【マクロスフロンティア2】設定狙い実戦記!これがフリーズの恩恵となる究極クランボーナスである!(後編)

やあやあ、さむらいである。

台風15号の残した爪痕は深く、未だに停電のままであったり、断水が続いている地域もある。

我輩は千葉県に4年ほど住んでいた事があり、知人もいるのだが、事態は大変、深刻な状況だそう。

千葉の一部地域は井戸水を使っている地域もあり、通電しないとポンプが使えない状況が続いている。

全面復旧は13日以降になると、発表があった。

現在、記事を綴っているのは13日の深夜なので、更新される14日には復旧されている事を望むばかりである。

さて、本日であるが、

『マクロスフロンティア2』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。普段はノーマルAタイプを主軸に立ち回り、主に『ジャグラー』をメインに稼働している我輩であるが、時にはART機を攻める事もある。簡単に言えば、高設定が見込めそうな時は攻めると言う事。なので、ツモ率は微妙で[…]

BIGボーナス

前回までの流れ

--sponsored link--

時は文月も月末の頃。

この日は月末とは言え、設定が多少は見込める週初めに狙ったのは『ジャグラー』ではなく、バラエティコーナーを煽っている系列店であった。

3番手と言う良番を引き当てると、一番履歴が強く、高設定が入りそうな

『マクロスフロンティア2』

を攻める事に。

設定狙いは初と言う事で、スマホで調べながらの実戦であった。

高設定なのかはわからぬが、序盤から好スタートを切り、2000枚程の出玉を確保していた。

マクロスフロンティア2のスペック

ボーナス確定画面2人

©2009,2011 ビッグウェスト/劇場版マクロスF制作委員会 ©SANKYO

ボーナス確率
設定究極クランボーナスBIGREG
11/31746.11/535.71/659.0
21/31428.61/516.01/611.5
31/31289.01/497.21/612.3
41/31687.31/459.41/548.2
51/31565.61/445.11/520.8
61/31268.61/415.21/456.4
設定ボーナス合成ART初当たりボーナス+ART
11/295.51/427.31/174.7
21/279.81/423.11/168.4
31/274.41/403.41/163.3
41/249.91/389.11/152.2
51/240.01/362.41/144.4
61/217.41/354.31/134.7
設定出玉率
197.2%
298.2%
3100.6%
4104.3%
5108.2%
6111.8%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

究極クランボーナス

SANKYOドラムくん

ここまで投資は9本となり、持ちメダルは2000枚程を有していた。

昼休憩を取り、戻るとプチハマりを食らい、当たったのは426Gの所となり、しかも“REG”とあって、出玉的にも大きな失速となる。

本機は通常時のメダル保ちが“50枚辺り33G”とされているが、体感だと、30G回っているのかと疑う程、悪い。

ここまで、ARTである、“バルキリータイム”に突入しないとなると、大きくメダルを消失していた。

52G“REG”を挟み、これからと言う所で、ゆっくりとリールが回り出す。

ショートフリーズのような演出で、

『突撃ライブチャンス』

なる、演出が発生し、左から緑7を狙うか、右からピンク7を狙うか、と言う演出に発展すると、シェリル派である我輩は迷う事無く、右リールにピンク7を押した所であった。

普段なら『なちぇな』が止まるであろう場面であったが、中段にピンク7が停止すると、突如、液晶が暗転する。

フリーズ

左と中リールは回り続け、ストップボタンは押す事が出来ず、演出が始まった。

『フリーズではないか!』

何と、設定判別を行っている最中にフリーズを引いてしまったのだw

過去にも天井狙いで引いた事があるような気もしたが、詳細は覚えてはいないw

フリーズ

“究極クランボーナス”を消化すると、ゲーム数220Gと、“バルキリータイム”2セットを射止めるのであった。

調べてみると、“究極クランボーナス”250Gの初期ゲーム数と、3セットと言うのが平均らしいので明らかに引き弱であったのだが、気付いたのは綴っている今現在であるのでまぁ良いw

“バルキリータイム”中となる、85Gボーナスを射止めると、準備中になんと、2個ボーナスをストックし、

『2連続1G連』

を成し遂げる。

後は前兆となる、連続演出中に中段チェリーを引いたり、“アルトラッシュ”200Gを射止めたりと飛躍し、1005Gを消化し、

2632枚

『一撃2632枚』

を獲得するのであった。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
12426GRB
1352GRB
1494Gグランボーナス+220G+2セット
初期ゲーム数220Gバルキリータイム
15(85G)BB+25G
16(1G)BB+30G
17(1G)BB+15G
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
初期ゲーム数200Gバルキリータイムアルトラッシュ
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
Total 1005Gバルキリータイム終了2632枚

