【ファンキージャグラー】実戦記!ケツから二番手と言う状況で選んだ台はぶどうは悪いが当たる台!?(前編)

やあやあ、さむらいである。

いやはや、久々となる“ジャグラー実戦記”のお時間である。

ここ最近は“ジャグラー実戦記”が綴れなくて申し訳ない。

6号機の中で一番の話題機と言っても過言ではない

『バジリスク絆2』

高設定を掴んだとあらば、時系列を無視してでも更新しなければと思い、3日間通しで記事を綴らせて頂いた。

初打ちがまだだと言う方は予習するには良い内容に仕上がっているのではないかと、自負している。

本当なら『さむらい物語』も更新しなければと思っているのであるが、まずは通常の流れを取り戻したいと思う。

と言う訳で本日は

『ファンキージャグラー』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は霞初月も月末の頃。

この日は1月最後の“旧イベント日”と言う事で気合を入れての参戦であった。

最近の流れでは『マイジャグラー4』か、『ファンキージャグラー』のどちらかが煽られるのがデフォルトとなっている。

台数を多く抱えている機種と言う事でそうなるのは致し方ない。

この日、煽られてのは『マイジャグラー4』であった。

もちろん、良番を引ければ攻めたい所であったが、我輩の引いた番号は後ろも後ろのケツから2番目と言う引きを見せたのであった。

もはや、“煽り機種”などには到底、座れるはずもなく、ゆっくりと入場し、何処を攻めようかと吟味する事に。

そんな中で“煽り機種”以外で候補に上がるのが

『ファンキージャグラー』

であった。

理由は先程述べたように、台数が多いからと言うのが上げられる。

その他には台数の少ない機種で全台系を狙うと言った狙い方がある。

この日は特に入り易い場所が、前日大きく凹んでいた為、朝から攻める事にしたのであった。

果たして、一番最後に選んだような台が高設定となるのか?

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル

機種情報
導入日2016年7月4日
導入台数約20,000台
メーカー北電子
タイプノーマル
コイン保ち約35G
設定BIGREG合算出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%
設定ぶどう確率
11/6.37
21/6.37
31/6.32
41/6.27
51/6.21
61/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2020年2月24日現在
引用元

実戦開始!

ファンキージャグラー斜めBAR揃い

普段よりも気合が入らないのは“煽り機種”でも何でもないからであるが、もしダメであるなら普段よりも早めに切り上げる事も出来るのでそこは身軽に考えていた。

打ち方はいつもの如く、『ファンキージャグラー』と言えば『つばめがえし』と言う事で、逆ハサミで打ち始める。

“さむらい流奥義”『つばめがえし』とは?

『つばめがえし』とは?

やあやあ、鼻をかみすぎて鼻が真っ赤になっているさむらいである。皆様は、花粉症は大丈夫であろうか?さて、連日さむらい流奥儀を伝授しているがいよいよ、大詰めである。本日は最終形とも言える『究極奥儀』[…]

つばめがえし

初当たりを引いたのは投資5本を入れた、162Gの所。

初当たりから“BIG”を引き当てる事が出来て一安心であった。

100G以内の連チャンが引けず、諦めかけた105G“REG”を引き当てると、程なくして316G“ぶどう50個”を貯めるのであった。

ぶどう確率“1/6.32”とあって、決して褒められた数値ではなかったのであるが、悪ければ早めに止めれば良いと高を括っていた。

またも、100G以内の連チャンを引けなかったのだが、それを確認した直後の121G“BIG”を引き当てると、そこから

『ジャグ連6連チャン』

と言う大連チャンを引き当てると、そこの642G“ぶどう100個”を貯めるのであった。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--

ピエロ揃い

一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個642G1/6.421/6.42BB6RB21/80
200個1236G1/6.181/5.94BB6RB61/103
300個1918G1/6.391/6.82BB9RB81/113
400個2561G1/6.401/6.43BB19RB121/82
500個3231G1/6.461/6.70BB24RB171/85
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。こちらの記事は保存版となっており、過去に投稿したものから多少、内容に手を加えている。今回は『ジャグラー系』の設定推測をする上で極めて重要な『極意』を伝授したいと思う。『そ[…]

