【グレートキングハナハナ】実戦記!前半戦はこれでもかの展開に記録的勝利を期待してブン回した結果とは!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

週初めからピロリ菌の二次治療を始めた。

一次治療の除菌率70%の壁を超えてしまい、除菌出来なかった為である。

更に強めの抗生物質を一週間、飲み続けなければならんのだが、この際、酒は断酒せねばならん。

我輩の身体はビールコーヒーらぁ麺のスープで出来ているのでこれが、辛い。

何とか、らぁ麺のスープを多く摂取して、生き延びるつもりである。

さて、本日であるが、

『グレートキングハナハナ』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。先日、門下生(読者様)の方からコメントで『ハナハナ』の"実戦記"も読みたいと言うご要望を頂いた。だからと言う訳でもないのだが、系列店に導入される事となり、良い番号が引けたら攻めてみるかと相成ったのである。[…]

グレートキングハナハナ白7揃い

前回までの流れ

--sponsored link--

時は秋初月も初めの頃。

系列店に新台として

『グレートキングハナハナ』

が導入され、その2日目抽選番号1番を引き当てた我輩は、前日の当たり台ながらも唯一、出目が変わっていた違和感のある台を攻める事に。

序盤は不安が過ぎるベル確率であったが、打ち進めていく内に上がっていく。

後はボーナスが付いて来てくれればと言う場面で大波を引き当て、“ベル500個”3514Gで貯めると、ボーナス“BB20RB9”となり、合算は“1/121”で折り返すのであった。

グレートキングハナハナのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

©パイオニア

機種情報
メーカーパイオニア
導入日2017年11月
導入台数約5,000台
タイプノーマルAタイプ
コイン保ち約37G/50枚
天井なし
BIG最大312枚
REG最大130枚
設定BIGREG合算出玉率
11/2991/4961/18696%
21/2881/4681/17898%
31/2781/4361/170101%
41/2681/4071/161104%
51/2551/3741/151107%
61/2341/3361/138112%
設定ベル確率
11/7.48
21/7.40
31/7.40
41/7.41
51/7.31
61/7.22

*スロマガ10万ゲームシュミレート結果(30φ)
引用元

一樹百穫中盤戦

グレートキングハナハナリーチ目

一樹百穫中盤実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
600個4265G1/7.111/7.51BB24RB111/121
700個5033G1/7.191/7.68BB28RB151/117
800個5824G1/7.281/7.91BB31RB171/121
900個6527G1/7.251/7.03BB32RB181/130
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。こちらの記事は保存版となっており、過去に投稿したものから多少、内容に手を加えている。今回は『ジャグラー系』の設定推測をする上で極めて重要な『極意』を伝授したいと思う。『そ[…]

一樹百穫

一先ずはこれ以上ない展開に、休憩を取るタイミングがなかった。

ここまで総投資は3本となっており、“BIG先行”と言う事も有り、既に2500枚程の持ちメダルを有していた。

“こぜ6”とも言える展開ではあるが、若干“REG”が弱いと感じるのと

『REG中サイドランプ』

が圧倒的に奇数寄りであったのである。

ここで言う“REG中サイドランプ”をご存知ない方に簡単に説明させて頂くと、『グレートキングハナハナ』“REG”消化中、左リールに“スイカ・白7・スイカ”をビタ押しし、一度だけスイカを揃えると、サイドランプが点灯するのであるが、その時のサイドランプの色で“偶奇の設定示唆”を行っているのだ。

細かい解析値と言うのは出ていないので、あくまで実戦の参考値になるのだが、簡単に言うと“青or緑で奇数示唆”となり、“黄or赤で偶数示唆”“虹で高設定示唆”となる。

“設定6のみ4色均等”となっている。

この“REG中サイドランプ”が、ここまで“REG”9回引いて、“9中8回が青or緑”であったのだw

まだ前半戦ではあるが、奇数設定濃厚となり、設定6よりは設定5の方が強く出てしまう結果となっていた。

ちなみにこんな展開でも最終的には均等に終わるような経験もあるので、止める止めないの参考にはならない要素である。

あくまで、終日打った結果を見て、設定の偶奇を判断する材料になる程度のものとなっている。

さて実戦に話を戻させて頂くと、“BIG”オンリーの“ハナ連3連チャン”を射止めると、この日2回目レトロサウンドが流れる。

これにも設定差が有り、“ボーナス後88G以内のBIG成立時の一部でレトロサウンドが発生”するのだが、あくまで参考程度。

これも、細かい数値は出ておらず、“高設定程出易い”程度のものなので“止めるか否か”の判断材料にはなり辛い。

序盤で2回出ていたから飲まれたけど少し深めに追ってみるか、位なら参考になるかも知れない。

その後も細かく、ボーナスを重ねていき、“ベル600個”4265Gで貯める。

この時ボーナス“BB24RB11”となり、合算は“1/121”で、ベル確率“1/7.11”と超優秀であった。

その後も2連3連と言った細かい連チャンを重ねつつ、“ベル700個”5033Gで貯めると、ボーナス“BB28RB15”、合算は“1/117”と更に飛躍し、ベル確率“1/7.19”設定6の実戦参考値である“1/7.22”を上回っていた。

