ハナビ実戦記!開幕2回目のBIGで早くもハズレ出現で高設定確定か!?(前編)

やあやあ、さむらいである。

4月だと言うのに寒い日が続いていたがやっとこ、春らしい気温になったと思う今日この頃。

如何、お過ごしであろうか?

まだ、薬は飲んではいるものの、“花粉症”も一先ずはひと段落した感じである。

先日、タイには“花粉症”がないと言う話をテレビでやっており、それだけで移住したい!と、考えてしまった。

だが、『パチスロ』がない事を理由に断念したのであるが、引退した暁には移住も考えようかw

さて、本日であるが、

『ハナビ』

“実戦記”をお届けしよう!

前回までの流れ

--sponsored link--

時は弥生も月末に差し掛かろうかと言う頃。

マイホ系列店の今月、最後となる“旧イベント日”がやってきた。

最近では“旧イベント日”に限ってはライバルも増え、抽選負けする事が多くなった。

そこで、ライバルの少ない系列店の方が土俵に上がれるのでは?と考え、この日は系列店の抽選に参加する。

案の定、ライバルは少なく、“煽り機種”である『押忍!番長3』を攻めるのだが、4番手で入場する我輩の前にサクラ2人いたのに、どちらも『番長3』を攻めずにピンポイントで別の機種に流れたのである。

3番手の方が本命台を押さえ、我輩は第二候補を押さえるが、サクラがスルーしている以上、この時点で設定6ではない事がほぼ、確定している。

果たして、打つ価値があるのだろうか?

一応は初当たりを拝み、短いデータではあるが、数値的な部分も弱い。

引き戻し特訓にも入らないとくればやはり、選択肢はここじゃない!と、捨てる事を覚悟でマイホへの移動を試みる。

マイホ“煽り機種”

『ユニバーサル系』

が掲げられていた。

『バジリスク絆』や、『まどかマギカ』は埋まっており、『ゴッド系』も稼働が良い。

そう言えば、『番長3』をスルーしたサクラ2人が攻めていたのも“ユニバーサル系”であった事を思い出し、この時点で『バーサス』サクラ1人居たのでそれならばと、

『ハナビ』

を攻めてみる事にしたのであった。

280Gノーボーナスと言う状況で空き台となっていた台を押さえ、いざ、判別開始である!

ハナビのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

©アクロス

機種情報
メーカーアクロス
導入日2015年2月23日
導入台数約20000台(*注1)
タイプAタイプ+RT
BIG約311枚+花火チャレンジ(HC)
REG約104枚
リーチ目2800通り以上
天井非搭載
ボーナス確率
設定BIGREG合算出玉率
11/312.081/385.511/172.4699.53%
21/303.411/368.181/166.33101.38%
51/292.571/348.601/159.07104.58%
61/277.701/324.441/149.63107.74%
通常小役確率3枚掛け時
設定風鈴チェリー平行氷斜め氷リプレイ
11/15.661/19.471/52.851/1638.401/7.33
21/15.301/19.441/7.34
51/14.971/19.411/48.051/1489.45
61/14.651/19.38
特殊小役確率3枚掛け時
設定レアチェリー1枚役A1枚役B共通1枚役特殊リプレイ
11/243.61/1560.41/606.81/1927.51/1560.4
21/242.71/1524.11/580.01/1872.51/1489.5
51/240.11/1489.51/546.11/1820.41/1424.7
61/239.21/1394.41/500.31/1771.21/1365.3
花火チャレンジ(HC)中
設定ハズレリプレイ移行リプレイ
11/7.071/2.401/3.49
21/6.611/2.40
51/6.161/2.49
61/5.811/2.56
花火ゲーム(HG)中
設定ハズレリプレイ移行リプレイ維持リプレイ
11/13.361/7.301/1560.381/1.55
21/11.811/1489.461/1.58
51/10.441/1424.701/1.62
61/9.481/1365.331/1.65

HC中、HG中共に他の小役確率は通常時と同様

BIG中小役確率
設定平行風鈴斜め風鈴ハズレ
11/1.101/10.671/16384.00
21/1.141/8.26
51/1.111/10.671/481.88
61/1.141/8.26

*注1)マッドブラックVer.やFINAL白夜Ver.を含めず。
引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

リーチ目
BIG中ハズレ

無駄打ちをしてしまったが、サクラも使いようである。

時間はまだ、11時前とあって、まだまだこれからと言った所。

280Gノーボーナスと言う状況であったが、これを打っていたのは知人であった為、内容を聞くと、風鈴“1/15.6”であったとの事。

他の狙いが空いた為、移動したらしい。

となれば、まだまだわからぬと、打ち出す。

初当たりは早めとなる89G“BIG”を引く、幸先の良いスタートであった。

全然、回っておらず、投資は4本目に差し掛かっていたが、それはまあ良い。

“RT中の小役”サンプルが早めに取れるのは大変、有難い。

そう考えていると“ハナビチャレンジ”12G消化した所で音楽が止み、“REG”を引き当てる。

せっかくの“RT中の小役”のサンプルと考えていたのだが、12Gしか、集める事が出来なかった為、良いのか悪いのか。

すると、111G回した所でこの日、2回目となる“BIG”を射止めるのだが、なんと、ここでいきなり、

『BIG中のハズレ』

が出現したではないか!

