【さむらい物語】第98話 ~さむらい修羅場を迎える~

やあやあ、さむらいである。

変則的な“2日更新1日休み”となってからペースが変わってしまった。

隔週でお届けする予定の

『さむらい物語』

であるが、門下生(読者様)からのコメントを受け、そろそろ、2週間が経っていると気付いた次第w

どういったきっかけで、『さむらい物語』に辿り着いたのか、定かではないが、過去の名機が好きで訪れ、『最初から全部見ました!』と言って下さる、入門生もおられるのだなと、気付き、大変嬉しく思う。

Google先生に見捨てられても、真っ当にやっていれば、門下生(読者様)も増えてくれると信じて、今後も精進して参る所存である。

と言う訳で、本日であるが、

『さむらい物語』

『続編』をお届けしよう!

前回までの話し

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩、さむらい『過去の記憶や足跡』『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこうと言う、趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は“妄想”もあり、中には“記憶違い”等が含まれている可能性がある事もお断りしておくw


若かりし頃から、『パチスロ』に目覚めたさむらいは将来、

『スロプロ』

になる事を夢に見、決意していた。


しかし、まずは苦労を掛けた両親への感謝の念から、『野望』を胸にホテルへ就職したさむらい“ベルマン”に配属されたのち、

『ドアマン』

に配置転換されるのであった。


“ドアマン”に配属された事でこれまで無縁であった普通免許を取得し、自家用車も購入。


何より、“ドアマン”の仕事が楽しく、やりがいを感じており、“シフト作成者”として責任ある立場を任されるようにもなった我輩は益々、退職の機を失ってしまうのであった。


当時の『ぱちんこ』“最大連チャン数5回”と言う、リミッター規制が長らく敷かれていたが、1999年に解除されると規制緩和の動きが強まって行く。


そんな中、『パチスロ業界』“劇的な進化”を遂げ、“CT機”の登場を皮切りに新基準機と呼ばれる“大量獲得機”“セブンライン機”“AT機”と言った新たな機種が続々と登場する。


更には“BIG中のJAC INフラグ”を持ち越す、『シフト持越し機能』を搭載する機種まで現れると、後に“サイレントストック機”と呼ばれる“合法的なストック機”が登場するのであった。


規制緩和と言う動きが進む、『ぱちんこ』であったが、“爆裂AT機”で明らかな盛り上がりを見せる『パチスロ業界』にも暗雲が立ち込める状況になっていく。

付き合って、6年が経ち、結婚を考えるようにまでなった彼女であったが、我輩を慕う、後輩とのメールのやり取りを盗み見る事件に加え、年に一度しか会わない叔母からの濡れ衣と言う、様々な出来事が積み重なり、とうとう、我輩の怒りが頂点に達したのであった。

前回の話しをお読みでない門下生(読者様)はこちらから

第97話

やあやあ、さむらいである。隔週ペースでお届けしている『さむらい物語』であるが、"2日更新1日休み"と言う、変則的な更新であってもちゃんと、忘れていないのであるwいよいよ、"ホテルマン篇"も終盤に差し掛かって来たと言える。お話しを[…]

功夫烈伝

思い出の機種

ハードボイルド
©Sammy

『ハードボイルド』Sammy4号機である。

なぜ、これまで紹介していなかったのか、不思議である。

紹介していなかった理由としては我輩が単に、思い出せなかったと言うだけの話しw

『ハードボイルド』4号機を代表する、かなりの名機であると言っても過言ではない。

それ程、我輩の評価は高いのである。

何がそんなに凄いのか?と言うと、これまでに様々な機種を紹介してきたが、『ディスクアップ(4号機)』や、『キャッツアイ』に搭載されたAR、今で言う所のARTなのだが、これにストック機能を搭載した機種であった。

第74話

やあやあ、さむらいである。日頃から"応援ポチ"、大変感謝である。『スロットランキング1位』も死守出来ず、2日で陥落してしまった。本来、我輩のアクセス数では上位陣に食い込むのがやっとと、いった所である。むしろ、我輩のアクセスで上位[…]

ディスクアップ

これを新機能の“BBB(ビッグボーナスバンク)システム”と称して、売り出していた。

何だか最近、『ギアス』や、『北斗』で聞いた、“GRT”みたいな感じであるが、Sammyは昔からこういう、売り方が好きであったのだと思うw

イメージとしては、現行の『ディスクアップ』ARTを想像してほしい。

上乗せシステムは置いておいて、ART中はリプレイ確率が上昇し、“色ナビ(アシスト)”をするARTシステムである。

『ハードボイルド』“BIG”“1/2”ARに突入し、そのほとんどが、150Gなのであるが、1000Gと言う、プレミアフラグも存在した。

このAR中に当選したボーナスは一時的にストックし、AR終了後に揃える事が出来る。

最近の台では少なくなったが、本機『ハードボイルド』AR中に当選したボーナスAR終了後に1G連させる、“完走型RT”の走りの機種と言えるのである。

5号機では“完走型RT”は有っても、複数のボーナスの重複当選は認められていなかったが、当時は以降もボーナスが当選した際は複数、ストックする事が出来たのである。

しかも、AR中に当選した“BIG”は全て、“ハイパーBIG”となるのであった!

