【パチスロリング呪いの七日間】これぞ絶恐乱舞の底力!?特化ゾーンの威力を見よ!(後編)

やあやあ、さむらいである。

“さむらいがらぁ麺を語るブログ”と言う事で先月から始めた

『さむらい流らぁ麺道』

であるが、4記事目の更新をさせて頂いたのである。

趣味の延長で作ったようなもので、毎日更新している訳ではなく、暇を見ては更新しているような形。

現在は“3~4日に1回ペース”で更新している。

毎回、更新する度にこちらで宣伝するのも良いのだが、更新した事が一目でわかれば良いのにな、
と思うように。

そこで考えたのは、ブログのトップページに“スライドショー”が有るのだが、こちらにらぁ麺の写真を上げ、直接飛べるようにリンクを貼ったのである。

そして、ここに上げているらぁ麺の写真を記事更新毎に変えていこうと考えた。

これまでは初記事でご紹介した『Soupmen』牡蠣塩らぁ麺の画像であったのだが、今回の記事で紹介した『純手打ち 麺と未来』の画像に差し替えたのである。

記事を更新する度に画像を変える事で、トップのらぁ麺の画像が変わっていると気付いた門下生(読者様)が、記事が更新されたのだと気付く事が出来ると思った訳である。

中々のアイデアであると思ったのだが、如何であろうか?

ちなみにブログのトップに行く為には、上の『さむらい流スロプロ道』のタイトルバナーをクリックすればトップに行く事が出来るのである。

らぁ麺好きの門下生はこちらのブログと合わせてお読み頂ければ幸いである。

さて、本日であるが、我輩にしては珍しくも

『リング呪いの七日間』

を攻めた“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。先日更新したのは『クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~』の三部作と言う、超大作であったのだが、お読み頂けただろうか?こちらの機種は"ノーマルAタイプ"と言う事でさむらいが好む台なのであるが、本日お届けする[…]

リング呪いの七日間貞子ボーナス

前回までの流れ

--sponsored link--

時は師走も月末近い頃。

この日はマイホが期待出来ない日と言う事で遠征したのだが、40番手でありながら“バラエティコーナー”の狙っていた末尾となる

『リング呪いの七日間』

を確保する事が出来た。

本機を設定狙いをするのも初めてであり、解析情報を調べながらの実戦であった。

開幕から軽めに貞子ボーナスには当選するも、肝心の“呪縛RUSH”には中々入らず、

『開幕6連続スルー』

と言う、手痛い仕打ちを受ける。

序盤は出ては飲まれを繰り返し、追加投資を何度もする展開であったが、天国ループや早めの初当たりのお陰で徐々にメダルを増やしていく。

設定差の大きい、稀役からの直当たりと思われるボーナス2回確認していた事で高設定への期待は膨らんでいた。

パチスロリング~呪いの七日間~のスペック

リング呪いの七日間タイトル
©1998「リング」「らせん」製作委員会 ©藤商事 

ボーナス確率
設定貞子BONUS呪縛RUSH出玉率
11/242.81/573.6997.2%
21/232.71/550.298.6%
31/218.51/517.1100.6%
41/196.41/464.9104.1%
51/182.61/433.1107.2%
61/159.71/379.0113.2%
低確時亡魂ゾーン当選率
設定弱チェリースイカ
15.0%1.56%
25.0%2.5%
36.25%3.33%
48.0%4.0%
58.0%4.0%
68.0%5.0%

引用元

中盤戦

リング呪いの七日間中段チェリー

貞子ボーナス中に強稀役や、“呪縛RUSH”中にも稀役と言った、引くべき物は引いていたのに中々、伸び悩んでいた。

上のような中段チェリーを引いてやっとこ、デジャブ演出を初めて突破し、前回は4ループ連させる事が出来たのであった。

ここまで総投資は16本まで膨れ上がっていたが、それでも抑えられていると感じていた。

これまで、ボーナスの自力当選が期待出来るチャンスゾーン(以下CZ)となる亡霊ゾーンであるが、突入してもボーナスに当選する事はなかったのであるが、ここで初めてボーナスを引き当てる事に成功する。

しかし、そのチャンスを活かす事が出来ずに次の当たりでは天国のゾーンである100Gを抜けてしまう。

次に当たったのは346Gとなり、これまたスルーするのであるが、ここで一つ気付いた事が。

序盤から天国をスルーしてはいたが、これまで400Gを超えるハマりは見ていなかったのである。

本機の最大天井は通常B999Gなのであるが、天国準備のモードだと400Gが天井となっている。

高設定ほど、天国に行きやすく、上位モードが選択され易いと言う事であったので、もしかしたら高設定だからここまで400Gを超えるハマりが起きていないのでは?と気付いたのであった。

