【ゴーゴージャグラー】実戦記!時は金なり!?朝イチは早めの見切りでフットワークを軽くするのもありである!(前半)

やあやあ、さむらいである。

我輩のブログは大きく分けると、“実戦記”『さむらい物語』で構成されている。

その中に、考察記であったり、攻略記などを綴って来た。

先日で、ブログの記事を書き始めてから2年と8カ月が経過した事をお伝えしたが、記憶に新しいのではなかろうか?

何と、これまでで900記事も書き綴っていたのである。

始めた当初は100記事記念などと言っていたが、本当に気付けば大変な量の記事を綴って来たと言う事であるな。

ブログをリニューアルしてからどの記事がどれ程読まれているか、と言うのが見て取れるようになったのだが、昔の“実戦記”などは見向きもされていないようである。

文章が読み辛いなど未熟な部分はあれど、『ジャグラー系』であれば古かろうが、あまり関係ないと考えているので入門生(新規読者)は過去記事も参考にして下さると、幸いである。

過去の“実戦記”は機種毎であったり、ジャンル毎にまとめているのでお好みの機種があるやも知れぬので探ってみて下され。

実戦記まとめ

やあやあ、さむらいである。こちらでは機種毎の"実戦記"を時系列でまとめている。こちらでは随時、"実戦記"を更新していく。

実戦

さて、本日であるが

『ゴーゴージャグラー』

を攻めた“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は青女月も半ば頃。

この日はザックリとした、『ジャグラー』煽りの日。

全体的に底上げして満遍なく、高設定を使う事もあれば、前日の不発台を据え置いたり、良い時では当たり島を用意したりもする。

『ジャグラー』を主軸に立ち回る我輩としては、攻めやすい日であった。

そんな中、いつものように戦えぬ抽選結果で入場した我輩が攻めたのは

『ハッピージャグラーⅡ』

であった。

中々珍しい機種を攻めたとお思いだろうが、もちろん、ここは設定上げ狙いで攻めたのであった。

しかしながら内容が酷く、投資こそ2本で済んでいたから助かったものの、“BB2RB1”を引いておきながら、飲まれた時点でぶどう確率“1/8.46”と言う、悪魔的な数値。

これが上がるまで打つ気力は持てず、次なるターゲットへ移動を試みる。

それが、

『ゴーゴージャグラー』

であったのだが、理由は簡単でサクラ認定している者が2人攻めていたから。

全台系も狙える当たり島なのでは?と言う挙動で当たっていたので移動を試みたのであった。

前任者が389Gを回して“REG”1回のみと言う状況で空いていた台で、島の中では候補的に2番手が空き台と言う状況であった為、反応を見て良さげであれば粘ろうと打ち出すのであった。

ゴーゴージャグラーKKスペック

GOGOジャグラー
©北電子

機種情報
メーカー北電子
導入日2015年4月
タイプノーマルAタイプ
BIG純増312枚
REG純増104枚
天井非搭載
プレミア演出3秒フリーズ
BIG確定演出無音スタート
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/269.701/364.091/154.93
21/268.591/336.081/149.28
31/266.411/318.141/144.99
41/260.061/283.711/135.69
51/255.001/255.001/127.50
61/242.731/242.731/121.36
出玉率
設定メーカー発表値チェリー狙い
197.0%97.96%
298.2%99.20%
399.2%100.36%
4101.6%102.91%
5103.8%105.33%
6106.5%108.34%
通常小役確率
設定リプレイ単独ぶどうピエロベル
11/7.30各1/56.011/1092.271/1092.27
2
3
4
5
6
設定単独チェリー共通チェリー共通ぶどう実質ぶどう
1各1/4096.001/33.961/7.761/6.82
2各1/4096.001/33.871/7.691/6.76
3各1/3855.061/33.781/7.621/6.70
4各1/3640.891/33.661/7.551/6.65
5各1/3449.261/33.571/7.481/6.60
6各1/3276.801/33.441/7.411/6.54

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

単独チェリー重複リーチ目

『ハッピーⅡ』ではおよそ、“BIG2回分”程のメダルを飲ませて台移動を試みたのであるが、時刻にすると10:45頃であった。

本機の特徴であるが、ぶどう確率を重く設定し、通常ベースを下げる事に寄って、他のシリーズと比べてもボーナス確率を格段に上げる事が出来ている。

その為、設定推測をする上で、ボーナス確率での判断は難しい。

また、ぶどう確率が重い分、ぶどうが荒れ易くなる為、これも設定推測が難しくなる要因となっている。

設定推測が困難な分、全台系をやるにはうってつけな機種であると言える。

普段なら攻め辛い機種となるが、全台系をやる可能性がある時に、サクラが複数人攻めている状況となればマイホに限っての話しになってしまうが、普段よりは攻め易い。

以前は全くと言って良い程、敬遠していたのであるが、そう言った理由から最近では攻めるのも珍しい事ではなくなった。

いざ、打ち始めると、初当たりを引けたのは投資5本入れた152Gで、引いたのはお約束の“REG”であった。

すると、その“REG”を皮切りに

『REG5連チャン』

を炸裂させる!

