まどかマギカ2設定狙い実戦記!止めようかと言う時にまたも高設定示唆のセリフが!追った先に待っていた結果とは?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


実の所、昨日上げた『前編』なのだが、金曜には
書き上げており、予約投稿していたのだが、
お休みを予定していた昨日に日付を間違えて
投稿してしまっていた。


お休みとはいえ、

『番長シリーズ実戦記』

のまとめ記事を用意していたので一度は投稿した
ものの、翌日投稿にし直したのであるw


もう、既に読んだよと言う方や、“ツイッター”から
飛んだけど見れなかったと言った門下生(読者様)
もおられたかと思う。


ご迷惑をお掛けして申し訳ない。


予約投稿日を失敗しただけなので今後、
このような事がないよう、気を付ける次第である。


さて、本日であるが

『まどかマギカ2』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

まどかマギカ2設定狙い実戦記!初当たりからまたも高設定示唆セリフが出現!?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は良月も初めの頃。


設定が期待できる入替日である週初めに我輩が
攻めたのは

『まどかマギカ2』

本命台であった。


苦手とする機種であったが、適当な機種の第2
第3候補を打つ位ならとの選択であった。


開幕、初当たりからいきなり強セリフである

『君にならその資格がある…』

と言う、高設定示唆のセリフが発生。


これで腰を据えて打たねばならなくなった。


“ほむらチャンスゾーン(以下CZ)”に突入するも
弱チェリーでの当選であったのかはわからず終い。


“全飲まれ”するとそこで待っていたのは
“追加投資の嵐”


気付けば総投資は25本まで膨らみ、肝心要の
“マギカラッシュ”が引けず終いであった。

魔法少女まどかマギカ2のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©メーシー

機種情報
メーカー メーシー
導入日 2016年9月
初期導入台数 約25,000台
タイプ 純増約1.5枚/GのART機
コイン持ち 約31G/50枚
天井 ボーナス&ART間1000G
(リセット後は600G)
ボーナス終了時に画面タッチ
【全員集合】+『みんなには内緒だよ』
出現で設定56確定!?
ボーナス確率
設定 ボーナス ART 合算確率 出玉率
1 1/297.89 1/424.4 1/175 98.5%
2 1/297.89 1/401.5 1/171 99.6%
3 1/289.98 1/376.4 1/164 101.1%
4 1/280.07 1/333.8 1/152 104.4%
5 1/265.33 1/299.7 1/141 107.4%
6 1/250.14 1/267.4 1/129 111.0%
設定差のあるボーナス
設定 単独紫7 スイカ+赤BIG チャンス目A+異色BIG
1 1/6553.60
(1/3640.89)
1/7281.78 1/3449.26
2
3 1/5461.33
(1/3276.80)
1/5957.82 1/3120.76
4 1/4369.07
(1/2849.39)
1/4681.14 1/2849.39
5 1/2978.91
(1/2184.53)
1/3855.06 1/2520.62
6 1/2184.53
(1/1724.63)
1/3276.80 1/2184.53
    *カッコ内の数値はリプレイ+紫7BIGのボーナスを合算した数値
弱チェリー確率
設定 確率
1 1/108.86
2 1/102.24
3 1/96.23
4 1/91.02
5 1/86.12
6 1/81.51
強チェリー・スイカ・チャンス目A/B成立時のART直当たり確率
設定 当選率 実質出現率
1・3・5 0.4% 1/14388.7
2 1.2% 1/4796.2
4 2.0% 1/2900.1
6 3.1% 1/1833.2
弱チェリー成立時の魔女の結界当選率
設定 当選率
1・2・4 0.39%
3 2.34%
5 4.69%
6 3.52%
ボーナス終了画面セリフ振分
(確定パターン非発生時)
設定 セリフ① セリフ② セリフ③
1 29.85% 29.84% 20.00%
2 12.50%
3 28.13% 28.13% 20.00%
4 24.38% 24.37% 12.50%
5 23.60% 23.59% 20.00%
6 22.50% 22.50% 12.50%
設定 セリフ④ セリフ⑤ セリフ⑥
1 12.50% 6.25% 1.56%
2 20.00%
3 12.50% 5.00%
4 20.00% 12.50% 6.25%
5 12.50% 7.81%
6 20.00% 10.00%
    【セリフごとの特徴】
    ①契約してくれる気になったら、いつでも声をかけて
    →基本パターン
    ②きゅっぷい
    →基本パターン
    ③僕はここで見届けさせて頂くよ
    →奇数設定示唆
    ④願い事を決めるんだ!早く!
    →偶数設定示唆
    ⑤どんな未来が来るのか、楽しみだね
    →高設定示唆
    ⑥君にならその資格がある。本当にそれを望むならね
    →高設定示唆

