【パチスロ甲鉄城のカバネリ】実戦記!チャンスゾーン突入ゲームでまさかのオールスター目の行く末は!?(前編)

やあやあ、さむらいである。

前回の記事では、久々に“ジャグラー実戦記”をお届けしたのであるが、お読み頂けただろうか?

実はここ最近に、続けて『ジャグラー』を打つ機会に恵まれたので、元々投稿予定だった実戦記事であっtが、時系列を無視して前倒しで投稿したのであった。

前回の“ジャグラー実戦記”はこちらから

前編

やあやあ、さむらいである。更新が遅れに遅れ、申し訳ない。前回の記事の最後に、遅れるかも知れぬと軽く触れていたのであるが、案の定であった。確定申告を期日内に終わらせる為である。何とか期日内で終わらせ、待っていたのは我輩の誕生日[…]

マイジャグラー5オレンジペカ
後編

やあやあ、さむらいである。更新が遅れたお詫びではないが、1日早い更新である。誕生日週間も大分落ち着いてきたので、頑張ってみたwただ、頑張ったからと言って、ブログの収益が増える訳ではない。昨年度の確定申告を行って、改めて収益を[…]

マイジャグラー5赤ペカ

もうしばらくは時系列通りに進め、そろそろ“ジャグラー実戦記”が欲しくなってきたら、前倒しでお届けしたいと思うので、『ジャグラー』好きの門下生(読者様)の皆様はお楽しみにw

本日は、『ジャグラー』は良いから、AT機の記事を書けよ!と言う方に向けてお送りしたいと思う。

と言う訳で、本日であるが

『パチスロ甲鉄城のカバネリ』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は春待月も半ばの頃。

この日はマイホがグループを挙げての合同イベント日と言う事で、気合を入れての参戦w

と言うのも、お薦め機種とされている

『パチスロ甲鉄城のカバネリ』

さえ、座れれば貰ったも同然だからw

そんな中で、我輩の引いたのは3番手!

お陰で、難なく『パチスロ甲鉄城のカバネリ』本命台を押さえる事に成功する。

恐らくは、半年に一度のくじ運であったと思うw

果たして、高設定奪取となるのか!?

パチスロ甲鉄城のカバネリ

パチスロ甲鉄城のカバネリパネル

機種情報
メーカーSammy
導入日2022年7月
タイプAT
天井1000G+@
スペック
設定ボーナス合算ST合算出球率
11/237.01/407.997.8%
21/230.71/393.298.8%
31/214.01/372.4100.7%
41/186.51/327.2105.9%
51/171.31/307.3108.4%
61/151.31/290.6110.0%
設定共通ベル出現率
11/26.6
21/26.6
31/25.9
41/25.4
51/24.9
61/24.2

引用元

前半戦

--sponsored link--

パチスロ甲鉄城のカバネリ虹トロフィー

恐らくは、一部の一般客を除いてほとんどの先頭集団が、『パチスロ甲鉄城のカバネリ』に着席。

そりゃ、グループで推している機種だし、そうなるよね。

いつものように、開店チェックといきたい所であったが、台を確保したらそのまま座れと言うお達しがあったので、そのまま打ち始める。

朝イチは、チャンス目を引いても、特にチャンスゾーンに入る事もなく、最初の100Gのゾーンを迎え、投資5本で、初当たりとなる駿城ボーナスを射止める。

ここは3400Pと振るわない結果となったが、いきなり上記

『虹トロフィー』

が出現し、この日の設定判別が終わるのであったw

こればっかりはお店側の仕込みであろうと思うが、流石はグループで推しているお薦め機種であるw

後はどれだけ投資が嵩もうが、終日打ち切るのみの簡単な作業。

展開次第では昼休憩を取るかも知れんが、現段階では基本的には我慢して回すつもりで気合を入れる。

もちろん、この出玉は飲まれ、追加投資となるのだが、152G239G無名チャンスゾーン(以下無名CZ)2回引くも、どちらもスルーし、追加10本入れた、450Gのゾーンエピソードボーナスを射止め、この日初のSTとなる“KABANERI OF THE IRON FORTRESS(以下KF)”に突入させるのであった。

駆け抜けだけは避けたいと思っていると、無事にカバネリボーナスに繋げたが、2連で終わり、186枚と言う厳しいスタート。

すぐに追加投資となると思ったが、100Gのゾーン手前で引いた無名CZを突破させると、駿城ボーナスに繋げる。

飲まれる前に繋げたボーナスなので、何とかしたい場面であったが、1500Pではどうにもならず、“全飲まれ”

