【スマスロ 北斗の拳】実戦記!マイホの周年イベントになぜか系列店で設定6をツモった結果は!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

このブログを立ち上げて、初めて記事を投稿したのが2017年2月25日であった。

丸7年間も続けて、今年は8年目に突入したのである。

当時はブログでも稼げる時代であったが、後に動画の時代へ移行すると、ブログ業界は衰退していく事に。

稼げなくなった今となっては、何の為に更新しているのかわからないw

それでも続けている理由は、ひとえにいつもお読み下さっている門下生(読者様)の方々がいるからである。

更新頻度も大分下がってしまったが、引退するまでは続けていく所存である。

『応援しているよ!』と言う門下生は、我輩のやる気が上がるので、読み終わった際に最後の方にある応援ポチを押して下され。

どうか、8年目も宜しくお願い申し上げる。

さて、本日であるが

『スマスロ 北斗の拳』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。気が付けば2023年が終わり、2024年を迎えたと思ったら気付けば2月も終わろうとしている。月日が経つのが早過ぎると感じる昨今であるが、如何お過ごしだろうか?これから好きな季節である春が訪れる訳であるが[…]

スマスロ北斗の拳無想転生チャンス

前回までの流れ

--sponsored link--

時は神楽月も月末の頃。

この日はマイホの周年イベントの日と言う事で、何処から湧いて来たのか普段は見ぬ顔ぶれが集結し、いつもよりも早い抽選時間な上に300人で打ち切るなどと言う、常連は誰も喜ばないイベントを敢行する。

店の従業員よりも出勤率の高い我輩が、抽選にすら参加出来ないなどと言う失態だけは避けようと、予定されていた抽選時間の30分以上前に並んだ結果、引いたのは290番と言うほぼ最後尾の番号。

この日の設定狙いはほぼ諦め、ポイント打ちに切り替えるもあまりの稼働率に打てる台もない為、系列店へ移動する。

ポイント打ちをしている中で

『スマスロ 北斗の拳』

のリセット後の163Gを打ち出し、これが“無想転生バトル”へと発展させると

『40連4503枚』

と言う大連チャンを見せ、更に終了後に虹トロフィーが出現する奇跡が起こり、腰を浮かすのであったw

スマスロ 北斗の拳のスペック

スマスロ北斗の拳パネル©︎Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2023年4月
タイプAT
天井1268G+前兆
スペック
設定BB確率(合算)出玉率
11/383.4約98.0%
21/370.5約98.9%
41/297.8約105.7%
51/258.7約110.0%
61/235.1約113.0%
小役確率
設定中段チェリー弱スイカ強スイカ合算リーチ目
11/210.11/109.01/409.61/16384.0
21/204.81/108.71/404.51/13107.2
41/199.81/105.91/376.61/10922.7
51/195.01/100.71/352.31/9362.3
61/190.51/98.31/337.81/8192.0

