【新ハナビ】実戦記!6.2号機と6.4号機と6.5号機の違いとは!?ザックリ簡単に説明!(後編)

やあやあ、さむらいである。

5号機が完全撤去となり、6号機のみの時代となって3ヶ月が経過したが、少しは慣れただろうか?

正直、客側のみならず、店側としても物足りない思いでいっぱいではなかろうか?

スロット専門店が次々と閉店に追い込まれているので、このままではやっていけないと言う事で、6.4号機や、6.5号機と言った新基軸に移行している。

恐らく、現在保通協に持ち込まれている機種のほとんどが6.5号機であると思うが、お店に導入されるのはもう少し先の話となるだろう。

そもそも、6.2号機だとか、6.5号機と数字を言われても訳がわからない門下生(読者様)がほとんどではなかろうか?

大雑把に説明すると、6号機6.2号機の違いは、有利区間の最大ゲーム数が1500Gから3000Gになった事と、押し順のペナルティーが設けられるようになった事である。

『沖ドキ!DUO』で説明すると、通常時に左以外で押すとパネルが消灯し、ペナルティーが発生するのだが、これにより低ベース化が出来るようになった。

更に有利区間の最大ゲーム数が3000Gになった事で、初当たりを引けば引く程、モードが上がっていき、いつか必ず連チャンモードに突入すると言った事が出来るようになった。

次に6.4号機では義務であった有利区間ランプの点灯義務がなくなり、6.5号機では有利区間の最大ゲーム数が3000Gから4000Gになり、更に2400枚の上限は変わらないが、差枚数で2400枚となったので、投資分を引いた2400枚と言う事になった。

つまりは、3万円分の1500枚を打ち込んでいた場合は、そこから一撃で3900枚まで出せると言う事になるので、『ミリオンゴッド』のような激しい機種も今後は出てくるのではないかと、期待している。

今後はノーマルAタイプの規定緩和も進めて頂きたい所であるが、どうなる事か。

さて、本日であるが

『新ハナビ』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。久々のアクロス実戦である。実は我輩の得意とするジャンルは『ジャグラー』のみならず、ノーマルAタイプである。ただ、攻められる機会がないと、普段は中々他の機種を攻めるのは難しいと感じている。そんな中で、[…]

徹底攻略ハナビ

前回までの流れ

--sponsored link--

時は花残月も半ばの頃。

この日は系列店

『新ハナビ』

が増台された2日目であったが、島一番に入場した我輩は、本命台を押さえる。

ユニメモにログインし、遊技を始めると“初BIG”こそ投資1本で射止めるが、“全飲まれ”となり、その後も追加投資“全飲まれ”を重ね、投資が落ち着いたのは総投資14本入れた所であった。

あまり見せ場と言う見せ場がなかったが、“風鈴400個”3051Gで貯め、ボーナス“BB9RB11”となり、合算“1/152”で前半を折り返すのであった。

新ハナビのスペック

新ハナビパネル

©アクロス

機種情報
メーカーエレコ
導入日2021年7月
タイプAタイプ+RT
BIG最大202枚+花火チャレンジ(HC)
REG最大112枚
天井非搭載
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/277.71/356.21/156.0
21/268.61/331.01/148.3
51/256.01/306.21/139.4
61/248.21/280.11/131.6
出玉率
設定市場平均REG中逆押しREG中完全攻略
198.1%100.1%102.0%
299.9%102.0%104.0%
5102.3%104.4%106.5%
6104.6%106.7%109.0%

引用元

一樹百穫中盤戦

新ハナビリーチ目

一樹百穫中盤実戦値
風鈴個数ゲーム数風鈴合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
500個3768G1/7.541/7.17BB12RB141/144
600個4530G1/7.551/7.62BB16RB181/133
700個5326G1/7.611/7.96BB19RB201/136
800個6128G1/7.661/8.02BB23RB221/136
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。こちらの記事は保存版となっており、過去に投稿したものから多少、内容に手を加えている。今回は『ジャグラー系』の設定推測をする上で極めて重要な『極意』を伝授したいと思う。『そ[…]

一樹百穫

これが『ジャグラー』であったら、“ぶどう500個”で前半を折り返す所であるが、いつもの昼休憩の時間帯が“風鈴400個”の場面であったので、ここで昼休憩を取るのであった。

昼休憩から戻り、最初に当たったのは387G“BIG”であった。

“BIG”であったので助かったが、次なるボーナス300Gオーバーとなるが、307G“BIG”を引き当てると、そこから

『5連チャン』

へと発展させ、“風鈴500個”3768Gで貯める。

ちなみに、この時の風鈴確率“1/7.54”であった。

風鈴確率設定1“1/7.7”となり、設定6“1/7.3”程度とされており、“1/7.54”はちょうど、設定2設定5の間の数値であった。

何とも、『ジャグラー』と比べると確率が重い分、ボーナスが引けているように見えるが、実際はそうでもない。

153Gで引いた“BIG”連チャンせずに単発となるが、114G“REG”を引き戻すと、そこから“REG3連チャン”へと発展させ、何とか“BIG”へと繋げて

『4連チャン』

を達成する。

連チャンが抜けたと思われたが、106G“BIG”を引き戻すもこれまた単発となり、221Gで引いた“BIG”から“REG”連チャンさせると、“風鈴600個”4530Gで貯める。

