【化物語】設定狙い実戦記!認定期間も残りわずか!最後の花道に有終の美を飾れるか!?(後編)

やあやあ、さむらいである。

6号機時代に突入し、10カ月ほどが経過した。

しかしながら、6号機で認知されているのは『RE:ゼロから始まる異世界生活』位なもので、短命な機種が多い中、現存している5号機の設置期限が迫っている。

今回、“実戦記”でご紹介している『化物語』も都内の設置期限はおよそ、8月25日までと言った状況なのである。

稼働も付いており、未だに人気が高い機種であるにも関わらず、撤去せざるを得ない状況と言う事なのだ。

『パチスロ』をこよなく愛する我輩としては人気機種なのに撤去せねばならない状況と言うのはとても残念に思う。

嘆いても決定事項なので致し方ないが、好きな機種が気付いたら無くなっていた、と言う事がないよう、悔いなく打ち倒しておこう!

と言う訳で、本日であるが、

『化物語』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。本来であれば、ここで『さむらい物語』の更新をするつもりであったのだが、連日のフル稼働に加え、ブログの更新作業に正直、しんどい状況となっているw睡魔に襲われ、更新しながら気付けば寝落ちを繰り返し、ここ2日はベ[…]

解呪揃い

前回までの流れ

--sponsored link--

時は文月も初めの頃。

7月に入り、月初めと言う事で多少なりとも期待の出来る状況で、

『少台数機種』

“煽り機種”に掲げていた系列店を攻める事に。

2番手の入場となった、我輩が狙ったのは翌月に撤去期限が迫っている人気機種の

『化物語』

であった。

初当たりから

『一撃1206枚』

を獲得し、余裕が出来たかに思えたが、ストレートでハマり、“全飲まれ”を食らってしまう。

追加投資を余儀なくされ、追加5本入れた、863G2回目倖時間を射止める。

ここでも何とか

『一撃920枚』

を得るも、中々高設定とは言えない状況に撤退も視野に。

馴れない機種の設定狙いと言う事に加え、わかり辛い機種と言う事も重なり何とも難しい展開。

昼休憩を取り、他に攻めれる機種がないか、時間を作るも目ぼしい台もなかった為、もう少しと、勝負を再開する事にしたのであった。

化物語のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2013年10月
タイプ純増約+2.7枚/GのAT機
コイン持ち約31G/50枚
天井999Gで倖時間+倍倍チャンス
赤7ボーナス確定画面【忍】で設定5・6確定!?
ボーナス確率
設定AT初当たり出玉率
11/215.597.4%
21/207.598.6%
31/199.4100.8%
41/191.9103.5%
51/181.1107.1%
61/155.4112.4%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

弱チェリーで直撃当選!

リーチ目これはリーチ目直撃!

一度はリセットしたマイスロを再度、読み込み、勝負を再開する。

ここまで総投資は12本となり、際立って高設定を思わせるような挙動はなし。

簡単に言えば、高設定ほど“解呪ノ儀”に突入し易いはずなのであるが、特にそんな事もなく、と言った状況であった。

昼休憩で満腹になった我輩はここで仕切り直しと、気合を入れ直す。

そんな我輩の気合が伝わったのかわからぬが、戻ってからわずかの数十ゲームで、設定差の大きい、弱チェリーからの直撃倖時間に突入したのである!

普段は、“解呪ノ儀”を介して倖時間に突入するので直撃は分かり易い。

初めて、高設定挙動を確認し、止めようと思っていたのも止めなくて良かったと言う状況に。

これで腰を据えて打つ事が出来る。

ここは154枚と、ストレートで駆け抜けたが、倖時間終了後の引き戻しチャンスとなる、3G強ベルを引き当て、この日初となる引き戻しを得る。

この終了後の引き戻しチャンス3G稀役を引き当てれば倖時間が再開される為、とても大きい。

しかしながら、ここもストレートとなる154枚で終了し、引き戻しも叶わずであった。

少なからず、高設定示唆を確認したとあって、気持ちは楽になったが、相変わらず、初当たりが重い。

533Gと言う、中ハマりを食らい、ここもストレートで抜け、161枚

しかし、ここでこの日初となる“解呪連”に突入し、上手い事、数珠連させていく。

2連目157枚で抜けるが、3連目では“赤7”を引き当て、“倍々チャンス”

276獲得

『頑張って、これ!』

で、何とか、“一撃874枚”を得ると、

『Total1074枚』

を一波で得る事に成功するのであった。

以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
4150G倖時間弱チェリー直撃
(49G)倖時間終了154枚
53G倖時間強ベル引き戻し
(48G)倖時間終了154枚
6533G倖時間
(57G)倖時間終了161枚
745G倖時間
(39G)倖時間終了157枚
832G倖時間
(260G)倖時間終了874枚

忍降臨!

