【ゴーゴージャグラー2】実戦記!登場から1年以上を経て2回目の実戦ってどんだけ嫌いなの!?(前編)

やあやあ、さむらいである。

『ジャグラー』と言えばさむらいと言ったイメージを持って下さる門下生(読者様)も多いと思う。

我輩自身もブログを始める際に、『ジャグラー』に特化したブログで勝負しようと考えていた。

と言うのも“ジャグラー系ブログ”のほとんどが、オカルト系をネタにしたブログがほとんどで、ガチ系では主だったブログが見当たらなかった。

“勝つ為にはジャグラーを触るな”と言う文言を謳う有名なブログも有った程である。

そんな市場なら『ジャグラー』を主軸に立ち回っている我輩なら参入する隙があるのでは?と考えた次第であった。

そんな我輩も今となっては『ジャグラー』に触れる機会も減ってしまった。

設定状況と言った状況もそうであるが、我輩の“やる気”と言うメンタルの部分が大きい。

それでも、我輩の“実戦記”を待ち望んで下さる門下生もおられるので、それなりの結果が出たら記事にして行こうと相成ったのである。

お待ち下さった門下生には大変、お待たせ致し申した。

約2か月半ぶりとなる“ジャグラー実戦記”をお届けしようではないか!

しかも、本日は過去に『前後編』合わせて1度しかお届けした事がない

『ゴーゴージャグラー2』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は水無月も月末の頃。

この日は週初めの新入替日と言う事も有って、多少は設定が見込める日であった。

とは言え、マイホの状況はと言うと、『ジャグラーコーナー』のメインである『マイジャグラー4』も当たり台は1台のみ。

しかも、サクラ軍団よりも早い番号を引かねば確実に取れない状況であり、狙い台は簡単な凹み上げ狙いでは難しい履歴の台であった。

これまでと同じような本命台には入らずに、裏をかいた台に入っていると言う事である。

そんな状況ではツモる事が難しいのは想像に容易いだろう。

他の店を探した方が余程、勝てる状況であるのは間違いないのだが、我輩の“やる気”がそれを阻害しているのである。

そんな中であるが、ライバルが少ない系列店

『ゴーゴージャグラー2』

がお薦め機種に上がっていたのであった。

と言う訳でこの日はライバルが多いマイホを外し、系列店の抽選を受けたのであった。

サクラ軍団の参加人数も2人と少ない為、土俵に上がれる可能性が高い。

そんな中で『ゴーゴージャグラー2』の狙い台を取る事に成功する。

元から入っていない可能性もあるが、少なくともサクラ軍団が攻めて来なかった事を考えると、多少は期待出来る状況なのではないか?と考え、実戦に挑むのであった。

ゴーゴージャグラー2/KDスペック

ゴーゴージャグラー2パネル

機種情報
メーカー北電子
導入日2019年4月8日
タイプノーマルAタイプ
BIG純増約312枚
REG純増約104枚
天井非搭載
新プレミア演出
リールスロー回転
きらめき点灯
隠れツノっち
新SPボーナス音
G線上のアリア
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/269.71/364.11/154.9
21/268.61/336.11/149.3
31/266.41/318.11/145.0
41/260.11/283.71/135.7
51/255.01/255.01/127.5
61/242.71/242.71/121.4
出玉率
設定メーカー発表値
197.0%
298.2%
399.2%
4101.6%
5103.8%
6106.5%
通常小役確率
設定リプレイ単独ぶどうピエロベル
11/7.30各1/56.011/1092.271/1092.27
2
3
4
5
6
設定単独チェリー共通チェリー共通ぶどう実質ぶどう
1各1/4096.001/33.961/7.761/6.82
2各1/4096.001/33.871/7.691/6.76
3各1/3855.061/33.781/7.621/6.70
4各1/3640.891/33.661/7.551/6.65
5各1/3449.261/33.571/7.481/6.60
6各1/3276.801/33.441/7.411/6.54

*数値はスロマガが『ゴーゴージャグラー』を基にした独自調査を引用
引用元

実戦開始!

ゴーゴージャグラーベルハズレ

全く、『ジャグラーコーナー』を攻めて来なかったかと言うと、そうでもない。

サクラ軍団が当たり台を押さえようと、設定4くらいは残っているかも知れないと言う望みで攻めては来たが、見えて来たのは島に当たり台1台のみであった。

これが、コロナの緊急事態宣言後に営業再開したマイホで学んだ事であった。

そんな中でライバルが少ないと言う理由から系列店を攻めた訳であるが、攻められる機種が苦手な

『ゴーゴージャグラー2』

であったのだから問題である。

『ゴーゴージャグラー系』の何が問題であるかと言うと、ぶどう確率を削ってボーナスを当たり易くしたスペックであると言う事で、ボーナスでは中々、設定判別の判断がつきにくいと言うのが上げられる。

そして、ぶどう確率も分母が大きい為に荒れ易いと言うのが同時に上げられるのだ。

まとめると、ボーナスが当たっているからと言って、高設定とは言えず、ぶどうが悪いからと言って、低設定とは判断し辛い機種と言う事である。

今まではそんな機種は攻めなければ良いと言う選択肢もあったが、今はそんな事を言っている余裕もない状況でもある。

逆に言うと、それなら攻めなくても良いとも言えるのであるが、今の我輩は貯メダル再プレイ500枚位は勝負しても良いかな?位のスタンスであった。

そんな攻め方で『ジャグラーコーナー』もそこそこ攻めていたのであるが、“実戦記”をお届け出来る実戦までに1ヶ月掛かったのであった。

この日の初期投資は最低ラインの投資1本となる16G“初BIG”を射止める。

これは連チャンとはならなかったのだが、諦めかけた105Gで上記の単独チェリー時のリーチ目が出現し、そのまま“BIG”を射止めると、3連チャンへと発展させる。

すると、337Gを回した所で“ぶどう50個”を貯めるのであった。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--

