グレートキングハナハナ実戦記!この日も究極の2択!リベンジ成功なるか?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


以前は“新台入替”や、“旧イベント日”の時のみ、
抽選入場をしていた“マイホ”であったが、
どうやら今後は毎日、通常時も抽選入場と、
なるみたいである。


“ゴールデンウィーク”前から期待感を持たせたい
のか、頻繁に抽選入場の安売りをしていたわけで
あるが、それが今後は毎日と、なるようで。


無駄に早起きしなくて済むのは助かるが、
これだけ、期待を裏切り続けていたら、
抽選時間になっても誰も居ないと言う状況が
出て来るのも時間の問題であろう。


しかも、軍団の“引き子(抽選要員)”をこれまで
散々、黙認していたのに、“引き子”対策にも急に
力を入れてるアピールで抽選券の譲渡は認めない
と、ここ最近になり、イキって来た。


そんな事よりもまず、

『サクラを使うんじゃねーよ!』

と、声を大にして言ってやりたいw


我輩は元々、1人なので影響ないが、完全な
軍団潰しである。


さて、そんな中、“煽り機種”の期待度がどんどん、
低くなっていく近況に、いよいよ、終焉が近いと
感じざるを得ない。


これも時代の流れと受け入れるしかないが、今後も
リアルな状況の変化をブログで綴っていきたいと
考えている。


さて、本日であるが、そんな環境の中、新たな
攻め手にならないか?と、

『グレートキングハナハナ』

を攻めた“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

グレートキングハナハナ実戦記!またしても究極の2択!?悩んだ末に選んだ台の行く末は?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は卯花月も月末に差し掛かろうかと言う頃。


『ジャグラーコーナー』の一角に配置替えとなり、
更には増台となった、

『グレートキングハナハナ』

を前日、2番目に台を選んだ我輩であったが、
ここ最近の2択を尽く、ハズしていた事で
気持ちが揺れ、土壇場で狙い台を変えた事で
設定6を取り逃がしてしまう。


ここは猛省し、翌日こそはと、“リベンジ”を誓う。


この日の“煽り機種”には誰もが走りたくなる
“出玉率119%の某AT機”とあって、先頭集団は
まず、そちらに走るだろう。


我輩は8〜9番手であった為、心置き無く、
『グレートキングハナハナ』を選択出来る。


そして、ここでまた、“究極の2択”である。


前日の履歴からまともに設定上げ狙いをするなら
本命台になるのは増台された新台ではなく、元々、
設置されていた既存台側であった。


島単位で見ればそこが1択と言って良いだろう。


しかし、新台2日目となるので新台にだけ重きを
置いて入れてくる可能性もあるので、その中では
“1番の凹み台”となるのが、我輩が打っていた台と
言うのが第1候補となる。


増台2日目島単位で見るか、新台コーナーとして
見るかの2択


前日の“閉店チェック”の段階では全体で見る
島単位の候補台が本命台としていた。


だが、いざ入場となるとどうだろう?


我輩の直前の方も『グレキン』に走っていく。


一般の方であったが、その方が選んだのは新台では
あったが、昨日設定3以上が出ていた台の方。


俺の打っていた台じゃないのか、と言う思いと、
前日と“出目が変わっていない”事に気付き、
思わず前日、自分が打っていた台を押さえて
しまう。


どうしても、“リベンジ”と言う思いが強く出て
しまい、咄嗟に押さえてしまったのだ。


朝イチの台取りは“合戦”であり、瞬時の状況判断が
必要となるのだが、時にはそれが命取りとなる
パターンも。


迷ってる内に後続に取られてしまう事だってある。


この台が他の人に打たれ、ガックンをしようもの
なら気が気でなくなる。


誰よりもこの台の“ガックンチェック”をしたいと
思うのは前日に自分が打っていたからであろう。


そうでなければ、全体で見た本命台に走っていた。


果たして、この直感は吉と出るのか、凶と出るか。

グレートキングハナハナのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©パイオニア

機種情報
メーカー パイオニア
導入日 2017年11月
導入台数 約5,000台
タイプ ノーマルAタイプ
コイン保ち 約37G/50枚
天井 なし
BIG 最大312枚
REG 最大130枚
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/299 1/496 1/186 96%
2 1/288 1/468 1/178 98%
3 1/278 1/436 1/170 101%
4 1/268 1/407 1/161 104%
5 1/255 1/374 1/151 107%
6 1/234 1/336 1/138 112%
設定 ベル確率
1 1/7.48
2 1/7.40
3 1/7.40
4 1/7.41
5 1/7.31
6 1/7.22

