【麻雀格闘倶楽部参】設定狙い実戦記!後半に訪れた三人麻雀に十四人組手の結果とは!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

昨晩は11月20日と言う事で“酉の市”二の酉であった。

今年は参の酉がなく、昨晩が最終日であったのだが、稼働後に参戦して来た。

ほぼ、最後まで打つつもりであったのだが、稼働を22時には切り上げ、参戦したのであるが、最終日と言う事で23時には屋台が店じまいを始めていた。

閉店ギリギリまで打っていたら全く、楽しむ事が出来なかったと言う事である。

朝までやっているイメージであったのだが、それは前夜祭らしく、前夜祭は夜通しでやっているとの事。

来年参戦を予定されている方はお気を付け下され。

さて、本日であるが、

『麻雀格闘倶楽部参』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。タイトルを見て驚いた門下生(読者様)も多い事だろう。そう、今回実戦したのは珍しくも『麻雀格闘倶楽部参』である。なぜ、"ノーマルAタイプ"を主軸とする我輩が、そのような選択[…]

麻雀格闘俱楽部参麻雀ラッシュ

前回までの流れ

--sponsored link--

時は良月も初めの頃。

この日はマイホで一番、設定の見込める“旧イベント日”であったのだが、そんな中で掲げられた“煽り機種”

『麻雀格闘倶楽部参』

であった。

いつもならもっと、たくさんの機種が掲げられるのに随分と少ないなと感じたのであるが、それは全台系であると言っているようなもの。

候補台ではなくとも攻められると思い、抽選番号は30番手でありながら島に向かうとまだ、空き台があった為、すぐ様確保。

初打ちながら“全6”を期待し、打つ事にしたのであった。

初打ちと言う事で『前編』では機種説明や、設定推測における注意点などを綴っている。

前半はほとんど、見せ場もなく出ては飲まれての繰り返しであった。

早めの引き戻しも有れば、中ハマりは食らえども、天井777Gの最深部までハマるようなことはなかった。

全台系を期待しながら打ち進めるも前半戦はこれと言った見せ場もなく終わり、昼休憩を取るのであった。

麻雀格闘倶楽部参のスペック

麻雀格闘俱楽部参パネル

©コナミアミューズメント

機種情報
メーカーコナミアミューズメント
導入日2019年8月
導入台数約8000台
タイプ純増約5枚のAT機
天井777G+@
ボーナス確率
設定AT出玉率
11/298.997.9%
21/289.998.9%
31/278.7100.3%
41/252.1103.1%
51/260.0105.7%
61/229.5110.2%
AT直撃当選確率
11/48317
21/32808
31/24679
41/8494
51/16690
61/4300
レア小役確率
11/55.0
21/52.5
31/49.2
41/46.7
51/44.5
61/42.5

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

直撃ゲット!?

麻雀格闘俱楽部参麻雀ラッシュ

全台系を狙いながらも、しっかりと休憩を取り、昼飯を食らうのは我輩の

『腹が減っては戦は出来ぬ』

スタイルである。

ここまで総投資は10本となり、前半で得られたのは初当たり9回となり、一時は1000枚程の持ちメダルを得るも、徐々に減らしていく展開を強いられるのであった。

とは言え、『ジャグラー』並みに書く事がないのが困った。

“麻雀ラッシュ”に突入し、差枚数管理で規定枚数に到達すると、“真龍ロード”と言う引き戻しゾーンに突入するのであるが、“麻雀ラッシュ”終了時に毎回、終了画面が出現するのである。

その為、“真龍ロード”で引き戻せたらそれだけ終了画面を確認出来ると言う事になるのであるが、ここまで26回程、確認したのに出て来た終了画面は全てデフォルトであった。