ゴーゴージャグラー単独チェリー

一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個746G1/7.461/7.46BB7RB31/74
200個1474G1/7.371/7.28BB11RB41/98
300個2205G1/7.351/7.31BB14RB81/100
400個2806G1/7.021/6.01BB16RB131/97

『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。こちらの記事は保存版となっており、過去に投稿したものから多少、内容に手を加えている。今回は『ジャグラー系』の設定推測をする上で極めて重要な『極意』を伝授したいと思う。『そ[…]

一樹百穫

何とも久々の“ジャグラー実戦記”を綴りながら、中々大変だなと思い直し、よくもこれを“2日に1記事更新(1年目は毎日)”更新していたなと、自身を褒めてやりたい思いであったw

さて、実戦の話であるが、“ぶどう50個”の時点ではボーナスは当たっているけど決して、ぶどう確率が良いとは言えないが、悪いとも言えない微妙なライン。

スロマガの独自調査値ではあるが、設定1実質ぶどう確率“1/6.82”となっており、設定6“1/6.54”となっている。

実質ぶどう確率と言っているのは、本機を含む『ゴーゴージャグラー系』の特徴として、共通ぶどうの他に取りこぼしが発生する、単独ぶどうの存在がある為である。

左リールの配列上、およそ“1/2”の確率でしか、揃わない単独ぶどう2種類ある事で、どちらのぶどうも同時に狙う事が出来ない仕様となっていて、そのお陰で『ゴーゴージャグラー系』ぶどうが安定しない作りとなっているのである。

補足すると、ベルピエロを同時に取得する我輩の得意とする『つばめがえし』、いわゆる逆ハサミの打ち方で遊技すると、単独ぶどうを取りこぼす可能性があるのである。

設定判別が難しい上に、我輩の必殺技を封印しなければならない為、攻める機会が少ない機種なのだと言える。

その為、打ち方は『一閃』か、『斬鉄』と言った打ち方になっているのだが、この日はほぼ、『斬鉄』で遊技していた。

“さむらい流奥義”『斬鉄』とは?

『斬鉄』とは?

やあやあ、本日、誕生日を迎えたさむらいである。我輩の年齢はまだ、アラフォーとだけ言っておこうw今年はブログを始めるという大きな転機を迎えている。行動に移せたのは我輩の周りで支えて下さる皆様がいるおかげであり、ここの門下生(読者様[…]

その後の展開であるが、215Gで引いた“REG”を皮切りに

『ジャグ連6連チャン』

を炸裂させ、ここで“ぶどう100個”を貯めるのであるが、貯まったのは何と746Gの所であった。

ボーナス合算“1/74”と申し分ないが、肝心のぶどう確率“1/7.46”と言う展開。

『ゴーゴージャグラー系』では“あるあるな展開”であると言える。

望ましいのは、続けていく内にボーナスは維持し、ぶどうが上がってくれれば良く、ぶどうが上がらずにボーナスが失速したら簡単な話、止めれば良いだけである。

あいにく、投資は1本でそれなりの出玉は獲得出来ている為、“全飲まれ”となっても負けは1本で済む。

そんな緩い考えが良かったのか、その後もボーナスは当たってはいるが、ぶどうが悪いと言う展開に。

“ぶどう200個”を貯めたのは1474Gとなり、ぶどう確率“1/7.37”であったが、ボーナス“BB10RB4”となり、合算は“1/98”であった。

更に“ぶどう300個”を貯めたのは2205Gであったが、ぶどう確率は上がる事なく、“1/7.35”であった。

さすがに、ここまで回してこのぶどう確率であれば止めても良い気がするが、ボーナスは失速する事無く、“BB14RB8”となり、合算は“1/100”であった。

このまま、“REG”を引けずに失速するならプラスで止められると思って遊技を続けていたのだが、またもここで

『ジャグ連6連チャン』

を炸裂させ、失速する所か、飛躍してしまうのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
110:1616GBB投資1本
210:27105G単独チェリーBB
320GRB
439GBB3連
510:51215GRB
67GBB
726GRB
897GBB
954G無音BB
1026GBB6連チャン
1111:28161GBB
1211:46206GチェリーRB
1327GBB
1414G単独チェリーBB3連
1512:15311GBB
1612:28153GチェリーRB
1711GRB
1833GBB
1978GチェリーRB4連チャン
2013:00276GRB
2113:13152GBB
2236GBB2連
2313:33189GRB
2468GBB
2587GチェリーRB
2618GチェリーRB
2760GBB
2819GRB6連チャン
2914:12178GRB

総括

--sponsored link--

ぶどうが失速すれば止め時を考えるだけなのだが、“ぶどう400個”を貯めたのは2806Gとなり、ぶどう確率“1/7.02”まで一気にあがったのであった。

上がったとは言え、設定1の確率にも届かない数値であったが、ボーナス“BB16RB13”となり、合算は“1/97”をマークする。

さすがにここまで当たってくれていては止める訳にはいかず、長丁場になるやも知れぬと、ここで昼休憩を取るのであった。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。いやはや、お待たせ致し申したと満を持しての投稿であったのだが、反響が全くなくて寂しい限り。もはや、誰も待ってねえよと言う事であろうか。そうであるならもっと時間を有効に使えるよう、静かにフェードアウトする[…]

つのっち

本日はこれにて御免!

次回更新日は7月17日を予定している。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
ドットピエロ
Twitterで更新情報を受け取るべし!