天井ストッパー

--sponsored link--

1005Gと、結構な伸びを見せたはずなのにいまいち、獲得枚数が伸びなかったのは思いの外、ボーナスに繋がらなかった為である。

実際に、この“バルキリータイム”を終えた所で

『ボーナス間974Gハマり』

であった。

1000Gの所で強めのゾーンがあるが、ここは“バルキリータイム”には繋がらず。

ここで見えてくるのは“天井”の二文字であるが、本機には天井ストッパーが搭載されており、中々、最深部まで持って行かれる事は少ない。

ボーナス間1000Gを超えると、以降のボーナス“BIG”以上が約束される。

しかし、ボーナス間1000Gを超えると、内部的に超高確率状態に突入するのか、普段は当たらない、弱稀役でも簡単にボーナス当選してしまう。

更には酷い時には稀ベルでもない、通常ベルで解除なんて事もあるのだ。

最深部で当選すると、“超時空ライブ”が確定となる為、恩恵は大きいが、中々その恩恵に授かる事は出来ないのである。

その内当たるだろうと、期待をせずに打ち進めるも、デカルチャンスにまで発展しても尽く、失敗し、気付けば、ボーナス間1200Gを超えていたのである。

残り、80Gを凌げば天井到達となる為、異常に緊張してきた。

ここで“シェリーを狙え”がハズレ、デカルチャンスに突入すると、圧倒的に当たりそうな雰囲気。

こんなんでも当たるのか、もしくはベルと当選したかなと、諦めていた。

見事、連続演出を突破し、『はいはい』と、打ち進めると、当選したのはボーナスではなく、“バルキリータイム”であった。

この時、正確なゲーム数は確認していないのであるが、恐らくは1228G付近。

あと、50Gあまりを凌げば天井到達となり、“超時空ライブ”である。

アルトで初期ゲーム数は50Gとなるが、今はそんな事は重要ではない。

残り50Gを何とか、凌ぎたい所であったが、ここで強チェリーを引き当ててしまうのであった。

さすがに終わったと、思ったが、なんと、ここで“クライマックスチャレンジ”が発生する。

すると、この“クライマックスチャレンジ”を見事、成功させ、

バジェラッシュ

『バジュラッシュ』

に突入させる事に成功したのだ!

今現在、どれ程回したのか、データ表示器を見ないようにしていた為、定かではないが、この“バジュラッシュ”を消化している間に天井到達するのではないか?と思えて来た。

ここは220Gを上乗せし、残すはわずか、と言う所でスイカを引き当てる。

どうにか、凌いでくれと言う思いも虚しく、当選となり、計算すると、当たったのは

『1271G』

の所であった。

あれ程、回避してきたのにどうして、ギリギリで当たってしまうのかと、自身の相変わらずな引きを恨んだが、致し方ないのであった。

結局、ここでは1143枚を獲得し、終了後はまた、プチハマりを食らう。

698Gハマりを経て、98Gで射止めたボーナス“バルキリータイム”を獲得するもストレートで消化。

諦め掛けていたが、通常画面に戻りつつもまだ、RT状態と言う、状況で2G後にボーナス告知。

これが、RT状態での当選であったからか、終了後には“バルキリータイム”が発動する。

これは中段チェリー強ベルと言った強稀役のお陰で、ゲーム数を伸ばし、

2163枚

『一撃2163枚』

を獲得し、抜ける。

抜けた直後であるがこの日初となる、“バジェラアタック”に当選する。

これを、見事成功させ、引き戻しのようなゲーム数で“バルキリータイム”に再当選させると、獲得枚数は引き継がれていた。

結局は

2364枚

『2撃2364枚』

を獲得するのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
初期ゲーム数50GバルキリータイムBB間1228Gハマり時
18(1271G)BB+10G
19(46G)BB+10G
Total 435Gバルキリータイム終了1143枚
20698GBB
2198GBB
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
Total 60Gバルキリータイム終了281枚
2264GBB+165
23(12G)BB+15G
24(95G)BB+130
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
Total 730Gバルキリータイム終了2163枚
初期ゲーム数50Gバルキリータイム
25(659G)BB+10G
Total 815Gバルキリータイム終了2364枚
26114GBB
2749GRB→BB昇格
28118GRB
165G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数6084G
総BIG24回(1/)
総REG4回(1/)
バルキリータイム12回/2354G(1/196.2)
7フェイクリプレイ5回/2354G(1/470.8)
バジェラアタックルカスタート1回/2354G
REG中オオサンショウウオさん6回/14回
REG中アイくん8回/14回
総収支
総投資9本
総獲得メダル5476枚
総差枚数5026枚
総収支+95,000ポイント(5.3枚交換)

総括

--sponsored link--

結局は出玉は付いたが、高設定を確信出来るようなことはなかった。

比較的、“2人の確定画面”が見受けられていたので高設定なのかな?程度。

“バジェラアタック”も最後に1回当選しただけで全く、アテにならない状況であった。

高設定だからこそ、出玉が付いてるとも言えるが、確証もなかったので21時を回る前に早めの撤収をするのであった。

ただ、感触的には高設定であったのだろうと思っている。

あそこで天井到達させられていればと、悔やまれる1戦となるのであった。

本日はこれにて御免!

次の更新日は9月16日である。

ランキングに参加中である!
『やり切れなくても5000枚なら上出来!』と言う、門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

クランボーナス
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--