“麻雀ラッシュ”“真龍ロード”どちらも終了した時点で“コナミコマンド”を入力する事で発生する台詞は偶数寄りと言った結果であった。

昼休憩から戻り、249Gで得た“麻雀ラッシュ”は上手い事繋ぎ、545枚獲得する。

1G強チェリーを引き当てるも引き戻しも何も起こらずであった。

更に、276Gで得た“麻雀ラッシュ”188枚を獲得する。

相変わらず、語る事がないのであるが、次の375Gで直撃と思える当たり方を確認する。

本機は直撃当選率に設定差があり、設定6で一番出易く、次いで設定4となり、設定41日1回程度の確率で、設定6であれば終日勝負で2回程、確認出来る確率となっている。

1回でも確認出来たら高設定挙動と言えるであろう。

次の当たりは251Gで当たったのだが、このターンで初めて、終了画面で設定示唆となる

麻雀格闘倶楽部参終了画面月

を確認する。

更に通常時であるが、中ハマりをしたかと思えば、初の

麻雀格闘倶楽部参浴衣モード

『浴衣モード』

なるモードに突入し、“麻雀ラッシュ”を射止める。

どうやら、通常よりも当選し易いようである。

ここでは麻雀格闘倶楽部参657枚獲得

『657枚獲得』

し、ドル箱に再度手を掛ける展開となるのであった。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
10249G格闘俱楽部RUSH
11276G格闘俱楽部RUSH188枚
12375G格闘俱楽部RUSH直撃?
198枚
13251G格闘俱楽部RUSH738枚
14444G格闘俱楽部RUSH657枚
15419G格闘俱楽部RUSH255枚

後半戦

--sponsored link--

後半に入り、これまでに見てなかった

麻雀格闘倶楽部参三人麻雀

『三人麻雀』

に初めてぶち込むも

『ハズレんのか~い!』

と言う結果に。

更に打ち進めると、これまで見た事がなかった

麻雀格闘倶楽部参十四人組手

『十四人組手』

なるものに突入し、記憶ではここは当選となった。

この後も出ては飲まれを繰り返すも高設定が確定する“天の川”の終了画面は出る事はなく、“月”をもう一度確認するだけであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
1642G格闘俱楽部RUSH108枚
1723G格闘俱楽部RUSH769枚
18563G格闘俱楽部RUSH807枚
19215G格闘俱楽部RUSH162枚
20301G格闘俱楽部RUSH191枚
21439G格闘俱楽部RUSH373枚
46G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総通常回転数5611G
総AT49回(1/114.5)
総AT初当たり21回(1/267.2)
AT直撃0回
チェリー58回(1/96.7)
弱スイカ32回(1/175.3)
弱チャンス目39回(1/143.9)
総稀役129回(1/43.5)
AT終了画面月1回(1/49)
AT終了画面天の川0回
総収支
総投資10本
総獲得メダル2132枚
総差枚数+1632枚
総収支+30,500ポイント(5.3枚交換)

総括

--sponsored link--

最後まで打ち切ったのであるが、最終的に得られたのは差枚1600枚程のメダルであった。

設定6であれば、若干の引き弱と言わざるを得ない結果に。

最後まで設定6を確信出来るような演出は確認出来なかったが、直撃を確認している事と、“月”が出現している事を踏まえ、設定4は有ったのではないかと考察する。

島全体で見てもそこまで大量獲得出来た台もなかったが、安定して店側のマイナスであったのを見ると、“全6”であったとしてもおかしくない結果となっていた。

初打ちを終えた我輩の感想であるが、『惜しい』の一言。

“真龍ロード”で麻雀を対決しながら上がれば再度、“麻雀ラッシュ”と言うシステムはとても分かり易く、良かったと思う。

ただ、せっかくの“純増5枚のAT機”のはずが、ここでのメダルの減りが多過ぎ、更に上がれる役もショボい役ばかりであった為、いくら上がり続けようとも一撃で2400枚得られるような出玉感の期待はなかった。

もし、我輩の声が届くなら、今後の開発の参考にして頂きたいと考えている。

本日はこれにて御免!

次回更新は11月24日である。
ランキングに参加中である!
『麻雀は雀卓を囲んでするに限るぜ!』と言う門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2019/12/11 00:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
麻雀格闘俱楽部参麻雀ラッシュ
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--