押忍!番長3設定狙い実戦記!チャンスチェリーから引き戻しも!?この台の推定設定とは?(後編)

やあやあ、さむらいである。


本日は甥っ子の誕生日会と言う事で招待され、
姉の家に行って来たのだが、小さかった甥っ子も
今年で“高校3年生の18歳”と、あってビックリ
である。


むしろ、幾つまで祝ってもらうつもりだよ、とw


そんなわけで家族で祝うのは今年で最後の誕生日と
なったわけなのだが。


2022年には法律上は“18歳から成人”として、
認められるわけなので、もはや、大人として
受け入れる歳になったと言うべきであるが、
叔父としては複雑な気持ちである。


その分、我輩も歳を取ったと言う事かw


さて、本日であるが、

『押忍!番長3』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

押忍!番長3設定狙い実戦記!清水の舞台から飛び降りる覚悟で臨む!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は青女月も半ば頃。


“プチリニューアル”を行った系列店の状況の方が
幾分良いからと、朝から系列店へ。


『ジャグラー』を攻めるつもりでいたのだが、
“煽り機種”である

『押忍!番長3』

を攻められる番号を射止め、候補3番手に着席。


初回から悪くない立ち上がりで何が強いかと言えば
対決中のベル稀役の引きがこの日は飛び抜けて
冴えていたのである。


だが、中々、結果には結ばれず、前半を折り返した
時点では初当たり3回“番長ボーナス”1回のみ
と言う状況であった。


しかし、3回目の終了画面で“清水寺”が出現し、
設定2以上が濃厚となるのであった。

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©DAITO

機種情報
メーカー大都技研
導入日2017年4月
導入台数約30,000台
タイプ純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち約41.0G/50枚
天井ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定ART初当たり対決(通常時)対決(ART中)出玉率
11/430.11/821/3798.2%
21/414.01/811/3799.4%
31/389.31/781/37101.6%
41/335.61/761/36106.7%
51/334.01/751/37116.0%
61/242.31/711/36119.3%
設定通常時番長ボーナス
11/7449.2
2
31/4966.1
41/2529.9
51/3270.4
61/1812.0
共通ベル確率
設定共通ベルA共通ベルB共通ベルC共通ベル合成
11/52.851/103.371/152.411/28.44
2
3
41/49.651/97.811/139.441/26.64
51/52.851/103.371/152.411/28.44
61/45.831/91.531/123.651/24.49
設定チャンスチェリー
11/21845.33
21/16384.00
31/21845.33
41/10922.67
51/8192.00
61/4096.00
設定絶頂対決突入率
16.25%
2
3
4
525.00%
66.25%
設定引き戻し特訓突入率
116.41%
225.00%
316.41%
429.30%
516.41%
639.06%
引き戻し特訓時の対決振分
設定通常対決確定対決
194.53%5.47%
2
391.41%8.59%
491.02%8.98%
589.84%10.16%
669.92%30.08%
設定トータルのART引き戻し率
15.70%
28.70%
36.10%
411.00%
56.30%
620.30%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

絶頂対決!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

(画像は以前のもの)

ここまで投資は9本と、抑えられてはいたが、
下皿に収まるメダルしかなく、勝負はこれから
と言った情勢。


262G5回目の対決中に稀役を引き当て、見事勝利。


やはり、この日の対決中の小役の引きは際立っていた。


1日目“ノリオ”とのバドミントン対決中にベル
2回引き、辛くも勝利。


“轟大寺”に移行するも、“サキ”とのメンコ対決
手も足も出ず、完敗。


ここは対決中に何も引けずであった。


2日目“ノリオ”との調理対決に勝利し、ここは
3連チャン298枚であった。


引き戻しに期待するもここまで引き戻し特訓
すら入っておらず、設定6は厳しいと思っていた。


次なる当たりは409G特訓経由で発展した
“ノリオ”とのバドミントン対決チェリーを引き、
念願の“頂journey”


1日目金剛苑からスタートし、初戦の“マダラ”
との相撲対決中にベル2回と、稀役を引き、
危なげなく勝利。


2日目“チャッピー”との相撲対決ベルを引き、
勝利。


3日目“轟大寺”へ移行したかと思えば、“サキ”との
バスケットボール対決と、熱い展開。


ここでもベルを1回引き当て、見事勝利し、
この日初となる

『絶頂対決!』

に発展したのだ!


だが、ここは最低保証の2回で終わってしまう。


ここは7連1,000枚近いメダルを獲得する事が
出来たのであった。

チャンスチェリー出現!

