ディスクアップ設定狙い実戦記!旧イベント日とあらば高設定を使うでしょ!?(前編)

やあやあ、さむらいである。


昨日は約2カ月ぶりとなる

『ファンキージャグラー』

“実戦記”をお届けしたのだが、お読み頂けた
だろうか?


中々、攻める機会も減ってしまった本機なので、
2カ月ぶりとなる久々の投稿となった。


また、記事の中では熱心な門下生(読者様)から
頂いたご質問に対し、お答えさせて頂いた。


全てのご質問に対し、記事で返答しているわけでは
ないが、他の方も気になっているのではないか?
と言ったご質問には記事の中でお答えする事も
あるのでご了承下され。


さて、本日であるが、

『ディスクアップ』

を攻めた“実戦記”をお届けしよう!


まだ、“ファンキーの実戦記”をお読みでない
門下生はこちらから

ファンキージャグラー実戦記!閉店時に1000Gを超えるハマり台ならさすがに上げるでしょ!?(前編)

ファンキージャグラー実戦記!閉店チェックについて門下生からの質問に答えてみた!(後編)

実戦日

--sponsored link--

時は弟月も月末に差し掛かろうかと言う頃。


この日は今年最後の“旧イベント日”であり、
年末商戦、最後の還元日であった。


そんな中、我輩が引いたのはちょうど真ん中位の
中途半端な番号であった。


“煽り機種”であるメイン機種は大方取られているで
あろう事が予想出来たので、狙うは後発表狙いと
なる『ジャグラーコーナー』か?と考えていた。


いざ入場すると、メイン機種である

『ディスクアップ』

本命台に空き台が。


やはり、技術介入機と言う事で打ち手を選ぶようで
迷わず確保。


他の機種の設定変更状況や、誰がどこを朝イチ
攻めているのか?などと言った状況把握はかなり
重要であり、そこの“開店チェック”に時間を
掛けていると、我輩が打ち出すのは10:15
差し掛かろうか?と言う時間になっていた。


第2候補を攻めていた知人の台は設定変更挙動で
あったのだが、我輩の本命台はまさかの据え置き
濃厚挙動。


となれば第2候補“当たり台”である可能性が
高かったのだが、空き台となっていた第3候補
設定変更挙動であった為、まだ、こちらの方が
期待出来るだろうと移動し、打ち出すのであった。

ディスクアップのスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2018年6月4日
初期導入台数約2000台
タイプA+ART
同色BIG最大251枚+ART
異色BIG最大251枚+一部ART
REG最大103枚
リーチ目2766通り
天井非搭載
ボーナス確率
設定同色BIG異色BIGBIG合算REG
11/299.31/8192.01/288.71/496.5
21/7281.81/287.41/458.3
51/4681.11/281.31/442.8
61/3120.81/273.1
設定ボーナス合算出玉率出玉率
(完全攻略)
11/182.698.9%103.0%
21/176.6100.3%104.3%
51/172.0103.3%107.2%
61/165.9107.2%110.0%
特定ボーナス確率
設定リーチ目役A+異色BIG異色BIG合算チェリー+REG
11/16384.01/8192.01/5461.3
21/13107.21/7181.81/3276.8
51/6553.61/4681.11/2978.9
61/3855.11/3120.81/2520.6
小役確率
設定共通9枚役チェリースイカ
11/20.01/26.81/46.9
21/19.41/24.91/45.3
51/18.31/24.01/42.4
61/17.61/23.11/41.0
ART中ハズレ確率
設定ハズレ確率
11/11.5
21/10.9
51/9.9
61/9.4
ART中通常リプレイとの比率確率
設定通常リプレイ÷(ハズレ+共通ベル)
11/2.80
21/2.68
51/2.29
61/2.18
ビタ押し成功時・上乗せなし発生率
(通常時の同色BIG中)
設定発生率発生割合
(同色BIG回数)
11/4156約150回に1回
21/1032約37回に1回
51/517約18回に1回
61/258約9回に1回
通常時異色BIG当選時・DT当選率
設定当選率
150.0%
244.4%
528.6%
619.0%
真・技術介入成功率別出玉率
成功率出玉率
100%103.0%
80.0%101.8%
66.0%100.9%
52.2%100.0%
50%99.9%

【完全攻略の条件】
・ボーナス成立時の次ゲームに1枚掛けでボーナス入賞手順を行う
・チェリー・スイカの取得率100%
・ボーナス中に枚数アップ手順を行う
・同色BIG中の真・技術介入成功率100%
・通常時・ART中にパンク1枚役を取得しない


引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『ディスクアップ』が市場に登場してから半年
経つが、5.9号機の中では間違いなく