--sponsored link--

滑りチェリー

一度は止めようかとも思ったが、弱チェリーからの直撃を確認していたので、初当たりが重かろうと、粘るのみ。

146G“解呪ノ儀”に突入するも青背景で勝てるはずもなく、次なる“解呪ノ儀”341Gを回した所でここも叶わず。

“解呪連”にブチ込まないと中々、当たる気がしない。

そんな中、先程の一波で獲得したメダルはどこへやらと、ガンガン減らした428Gで突入させた“解呪ノ儀”で見事、当選する。

ここでいつもと異なる動きを見せ、“モードUP”金枠まで上がると、“倍々チャンス”にガンガン入りだす。

これはチャンス到来と気合で消化するも、“5×8=40枚”とか、“5×6=30枚”とか、せっかくのチャンスを活かせない。

先程も頑張って、頑張って回避し続けても276枚しか獲得出来ておらず、これがこの日の最高獲得枚数であった。

“倍々チャンス”中に解呪揃いをさせ、“EXTRA SERVICE”でぶち壊すしかないのか?

2回ほど、解呪揃いをさせていたが、2倍4倍では到底壊せる気などしない。

“爆連”させている方はどのように壊しているのか理解出来ていなかったのだが、その時は急に訪れた。

変換チャンスと、突如、絵柄が全て“忍”に変換される。

何となく、少しは熱いのか?程度で写メを撮っていなかったのだが、それもそのはず、これまで“忍”が出て来ても成功した試しがなかったのだ。

どうせ、成功しないのだろうと思っていたが、1回目を通すと2回目も成功し、3回目は成功ならずであったが、

160倍

160倍獲得し、この日最高となる

1280枚上乗せ

『一撃で1280枚上乗せ!』

を炸裂させたのである!

なるほど、先人達はこのようにしてブチ壊していたのかと、知った瞬間であった。

この時、順当に上乗せを積み重ね、

3019枚獲得

『一撃3019枚』

獲得し、この日一番の“見せ場”を作るのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
9434G倖時間
(1180G)倖時間終了3019枚
10162G倖時間
(49G)倖時間終了154枚
1189G倖時間
(57G)倖時間終了157枚
123G倖時間スイカ
(118G)倖時間終了317枚
1327G倖時間
(106G)倖時間終了322枚
143G倖時間弱チェリー
(52G)倖時間終了157枚
15377G倖時間
(54G)倖時間終了155枚
16264G倖時間
(96G)倖時間終了204枚
17245G倖時間
(294G)倖時間終了1152枚
183G倖時間
(52G)倖時間終了157枚
137G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数7071G
通常回転数3548G
総倖時間回転数3523G
倖時間回数18回(1/197.1)
倍倍チャンス32回
チェリー81回(1/87.3)
スイカ80回(1/88.39)
総収支
総投資12本
総獲得メダル4277枚
総差枚数+3683枚
総収支+69,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率124%

総括

--sponsored link--

その後の展開は上の実戦データで載せてる通り、大した見せ場こそなかったが、最後に“一撃1152枚”を獲得し、ほぼ、ピーク時で撤収する事が出来たのであった。

高設定であろうとは思っていたが、設定5なのか、設定6なのかは判断出来ていなかった為、最後の“解呪連”を抜けた所の21:25で早めの撤収をした。

抽選の引き次第では、まだ、打つチャンスがあるかもわからんが、もしかしたら、これが最後の打ち納めとなるやも知れぬ。

最後だとしたら有終の美が飾れたと、満足を得て実戦を終えるのであった。

本日はこれにて御免!

明日の通常更新はお休みさせて頂く。
ランキングに参加中である!
『撤去される前に打ち納めるぜ!』と言う門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2019/12/11 00:32:29時点 Amazon調べ-詳細)
スベリチャンス目
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--