』

と、ライバルに告げたのであった。

グレートキングハナハナのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©パイオニア

機種情報
メーカー パイオニア
導入日 2017年11月
導入台数 約5,000台
タイプ ノーマルAタイプ
コイン保ち 約37G/50枚
天井 なし
BIG 最大312枚
REG 最大130枚
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/299 1/496 1/186 96%
2 1/288 1/468 1/178 98%
3 1/278 1/436 1/170 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%
設定 ベル確率
1 1/7.48
2 1/7.40
3 1/7.40
4 1/7.41
5 1/7.31
6 1/7.22

*スロマガ10万ゲームシュミレート結果(30φ)
引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦開始

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

もはや、盛大な前振りから先にオチを語っている
ような気もするが、いつも通り、綴らせて頂こうw


朝イチ、投資4本154Gで引いた“BIG”

『パネルフラッシュ』

を確認する。


新台なのだから当たり前であるが、本機は設定変更
時の1発目“BIG”では50%の確率で何かしらの
『パネルフラッシュ』が発生する仕組みとなって
おり、設定上げ狙いをする時と言うのは1発目
“BIG”は物凄く重要であり、これは他の台の挙動も
確認するべきであろう。


新台“3台中、2台”『パネフラ』を確認
していた。


続いて、147Gで引いた“REG”後、8G“BIG”へと
繋ぎ、“ベル50個”374Gで貯めるのであった。

一樹百穫

--sponsored link--
一樹百穫実戦値
ベル個数 ゲーム数 ベル合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 789G 1/7.89 1/7.89 BB3RB2 1/158
200個 1378G 1/6.89 1/5.89 BB5R4B 1/153
300個 2106G 1/7.02 1/7.28 BB6RB5 1/191
400個 2853G 1/7.13 1/7.47 BB9RB5 1/204
500個 3549G 1/7.10 1/6.96 BB12RB6 1/197

『ジャグラー』で言う所のぶどうが本機の
ベルであり、払い出し枚数は8枚役とあって、
『ジャグラー』“ぶどうの7枚”に対し、
払い出しが1枚多い。


その為、『ジャグラー』ぶどうよりもベル確率
重くなる為、分母が重くなるだけ安定し辛く
なってしまうもの。


ましてや、正確な確率は出ておらず、スロマガ
“10万ゲームのシュミレート値(30φ)”を参考に
している状況である。


その為、参考程度であるが、数えた方が良いと言う
事で同じように『一樹百穫』で収集していく。


さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


“ベル50個”374Gで貯め、“1/7.48”と少々重い。


172G“REG”を引き、19Gフリーズを引いた。


本機は87G以内の“連チャン”『ハナ連』と称し、
『ハナ連』のBIGの一部で“レトロサウンド”
発生し、高設定の方が出易いと言う事でこちらも
設定推測要素として数えておく必要があるが、
フリーズであった為、“レトロサウンド”
分母からはハズしておく。


ここで“ベル100個”789Gで貯め、“BB3RB2”
合算は“1/158”と少々重めな展開であった。


319Gで引いた“BIG”を皮切りに今度は

『1G連フリーズ!』

を炸裂させる。


ここも“レトロサウンド”からは除外。


今の所、“2回中2回”とも“BIG1G連”の時は
フリーズを伴っている。


そして、“REG”2回重ね、ここで“ベル200個”
1378Gで貯まる。


ボーナスは“BB5RB4”で合算は“1/153”と振るわ
ないが、ベル“1/6.89”と大幅に上がっていた。


だがしかし、無情にも1787Gを回した所で全ての
メダルが飲まれてしまう。


ベルはこの時、261個貯まっており、“1/6.85”
良かった為、ここは迷う事無く追加投資である!


追加投資8本でスイカからハイビスカスが点滅し、
“BIG”


『ハナ連』“REG”を引くも“連チャン”は伸びず
ここで“ベル300個”2106Gで貯める。


その後もジワジワとベルを下げつつも、ボーナスを
重ね、“ベル500個”3549Gで貯めたのであった。


この時ボーナスは“BB12RB6”で合算、“1/197”
振るわなかった。


ベル“1/7.10”とまだ、打てる数値であったが、
角台の圧倒的な

『あぜ6挙動!』

に撤退を決めるのであった。


以下は“実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 154G BB 投資4本
2 147G RB
3 8G BB 2連
4 172G RB
5 19G BB 2連
フリーズ!
6 319G BB
7 1G BB 2連
1G連フリーズ
8 109G RB
9 378G RB
10 739G BB 追加8本
11 48G RB 2連
12 219G BB
13 163G BB
14 6G BB 2連
15 589G BB
16 246G BB
17 55G RB 2連
18 46G BB 3連
レトロサウンド
19 131G 止め

実戦結果

実戦結果
総回転数 3549G
総BIG 12回(1/295.8)
総REG 6回(1/591.5)
ベル 500個(1/7.10)
チェリー 70個(1/50.7)
スイカ 29個(1/122.4)
レトロサウンド 1/3回
BIG中スイカ 3個/288G(1/96)
BIG後パネルフラッシュ上のみ 0/11
BIG後パネルフラッシュ上下 0/11
REG後パネルフラッシュ 0/6
REG中サイドランプ 青3/6
黄0/6
緑0/6
赤3/6
虹0/6
総収支
総投資 12本
総獲得メダル 488枚
総差枚数 ▲112枚
総収支 ▲3,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 98.9%

総括

--sponsored link--

ちょうど、『ミリオンゴッド神々の凱旋』
“850Gハマり”を見つけ、天井狙いに切り替えた
のであったが、ちょうど『凱旋』を打ち終えた時、
先頭が打っていた“REG後上部パネルフラッシュ”
が出ていた台を止めようとしている所であった。


“REG”“上部パネルフラッシュ”設定3以上濃厚
である。


設定3以上ならと、打ったのだが、14本投資し、
ベル“1/7.78”と悪かった為に“全飲まれ”
撤収したのであった。


最初の台位ベルが良ければまだ、打っても良かった
のであるが、設定3出玉率101%にしかならず、
飲まれるまでと、縛りを設けた次第。


『ジャグラー』と同じような感覚では打てないと、
痛感した実戦であった。


結果的には我輩の台が新台の中では“1番の凹み台”
となり、朝イチで打つと宣言しながらもひよって
しまい、打たなかった角台

『BIG48回オーバー!』

大爆発となっていた。


これに伴い、翌日の“リベンジ”を誓うのであった。


『後編』に続く。。。

グレートキングハナハナ実戦記!この日も究極の2択!リベンジ成功なるか?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『グレキン』の実戦も楽しみだぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280