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

2回目のセリフ

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

4回目となる追加投資


総投資32本目となる追加7本、ここはボーナス
ではなく“杏子CZ”でずっと引けなかった念願の
“マギカラッシュ”に突入。


そう、これを引かねば始まらぬ。


ここまでボーナスは引けどもいつまで経っても
一向に“マギカラッシュ”に入れられず、気付けば
1610Gぶりの“マギカラッシュ”であった。


だが、やっとこ突入した“マギカラッシュ”
50Gフル完走で駆け抜ける。


しかし、終了後の“引き戻しCZ”“杏子CZ”
突入し、この“CZ”中に“単独紫BIG”を引き当て、
更にここで“穢れ”が貯まり、

『杏子エピソードBIG』

を射止めるのであった。


何とも、このタイミングでなくともとは思ったが、
ともあれ、“マギカラッシュ”引き戻し、さぁ、
これからと言う所であったが、“マギカラッシュ”
2セットやって、引けたのは“マギカクエスト”
引いた『+15G』のみ。


初回の分を含め、3セットでこなしたのは

にほんブログ村 スロットブログへ

『165G 383枚』

だけであった。


“引き戻しCZ”中のボーナスといい、“穢れ”
貯めての“エピソードBIG”といい、これ程の引きを
見せても得られたのは383枚


これまでに総投資32本1,600枚使っているのに
今更、383枚で何が出来ようか。


これまでの展開であるが、設定差のあるボーナス
2回、引いており、

『君にならその資格がある…』

と言う、高設定示唆のセリフを1回、引けて
いるだけ。


何より、圧倒的に引けていないのがボーナスだけで
なく、“CZ”であった。


これまでに引けていたのはわずか4回


内、2回“マギカラッシュ”を射止めていたが、
これでは幾らお金があっても勝ちに転じる事など
出来ぬ。


そう思っていた我輩は止め時を計っている所で
あった。


だが、そう思っていた矢先に設定差のある
チャンス目からの“異色BIG”を射止め、更には
そこでの終了画面でのセリフが

『君にならその資格がある…』

と言う、2回目となる高設定示唆のセリフを
引いてしまうのであった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
322G マギカRUSH当選 追加7本
(50G) マギカRUSH終了 92枚
8 40G 単独紫EPBB
マギカRUSH当選
165G マギカRUSH終了 383枚
9 98G チャンス目異色BB

何も引けぬ展開

--sponsored link--

何とも罰ゲームのような展開になって来た。


“穢れ”も使い切り、“CZ”も入らぬと言うのに
高設定示唆のセリフをまだ、9回しかボーナス
引けていないのに2回も確認してしまうと言う。


9回中3回は設定差のあるボーナス


止めようかと思ってたのに止められぬ展開になり、
覚悟を決める。


結局、当たったのは追加投資11本5回目となる、
“CZ”“まみCZ”となり、この“CZ”中に強チェリー
2回も引き当てると言う、引きを見せ、見事、
“マギカラッシュ”に当選。


“マギカクエスト”2回ぶち込み、165Gを消化
したが、ボーナスが絡まなければメダルは増えず、
得れたのは262枚であった。


総投資は43本となっていたが、たかが、262枚
メダルなど、“焼け石に水”である。


またも、“全飲まれ”となり、追加投資


途中、スイカから“CZ”を引くも“マギカラッシュ”
には繋げられず。


当たったのは追加投資13本594G
強チェリーからの“紫BIG”


次に当たったのは追加投資5本238G
強チェリーからの“紫BIG”であった。


もはや、150枚“BIG”など、すぐさま飲まれ、
どうして良いかわからん展開に。


圧倒的に引けぬ、“BIG”“CZ”
“マギカラッシュ”


この、高設定示唆であるセリフを2回確認したと
言うだけで粘って来た気がしてきた。


もしかしたら、高設定である可能性もまだ、
否定出来ぬが、もはやお腹いっぱいw


投資の上限金額を70本までに設定し、続けると
あっけなく当てる事無く到達し、この日の稼働を
終えるのであった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
517G マギカRUSH当選 追加11本
165G マギカRUSH終了 262枚
10 594G 強チェリー紫BB 追加13本
11 238G 強チェリー紫BB 追加5本
373G 止め 追加9本

実戦結果

ユニメモ
実戦結果
総回転数 4546G
通常回転数 3672G
ART総回転数 544G
通常BIG回数 10回(1/454.6)
エピソードBIG回数 1回(1/4546)
弱チェリー確率 59回(1/71.5)
ART直当たり確率 0回/3672G
弱チェリーからの魔女の結界 1?回/50回(1/50?)
特定ボーナス出現率
単独orリプレイ+紫BIG 1回(1/4546)
スイカ+赤BIG 1回(1/4546)
チャンス目+異色BIG 1回(1/4546)
ボーナス終了画面のセリフ
契約してくれる気になったら 2回(18.2%)
きゅっぷい 2回(18.2%)
僕はここで見届けさせて 2回(18.2%)
願い事を決めるんだ! 2回(18.2%)
どんな未来が来るのか 1回(9%)
君にならその資格がある 2回(18.2%)
総収支
総投資 70本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲3,500枚
総収支 ▲70,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率 74.3%