いつもは“BIG中のハズレ”が引けないから悩みながらの実戦となりがちであるが、この日は午前中にこの台と心中する事が決まったのであった。

一樹五十穫前半戦

--sponsored link--

一樹五十穫前半実戦値
風鈴個数ゲーム数風鈴合算確率50個毎の確率BRBR合算確率
50個785G1/15.71/15.7BB3RB21/157
100個1271G1/12.711/9.72BB6RB61/106
150個2078G1/13.851/16.14BB10RB61/130
200個2900G1/14.51/16.44BB16RB71/126
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。昨日まで更新してきた『さむらい物語』での"設定判別"の記事であるが、『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』と言う声にお応えして、久方ぶりの『極意』を伝授したいと[…]

一樹百穫

その後、“BIG”“REG”を挟むと、785G回した所で“風鈴50個”を貯める。

『ハナビ』のメイン小役である風鈴は分母が大きいので“風鈴50個置き”に記録する『一樹五十穫』でカウントする。

いきなり、“BIG中のハズレ”を引く展開と言うのも珍しい為、どのようになるかとワクワクしながら遊技していた。

願うのは“BIG”を引く度に

『斜め風鈴来い!』

であるw

“BIG中の斜め風鈴”が引けていれば偶数寄りとなり、それすなわち

『ほぼ、設定6!』

と言っても良いと思っている。

だが、ボーナスが引けないと言った辛い展開も有り得るので警戒していたが、この日は比較的素直に反応してくれていた。

“風鈴50個”の時点では“1/15.7”であった風鈴“風鈴100個”を貯めた時には“1/12.71”にまで上昇し、ボーナス“BB6RB6”、合算“1/106”と飛躍していた。

勢いのまま

『4連チャン!』

をカマし、この日初となる“RT中のBIG”を引き、『大花火』“BIG中のBGM”に酔いしれる。

この時ばかりの“BIG”中は逆押しではなく、毎ゲーム

『3連ドン狙い』

で消化するのがお約束である。

この時点で“風鈴150個”2078Gで貯め、ボーナス“BB10RB6”、合算“1/130”に。

やはり、早い段階で“BIG中のハズレ”を引けていると言う精神的安心感は大きいようでストレスなく、ボーナスが引けていた。

409Gと言う中ハマりを食らうと、下皿崩壊となるが、“BIG2連”で即回復。

更には3連チャンと、普段以上に引けているのが少々、怖い。

“風鈴200個”をちょうど、2900Gで貯め、この時点でボーナス“BB16RB7”となり、合算は“1/126”

申し分ない展開であるが、一旦ここで数値を整理し、昼休憩を取るか、回す事に専念するか判断するのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
189G赤七BB投資4本
2(12G)RB2連
3111GドンBBBIG中ハズレ
4108GドンBB
553GRB
694GドンBB3連
7142G赤七BB
8128GRB
9380GRB
10111GドンBB
11(1G)RB
1214GRB
1340GドンBB4連
14214GドンBB
15407G赤七BB
16(29G)ドンBB2連
17409GドンBB
18103G赤七BB
1954G赤七BB2連
20175G赤七BB
2141G赤七BB
2243GRB3連
23140G赤七BB

総括

--sponsored link--

2900G風鈴は、“1/14.5”と、設定6の数値を上回っている為、申し分なく、ボーナス“BB16RB7”で合算“1/126”とあれば、何の問題もなく、このままのペースで引き続けてくれと根あぐだけである。

ちなみに、この時点での“ハナビチャレンジ中のハズレ”“215G中31回”となり、“1/6.94”となり、“ハナビゲーム中のハズレ”“276G中31回”“1/8.90”であった。

“ハナビチャレンジ”中は若干、弱いが“ハナビゲーム”中は設定6の数値を大幅に上回っており、申し分ない。

しかし、“BIG中の斜め風鈴”はと言うと、“385G中34回”となり、“1/11.32”と、

『圧倒的奇数挙動!』

であった。

序盤の無駄打ちもあった為、休憩は取らずにコンビニで軽食を済ませ、後半戦に挑むのであった。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。今年の"ゴールデンウィーク"は10連休と話題になっているが、皆様は予定は組まれているのだろうか?我輩としては良い迷惑であるwこう言った大型連休と言えばホールにとっては大きな稼ぎ時となる。基本的に我輩[…]

判別だ、ドンちゃん

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『やっぱ、春はサクラが満開だぜ!』と思われた門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

徹底攻略ハナビ
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--