“ノーマルBIG”も変わっていて、最初の1・2回目ボーナスゲームまでは普通に消化し、3回目ボーナスゲーム“リプレイハズシ”を開始するのだが、“リプレイハズシ”に成功すると、次の“15枚役色を1回ナビ”のしてくれるのである。

“リプレイハズシ”1回に付き、1回ナビし、最大で4回までナビしてくれるので、平均406.8枚獲得する事が出来る。

これがAR中に当選した“ハイパーBIG”となると、成立した15枚役を全てナビしてくれるので、“リプレイハズシ”を駆使すると、平均544.6枚獲得する事が出来たのである。

更に、であるが、AR中に当選した“BIG”“1/2”ARに再突入するので、一度、ARに突入させ、運良く、ボーナスをストックさせられれば、

『AR→ハイパーBIG→AR→』

と言った、無限ループが可能となるのであった。

AR中はボーナスが入賞しないよう、ハズすと言った注意は5号機同様、必要となる。

AR中にハズレが出現すると、今のでボーナス当選してたのでは?と、興奮する事が出来たのであった。

ARでジワジワと、メダルを増やしながら、BBBシステムによる、無限ループを期待する。

プレミアでは有るが、まさかのAR1000Gを射止めた日には、エイリアン到来ばりの喜びを得る事が出来るであろうw

ちなみに、AR終了後、ボーナス“REG”から放出されるのであるが、“REG”であれば、AR中に入賞させてもARがパンクする事はないので揃えても構わない。

ただ、AR終了後のルーレットで一喜一憂出来るチャンスが削がれるので我輩は最後まで持ち越していたw

『あ~、ハードボイルド打ちてぇw』

最初で最後の修羅場

--sponsored link--

詳しくはここ最近の話しを読み返して頂くのが早いw

簡単に説明すると、半同棲までしていた、6年付き合った彼女が居たのだが、結婚を意識するようになり、マンションの契約更新の時期を機に、二人で住む家を探したのだが、様々な要因で一時は、半同棲を解消する事になる。

このタイミングで我輩を慕う後輩から猛アタックを受けていたのだが、我輩からすれば、職場の後輩から受けたメールに返信をする程度のもの。

表向きは、『気にせずやりな』と言っていた彼女であったが、内心は気が気ではなかったようで、友人や、妹から注意を受けていたのだが、本人が良いと言っているのだからと、受け流していた。

そんな中、我輩が入浴中に我輩の携帯を盗み見している彼女を目撃してしまうのであった。

目撃してしまった事実を伏せながらも、後輩への行動を控えるようにしていた最中、1年ぶりに顔を合わせた彼女の叔母から衝撃の一言を浴びせられたと言うのが、前回までの流れであった。

正直、記憶が曖昧なのであるが、我輩の心境は花火大会を楽しめるようなものではなかった。

花火大会を終える前に帰ったような気がするが、花火大会中と言う事で交通規制が敷かれており、車で訪問していたとあって、身動きが取れないような状況に陥っていたような気もする。

なぜ、覚えていないのかと言うと、怒りがピークに達していたからであるw

怒り馴れていない我輩は、冷静な判断など出来るはずもなく、かと言って、怒りのやり場を解消する方法もわからない。

気付けば、我輩を追って来た彼女を助手席に乗せ、帰宅していた。

帰りの車内は重い空気が流れ、時間が止まっているかのようで、どちらも言葉を発する事はなかった。

気が付いた時には彼女の自宅前まで送り届けていた。

しかし、彼女は車を降りようとはせず、沈黙を守っていた。

どれ程の時間が流れたのか、覚えていないが、我輩の怒りは収まらぬままであった。

この時の我輩の心理であるが、6年連れ添った彼女とそろそろ、結婚しなければならないタイミングに来ていた事。

3年勤めて辞めるつもりであったホテルを居心地や、やりがいなどから5年勤めるまでと、延長し、気が付けば8年目になっていた事。

そんな心理状況の中、身近な従兄の早過ぎる死。

後悔しない生き方をしようと誓った最中で

『スロプロになりたい!』

と言う、我輩の“夢”

付き合って6年以上の彼女がいる我輩に対し、猛アタックしてくる後輩。

社会に出て8年が経とうとしており、ある程度の常識は持っていたつもりである。

『スロプロを目指す』と言う行為がどれだけ、人道に外れた行動であるかを知るには十分な社会経験があった。

このまま結婚し、子供を授かり、ホテルを勤めあげ、『スロプロを目指す』などと言う、ふざけた“夢”など、忘れ去られる人生を歩むのか。

重い空気の車内でお互い、言葉を発する事無く、沈黙が続いていた。

我輩は今置かれている状況を考えながら、この時、何かが

『パーン!』

と、弾けたような気がした。

我輩が久々に、口を開いた時に発した言葉は

『別れよう』

であった。

総括

--sponsored link--

壮絶なドラマのようであるが、多少の記憶違いはあるかも知れぬが、ノンフィクションである。

このような過去の話しを綴った所で

『誰得だよ!』

と言う、話しであるが、ここまで来て中途半端に流す事も出来ないw

様々な葛藤から、別れを切り出した我輩であったが、果たして。

『第99話』へ続く。。。

第99話

やあやあ、さむらいである。気が付けば、2年と7カ月続けてきた『さむらい物語』であるが、とうとう、節目に差し掛かって来た。時代は4号機も後期に差しかかり、4.5号機、4.7号機が登場する時代にまで来た。ここで、規則[…]

ダブルチャレンジ

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『続きが気になるぜ~!』と言う、門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

ハードボイルド
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--