【押忍!番長3】設定狙い実戦記!久々の番長3対決は全台系の設定5狙い!(前編)

やあやあ、さむらいである。

昨日はお休み(定休日)を頂戴し、誠に感謝である。

8月に入り、未だに今月の目標を掲げていなかったのだが、やっと、腹をくくったのである。

振るわないダイエットは細々と継続するとして、今月掲げる目標は

『働き方改革!』

であるw

ここ最近、ブログの更新作業に追われ、ベッドに行く事もままならないと言った日も多く、非効率な状況が続いていた。

身体が資本であるこの稼業において、身体を壊していては元も子もない。

とは言え、記事を楽しみにして下さる門下生(読者様)も少なからずおられるので、期待には応えたい。

そんな中、元々は8月と言う事で“夏休み”を頂戴するつもりではいたのであるが、どのように休もうか、悩んでいた。

身体を休める為にも、夏を満喫する為にも、門下生の期待に応える為にも、どのような施策が良いか悩んだ結果が、この度の“働き方改革”であった。

と言う事で、中途半端に連休を頂戴するような“夏休み”ではなく、更新頻度を大きく変えてお届けする事にした。

今月は

『2日更新1日休み』

でお届けする事にしたのである!

主に、『前・後編』“実戦記”を構成しているので、2日分更新したら1日置いて、更新と言った具合にしていこうと考えている。

そうする事で進めて行くと、8月25日の日曜で休みが定休日と重なるので、それまでは『2日更新1日休み』と言う、更新頻度でお届けする予定である。

計算すると、8月“8日のお休み”が頂けるようになるので、普段の倍は休む事が出来る事となる。

それでもやっと、人並の生活を送れる程度なので、更新を楽しみにしている門下生もご容赦頂けると嬉しく思うw

26日以降、どのように進めて行くかはその時の気分によるのであるがw

さて、本日であるが、久々に

『押忍!番長3』

を攻めた“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は愛逢月も初めの頃。

この日は7月最初の“旧イベント日”と言う事で、気合で参戦。

しかし、抽選結果はほぼ、最後尾と言う、馴れ親しんだ結果に何も思う事はない。

これで戦えないなら誰かと組んだり、人を雇えば良いだけであり、ピンでやっている以上、甘んじて受け入れる。

入場し、『ジャグラーコーナー』に向かうも、主だった狙い台は一般の方を含め、埋まってしまっていた。

基本的には人気の『マイジャグシリーズ』を触りたい所であったが、選べるのはそれ以外の機種と言った状況。

悩んだ挙句、我輩は『アクロスコーナー』に踏み入るのであった。

1度だけ、『ハナビ通』設定Hを投入していた事もあり、候補台なら攻める価値はある。

そう、思い、攻めたのは一番入りそうな凹み台『ハナビ』であった。

設定6でも出玉率108%の機種と言う事で朝から攻めるのはどうか?と言った所。

我輩としてはむしろ、1発ツモが狙えるなら出玉率108%で、全然、構わないと思っている。

そう思い打ち始めるも、そこから見える光景に違和感を覚える。

それは、目に入る

『押忍!番長3』

のコーナーにサクラ認定が2人が攻めていたのだ。

しかも、打っていたのは本命台とは程遠い台の2台であった。

もしかしたら、全台系か?と、気にしながら『ハナビ』を打っていた。

そうすると、サクラ認定ではない台から当たり始め、皆、調子良さそうであったが、1人は深くハマり、飲まれた時点で止めたのである。

全く以て、高設定挙動ではないが、設定5であったらまだまだ、有り得る範疇であり、ここ最近の『番長3』設定6と言うよりは設定5を多用していた。

全台系の確証はないが、やはり、気になる。

あいにく、打っていた『ハナビ』の内容が悪く、久々に『番長3』を打ってみようと言う気になり、台移動を敢行する。

“旧イベント日”じゃないと有り得ない立ち回りであるが、果たして、このアドリブが吉と出るのか?

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©DAITO

機種情報
メーカー大都技研
導入日2017年4月
導入台数約30,000台
タイプ純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち約41.0G/50枚
天井ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定ART初当たり対決(通常時)対決(ART中)出玉率
11/430.11/821/3798.2%
21/414.01/811/3799.4%
31/389.31/781/37101.6%
41/335.61/761/36106.7%
51/334.01/751/37116.0%
61/242.31/711/36119.3%
設定通常時番長ボーナス
11/7449.2
2
31/4966.1
41/2529.9
51/3270.4
61/1812.0
共通ベル確率
設定共通ベルA共通ベルB共通ベルC共通ベル合成
11/52.851/103.371/152.411/28.44
2
3
41/49.651/97.811/139.441/26.64
51/52.851/103.371/152.411/28.44
61/45.831/91.531/123.651/24.49
設定チャンスチェリー
11/21845.33
21/16384.00
31/21845.33
41/10922.67
51/8192.00
61/4096.00
設定絶頂対決突入率
16.25%
2
3
4
525.00%
66.25%
設定引き戻し特訓突入率
116.41%
225.00%
316.41%
429.30%
516.41%
639.06%
引き戻し特訓時の対決振分
設定通常対決確定対決
194.53%5.47%
2
391.41%8.59%
491.02%8.98%
589.84%10.16%
669.92%30.08%
設定トータルのART引き戻し率
15.70%
28.70%
36.10%
411.00%
56.30%
620.30%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

勝負じゃ!