『ナンバー1!』

の人気機種と言っても過言ではないだろう。


その理由は設定1でも技術介入により甘くなる事や
拘ったリーチ目リール制御、絶妙な演出頻度
と言った

『パチスロ本来の楽しみ』

が詰め込まれている事、そしてすぐには見抜けない
微妙な設定差と言ったものがあり、全てを説明する
だけで何個も記事が書けてしまうほどである。


これまでも高設定は見抜けるのか?はたまた、
本当に甘いのか?また、と言った検証も兼ねて
果敢に攻めてはショボ勝ちか、高設定をツモっても
負けと言う結果であったのだが、我輩の評価は
総じて高いものとなっていた。


この日のように“旧イベント日”であり、“煽り機種”
に掲げられているのにも関わらず、中途半端な番号
でも本命台に座れた事を考えるとやはり、高設定
投入されるなら攻め得る機種となると考える。


初当たりは早めとなる投資2本44G“BIG”と、
第2候補を攻めている知人と同じタイミングでの
スタートであった。


その知人と言うのはいつも仕事の出勤前に適当な
『ディスクアップ』を攻め、軽く遊んでから
仕事に向かうような根っからの

『ディスクアッパー』

である。


ビタ押し精度は我輩と同等位のレベルであるが、
引きに関しては天下一品の持ち主。


ART中でも簡単にボーナスを当てられる
“向こう側の引き”を持ち合わせた方である。


そんな天下一品の方に負けじと、この日は我輩も
頑張っていた。


ビタ押しチャンスである“READY”が全く出現せず
“DJ ZONE(以下DZ)”17Gのみ。


“DANCE TIME(以下DT)”が付いてくれたのが
救いであった。


これが、17G“REG”20G“BIG”を射止め、
更には、24Gで設定差のある“チェリー重複REG”
へと繋げ、初当たりからいきなり

『ART4連チャン!』

を炸裂させるのであった。

向こう側の引きの持ち主

--sponsored link--

開幕から上手くART中にボーナスを絡める事に
成功し、絶好のスタートを切る事に成功する。


143G“REG”を挟み、164Gで引いた次なる
“BIG”では“DT”なしの“DZ47G”のみ。


255Gでまたも設定差のある“チェリー重複REG”
射止め、高設定への期待が高まる。


38G“BIG”を引き、“DT40G+DZ38G”を射止めて
思うのは“REG”とのタイミングが逆であったら
最低でも“DT”20G付いてきたのにと言う、

『ディスクアップあるある』

である。


この理不尽とも思える“運命の悪戯”を物とも
しないのが、“向こう側の引き”を持ち合わせた

『ディスクアッパー』

の方々である。


そして、“向こう側の引き”を持ち合わせ方は
“通常BIG”“DT当選率”も半端ない。


通常時に引いた“同色BIG”52%で付いてくると
されている“DT”


今までの我輩の実戦経験から本当に52%
あるのだろうか?と言う疑問が生まれる位、
引けていない。


少なくとも我輩の隣の第2候補で打っている
“ディスクアッパー”の知人は確実に、確率以上に
“DT付きBIG”を引いているだろう。


現在はまだ、検証段階なのでデータをまとめては
いないが、ある程度データが溜まって来たら、
検証記事を綴ろうと思っているので楽しみに
していてほしい。


そんな理不尽な引きの違いを感じつつもこの日の
我輩は比較的“DT”が引けていた。


458G“REG”を引き、その3G後“青BIG”


これも引くタイミングが逆であったらと言う場面で
あったが、ここで“BIG”のみの

『ART中3連チャン』

をカマし、更に出玉を伸ばすのであった。


以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
144G青BB投資2本
DT60G+DZ17G
2(17G)RBDT20G
3(20G)チェリー赤BBDT20G+DZ32G
4(24G)チェリーRBDT20G
4連チャン
5143GRB
6164Gチェリー赤BBDZ47G
7255GチェリーRB
838G青BBDT40G+DZ38G
9458GチェリーRB
103G青BBDT40G+DZ27G
11(65G)青BBDT40G+DZ36G
12(59G)青BBDT20G+DZ42G
3連チャン

総括

--sponsored link--

“旧イベント日”“煽り機種”である

『ディスクアップ』

であれば高設定を使うだろうと攻めてみた。


残念ながら本命台据え置きであったが、軽い
フットワークで設定変更濃厚である第3候補を攻め、
開幕から好スタートをカマす。


ただ、好スタートを切ったのは我輩だけでなく、
隣の第2候補も同じように好スタートを
切っていたのであった。


果たして、どちらが本物の高設定なのか?


『後編』に続く。。。

ディスクアップ設定狙い実戦記!設定判別するならART中は1枚役Aを見抜け!(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
“向こう側の引き”の人間になりたいぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

ディスクアップ赤7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
広告