ともなれば、後は高設定を信じてぶん回すのみ。

3回目貞子ボーナス“呪縛RUSH”へと繋げると、ここは590枚獲得し終了する。

しかし、天国ループとなる30Gで当選させるとここでW揃いが発生し、“呪縛RUSH”数珠連させる。

ここは高ループ率が選択されていたようで、6ループ連し、

『284Gで934枚』

獲得するのであった。

次の当たりは323Gとここも、400Gを超える事がなく、更にW揃い“呪縛RUSH”をものにする。

あまりにも“呪縛RUSH”が確定するW揃いが起こるので高設定程、優遇されているのかと思っていたが、ここは関係なかったw

ここも高ループが選択されていたのか、2連3連と、ループ連を突破すると

リング呪いの七日間中段チェリー

を引いたりで、この日最高連チャンである9ループ連を炸裂させると

リング呪いの七日間1408枚獲得

『438Gで1408枚』

と言う大波を引き当てるのであった。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
14100G貞子ボーナス
15346G貞子ボーナス
1698G貞子ボーナス
17163G貞子ボーナス
呪縛RUSH
(158G)呪縛RUSH終了590枚
1830G貞子ボーナスW揃い
呪縛RUSH
(284G)呪縛RUSH終了930枚
19323G貞子ボーナスW揃い
呪縛RUSH
(438G)呪縛RUSH終了1408枚

絶恐乱舞

--sponsored link--

リング呪いの七日間強チェリー

中々のペースで一気に出玉を伸ばした我輩であったが、これまでに一度も“呪縛RUSH”中の特化ゾーンを見ていなかった。

調べると、“絶恐乱舞”なる5G+@続く特化ゾーンがあり、毎ゲーム上乗せし、リプレイ以外の小役では減算はなく、“絶恐乱舞”のゲーム数も上乗せされる為、リプレイを引かなければ永遠と特化ゾーンを続ける事が出来、稀役を引けば大量上乗せも見込めると言うのだ。

突入契機は“呪縛RUSH”中の3枚ベル成立時に突入抽選が行われているらしく、強稀役を引かなくても一律の可能性を秘めているとあって、これは嬉しい仕様。

そして、その時は訪れる。

次に引き当てた“呪縛RUSH”に何も引いていないのに演出がザワザワし始め

リング呪いの七日間絶恐乱舞

『絶恐乱舞』

に突入する。

ベルを引くと“絶恐乱舞+1G、呪縛RUSH+10G”となるのでリプレイ以外を引き続ければ良いのだと気付く。

途中、稀役を引き当てる事が出来た事もあって

リング呪いの七日間絶恐乱舞

『呪縛RUSH+135G』

上乗せと言う、大波を引き当てたのであった。

ここは“絶恐乱舞”のお陰で1092枚獲得する。

そして、次に引いた“呪縛RUSH”中にもこの日2回目となる“絶恐乱舞”を引き当てたのであるが、ここは残念ながら『+55G』で終わってしまい、515枚で終了。

ここから更なる飛躍を見せれば“万枚”も夢ではないと言う、煩悩が頭を過ぎるとそれは終了の合図であるw

この終盤の時間帯で手痛い“7連続スルー”を食らってしまうのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
20109G貞子ボーナス
呪縛RUSH
絶恐乱舞+135G
(316G)呪縛RUSH終了1092枚
2115G貞子ボーナス
22129G貞子ボーナス
2398G貞子ボーナス
呪縛RUSH
絶恐乱舞+55G
(111G)呪縛RUSH終了515枚
2472G貞子ボーナス
2564G貞子ボーナス
2629G貞子ボーナス
2746G貞子ボーナス
28177G貞子ボーナス
2948G貞子ボーナス
30173G貞子ボーナス
呪縛RUSH
(212G)呪縛RUSH終了788枚
3131G貞子ボーナス
102G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総通常回転数7570G
総貞子ボーナス31回(1/244.2)
総初呪縛RUSH11回(1/688.2)
総収支
総投資16本
総獲得メダル4760枚
総差枚数+3984枚
総収支+76,000ポイント(5.3枚交換)

総括

--sponsored link--

終わってみれば一度も400Gを超える事無く、当たり続けてくれたので文句なく設定6で有ったと思う。

通常時の稀役からの直当たりや、亡霊ゾーンの当選率などもデータを取っていたのだが、結果に載せていないのは、どの小役が何個と言った詳細が記されておらず思い出せない為であるw

いやはや、大変申し訳ない。

最後はブレーキが掛かってしまい、抜けたのが21:15頃であった為、続行する事も考えたが、マイホ“閉店チェック”をしたかったので、早めの撤退としたのであった。

初となる『リング呪いの七日間』設定狙いであったが、如何であったろうか?

我輩がAT機を果敢に攻める事など中々ないが、今後も機会が有れば“実戦記”をお届けするつもりである。

本日はこれにて御免!

次回更新日は2月9日予定である。
ランキングに参加中である!
『リングは良く出来てるよな!』と共感された門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2020/12/05 18:19:48時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
リング呪いの七日間貞子ボーナスW揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!