さむらい物語 第26話 ~さむらいモーニングの終焉~

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


前回の話しでは『パチスロ』の話しが
少なくて申し訳ない。


一部の門下生(読者様)からは

『ドラマのような人生ですね!』

と、言われたが、大概は実話であるw

前回までのあらすじ

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩の『過去の記憶や足跡』
『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこう、
と言う趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は妄想が含まれている事を
お断りしておくw


『パチスロ』にハマり、『パチスロ』
生きていく決心をしていたさむらい
『パチプロになる』決意をし、
両親に宣言するも軽く却下される。


高い学費を払ってまで進学する事となるが
学費が払えず退学の危機に陥っていた


3号機も減り、4号機との共存時代であった。


『裏物』にハマっていた我輩であったが、
冬休みにぶっ通しで『バイト』をし、

『働いて稼ぐ事の大変さ』

を知ったさむらいであった。

思い出の機種


©ECJ

時代は『技術介入機時代』
本来ならばこの辺の機種を重点的に紹介すべきであるw


『スーパーモグモグ2』『エレクトロコインジャパン』(現エレコ)の4-1号機である。


影は薄いが名機である、

『クランキ―コンドル』

兄弟機として世に出され、
ボーナス確率や制御等は全くの別物であった。


リール配列は絵柄が違うだけで
『クランキ―コンドル』と全く同じである。


これもまた、『技術介入』だけで設定1でも
出率が104%近くまで上げる事が出来る機種である。


同時期に販売された2機種であったが、
人気は圧倒的に『クランキ―コンドル』が勝っていた。


ただの劣化コピー機であれば我輩もわざわざ、
取り上げたりしないのであるが、
しっかり、別物として開発されていたのである。

当時のパチスロ人気

--sponsored link--

我輩の周りでも『パチスロ』にハマっていたのは
ごく一部であったのにこの頃は急激に広まっていた。


あまり、打たなかった友人が

『モーニング』

に参加するようになり、
一部の友人は学校に行かず、

『ニューパルサー』

の設定判別でガチの専業生活を
送っている者まで現れたのである。


モーニングがわからない方はこちら
>>さむらい物語 第5話 ~さむらい『モーニング』を知る~


設定判別の詳しい事はこちら
>>さむらい物語 第19話 ~さむらい初のスロマガ流設定判別~

その他の名機

サンダ―V
©メーシー

『サンダーV』はメーシーの4-1号機である。


リプレイハズシはビタ押しを要し、
『技術介入機』の中でも難しい部類に入る。


また、『オリエンタルⅡ』を最後に
なぜか、バックライト告知
禁止されていた。


しかし、この本機『サンダーV』でバックライトが
復活する。


それは、ボーナス確定告知はNGだったので
示唆演出を行うと言う感じであった。


それにより、フラッシュしても確定ではない
演出が取り込まれているのである。
と、記憶しているw

当時の状況

--sponsored link--

『モーニング』

が規制されると決まるや否や
なんと、我輩の『マイホ』

『朝一全台モーニング』

をやり始めたのである。


並べば毎日、投資1,000円で初当たりが引けるとあらば、
それはまさに

『鉄火場』

である!


当時、我輩の先輩が働いており、
内部事情も伺っていたが、毎晩、
バイトに残業させ、手打ちで

『全台モーニング』

を仕込んでいたのである。


手打ちだった為、中にはたまに『レギュラーボーナス』
紛れていたw


普段、興味を示していなかった我輩の周りの
友人達であったが『全台』とあらば、
こぞって参加するようになっていた。


『働いて稼ぐ事の大変さ』を知った我輩は
これを機に堅実に勝ちに徹する立ち回りを
心掛けるようになっていた。


手打ちで仕込んでいると知っていた我輩は、
『ビガー』『ザンガス』などの
『裏物』からスタートする。


連チャンしたらラッキー位で、
ダメでも『通常ベース』が低い『裏物』なので幾分、
早く消化する事が出来、2台目に移動する事も
可能であった。

モーニングの終焉

スーツバツ

射幸心を煽るとの理由から

『モーニング』

が規制された。


終焉を迎えるまではまさに

『鉄火場』

と、化していた。


『マイホ』の並びも噂が噂を呼び300人
越えるようになっていた。


この日が最後と言う『Xデー』を境にほとんどの店が
『モーニング』を止めたのであった。


こうして、集客する為の『サービス』
後にどんどん規制されていくのであった。


第27話に続く。。。
>>さむらい物語 第27話 ~さむらい卒業する~

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
モーニングの復活を熱望する
門下生(読者様)さむらい
応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280