【押忍!番長3】設定狙い実戦記!状況的には全台設定5の番長3を攻めた結果と、その感想とは!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

昨日、8月4日『パチスロの日』であったのだが、ご存知だっただろうか?

正直な所、マイホのマイクパフォーマンスで気付いた次第w

そう言えば、そうだったと、調べてみたら2010年から業界を代表する団体が、8月4日『パチスロの日』と、制定したらしい。

『パチ(8)ス(4)ロ』と読む語呂合わせからとの事。

週末と重なった為か、関東は『ファン感謝デー』を開催していたのであった。

せめて、この日ばかりは還元する日であってほしいと願う。

皆様はどこの店で『パチスロの日』を迎えであろうか?

ちなみに我輩はと言うと、何とか、プラスで終われたのであるw

さて、本日であるが、

『押忍!番長3』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。昨日はお休み(定休日)を頂戴し、誠に感謝である。8月に入り、未だに今月の目標を掲げていなかったのだが、やっと、腹をくくったのである。振るわないダイエットは細々と継続するとして、今月掲げる目標は『[…]

俺の歴史にまた1ページ

前回までの流れ

--sponsored link--

時は愛逢月も初めの頃。

7月最初の“旧イベント日”となるこの日にほぼ、最後尾を射止めた我輩が、最初に攻めたのは『ハナビ』であった。

そんな『ハナビ』を打ちながら目に入る場所に位置する、

『押忍!番長3』

で違和感を覚える光景が。

狙い台とは程遠い台を攻める、二人のサクラ認定の姿であった。

『もしかしたら、全台系か?』と、気にしていると、一般の方の台で“絶頂対決”を確認する。

ここ最近、『押忍!番長3』では設定6よりも設定5を多用する傾向にあり、判別するのにリスクがある事から敬遠していた。

しかし、全台系なら設定5であっても、判別出来ると考え、空き台を確認すると、覚悟を決め、すぐさま移動する。

初当たりでいきなり、設定差の大きい通常番長ボーナスを射止め、幸先の良い展開に見えたが、前半は兎に角、対決に勝てない展開に。

これでは、設定5のポテンシャルを引き出す事は出来ない。

しかし、引くべき時に引くべきものを引いていての結果なだけに、どうしようもない。

果たして、悪い流れを断ち切る事は出来るのか?

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©DAITO

機種情報
メーカー大都技研
導入日2017年4月
導入台数約30,000台
タイプ純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち約41.0G/50枚
天井ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定ART初当たり対決(通常時)対決(ART中)出玉率
11/430.11/821/3798.2%
21/414.01/811/3799.4%
31/389.31/781/37101.6%
41/335.61/761/36106.7%
51/334.01/751/37116.0%
61/242.31/711/36119.3%
設定通常時番長ボーナス
11/7449.2
2
31/4966.1
41/2529.9
51/3270.4
61/1812.0
共通ベル確率
設定共通ベルA共通ベルB共通ベルC共通ベル合成
11/52.851/103.371/152.411/28.44
2
3
41/49.651/97.811/139.441/26.64
51/52.851/103.371/152.411/28.44
61/45.831/91.531/123.651/24.49
設定チャンスチェリー
11/21845.33
21/16384.00
31/21845.33
41/10922.67
51/8192.00
61/4096.00
設定絶頂対決突入率
16.25%
2
3
4
525.00%
66.25%
設定引き戻し特訓突入率
116.41%
225.00%
316.41%
429.30%
516.41%
639.06%
引き戻し特訓時の対決振分
設定通常対決確定対決
194.53%5.47%
2
391.41%8.59%
491.02%8.98%
589.84%10.16%
669.92%30.08%
設定トータルのART引き戻し率
15.70%
28.70%
36.10%
411.00%
56.30%
620.30%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

初番長ボーナス!

--sponsored link--

昼休憩から戻り、気持ちを新たに勝負に挑む。

引くべき時に引くべき役、つまりは対決中に逆転のチャンスとなる、ベルや、稀役を引いていても勝てないと言う、理不尽な状況にどうしようもないのだが、何とか、流れを変えたい所での昼休憩であった。

ここまで投資は10本と、展開の割には抑えられていた。

ART抜けからの続きではあったが、対決ベルカウンターで、45個と言う深い所を選択され、厳しい展開の中、稀役の流れから突入空いた特訓で何とか勝利し、5回目の初当たりを射止めたのが、400Gの所。

