パチスロ大海物語4withすーぱーそに子実戦記!最初で最後!?スーパーそに子を初打ちした理由(前編)

やあやあ、さむらいである。

そろそろ、この外観にも慣れてくれた頃ではなかろうか?

実の所、これまでは見易いようにわざわざ、文章の途中で改行を付けて、段落を下げていたのだが、それを今回のリニューアルを機に止めたのである。

意味が分からないだろうが、一番小さいスマホの企画の画面の大きさに合わせ、何番目に改行を入れたら言葉が途切れず、上手く、綺麗に表示されるか。

はたまた、合わなければ言い回しを変え、文字数を調整し、編集し直していたのである。

これはSEO的に文法がおかしくなるようなものなので“Google先生”の評価は下げてしまう結果になると思いながらも見易いようにと、続けて来た。

過去記事を見ればわかるであろうが、門下生(読者様)が見た時の視認性を重視した結果、そのような編集をこれまではわざわざ、やっていたのである。

しかし、この度のリニューアルを機にそれを止めた。

実際はそこまで気付かれないような事なのに時間を費やしてきたのだが、この作業を省略する事で1記事辺り、1時間は時短になるのである。

なぜ、今まで続けて来たのかと言うと、気付かれてもいない事を止めると宣言し辛かったからw

と言う事で多少、作業効率を上げる為に無駄な改行はしない事にしたのでご了承下され。

さて、本日であるが、珍しくも

『パチスロ大海物語4withすーぱーそに子』

を初打ちした“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は初空月も半ば頃。

この日はマイホ“旧イベント日”とあって一番、設定の見込める日。

しかし、ここ最近のくじ運は最悪で、良い番号を引いた記憶がない。

案の定、この日も中途半端な中盤位の番号で入場する。

“煽り機種”である

『メイン機種』

の目ぼしい台は押さえられていたのだが、とある島に違和感を感じた。

バラエティで形成されている

『ノーマルAタイプコーナー』

“煽り機種”でもないのに埋まっており、そこにはサクラ認定している人物が2人確認出来ている状況。

履歴的に上げ狙いと言うより、出玉率が高い機種を押さえているのを見ると、この島が後発表される島なのでは?と考え、残りの空き台に目をやると残っていたのは

『パチスロ大海物語4withすーぱーそに子』

だけなのであったw

考えるのは他の常連も同じと言う事である。

初打ちなのでパチマガで勉強しながら打ち始めるのであった。

パチスロ大海物語4withすーぱーそに子のスペック

パネル

©三洋

ボーナス確率
設定赤BIG青BIGBARBIGBIG合算
11/642.21/753.31/1285.01/269.7
21/720.21/642.51/1236.51/266.4
51/595.81/712.31/1191.61/255.0
61/655.41/574.91/1149.81/241.8
設定赤REG青REGREG合算ボーナス合算
11/612.51/736.41/334.41/149.3
21/689.91/606.81/322.81/146.0
51/516.01/606.81/278.91/133.2
61/532.81/445.81/242.71/121.1
設定出玉率
197.9%
2101.0%
5104.1%
6108.0%
小役確率
設定レアベルチェリー中段チェリー
11/104.691/159.841/9362.29
21/101.451/156.041/7281.78
51/95.631/142.471/5957.82
61/91.531/136.531/5041.23
BIG中小役確率
設定小Vベル右下がりベル右上がりベル
11/40.01/5.71/1.3
21/28.81/5.5
51/40.01/5.3
61/28.81/4.9
そに子タイム中の特殊リプレイ出現率
設定特殊リプレイ
11/17.11
21/17.11
51/19.56
61/22.37

©三洋 引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

女子3人

全くの初打ちと言う事でパチマガで勉強しながら遊技していたのだが、いきなり13Gで初当たりを引いてしまい、これが幸先の良い、“BIG”であった。

通常時に数えるべき小役はレアベルチェリー、あとは分母が大きいが、中段チェリーと言った所であろう。

“BIG”後に突入する20G“そに子タイム”中に特殊リプレイを引くと30G継続する“スーパーそに子タイム”に昇格する。

ここにも設定差があるのだが、我輩は間違ったカウント方法を行ってしまったので、ちゃんとしたデータが取れていなかった。

申し訳ないが、ご了承下され。

もう1つ、BIG中の小役確率にも設定差がある。

偶数設定の方が、小Vベルが出易く、高設定であればある程、右下がりベルが出易いといった内容となっている。

後は、“REG”中のイラストの進行にシナリオがあり、これも偶奇を見抜くには要チェックとなっている。

また、9・10G目に出現する可能性のある“レアイラスト”高設定確定と言ったパターンもある。

このような情報を初打ちと言う事で学びながら打っていたのだが、最初の“BIG”BIG中の小役確率に設定差があるとは知らず、途中からのデータとなっているw

そんなバタバタとした状況で打ち進めていた。

設定2以上!?

--sponsored link--

初当たりは13G“BIG”を引くと、同じ13Gでで“REG”連チャンさせる。

何とか“REG”で繋いていると

『100G以内5連チャン!』

を炸裂させる。

一応は、レアベルチェリーをカウントしつつも、分母が大きいせいで全く揃わず、あまり数える意味がないとさえ、感じていた。

この手の小役は数えはするが、止めるか否かの押し引きには使えず、最終数値で高設定寄りであったね、と言うパターンが多い。

当たってはいるけど小役が悪いからとか、当たってないけど小役が良いからと追えるのは序盤だけであろう。

そんな葛藤に駆られていると細かく連チャンもしてくれたのでジワジワと出玉を増やしていく。

そんな中、“REG”中のシナリオがかなり、偏っており、そのほとんどが偶数設定を示唆するシナリオ3であった。

本機は設定が4段階設定となっており、偶数示唆となれば“設定2or設定6”と言う話し。

その後は2連3連と言った細かい連チャンばかりであったが、徐々にメダルを増やす。

そのような偶数設定かな?と言う状況で引いた“REG”中にこの日初となる

設定2以上確定

『設定2以上のレアイラスト』

が出現するのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
113G青BB投資1本
213G青RB2連
3161G青RB
4132G赤RB
523GBARBB
699GBARBB
729G青BB
829G青RB5連チャン
9159G青BB
10302GBARBB
1139G赤RB2連
12206G青BB
13149G赤RB
1425G赤RB2連
15235GBARBB
166G赤BB
1788G赤RB3連
18212G青BB
1942G青BB2連
20257G赤RB
2114G青RB2連
レアA

総括

--sponsored link--

早くも設定2以上が確定した事で粘れる状況となったが、何より、サクラ認定の勢いが凄まじく、さすがに当たり島であろう事は明白な状況が出来上がっていたのであった。

そんな状況が背中を押してくれたのか、投資1本と言う最高の状況で後半戦に望むのであった。

『後編』に続く。。。

パチスロ大海物語4withすーぱーそに子実戦記!最初で最後!?マイナー機の本物を体験する!(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
なぜ、このタイミングでそに子だよ?と思われた門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

赤7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--