一樹百穫

“ぶどう100個”を貯めたのが642Gとあって、ぶどう確率“1/6.42”とあって、先程よりも更に悪くなってしまっていた。

しかし、ボーナス“BB6RB2”となり、合算は“1/80”をマークしていた。

ぶどうは決して良くはないが、ボーナス合算“1/80”とあっては止める要素は“0”である。

次の“ぶどう200個”で上がっていれば良いと、打ち続けるのであるが

『REG3連チャン』

を引き当て、更に“REG”を引き当てると1236G“ぶどう200個”を貯めるのであった。

ぶどう確率“1/6.18”まで上がり、ボーナス合算“1/103”と下げるが、下がったと言っても設定6の数値もぶっちぎっていた為に問題なく、“REG確率”も上がった。

しかし、久しく“BIG”を引けていないと思っていたら当たったのは

『BIG間968Gハマり』

も所であった。

しかし、この辺りから“ジャグ連3連チャン”へと発展させ、連チャンが抜けたと思われた直後の122G“REG”を引き当て2連させた所で“ぶどう300個”を貯める。

“ぶどう300個”を貯めたのは1918Gとなり、ボーナス“BB9RB8”となり、合算は“1/113”であった。

先程はぶどう確率“1/6.18”で有ったのに一気に“1/6.39”まで下がってしまったのである。

何とも、先程からぶどう確率が安定しないのが気になるが、ボーナスは引けている。

ともなれば、当たっている内は粘ろうとなるのだが、ここからが凄かった。

3連2連とほぼ、5連チャンと言う偉業を成し遂げたのであるが、連チャンを抜けたと思われた116G“REG”を引き戻すと、そこから

『ジャグ連8連チャン』

と言う大業を成し遂げたのである。

これだけでも凄いのであるが、まだまだ終わらない。

163G“BIG”を引くとそこから

『ジャグ連6連チャン』

へと発展させたのであった。

ここで“ぶどう400個”を貯めるのであるが、貯めたのは2561Gとなり、ぶどう確率“1/6.40”であった。

ボーナス“BB19RB12”とぶっちぎりに走っており、合算は“1/82”ぶどうが悪かろうが、止めるとか気にするレベルではなかった。

ここから大連チャンではないが、細かい連チャンを重ねていき、“ぶどう500個”3231Gで貯め、ぶどう確率は更に下げ、“1/6.46”となるも、ボーナス“BB21RB17”となり、合算は“1/85”をマークし、前半を折り返すのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
110:27162G先光りBB投資5本
210:37105GRB
310:47121G先光りBB
488GBB
562GRB
636GチェリーBB
731G先光りBB
835GBB6連チャン
911:31232GチェリーRB
1097G飛び込みRB
1163GRB3連
1211:57177G飛び込みRB
1312:26399GBBBIG間968Gハマり
1441GチェリーRB
1535GBB3連
1612:45122GRB
1720GBB2連
1812:58116G飛び込みRB
1983G飛び込みRB
207GBB
2184G飛び込みRB
2239G先光りBB
235G先光りBB
243G先光りチェリーBB
2520GBB8連チャン
2613:41163G飛び込みBB
2727GBB
2819GRB
2968GチェリーBB
302GBB
3142G先光りBB6連チャン
3214:11118G飛び込みRB
3334GチェリーRB2連
3414:27175G先光りRB
3514:37126G飛び込みRB
3646G先光りBB2連
3714:52130G飛び込みRB
3890GBB2連

総括

--sponsored link--

いやはや、悪ければ早めに切り上げれば良いと打ち始めたが、ぶどう確率は良くはないものの、ボーナスが走ってくれたお陰で止めずに済んでいた。

普段なら“ぶどう500個”を貯めるのは14:30頃となり、昼休憩を取るのか否かと言う時間なのだが、貯めた時には15:00を過ぎていたのであった。

当たってくれていたと言うのもあるが、何より、“ぶどう500個”を貯めるまでに3231Gも掛かってしまっていたからであった。

ぶどう確率から見れば続けられないが、ここまでボーナスが走っていては止めるに止められない。

どちらに転がるかもわからないが、昼休憩を取る余裕はなく、後半戦に挑むのであった。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。今月に入ってから3日連続更新と言う、3部作を既に2回やっており、更には"らぁ麺ブログ"も平行して更新している。と言うのも、1月半ばからどう言う訳か、アクセスが復活しつつあり、今は頑張り時であると思ったから。[…]

ファンキー

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『久々のジャグラー実戦記待ってたぜ!』と言う門下生(読者様)さむらいの▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2020/09/30 18:22:14時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
ファンキー
Twitterで更新情報を受け取るべし!