ジャグラーで勝ちたいなら必須!!通常ゲームで他人と差をつける!さむらい流奥義『斬鉄』を公開!

やあやあ、本日、誕生日を迎えたさむらいである。


我輩の年齢はまだ、アラフォーとだけ言っておこうw


今年はブログを始めるという大きな転機を迎えている。


行動に移せたのは我輩の周りで支えて下さる皆様がいるおかげであり、ここの門下生(読者様)の方々にも大変、感謝している。


これから更なる躍進が出来るよう、精進していく所存である。

さむらい流奥義『一閃』のおさらい

--sponsored link--

昨日の『一閃』の記事はお読みになったであろうか?


我輩としては渾身の記事であったが、細かい数字に統一性がなかったので多少、訂正し、見やすいよう、“確率出玉率表”を追記させて頂いた。


こちらを見てない方は本稿の『斬鉄』の基本となる為、先に熟読すべし!

『一閃』とは?

やあやあ、さむらいである。『さむらい物語』を連日で綴っていたが、本日は半休を取り、幾ばくかの余裕があるので久々の『奥義を伝授』したいと思う。楽しみにされていた門下生(読者様)の諸君、『お待たせ』[…]

一閃


読むのが面倒と言う方に向けてまとめると、さむらい流”奥儀”『一閃』とは、通常時における打ち方であり、時間効率を最重視しつつ、ベルの一部奪取を目的とした“順押しの小役目押し打法”である!

さむらい流奥義『斬鉄』とは?

▼リール配列▼
ジャグラー配列
画像引用元2-9伝説様

昨日の『一閃』の記事をお読み頂けたら話しは早いので、サクサクと、説明していこう。


『一閃』順押しとあらば、『斬鉄』ハサミ打ちである。


さむらい流”奥儀”『斬鉄』とは通常時における打ち方で、ハサミ打ちでベルを狙い、チェリーベルの完全奪取を目指し、更に高速回転を心掛ける『奥儀』である!

『斬鉄』の打ち方

左下段ベル

・左リール下段に“7”の上にあるベルビタ押しし、右リールは高速でフリー打ち、左右でベルテンパイ時のみ中リールにベルを狙う


・左下段にベルが止まった時に、ハサミ打ちだと右リールで取りこぼしはなく、完全フリー打ちでOK


【注意】中リールのベルは一つしかない“BAR”を目安に狙うと良い


*ピエロ成立時の一部でも左下段ベルからのハズレが出る可能性有り

以上であるw


言葉にすると簡単に聞こえるが、左リールのシビアな目押しが必要であり、ベルテンパイ時にしっかりと手を止め、いかに中リールをフォローするかが重要である。


これにより、チェリーベル“完全奪取が可能”となる。


もし、右リールでしっかりと手を止める自信のない方はこちら

『二刀流』とは?

やあやあ、『エヴァンゲリオン勝利への願い』の解析が出て、記事を訂正せざるを得なかったさむらいである。設定6濃厚演出かと思い、全つっぱした結果、大敗を期した事は致し方あるまい。過去の傾向から刷り込まれている『カヲル=設[…]

指ビックリ


それでは、事項で『斬鉄』のメリットとデメリットを考えよう。

『斬鉄』のメリットとは?

--sponsored link--

・シビアな目押しは左リールのみなので高速消化が可能
・チェリー重複時の制御だといつでも『ペカッ』が期待が出来る。
・『ガコッ』にビビれるw
・strong>”ベルを完全奪取”出来る
・普段は無視しているベルを意識し、完全奪取する事で、更なる出率率UPが見込める。

『斬鉄』のデメリットとは?

・左リールの目押しが毎ゲーム、ビタ押しが必要
・1コマ早いとボーナスの成立役が不明になる
・1周押しが不可能
・テンパイ時に手が止まるか不安
『一閃』に比べると若干、時間効率が下がる。
・単調w

こんな所であろう。


前日も話したが『成立役が不明』になるリスクより、目の前の取得出来るメダルを取った方が断然お得である。


時間効率に関しては、『一閃』と比べたら下がるが、4.1秒を大幅に超えるものではない。


単調であるのは致し方なし!

『斬鉄』の出率UP効果

右肩上がり

設定BIGREG合算出玉率
11/287.41/455.11/176.296.9%
21/282.51/442.81/172.597.8%
31/282.51/348.61/156.099.9%
41/273.11/321.31/147.6102.0%
51/273.11/268.61/135.4104.2%
61/268.61/268.61/134.3106.6%

引用元セグ判別&設定推測 パチマガスロマガ攻略!

こちらはチェリー狙い時のシュミレート値とされるスペックであり、メーカー発表のものと比べると高くなっている。


『アイムジャグラー系』ベル(払い出し14枚)の確率は全設定共通で“1/1092.27”(メーカー発表値)である。


前日も同じ説明をしているのでサクサクいく。


ベルの出現率1/1092.27×ベルの払い出し枚数14枚=約0.012817枚


これが『斬鉄』ベル完全奪取時の1G当たりの期待枚数である。

終日8000G回した場合

出率の計算方法はこちらを参照すると良い。

関連記事

やあやあ、記事にしていく順番を身誤ったさむらいである。門下生(読者様)の元専業仲間の知人から言われたのだが、『時々、どこをターゲット層にしているのかわからなくなる』『元専業でも理解し辛い記事があった』[…]

jugglerpanel


8000G×0.012817枚=102.536枚(斬鉄時)

チェリー取得時の上記シュミレート値の『設定6で106.6%で計算した場合、+102枚で出率107.025%となった!』


ベルの完全奪取だけで約+0.4%見込め、『一閃』同様、ベルが全設定共通なので、どの設定を打っても約+0.4%の出率底上げか可能となる。

総括

--sponsored link--


メリットとデメリットを見てわかる事は『一閃』に比べては時間効率は若干、下がるものの、さほどの影響を与えるものではない。


『ベル』完全奪取により、更なる期待値、出玉率、勝率UPが見込める打ち方である。


左のビタ押しが完璧に出来ずとも毎ゲーム恒久的に続けていれば目押しは上達するので精進すべし!

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!1日1ポチで応援すべし!
各ランキングサイトでさむらいのランキングをチェック

Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--