【モンスターハンター月下雷鳴】設定狙い実戦記!狩るどころか狩られた我輩の今年一番の大敗を見届けよ!(後編)

やあやあ、さむらいである。

消費税増税に伴い、変わった事はあっただろうか?

大きな買い物はしていなので、我輩は実感が湧かないのであるが、皆様は如何だろうか?

我輩のマイホでは、以前は130円相当のジュースが6枚で交換出来ていた物が、7枚になっていた位。

ポイント還元制度を用いれば、以前よりもお得に買い物出来る店もある。

本当に実感が湧いてくるのは来年の7月以降となるのであろうか。

さて、本日であるが、

『モンスターハンター月下雷鳴』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)はこちらから

前編記事

やあやあ、さむらいである。月が変わり、今月の目標と行きたい所であるが、まずは先月"9月の目標"結果から。"9月の目標"として掲げたのが、"前々から進めたかった事を押し進めていく"と言う事。具体的な事はまだ、発表段階ではないので伏[…]

ウラガンキン

前回までの流れ

--sponsored link--

時は観月も半ば頃。

比較的、高設定が見込める週初めに我輩が攻めたのは、前日にサクラ認定が夕方まで攻め、激凹みしていた

『モンスターハンター月下雷鳴』

であった。

我輩よりも先に入場したサクラ認定が別の『モンハン』を押さえた為、前日の激凹み台を咄嗟に押さえたのだが、他の空き台にもサクラ認定が座った為、恐らくは全台系だろうと言う機運が高まる。

最初の当たりはこの日初当選した“アイルービンゴ”からの当たりであった。

“アイルービンゴ”からの当選が多い中、128G以内の連チャンが引けずにいた。

飲まれては追加投資を繰り返し、気が付けば総投資は34本まで膨れ上がっていたが、この日初の連続討伐を達成させると、457枚を獲得するのであった。

モンスターハンター月下雷鳴のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©エンターライズ

機種情報
メーカーエンターライズ
導入日2014年3月
初期導入台数約30,000台
タイプ純増約2.5枚のAT機
コイン持ち約30.3G/50枚
モンスターボーナス疑似ボーナスのAT機
ゲーム数天井ボーナス間999Gでボーナス当選
リセット後は864G
設定推測要素
177G~192Gでゲーム数解除=設定5or6確定!
ボーナス確定画面
エンタライナ出現で設定6確定!
ボーナス終了画面
『Congratulations』=設定5or6確定!
アキラで設定3以上確定!
1G連時同一モンスターの連続
同一モンスター連続=設定5以上確定!
(ジンオウガ除く)
BAR揃いで赤7対応モンスターで前回と
同一モンスター=6確定!
ボーナス確率
設定初当たり出玉率
11/299.8096.82%
21/284.1098.34%
31/278.50100.20%
41/238.50104.81%
51/228.00109.01%
61/183.50115.22%
左第1ベル&共通ベル確率
設定左第1ベル共通ベル合成
11/528.521/82.131/71.08
21/492.751/80.611/69.28
31/461.521/79.151/67.56
41/434.011/77.741/65.93
51/409.601/76.381/64.38
61/383.251/74.221/62.18
強スイカA・B確率
設定強スイカA強スイカB
11/1110.781/1285.02
21/1285.021/1110.78
31/1040.251/1394.38
41/1394.381/1040.25
51/992.971/1489.45
61/1191.561/1191.56

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

小役だにゃ!