既に虹トロフィーを確認しているので、問答無用で追加投資

追加2本で射止めた生駒チャンスゾーン(以下生駒CZ)を見事突破させるも、駿城ボーナスで何ともならなかったが、持ちメダルのまま250Gのゾーンで、“KF”が確定となるエピソードボーナスへと繋げる。

これが“5連670枚”まで伸び、一先ずは安心ライン。

さあ、ここからと言う場面で、“KF”抜け直後で生駒ランプが光っているではないか。

ほぼチャンスゾーンが発動する場面で、案の定、数ゲームで生駒CZが発動するのだが、この突入するゲームで

パチスロ甲鉄城のカバネリオールスター目

『オールスター目』

が降臨w

これってどうなるんだ?w

生駒CZ中であれば、無敵ゾーンでボーナスが確定すると思うのだが、突入時であり、無名も生駒も美馬のランプも光っての突入であった。

生駒CZ抜けたら、残りのチャンスゾーンが発動するだろうと思って臨んだ生駒CZで、見事突破させると、出てきたのはエピソードボーナスであった。

これって、突入時に有利区間切れていたらオールスター目の無駄引きになるのではなかろうか?

そんな不安に駆られるが、実際に何処で有利区間が切れているのか、謎の台なのである。

まず、1000枚以上超えて、美馬決戦まで行ったら無駄引き確定となるだろう。

どうなる事かと見守っていると、“3連313枚”で終了。

抜けると、無名ランプだけは光っている。

恐らくは、有利区間が切れずに残ってくれていたのだろうが、無名CZだけかと挑むも、これは突破ならず。

オールスター目を活かせなかったと凹んでいると、先程は点灯していなかったはずの美馬ランプが点灯しており、そのまま前兆を経由してこの日初の美馬チャンスゾーン(以下美馬CZ)を射止めた!

これを見事突破させ、射止めた駿城ボーナスはスルーとなるが、更に100Gのゾーンで射止めた駿城ボーナスであったが、これもスルー。

見せ場も終わり、250Gのゾーンもスルーさせるのだが、291Gで射止めた生駒CZを突破させると、エピソードボーナスと思いきや、またも駿城ボーナスで終わったと思いきや、7500Pで突破させ、“KF”にぶち込む事に成功。

更にこれが初の

『美馬決戦』

となり、“8連1155枚”を獲得。

この後待っている冷遇ゾーンを考えると、昼休憩をしようかとも思ったが、そのまま続行する。

100Gのゾーン駿城ボーナスまでは通常運転。

いつも通り、100枚に満たないメダルを得て終わるのかと思っていたが、まさかの8900Pで見事突破させ、まさかの最短で冷遇ゾーンを回避するのであった!

ラッキーと思っていると、これまたまさかの2戦連続となる

『美馬決戦』

となり、“8連1259枚”を獲得するのであったw

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
1119G駿城投資5本
3400P
虹トロフィー
(152G)無名CZ
(239G)無名CZ
2469GEP追加10本
KF2連186枚
(104G)無名CZ
3112G駿城1500P
(206G)生駒CZ
4226G駿城追加2本
5200P
5274GEP
KF5連670枚
(38G)生駒CZ
658GEP
KF3連313枚
(16G)無名CZ
(53G)美馬CZ
761G駿城4800P
8118G駿城5900P
(291G)生駒CZ
9311G駿城7500P○
KF8連1155枚
菖蒲
10125G駿城8900P○
KF8連1259枚

総括

--sponsored link--

一発目の駿城ボーナス設定6を確信させると、投資は17本から持ちメダルの展開。

ベストなのかはわからんが、オールスター目をきっかけに上昇気流に乗ると、まさかの立て続けの美馬決戦で、3000枚以上のメダルを有す。

差枚でも2000枚以上の余裕な展開であったが、美馬決戦の後に待っているのは冷遇ゾーン。

この勢いは何処まで続くのか?

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。我輩は元メーカー営業マンでありながら、専業に転身した身であるのはご存知だろうか?流石に何処のメーカーで働いていたのかは伏せさせて頂いているが、紛れもない事実である。我輩が働いていたのは、15年以上も前の[…]

パチスロ甲鉄城のカバネリ生駒オールスター目

本日はこれにて御免!

次回更新日は3月30日を予定している。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2024/04/12 14:11:48時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
パチスロ甲鉄城のカバネリオールスター目
Twitterで更新情報を受け取るべし!