ここはボーナス“BB16RB18”となり、合算は“1/133”と上がったのだが、ちと文章にすると長い。

なので、一部省略させて頂く。

ほとんど連チャンする事なく、ハマる訳でもなくで“BB3RB2”と重ねると、5326G“風鈴700個”を貯め、ボーナス“BB19RB20”となり、合算“1/136”に。

428G“BIG”と、軽いプチハマりを食らうもそこから

『4連チャン』

へと発展させ、“REG”であったが、久々のRT中にボーナスを引き当てる。

この後、“BIG単発×2”を経て、“風鈴800個”6128Gで貯めるのであった。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
2114:48387GドンBB
2215:39307GドンBB
2398GRB
2458GドンBB
2543GRB
2625GRB5連チャン
2716:16153G赤七BB
2816:28114GRB
2918GRB
3087GRB
3191G赤七BB4連チャン
3217:00106GドンBB
3317:19221GドンBB
3476GRB2連
3517:40143G赤七BB
3617:57165GRB
3718:16153GドンBB
3818:37237GRB
3922GドンBB2連
4019:14428G赤七BB
4123GRB
4296GドンBB
43(21G)RB4連チャン
4419:49217G赤七BB
4520:00117GドンBB

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

新ハナビリーチ目

一樹百穫後半実戦値
風鈴個数ゲーム数風鈴合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
900個6946G1/7.721/8.18BB27RB251/133
1014個7753G1/7.651/7.08BB29RB271/138

20:00を過ぎたので、ここから後半戦としている。

ここまで、高設定を意識して一応打ってきたつもりであるが、ここまで高設定を示唆する“BIG中のハズレ目役”や、“REG中の氷テンパイハズレ”と言った演出は出ていない。

“REG”後の終了画面でピースマーク花火が出れば設定2以上が確定するのであるが、この時その知識がごっそり抜け落ちて忘れており、確認していなかったw

ともあれ、高設定かどうかもわからぬ台を当たっているからと言う理由で、打ち続けていた。

“3連×2回”をカマし、“風鈴900個”6946Gで貯めていた。

この時、風鈴確率“1/7.72”まで下がっており、もはや設定1以下の数値に。

結局、“風鈴1000個”を超えてすぐに閉店時間を迎えるのであった。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
4620:16174GドンBB
4757GRB
4895G赤七BB3連
4920:50208G赤七BB
5046GRB
516G赤七BB3連
5221:12121GRB
5321:42387G赤七BB
5443GRB
559GRB3連
5622:20383GドンBB
98G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数7729G
総BIG29回(1/266.5)
総REG27回(1/286.3)
風鈴合算1013個(1/7.6)
風鈴A509個(1/15.2)
風鈴B504個(1/15.3)
氷合算156個(1/49.5)
氷A151個(1/51,2)
氷B5個(1/1548.8)
花火チャレンジ中ハズレ90回/467G(1/5.19)
花火チャレンジ中通常リプレイ150回/467G(1/3.11)
花火ゲーム中ハズレ46回/461G(1/10.02)
花火ゲーム中特殊リプレイ240回/461G(1/1.92)
BIG中斜め風鈴73回/768G(1/11.5)
BIG中ハズレ目0回/768G
REG中予告氷1回/270G
REG中氷ハズレ目0回/270G
REG中押し成功率210回/212回(99.1%)
総収支
総投資14本
総獲得メダル1934枚
総差枚数+1250枚
総収支+23,538ポイント(5.2枚交換)
出玉率105.4%

総括

--sponsored link--

久々のアクロス系の終日勝負の“実戦記”であったが、如何だったろうか?

閉店間際に300Gオーバーといつもの失速するパターンと覚悟するも何とか、“BIG”を引けたので助かった。

終わってみれば風鈴設定1の近似値であった。

“BIG中の斜め風鈴”は奇数寄りとなり、高設定示唆もなしとなれば、そこそこボーナスが引けた設定1であったとしてもおかしくない。

全然回せていないのはいつも通り、RT中のハズシとRB中のビタが面倒なので致し方ない。

昼飯抜きにしてたら8000Gは回せていただろうが、昼休憩を重視しているので問題ない。

ともあれ、“REG中のビタ”成功率は2回失敗し、99.1%であったが、これは良い方なのだろうか?

皆様の成功率を是非とも教えて下され。

本日はこれにて御免!

次回更新日は4月28日を予定している。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2022/10/05 14:16:48時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
判別だ、ドンちゃん
Twitterで更新情報を受け取るべし!