*スロマガ10万ゲームシュミレート結果(30φ)
引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

リベンジ開始!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

まずは周りの台の“ガックン状況”である。


見逃さぬよう、また打っている方に気にならない
程度の距離から見守ると、前日の“当たり台”以外で
見ると全台リセットではなさそうであった。


気になる島全体で見た時の本命台は大きく、
“ガックン”し、我輩の前に並んでいた方の
前日、設定3以上が確認されている台でも
“ガックン”を確認。


そして、我輩の台はと言うと、

『スムーズに回り出すw』

これでもか、と言うぐらいに綺麗に回り出した。


まぁ、『グレキン』設定変更で必ず、“ガックン”
するとも限らないと言う話しも聞くし、と気持ちを
切り替え打ち出すも前日設定3以上を確認し、
“ガックン”も確認出来ている台が朝イチの“BIG”

『パネルフラッシュ!』

をしたのであった。


そうである。


“ガックン”しなかったと言えど、朝イチの“BIG”
“パネフラ”すれば良いではないか、と期待するも、
投資9本401Gで引いた“BIG”“パネフラ”せず。


“ガックン”もせず、“パネフラ”もせずとなったら
もはや、昨日の据え置き濃厚と、考えるべきで
あろう。


そして、その、前日には高設定ではないと、
判断してやめているのは自分である。


気になる本命台は朝から“パネフラ”も確認し、
“BIG”を重ねて突っ走っているではないか。


またしても、やらかしてしまった。


2択の選択を土壇場で揺らぎ、変えた事による、
失態。


ここ最近で何度目だろうか?


正直、その失態を門下生(読者様)の皆様へ
曝け出すのはお恥ずかしい限りであるが、これも
“リアル実戦記”として、包み隠さず、曝け出す事で
自らを辱め、次に繋げて行きたいと考えている。


問題は狙いをハズした時に

『どう、リカバリーするか』

である。


即止めしたい気持ちを抑え、回していたが、
“BIG”後、237G回した所で“全飲まれ”


ここまで、638G“BIG”1回のみ、ベル86個
“1/7.42”と良くもない。


さて、どうしたものかと、店内を1周するも
打てる台は見当たらない。


追う価値はないと判断し、止めるつもりでいた
のだが、『1つの戦略』を思い付き、追加投資
する事にしたのであった。

圧倒的閃き!

--sponsored link--

とは、言ってもそこまでのものではないが、隣の
前日設定3以上を確認し、本日は“ガックン”有り、
“パネフラ”有りとなった台が“BB1RB1”と言う
状況で現金投資中であった。


設定3からの下げと言う可能性も十分にあるが、
今の台を続けるよりは希望を持てる。


打ってる方は一般の方で小役のカウントもして
いない様子で有った為、心が折れたら止めるかな?
と、その方が当たるまで隣で打ち続けようとなった
のであった。


まだ、“ベル100個”も数えていない上に待ってる
間に我輩の台が反応する可能性もある。


そう考えて打ち続けると、我輩が追加投資2本
入れた所でその方はやめてたのですぐさま、
移動したのであった。

実戦結果
総収支
総投資 11本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲550枚
総収支 ▲11,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 74.1%

いざ、勝負!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

一樹百穫実戦値
ベル個数 ゲーム数 ベル合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 724G 1/7.24 1/7.24 BB3RB4 1/103
200個 1458G 1/7.29 1/7.34 BB5RB7 1/122
300個 2318G 1/7.73 1/8.60 BB7RB10 1/136
400個 3202G 1/8.01 1/8.84 BB8RB13 1/152
420個 3314G 1/7.89 1/5.50 BB8RB13 1/158

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


新台の中では我輩の台が候補台となると思って
いたのだが、変更挙動はなく、前日設定3以上
確認している対抗台は強い、変更挙動


設定を下げられている可能性もあるが、我輩の
台よりは希望を持てると有って打ち始める。


打ち始めは745G“BB1RB1”、合算1/373。


初当たりは投資2本“REG”


次なる当たりは130GBIGであったが、追加投資
なしの持ちメダルで繋げる。


“BIG”後、136Gで引いた“REG”から

『ハナ連3連チャン』

と、幸先の良いスタートを飾り、途中、336G
“ベル50個”を貯め、ベル確率“1/6.72”と、
すこぶる良い。


調子良くボーナスを重ねて迎えた“ベル100個”
724Gで貯め、“1/7.24”となるが、ボーナスは
“BB3RB4”、ボーナス合算“1/103”と好調を
キープしていた。