紅葉色チャンスボタン

この日初の連続討伐で浮かれている場合ではない。

これだけ頑張っても457枚しか、獲得出来ていないのである。

ここも、“アイルービンゴ”からの当選であったのに128G以内の連チャンは起こらず終い。

しかし、確定目?から
確定目このような演出に発展し、140Gで当たりを射止めるのであった。

対戦相手はディアブロスであったが、ギリギリまで追い込むも敢え無く、惜敗。

1回、攻撃が当たればと言う場面でハラハラしたのだが、勝てず。

この命を削るようなギリギリのせめぎ合いが本機の面白い所と言える。

ここも128G以内の連チャンは起こらず終い。

ボーナス後、245Gを回した所で“全飲まれ”となる。

これまで、128G以内の連チャンこそ、ほとんど引けていない状況であったが、“アイルービンゴ”の成功率が高く、何とか早めの当たりで繋いでいる厳しい状況。

それでも、投資は34本掛かっているのにここでまた、追加投資を強いられるのである。

それでも高設定を信じ、追加投資をすると、すぐに“アイルービンゴ”に当選となる。

ここは是非とも成功させたい場面であったが、叶わず。

更なる追加投資を強いられる。

548Gでも“アイルービンゴ”に突入させる。

ラストゲームでリプレイを引き当てると、5G上乗せされる。

ここは絶対、当てたい場面。

何が出てもビンゴが確定する最終ゲームで

『小役だにゃ』

と言う告知が流れ、成功を確信したのだが、ここで当たったのは無情に中段ベルであった。

結局、当たったのは追加16本入れた所の681Gで突入した“アイルービンゴ”からであった。

初戦は苦手とするクルペッコであったが、案の定の敗北で万事休す。

諦め掛けたその時、まさかのボーナス確定画面が訪れる。

どうやら、“隠し1G連”に当選していたようである。

ドボルベルクに勝利し、次戦のパプルボッカにも部位破壊を成功した状態で勝利を収める。

部位破壊の分で是非ともストックを貯めたい所であったが、成功ならず。

健闘虚しく、次戦のリオレウスに敗北し、連チャンは終了するのであった。

追加投資の連続

--sponsored link--

連続討伐で勢いに乗りたい所であるが、相も変わらず、128G以内の連チャンは起こらず終い。

366Gを回した所でこの日、7回目“全飲まれ”となる。

周りの状況に目をやると、サクラ認定の二人も苦戦を強いられながらも何とか、繋げると箱に手を掛けるような展開に。

どちらも、投資は入っている状況であった為、まだまだこれからと言う感じ。

我輩の投資はこの時であ既に50本まで膨れ上がり、これ以上の投資は厳しいと考えていた。

それでも、設定5は有るだろうと、腹をくくると追加投資を決める。

そして、迎えたのは998Gを回した所であった。

ディアブロスの部位破壊を成功させるも、剥ぎ取りは成功せず。

次戦のドボルベルクには勝利するも、リオレウスに敗れ、533枚を獲得。

55G“アイルービンゴ”に突入すると成功させ、自力で128G以内の連チャンをさせる。

しかし、ここでもリオレウスに敗れると、128Gを回した所で撤収するのであった。
最後の悪あがき

以下は“後半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
12140Gディアブロス
13681Gクルペッコ追加16本
14ドボルベルク
15パプルボッカ
16リオレウス
17998Gディアブロス追加24本
18ドボルベルク
19リオレウス533枚
2067Gリオレウス
125G止め

実戦結果

データ表示器

実戦結果
総回転数4358G
通常回転数3387G
総AT回転数671G
総AT回数20回
初当たり回数10回(1/338.7)
ボーナス確定画面男7回/女13回
終了後1枚絵男4回/女6回
左第1ベル合成63個(1/69.2)
強スイカA6個(1/726.3)
強スイカB3個(1/1452.7)
総収支
総投資74本
総獲得メダル343枚
総差枚数▲3165枚
総収支▲67,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率75.8%

総括

--sponsored link--

設定5はあったかも知れないが、総投資は74本まで膨れ上がり、夕方に差し掛かっていたのでこれ以上はと、撤収を決めたのであった。

思い出す限りであるが、1台にここまで投資したのは久々であり、今年一番の敗北であったのではなかろうか?

その後も人が変わってからも日の目を見る事はなく、閉店を迎えていた。

今回の実戦で改めて、“ノーマルAタイプ”が性に合っているのだと、痛感した実戦であった。

本日はこれにて御免!

次回更新は10月7日である。
ランキングに参加中である!
『笑えない大敗だな』と、同情される門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

青7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--