グレートキングハナハナ実戦記!グレキンの中間設定は攻められない!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

昨日は我輩の誕生日と言う事でまた、一つ歳を重ねてしまった。

良く言われるのは年齢に対し、若く見られると言う事。

その為、『見えない』と言われると、嬉しく思ったりもするので、つい、自分から年齢を伝える事に抵抗はなかったのだが、先日、知りたくない事実を知ってしまった。

それはどこかのネットニュースで見かけた“おっさんだと感じる瞬間のベスト3”

『自分の年齢を口にする』

と言うのがあったのだw

なるほど、確かに言われてみればと、思い当たる節が。

と言う事で今後は年齢を聞かれても“うやむやにする”と言う方法を取る事にしたのであるw

1.5号機を語っている時点で誤魔化しようがないが、抗いたいと思う年齢になったさむらいであった。

さて、気を取り直して本日であるが、

『グレートキングハナハナ』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。サイトリニューアルを機に記事を紹介する際、"カード式"に出来るようになり、大変、見映えが良くなったのはお気付きかと思う。このような感じ

グレートキングハナハナ赤7揃い

前回までの流れ

--sponsored link--

時は如月も半ば頃。

“旧イベント日”マイホの抽選に漏れた我輩は系列店へ移動し、『ハナビ』を攻めるも対抗台“BIG中のハズレ”を確認し、敢え無く撤退。

マイホのに戻ると、“煽り機種”である

『グレートキングハナハナ』

第2候補731G“BB0RB3”で空き台となっているではないか。

一先ずは“BIG”を引いて設定変更後の“パネルフラッシュ”が発生するかを確認しようと打ち出す。

すると、飲まれては追加1本で引き戻すと言う不思議な現象が起こり、それが当たり前に思った頃に“追加1本の法則”が崩れるのであった。

“ベル300個”2105Gで貯め、尚も現金投資中であった我輩であるが、腹が減ってはと、追加投資16本を入れた所で一旦、昼休憩を取る。

昼休憩から戻った我輩が驚いたのは?

グレートキングハナハナのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

©パイオニア

機種情報
メーカーパイオニア
導入日2017年11月
導入台数約5,000台
タイプノーマルAタイプ
コイン保ち約37G/50枚
天井なし
BIG最大312枚
REG最大130枚
設定BIGREG合算出玉率
11/2991/4961/18696%
21/2881/4681/17898%
31/2781/4361/170101%
41/2681/4071/161104%
51/2551/3741/151107%
61/2341/3361/138112%
設定ベル確率
11/7.48
21/7.40
31/7.40
41/7.41
51/7.31
61/7.22

*スロマガ10万ゲームシュミレート結果(30φ)
引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫後半戦

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

一樹百穫後半実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
400個2885G1/7.211/7.80BB9RB81/170
500個3707G1/7.411/8.22BB10RB91/195
600個4439G1/7.401/7.32BB12RB121/185
701個5179G1/7.391/7.33BB12RB121/216

『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。昨日まで更新してきた『さむらい物語』での"設定判別"の記事であるが、『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』と言う声にお応えして、久方ぶりの『極意』を伝授したいと[…]

一樹百穫

これまで追加1本入れれば当たると言った不思議な現象で回避していたのが、裏切られ、追加投資16本目を投じた所で一旦、昼休憩を取る。

驚いたのは休憩から戻った1回転目チカったのである。

残念ながらここは“REG”であったのだが、何とも、“追加1本の法則”を引き継ぐような展開ではないか。

とは言え、これもボーナス後、114G回した所で“全飲まれ”となる。

この時、2305Gボーナス“BB3RB7”で、合算が“1/231”で、ベル確率“1/7.03”であった。

荒れながらもベル確率は高水準をキープし、設定変更濃厚である事と、“REG先行”と言う事から追加投資を選択。

しかし、ここは“追加1本の法則”とはならず、当たったのは追加3本目であった。

ここで“BIG”を引き当てると、“BIG”終了後に上パネルが“パネフラ”する。

簡単に言えば高設定程、“パネフラ”が出現し易い。

これでベル確率も良いとあらば高設定ボーナス引き弱と思うのが恒である。

ここで思い込みが良かったのか、これまで引けていなかった“BIG”がいとも簡単に引けるようにw

2885G“ベル400個”を迎えた時にはボーナス“BB9RB8”となり、合算は“1/170”にまで上昇していた。

ベル確率“1/7.21”と下げてしまったが、これでも設定6の確率(シュミレート値)以上に引けていた。

しかし、次の“ベル500個”を貯めるまでに822Gも掛かってしまい、ベル確率“1/7.41”と、設定2~設定4の数値に。

ボーナス“BB10RB9”、合算“1/195”まで下げてしまい、中間設定?と言う微妙なデータに。

ここからは設定変更濃厚挙動をしただけの第2候補と言うだけで続けている。

粘れば先程のような連チャンが発生し、合算もドンドンと、上がって行くのでは?と、期待して続けていた。

4439G“でベル600個”を貯め、合算は“1/185”に上げるも4886Gを回した所でこの日、

『7回目の全飲まれ』

を食らう。

この時、ベル確率“1/7.38”と、若干回復傾向であった為、追加投資を決行。

追加投資8本5167G“ベル700個”を貯め、ここで一旦、冷静に分析する。

ボーナス合算“1/216”ベル確率中間設定の数値とあらば、続ける価値はないのでは?と言う冷静的な判断で止める決心をするのであった。

以下は“後半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
10945GRB追加16本
11188GBB追加3本
上パネルフラッシュ
12148GBB
1362GBB2連
14122GRB
152GBB上パネルフラッシュ
1621GBB3連
17109GBB
18394GRB
19273GBB
20202GRB
2173GBB2連
22350GRB
2345GRB2連
24181GBB
816G止め追加8本

実戦結果

--sponsored link--

実戦結果
総回転数5179G
総BIG12回(1/431.6)
総REG12回(1/4310.6)
ベル701個(1/7.39)
チェリー122個(1/42.45)
スイカ34個(1/152.3)
レトロサウンド0/4回
BIG中スイカ9個/288G(1/32)
BIG後パネルフラッシュ上のみ2回/11回中
BIG後パネルフラッシュ上下0回/11回中
REG後パネルフラッシュ0回/12回中
REG中サイドランプ青4回/12回中
黄2回/12回中
緑4回/12回中
赤2回/12回中
虹0回/12回中
総収支
総投資33本
総獲得メダル0枚
総差枚数▲1560枚
総収支▲33,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率90.0%

総括

--sponsored link--

序盤の良かったベル確率に翻弄され、中間設定っぽい台を只々、粘らされただけと言う結果に。

荒れはしたが、後半のベル確率は安定して“1/7.40”と言う数値であった事から中間設定と言う判断で正解ではなかろうか?

本機の設定3でも出玉率101%と低い為、止めて正解であったと考える。

結局、この日も“煽り機種”であるはずの『グレキンコーナー』“当たり台”は見受けられずであった。

怪しいとは思っていたが、攻めてみて感じたのは“旧イベント日”『グレキンコーナー』を煽っていたとしても今後は攻められないと言う現実であった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『それでもたまにはチカらせたいぜ!』と言う門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

白7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--