勢いのまま、372G“ぶどう50個”を貯めるのであった。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--

チェリー重複

一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個695G1/6.951/6.95BB0RB51/139
200個1407G1/7.031/7.11BB5RB91/100
300個2050G1/6.831/6.44BB5RB161/98
400個2742G1/6.861/6.92BB10RB181/98
500個3356G1/6.711/6.14BB11RB211/105
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。昨日まで更新してきた『さむらい物語』での"設定判別"の記事であるが、『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』と言う声にお応えして、久方ぶりの『極意』を伝授したいと[…]

一樹百穫

開幕、初当たりから“REG5連チャン”をカマし、如何にも高設定と言う挙動を見せるも、“ぶどう50個”の時点でぶどう確率“1/7.44”と中々、厳しい数値であった。

そして、最後のボーナスから168G回した、総回転496Gの所で、全てのメダルが飲まれてしまう。

もちろん、追加投資となるのであるが、この時点でぶどう確率“1/7.29”であった。

そして、追加投資を強いられている中、695G“ぶどう100個”を貯め、ぶどう確率“1/6.95”に。

結局、初“BIG”が引けたのは追加10本入れた

『BIG間795Gハマり』

の所であった。

しかし、そこから

『ジャグ連4連チャン』

を炸裂させ、安堵している中、連チャンが抜けたと思われた127Gで、チェリー重複で“BIG”を引き戻すと、そこから再度“ジャグ連4連チャン”をカマし

『実質8連チャン』

となる大波を引き当てる。

そして、おまけの“BIG”を引き当てた所で“ぶどう200個”1407Gで貯める。

ぶどう確率は相変わらずの“1/7.03”と悪いが、ボーナス“BB5RB9”となり、合算は“1/100”となれば、気にせず続行である。

更に、次なる“ぶどう300個”2050Gで貯め、ぶどう“1/6.83”と躍進するのだが、引けたボーナス“REG”のみとなり

『7連続REG』

を食らう。

とは言え、大きくハマる事もなく、全て300G以内で当て

『ジャグ連4連チャン×2回』

を炸裂させ、“ぶどう400個”2742Gで貯める。

ここで、ぶどう“1/6.86”と若干、下げてしまうが“ぶどう500個”3356Gで貯めると、“1/6.71”まで躍進するのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
110:58152GRB投資5本
214GRB
339GチェリーRB
477GチェリーRB
545GRB5連チャン
611:48468GBB追加10本
BIG間795Gハマり
74GRB
821GBB
912GRB4連チャン
1012:04127GチェリーBB
1177GチェリーRB
1249G単独チェリーBB
1342GRB4連チャン
1412:32128G単独チェリーBB
1512:51231GRB
1618GチェリーRB2連
1713:01109GRB
1813:15158GRB
1917GRB2連
2013:27133GRB
2128GRB
22100GチェリーBB
2354GチェリーRB4連チャン
2413:55167GBB
2593GRB
2673G無音BB
2795GチェリーBB4連チャン
2814:39123GBB
2914:52153GRB
3040GBB2連
3115:08156GチェリーRB
3215:26272GRB

総括

--sponsored link--

“ぶどう500個”3356Gで貯め、この時ボーナス“BB11RB21”となり、合算は“1/105”で折り返すのであった。

ボーナス合算は良いが、かなりの“REG先行”と言う展開に高設定への期待は高まるものの、このまま離された状況だといつ、“全飲まれ”となってもおかしくない状況に不安を抱えつつ、後半戦へ挑むのであった。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。一昨日に高校時代の友人と飲む機会が有り、深酒をしてしまい、明け方に帰宅するもブログの更新が出来ず。新台入替日と言う事で、稼働はしなければならない状況であったのだが、稼働しながらブログの更新作業を進める事にし[…]

つのっち

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『ゴーゴーはREG先行しがち!』と思っている門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

ドットピエロ
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--