--sponsored link--

ここで初の引き戻し特訓に発展するも、引き戻し
無し。


ここで再度、共通ベルを確認すると、“1/22.43”
ベル比率“1/6.1”と、かなり良かったのだが、
設定6引き戻し関連が弱く、絶望的ではあったが
“番長ボーナス”3回引いて“絶頂対決”1回と、
まだ、設定5の可能性は残っていると思っていた。


163Gで射止めた“頂journey”で、1日目“轟大寺”
から“番長ボーナス”を射止める好展開。


ここでの好スタートから調子良く、“番長ボーナス”
を重ねていき、この日限定の対決中の小役の引きで
確実にストックを重ねていく。


ここの勢いだけで“番長ボーナス”7回重ね、
“絶頂対決”“0”であったが、ストックがそろそろ
無くなろうか、と言う場面で

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

『チャンスチェリー!』

を引くのであった。


チャンスチェリーと言えば設定6でも“1/4096”
重いが、設定1・3では“1/21845.3”と、引けた
だけでも高設定の可能性が格段に上がる名の通り
チャンス役となっている。


その、チャンスチェリーも引くタイミングの応じて
恩恵が異なり、通常時に引けば“頂journey”が確定
となり、“頂journey”中に引けばストックが確定、
“番長ボーナス”中であれば青7揃いが確定する。


と言うわけで一番は“番長ボーナス”中に引けるのが
最高なのであるが、今回は“頂journey”中であった
為、ストック1個のみであった。


“マダラ”との相撲対決で勝利し、ここからは
“轟大寺”にすら発展する事無く、通常対決のみで
継続させていく。


この日一番の大波は

『一撃3969枚!』

であった。


この日一番の大波はここまでと思っていたが、
これが何と、引き戻し特訓に発展。


“サキ”とのメンコ対決へと発展し、ここでこの日の
得意技である対決中のベル1回引き、勝利を収め
この日初となる引き戻しを射止めるのであった。


“番長ボーナス”2回引き、終わった時は
前半と合わせ、

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『4825枚獲得!』

していたのであった。

最大ハマり

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

“清水寺”に続き、チャンスチェリーとあって、
確定演出こそ出ていなかったが、もはや、
高設定を疑っていなかった。


しかし、この後、この日の“最大ハマり”を食らう
事となる。


次なる当たりはと、回せど回せど対決カウンター
データが順調に集まるだけの展開。


対決カウンター2度32個を超えるもどちらも
39個であった為、セーフ。


だが、ひたすら対決に勝てず、これまでの対決中の
小役にどれだけ助けられていたのか気付かされる。


やっとこ、当たったのは

『1402Gハマり』

と、この日の最大ハマリであった。


これが単発、84枚で勝負あり。


この後、“頂journey”1回射止めるも162枚


“通常番長ボーナス”も引けていなかった事から
少し早い気もしたが、20:40にこの日の稼働を
終了するのであった。

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
実戦結果
総回転数7358G
通常回転数3486G
ART総回転数3872G
総頂journey回数69回
総番長ボーナス13回(1/566)
共通ベル134回/3872G-MB232G(1/27.16)
ベル比率134回/767回(1/6.72)
チャンスチェリー1回/7358G
通常番長ボーナス0回/3486G
絶頂突入率1回/13回中(7.69%)
引き戻し特訓2回/9回
引き戻し率1回/9回
対決カウンターモード
1~7回4回
10回11回
15~17回3回
20回0回
24回1回
30~32回1回
39回2回
44回0回
45~47回0回
50回0回
56回以降0回
総収支
総投資9本
総獲得メダル3,524枚
総差枚数+3,074枚
総収支+57,500ポイント(5.3枚交換)
出玉率113.9%

総括

--sponsored link--

我輩の後に打ったお客人が“通常番長ボーナス”
射止めていたが、その後も伸びずに終わっていた。


悪くはなかったが、総じて我輩の判別結果

『推定設定4!』

としておこう。


中盤の“一撃ゲー”と言うのがその理由であるが、
共通ベルや、ベル比率なども踏まえ、妥当な所と
思っている。


勝てた事と、全体的に酷い台もなかったので
しばらくは系列店『番長3』は攻められる機種
であると手応えを得る事が出来た一戦となった。

本日はこれにて御免!

明日の通常の更新はお休みさせて頂く。
ランキングに参加中である!
『番長3』設定4は厳しいぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

チャンスチェリー
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--