1日目、この日初となる豪遊閣からスタートし、2連以上を約束された状況で、初対決はチャッピーとの相撲対決であったのだが、ここでも対決中にベルを引くも敗北を喫する。

昼休憩を取っても流れは変えられないのか?と、迎えた次なる対決はチャッピーとの対決で一番、期待の持てるバドミントン対決であったのだが、これもまさかの敗北。

2日目ノリオとのバドミントン対決に突入し、ここでベル2回を引き当て、ここは辛くも勝利する。

3日目となり、轟大寺への発展に期待するも発展せず、233枚で終了。

終了後、対決ベルカウンターで、32個の所で対決に発展するも、敗北し、202Gを回した所でとうとう、“全飲まれ”を喫する。

ここから多くの対決を決し、対決ベルカウンターのデータも集まって来た。

つまりは、ハマったと言う事であるのだが、当たったのは956Gを回した、追加投資21本を入れた所であった。

1日目、たくさんの対決に敗北したお陰か、豪遊閣にまでステージアップすると、これでもかと言う、対決連打となるのだが、長くなるので省略させてもらう。

4戦し、1勝3敗となるのだが、最後なんてサキとのバドミントン対決でベル2回引いて、まさかの敗北にもはや、何も言えないのであった。

2日目2戦1勝1敗

3日目轟大寺への発展に期待する場面でやっとこ、轟大寺へ。

ここからが勝負所なのであるが、ここは

次回予告

『次回予告番長!』

となり、チャッピーとのラグビー対決に見事勝利し、この日初のART中の番長ボーナスを射止めるのであった!

設定5のみ、25%“絶頂対決”が期待出来る場面であったが、何事もなくであった。

結果、ここは7連チャンとなり、600枚を獲得。

ARTからの対決ベルカウンターで、20個で対決に発展し、敗北するも続けて3個で対決に発展。

連戦であったが、どちらも負けるも、稀役からサキとのメンコ対決に発展し、対決中にベルを引き当て、特訓突入。

正直、これが稀役からなのか、引き戻し特訓であったのか、判断がつかない場面であったのだが、勝利。

対決は勝てなかったが、2連チャンとなり、合わせて721枚獲得。

抜け後、対決ベルカウンターで、20個でまたも対決に発展するのだが、ベルを引くと、前兆を経由する事なく、直特訓に突入し、勝利。

当選したのは105Gの所であったが、獲得枚数は引き継いでいた。

1日目ノリオとの調理対決でベル2回引き当てながら敗北。

単発を覚悟したが、ループ連で復活となり、2日目へ。

2日目マダラとの相撲対決に発展すると、ベルを引かずして勝利し、3日目へ。

3日目轟大寺への発展に期待すると見事、発展するもノリオとのバドミントン対決になす術なし。

チャッピーとの相撲対決でベル2回獲得するもここも、敗北。

もはや、どうすれば対決に勝てるのかわからない。

ここは、4日目まで続き、前のも含め、1002枚の獲得となるのであった。

通常番長ボーナス

豪遊閣

この後、573Gでこの日2回目となる、通常番長ボーナスを引き当てるのだが、ここまで回して対決演出は“0”であった。

この時点で、島全体で恐らくではあるが、“全台設定5”を決定付ける事となり、詳細は明かされないが、『番長3』の島が後発表されるのであった。

19時過ぎに“全飲まれ”となり、追加5本744Gで当てるも単発となり、またも“全飲まれ”

飲まれながらも追加1本109Gの所でとのバスケットボール対決に見事勝利。

1日目ループ連で繋がり、迎えた2日目チャッピーとの相撲対決でベルを引き当て、勝利すると、3日目、通常対決は3戦2勝1敗と健闘するも、轟大寺での対決には敗北する。

これは6連チャンとなり、532枚獲得。

通常に戻り、ARTから引き継いでの対決ベルカウンターであるが、57個と言う、最深部を食らい、投了するのであった。

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数7394G
通常回転数5400G
ART総回転数1994G
総頂journey回数38回
総番長ボーナス3回(1/6844)
共通ベル65回/1994G-MB115G(1/28.91)
ベル比率65回/372回(1/5.72)
チャンスチェリー0回
通常番長ボーナス2回/5400G(1/2700)
絶頂突入率0回/1回中
引き戻し特訓2回/12回
引き戻し率1回/12回
対決カウンターモード
1~7回7回
10回1回
15~17回2回
20回0回
24回2回
30~32回2回
39回0回
44回0回
45~47回1回
50回0回
56回以降0回
総収支
総投資37本
総獲得メダル346枚
総差枚数▲1393枚
総収支▲30,500ポイント(5.3枚交換)
出玉率93.7%

総括

--sponsored link--

どちらかと言えば、ガセをするような店ではないので全台設定5をやっているのなら我輩の台も設定5であったのだと思う。

時間は20:30と、撤退するにはまだ、早かったのだが、展開もそうであるが、設定5を確信出来るもの、例えば金閣寺と言ったものが何もなく、通常番長ボーナス2回、引いた位なもであった為、残り時間を危惧し、無念の撤退であった。

我輩としては初となる、『押忍!番長3』設定5狙いであったが、噂に違わぬものであった。

安定を求め、“ノーマルAタイプ”をこよなく愛す、我輩としては『番長3』設定5狙いは、我輩にとっては厳しいと感じた実戦となった。

あくまで、我輩の主観であるが、参考になれば幸いである。

本日はこれにて御免!

次の更新は8月8日である。
ランキングに参加中である!
『番長3の設定5狙いは難しいぜ!』と言う、門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2019/12/11 00:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
豪遊閣
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--