もはや、高設定である事は確信に近いものが有り、ここから何処まで伸びるか?と、期待が高まっていた。

ここらで459Gと言うプチハマりを食らうも

『ハナ連5連チャン』

で巻き返すのだが、その直後に

『ストレート668Gハマり』

を食らってしまう。

5連チャン中に“ベル800個”5824Gで貯めるのだが、ベル確率“1/7.28”まで下げてしまい、6527G“ベル900個”を貯めるのだが、引けたボーナスはハマった事も有り、“BB1RB1”1回づつしか引けずに失速し、合算は“1/130”まで下がっていた。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
30160GBB
3140GBBレトロサウンド
3216GBB3連
33115GBB
3442GRB2連
35179GRB
36387GBB
3710GBB2連
38204GRB
3928GBB
4067GRB3連
41187GRB
4239GRB
4362GBB3連
44155GBB
45459GRB
4681GBB
4784GRB
4857GBB
4976GBB5連チャン
50668GRB

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

グレートキングハナハナBAR揃いリーチ目

一樹百穫後半実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
1000個7295G1/7.301/7.68BB34RB201/135
1100個8030G1/7.301/7.35BB35RB211/143
1200個8800G1/7.331/7.70BB37RB221/149
1251個9114G1/7.291/6.17BB38RB241/147

かなりイケイケの展開であったが、ここに来てブレーキが掛かっていた。

先程の“ストレート668Gハマり”も当たったのは“REG”であったので、予断は許さない状況。

150Gチカるも“REG”となり、146Gチカるもこれまた、“REG”

気が付けば久しく、“BIG”を引けておらず、またも300Gを超える展開となり、やっとこ“BIG”を引けたのは

『BIG間1384Gハマり』

の所であった。

2時間“BIG”2回しか引けない展開なので、目眩しかしない。

“ベル1000個”を貯めたのは7295Gとなり、この時のボーナス“BB34RB20”、合算は“1/135”まで落ち込んでいた。

ここに来て、得意の“後半失速するタイプ”を発揮するw

何とか、ハマった跳ねっ返りを期待するも、次なる“ベル1100個”8030Gで貯めるまでに引けたのは、またしても“BB1RB1”1回づつのみ。

ボーナス合算“1/143”にまで落ち込み、気が付けばベル確率“1/7.30”と、“設定4と設定5の間の数値”になっていた。

それでも何とか、連チャンを期待するも『ハナ連って何だ?』状態に陥り、8800G“ベル1200個”を貯めた時にはボーナス合算“1/149”に。

昼休憩をせずに頑張って回したが、最後まで再浮上する事無く、閉店を迎えるのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
51150GRB
52146GRB
53420GBBBIG間1384Gハマり
5452GBB2連
55336GRB
56235GBB上パネル
57317GBB
58109GBB
59310GRB
60234GBB
6151GRB2連
62112GRB
140G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数9114G
総BIG38回(1/239.8)
総REG24回(1/379.8)
ベル1251個(1/7.29)
チェリー174個(1/52.38)
スイカ48個(1/189.9)
レトロサウンド2/21回
BIG中スイカ25個/912G(1/36.48)
BIG後パネルフラッシュ上のみ3回/38回中
BIG後パネルフラッシュ上下2回/38回中
REG後パネルフラッシュ0回/24回中
REG中サイドランプ青12回/24回中
黄2回/24回中
緑9回/24回中
赤1回/24回中
虹0回/24回中
総収支
総投資3本
総獲得メダル2745枚
総差枚数+2595枚
総収支+49,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率110%

総括

--sponsored link--

基本的に高設定であろうと構わずに昼休憩をとるのだが、記録的な展開が予見出来る時は我慢する事も。

例えば、“ジャグラーで万枚”が狙えそうな展開であったら、さすがに記録を優先するのだが、この日は『グレキン』実戦の中でも過去にない展開であった為、ブン回していたのであるが…。

結果的に9000G以上回し、勝つには勝ったが、後半は何の見せ場もなく終わった。

18時過ぎてからが地獄で、およそ4時間で引けた“BIG”6回のみ。

前半で得た持ちメダルを7時間掛けて、何とか現状維持まで戻したようなものなので、時間と1回の食事を無駄にした気分であった。

結果の内容を見ると、“REG中サイドランプ”は圧倒的に奇数示唆なので、設定5濃厚ではなかろうか?

この辺は『ジャグラー』よりも設定示唆要素が多いので設定判別はし易いだろう。

後半は大失速となったが、チカり方も色々なパターンを堪能し、何だかんだで久々の『グレートキングハナハナ』楽しめたのであった。

本日はこれにて御免!

次回更新日は8月4日を予定している。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2020/12/01 18:11:58時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
グレートキングハナハナ赤7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!