引用元

後半戦

--sponsored link--

スマスロ北斗の拳大激闘

ここまでポイント打ちの結果は、総投資27本、回収1120枚と言う惜敗。

起死回生の『スマスロ 北斗の拳』では、投資9本4500枚を獲得し、止めるはずがまさかの虹トロフィーで閉店勝負となる。

設定6が確定している状況なので、ここからは早足で後半戦を進めていく。

こう言った大量獲得の後というのは冷遇状態に陥りがちであるが、中段チェリーからサクッと69Gで引き戻し、“4連382枚”とまずまず。

次の当たりも中段チェリーから148Gと早めの当たりとなり、“3連357枚”で終了後にはアミバの台詞。

設定6が確定しているので、意味はないが、実際の設定6はどの程度の台詞が違うのかは、比べる事が出来るはず。

次は205Gでの当たりとなるが、当選契機は弱スイカ高設定ならではであった。

しかもこちらは初めての下段揃い(表紙の画像参照)となり、その恩恵を調べてみると、79%ループ以上が濃厚とある。

飛躍するチャンスであったはずが、こちらは“2連250枚”で終了する。

ここまで単発がないだけ全然マシであったが、大きく跳ねたのは最初のみと言う、モミモミな展開であった。

そんな矢先に強スイカから34Gで引き戻す、伸び盛りな展開を見せるも、ここに来て初の単発で終わってしまう。

ここをハマる事なく209Gで繋ぎ、“5連572枚”と行って来い。

何とか冷遇も回避出来ているようで、早い当たりで安心出来る所は流石は設定6である。

そんな事を思っていると、この日初の300Gオーバーを食らうのだが、これも368Gで踏みとどまる。

これは“2連239枚”であったが、直後の6G中段チェリーを引き当て、21Gで引き戻すと、“5連576枚”を獲得し、少しばかり躍進する。

この後も大きくハマる事はないが、単発か2連と言う、厳しくもどかしい展開が続く。

終了後1G弱スイカを引き、19G『20XX年ホールは大当たりの炎に包まれた!』と言うプレミアで当てたのに、結果はこれも単発と言う仕打ち。

そろそろ閉店時間が見えてくる中、最初の40連以降、全くと言って良い程見せ場がない。

5回ぶりに3連をさせるも、雀の涙。

以降も単発、2連続300Gオーバー2連単発となり、最後の望みの45Gで引き戻したのも単発で終了するのであった。

以下は“後半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数バトルボーナス獲得枚数備考
269G7揃い黄4連382枚シン
中段チェリー
3148G7揃い緑3連357枚アミバ
中段チェリー
4205G7揃い白2連250枚リン
弱スイカ
534G7揃い白単発146枚リン
弱スイカ
6209G7揃い青5連572枚リン
チャンス目
7368G7揃い白2連239枚ジャギ
中段チェリーor強スイカ
821G7揃い白5連576枚リン
中段チェリー
9242G7揃い白単発153枚リン
弱スイカ
1079G7揃い青2連227枚アミバ
中段チェリー
11200G7揃いシロ2連205枚バット
弱スイカ
1219G7揃い青単発94枚バット
弱スイカ
13215G7揃い青3連364枚リン
中段チェリー
14168G7揃い白単発172枚ジャギ
弱スイカ
15390G7揃い白2連215枚アミバ
中段チェリー
16311G7揃い白単発175枚アミバ
強スイカ
1745G7揃い黄単発137枚リン
強スイカ
43G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数6548G
通常回転数3318G
BB初当たり回数17回(1/195.18)
角チェリー68回(1/96.3)
中段チェリー34回(1/192.59)
スイカ合算93回(1/70.41)
チャンス目39回(1/167.9)
リーチ目0回
総収支
総投資9本
総獲得メダル5170枚
総差枚数+4720枚
総収支+91,349ポイント(5.2枚交換)
出玉率124%

総括

--sponsored link--

結果的に朝イチがピークで後は減らす展開であったと言いたい所であるが、こんなクソみたいな展開でも600枚程増えているのだから設定6のポテンシャルの高さを改めて感じていた。

これが『パチスロ甲鉄城のカバネリ』であったら、間違いなく転げ落ちているはず

だからこそ、我輩は『パチスロ甲鉄城のカバネリ』よりも、『スマスロ 北斗の拳』を選ぶのである。

わかりやすい特化ゾーンの無想転生バトルもあるしw

周年の結果であるが、お祭り騒ぎではあったようで。

各フロアーに全台系が2島はあったり、“1/2”3台以上の並びと言った感じが複数散見された。

話によると、この日の全国1位の稼働だったらしい。

マイホではなかったが、何とか設定6をツモれたので良しとするw

本日はこれにて御免!

次回更新日は3月6日を予定している。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2024/04/12 14:11:48時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
スマスロ北斗の拳下段7揃い白オーラ
Twitterで更新情報を受け取るべし!