“ベル200個”1458Gで貯め、“BB5RB7”
合算“1/122”で迎えるも、1862Gを回した所で
全ての持ちメダルが飲まれてしまう。


この時ベル246個“1/7.57”と、決して良くは
なかったが、“REG”を引けている事と投資は
まだ2本であった為、追加投資をする事に。


追加投資2本、ボーナス後から495G回した所で
念願の“BIG”を射止め、ここからはまた、

『ハナ連4連チャン!』

をカマしたりと、ボーナスを重ねていくが、
肝心要のベルは落ちていく一方であった。


“ベル300個”では“1/7.73”になり、遂には2794G
またも“全飲まれ”である。


2794Gでボーナスは“BB7RB12”、合算“1/147”
ベル358個“1/7.80”


ベルは悪かったが“REG”引けていると言う理由で
追加投資を決意。


ここは追加投資1本“REG”を引くもまたも
飲まれ、追加投資


やっとこ、“BIG”が当たったのは追加投資7本
入れた所であった。


気付けば、“ベル300個”から“ベル400個”を貯める
までに884Gを要し、遂にはベル確率“1/8.01”
越えてしまう。


さすがにこれ以上追うにもベル確率が悪過ぎると、
全てのメダルが飲まれるまでと決め、飲まれた所で
実戦を終えるのであった。


以下は“実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 36G RB 投資2本
2 130G BB
3 136G RB
4 12G BB 2連
5 35G RB 3連
6 260G RB
7 5G BB 2連
8 302G BB
9 122G RB
10 8G RB 2連
11 133G BB
12 237G RB
13 495G BB 追加2本
14 112G RB
15 42G BB 2連
16 56G RB 3連
17 40G RB 4連
18 212G RB
19 191G RB
20 247G RB 追加1本
21 286G BB 追加7本
22 217G 止め 全飲まれ

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
閉店時のデータ

実戦結果
総回転数 3314G
総BIG 8回(1/414.3)
総REG 13回(1/254.9)
ベル 420個(1/7.89)
チェリー 63個(1/52.6)
スイカ 19個(1/174.4)
レトロサウンド 0/3回
BIG中スイカ 4個/192G(1/48)
BIG後パネルフラッシュ上のみ 0/8
BIG後パネルフラッシュ上下 0/8
REG後パネルフラッシュ 0/13
REG中サイドランプ 青5/13
黄4/13
緑3/13
赤1/13
虹0/13
総収支
総投資 12本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲600枚
総収支 ▲12,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 94.0%

総括

--sponsored link--

2台目での負けは▲600枚程度であったが、
もう少し追うべきであったのだろうか?


ベル確率さえ、あそこまで悪くなければ追っていた
のであるが。


上の画像の通り、我輩が止めた後はそれなりに
ボーナスを重ね、出たようである。


途中から“専業”のライバルが打っていた為、
結果を聞くと良い所、設定4ではないか?
との判断であった。


『ジャグラー』と同じ感覚では打てないのだと、
改めて『グレートキングハナハナ』の難しさを
垣間見た実戦となったのであった。


『再リベンジ』に続く。。。

グレートキングハナハナ実戦記!3日目こそと再リベンジを敢行!序盤は好スタートを切るが結果は果たして(前編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『ハナハナ』『ジャグ』とは別物だぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. フィーズ より:

    サクラの役割が

    役職者の単なる小遣い稼ぎなのか、、、

    それとも純粋に店を出玉で盛り上げるためなのか、、、

    侍殿のブログからだと後者の気がします

    小遣い稼ぎが目当てなら、
    『笑う』の据え置きはしないと思います、、、

    それと、楽太郎氏がブログで、
    今後はバラエティに力を入れる店が増えるだろうと予見されていたので、、、

    店の客層を変えたいっていうのも感じますねぇ

    素人考えではありますがw

    • さむらい より:

      やあやあ、フィーズ殿、コメント感謝である。

      恐らくは前者の単なる小遣い稼ぎであろう。

      理由としては同じ人間を使い過ぎる(組織として機能していない)。

      普段のセオリーとは全く関係ない所に設定を入れ打たせるなど。

      ちなみに、我輩がツモった『笑う』バラエティの1台であるが、“サクラ”のはメインコーナーにある『笑う』であり、別物であるw

  2. 光の化身 より:

    日々の稼働ご苦労でござるw

    つい先日、マイジャグ3で二択外してやられました。3000枚でてました。

    帰りに泣いていたのは内緒でお願いいたします。

    真面目な話、そういう場合は自分の狙いの精度の甘さなのか、二択まで絞ったらあとは運なのか、さむらいさんはどう考えますか?

    • さむらい より:

      やあやあ、光の化身殿、コメント感謝である。

      2択と言う事は五分五分と言う状況かと思うのであるが、我輩の場合はハズした時に『なぜ、50%を50%以上に出来なかったのか?』を反省している。

      と言う事は運と言うよりは精度の甘さなのだろうな。

      そうやって精度を上げていても出てくる2択なのであるがw