総括

--sponsored link--

毎度、『まどかマギカ2』を打って思うのは
相変わらず、出すのが難しいと言う事。


正直、今回の台は高設定であった可能性も否定は
出来ず、“BIG”“CZ”が引けない設定5であった
のではないか?と言うのが感想である。


それでも総投資70本はやり過ぎではあるが、
残り時間は5時間以上あり、このまま行けば
投資100本も有り得る展開であったので
投資の上限を決めたのだが、すぐさま到達
してしまう。


この日はダメなままであったが、翌日は爆発して
いたがまた、攻めようとはならなかった。


正直、今回の実戦から苦手な機種は攻めないのも
一つの手段であると学んだ日となったのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
相性云々って、“オカルト”じゃねえか!と、
思われた門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. 避難場所は1円 より:

    いつも楽しみながら勉強させて頂いています。ジャグラーを愛する41才の会社員です。このブログに出逢えた事をほんとに感謝しています。さむらいさんになれない事を初めから察した私はさむらいさんを演じようと心掛けました。さむらいさんだったらどうするか、みたいな事を常に意識する感じです。ジャグラーに限らずパチスロは決断の積み重ねではないかと思います。まぐれが半分だとは思いますが今年に入りようやく収支がプラスになりました。パチスロの楽しさが過去に比べ別次元なのに加え、仕事の立ち回りさえ良い意味で変わったように感じます。ひと言では言い表せないですが、仕事もスロも常に考え行動する、そんな感じでしょうか。これからも尊敬し応援しています。感謝を伝えたくてコメントさせて頂きました。

    • さむらい より:

      やあやあ、避難場所は1円殿、初めまして、コメント感謝である。

      我輩がブログを綴る事でそれほどまでに影響を与えられていると言うのは大変、嬉しく思う。

      “パチスロ”は勝ってこそ楽しめるものであり、それが自身の努力で成し得たのなら尚更楽しい事であろうw

      我輩が“パチスロ”に目覚めた時と言うのは本当にそういう感情であり、我輩がバイブルとしていたのは“しのけんさん”であった。

      今後も一人でも多くの方にそう言って頂けるよう、精進して参る所存である。

  2. あほまど より:

    まど2の6確定でて3000〜5000負けは自分含め身内で何度もあります!ポテンシャルは現行機最悪クラスかと思っています笑。
    バジ3と同時期にでましたがバジ3は6は安定してるようですが、良く6使うイベでもまど2だけは埋まり遅かったです
    まど2のいい所がわかりませんww

    • さむらい より:

      やあやあ、あほまど殿、初めまして、コメント感謝である。

      唯一、『まど2』の良い所を上げるとすれば、設定判別が容易な部類である事ではなかろうか?

      設定6であれば“全ツッパ!”であるのだが、これで奇数挙動となると夢がないw

  3. 陽太郎 より:

    いやはや何とも心中御察し申し上げると言わざるを得ない実戦であったのは間違いないであろう。
    ことこの機種に関しては大きな差玉を得るためには特化ゾーンのマギクエそしてそこから派生する裏マギクエにかなり集約されていると言っても過言ではないであろう。
    先ずマギクエ自体がリプレイベルのピンポイントなヒキが要求されるために何も出来ずに終わると言う事が良くある。
    もちろんボーナスも沢山引けるに越した事はないのだが通常時にいくらこれを繰り返してもラッシュに入らない事にはお話にならないと言う現実がある。
    高設定であれば結界には沢山入ってもそこで解除出来るヒキがなければやはり厳しい。
    そこいらへんは初代同様である。
    ワルプルも一応事故の契機には成り得るがやはり何と言っても裏マギクエでの大量上乗せが本機の最大の魅力であると言えよう。
    この手のタイプは噛み合わないとどうにもならないが果して逆に噛み合い捲るとどうなるか?
    すごぶる面白いのである。(笑)
    ただ積極的に狙って行こうと言う機種にはならないが。
    吾が輩はアニメは全て目を通しているほど本機の世界観は好きである。(笑)

    • さむらい より:

      やあやあ、陽太郎殿、コメント感謝である。

      何とも、過去記事を読み直してもどうやって出したのか?と、疑いたくなるぐらいのやれない感が無理ゲーである。

      今回の結果から優先度はかなり、低くなってしまった。

      我輩もアニメは全て見たのだが、正直、どんな内容であったのか、ざっくりとしか覚えていないw

      どうにも絵のタッチが苦手なようである。