時刻はまだ、11:30頃、期待を胸に打ち始めると、ベルとは関係ない所から前兆が始まり、違和感を覚える。

稀役を引いていたか?と、思い返してみたが記憶になく、そのまま特訓に突入し、何やら熱い挙動。

『これはもしや?』と、身構えてると出てきたのは通常時の番長ボーナスと言う、いきなり、設定差のある所を引っ張ってきたではないか!

かなりのアドリブであったが、幸先の良いスタートに気分を良くし、これで腰を据えて打てると言うもの。

開幕、投資5本の所であった。

1日目、最初の対決がとのバスケットボール対決と、かなり期待が出来る場面でまさかの敗北と言う、嫌な流れ。

その後もサキとの、メンコ対決に発展し、対決中にベルを引くも敗北。

幸先の良いスタートのはずが、どうにも雲行きが怪しくなってきた。

轟大寺に移動し、気合が入る場面であったが、またも、サキとのメンコ対決となり、なす術なし。

結果、初当たりは単発終了と言う、手痛いスタートを飾るのであった。

前半戦

--sponsored link--

ART抜けから継続していた対決カウンター32個で発展した、サキとのメンコ対決。

ここは対決中にベル2回も引くと言う、鬼引きを見せ、特訓へ発展。

ここも、サキとのメンコ対決であったが、見事勝利し、ゲーム数は107Gの所で2回目の初当たりを射止める。

マダラとの調理対決に発展し、対決中にベルを射止めるも、敗北し、次なるノリオとのバドミントン対決でも、ベルを引きながら、敗北。

轟大寺からチャッピーとのラグビー対決に発展し、ここでもベルを引くも敗北。

どうしたと言うのか?

こんな引きでは『番長3』で勝つ事など、どだい無理な話しである。

自暴自棄に陥っていると、奇跡的にもループ連2日目に。

ここで1勝でも上げ、3日目まで連チャンさせられれば、轟大寺からの番長ボーナスに期待が持てる。

そう思っていたが、対決にすら発展せず。

もはや、これまでと諦めかけた時、またもループ連で継続し、3日目に突入。

ここは勝負所と構えたものの、轟大寺には移行せず、結局、悪あがきもここまでであった。

天を仰ぎ、この引きの弱さで『番長3』と対峙する怖さを噛み締めていた。

そんな中、引き戻しではなく、稀役からの対決でいきなり、

次回予告

『次回予告番長!』

の演出が発生し、そのまま勝利。

引き戻しではないが、46Gと、早い連チャン3回目の初当たりを射止める。

1日目サキとのバドミントン対決で対決中にベルを引き、ここで勝たねばどこで勝つ!と言う勝負所にやっとこ、初勝利を収め、勝てない呪縛からようやく、解放される。

そのまま、轟大寺に発展するも、ここでは勝てず、結局は2連で終了するのであった。

引けぬ番長ボーナス

ここでチェリーかよ
ここでチェリーかよっ!

何とも、物凄く流れが悪くなってきたが、この時点でサクラ認定の一人が“絶頂対決”3回炸裂させており、一般の方の台でも“絶頂対決”を早い段階で確認していた。

恐らく、全台系であったとしても、オール5である、可能性が高い状況であった。

設定5の出玉性能を引き出す為には“頂Journey”中に番長ボーナスを引き当て、“絶頂対決”にぶち込むしかない。

その為、こんな対決結果ではどうしようもないのである。

しかし、対決中のベルなど、引くべきものを引くべき時に引いているので、これ以上、どうしようもないのである。

過去の実戦で設定5を打った経験がない我輩であったが、聞いた話しでは、通常時は通常番長ボーナスが優遇されているだけで、設定1と変わらないと聞く。

それでいて、出玉率116%もあると言うのだから、それだけ、“ARTの一撃性が強い”と言う事なのだろう。

そうこうしている内に先ほど、頑張って得た600枚はいとも簡単に飲まれ、追加投資を余儀なくされる。

天井までハマってもおかしくないと、思っていたが、追加5本761G回した所で4回目の初当たりを引き当てる。

1日目チャッピーとのラグビー対決中にベルを引き、見事、勝利し、安堵する。

2日目ノリオとのバドミントン対決と、厳しい対決ながら、ベル2回引き当てる快挙で、強引にも勝利。

3日目チャッピーとの相撲対決に負けても、ここは3日目と言う事で轟大寺に期待するも発展せず。

『もはや、ここまでか』と、諦めかけた4日目になんと、轟大寺へ発展。

チャッピーとのラグビー対決の画面で

『ここで、チェリーかよっ!』

と言う(上の画像)、引きを見せ頭を抱えるが、なんと、

ここでチェリー来た!

『対決中にもチェリーを引く!』

と言う、奇跡的な荒技を見せる!

が、しかし、まさかの復活なし!

まさか、まさかの敗北に天を仰ぐしか、なかった。

総括

--sponsored link--

結局の所、これは5連チャンで終了し、431枚獲得する。

引き戻し特訓に突入するも敗北を確認し、一旦、流れを変えようと、昼休憩を取る事に。

何とも世知辛い展開であるが、今日は引くべき時に引くべきものを引いているのである。

ただ、この台と噛み合っていないだけと、自身に言い聞かせ、後半戦に挑むのであるが、果たして、後半は噛み合うのか?

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。昨日、8月4日は『パチスロの日』であったのだが、ご存知だっただろうか?正直な所、マイホのマイクパフォーマンスで気付いた次第wそう言えば、そうだったと、調べてみたら2010年から業界を代表する団体が、8月[…]

豪遊閣

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『エグい未来しか見えないぜ!』と予想される門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

俺の歴史にまた1ページ
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--