【ディスクアップ】設定狙い実戦記!ビッグ中のゲーム数って何ゲームだったけか?(前編)

やあやあ、さむらいである。

早速、表題の答えを言うと『ディスクアップ』“BIG中のゲーム数”

『技術介入有りで28G』

となっている。

そんな基本的な事すら忘れている程、『パチスロ』から離れていたいたのである。

ご無沙汰しているが、それもそのはず、ほとんど稼働をしていないので“実戦記”のネタがないと言うのが現状となっている。

とは言え、様子見がてらマイホ“旧イベント日”に稼働を試みた日があった。

更新を待ち望んで下さる門下生(読者様)もおられるので、不定期ながら2カ月ぶりの“実戦記”を投稿しようかと、この度相成った。

残念ながら表題の通り、『ジャグラーシリーズ』ではなく

『ディスクアップ』

の実戦であったのだが、果たして、興味はお有りだろうか?

まだ、復活とは言えない状況であるが、酒の肴程度に楽しんでもらえたら幸いである。

実戦日

--sponsored link--

時は水無月も初めの頃。

緊急事態宣言が解除され、東京も4段階のロードマップを元に段階的に緩和していき、ぱちんこ産業の自粛制限も解除された。

我輩のマイホも営業再開をし、定例となった“旧イベント日”を迎えたので久々に稼働をしてみる事に。

もちろん、前日の晩には閉店チェックをした訳であるが、状況的にはまだまだ、攻められるようなデータではなかった。

それでも意を決して攻める事に。

抽選の結果は目も当てられない結果であった。

とは言え、お薦め機種は多数有ったので、何かしらには座れそうな感じはした。

ここで言うお薦め機種というのは以前のような“煽り機種”と言える程のもではないが、恐らくではあるが、このお薦めされている機種の中に全台系が眠っているのではないか?と考える程度のもの。

その為、お薦め機種には多種多様の機種が上げられていた。

遅い番号ながら、入場して『ジャグラーコーナー』唯一のお薦め機種に含まれていた『ゴーゴージャグラー』を押さえる事に成功する。

しかし、サクラ認定している人物が攻めに来る事もなく、一般のお客人ですらスルーしている始末。

これは全台系を期待出来る状況ではない事を打たずして悟るのであった。

では何を攻めるのか?と言う事であったが、お薦め機種に一応、含まれていた

『ディスクアップ』

に注目する。

しかも、常連の知人の一人が打っていたので、狙い台も関係なく隣に座り、遊びながら様子を見る事にしたのであった。

設定1でも甘い機種とは言え、様子見で勝てる程甘くはないと事はわかっているが、果たして。

ディスクアップのスペック

ディスクアップ
©Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2018年6月4日
初期導入台数約2000台
タイプA+ART
同色BIG最大251枚+ART
異色BIG最大251枚+一部ART
REG最大103枚
リーチ目2766通り
天井非搭載
ボーナス確率
設定同色BIG異色BIGBIG合算REG
11/299.31/8192.01/288.71/496.5
21/7281.81/287.41/458.3
51/4681.11/281.31/442.8
61/3120.81/273.11/442.8
設定ボーナス合算出玉率出玉率
(完全攻略)
11/182.698.9%103.0%
21/176.6100.3%104.3%
51/172.0103.3%107.2%
61/165.9107.2%110.0%
特定ボーナス確率
設定リーチ目役A+異色BIG異色BIG合算チェリー+REG
11/16384.01/8192.01/5461.3
21/13107.21/7181.81/3276.8
51/6553.61/4681.11/2978.9
61/3855.11/3120.81/2520.6
通常小役確率
設定実質9枚役チェリースイカ
11/12.761/26.81/46.9
21/12.511/24.91/45.3
51/12.051/24.01/42.4
61/11.731/23.11/41.0
ART中小役確率
設定共通9枚役ハズレ確率
11/20.01/11.5
21/19.41/10.9
51/18.31/9.9
61/17.61/9.4
ART中通常リプレイとの比率確率
設定通常リプレイ÷(ハズレ+共通ベル)
12.80
22.68
52.29
62.18
ビタ押し成功時・上乗せなし発生率
(通常時の同色BIG中)
設定発生率発生割合
(同色BIG回数)
11/4156約150回に1回
21/1032約37回に1回
51/517約18回に1回
61/258約9回に1回
通常時異色BIG当選時・DT当選率
設定当選率
150.0%
244.4%
528.6%
619.0%
通常時・DT当選時のゲーム数振り分け
ゲーム数同色BIG異色色BIG
20G38.76%0%
40G24.81%25%
60G18.60%25%
80G8.53%25%
100G9.30%25%
ART時・DT当選時のゲーム数振り分け
ゲーム数同色・異色BIGREG
20G87.11%93.36%
40G9.38%4.69%
60G2.34%1.17%
80G0.39%0.39%
100G0.78%0.39%
DT100G選択時のループ率振り分け
ループ率振り分け
0.4%48.8%
33%50.0%
80%1.2%

100G選択時はループ率を保持し、ループする毎に100Gずつ加算。
上乗せなしで100Gを超えれば33%ループ以上となる。
なお、20G~80G選択時はループ率を保持しない。

真・技術介入成功率別出玉率
成功率出玉率
100%103.0%
80.0%101.8%
66.0%100.9%
52.2%100.0%
50%99.9%

【完全攻略の条件】
・ボーナス成立時の次ゲームに1枚掛けでボーナス入賞手順を行う
・チェリー・スイカの取得率100%
・ボーナス中に枚数アップ手順を行う
・同色BIG中の真・技術介入成功率100%
・通常時・ART中にパンク1枚役を取得しない


引用元セグ判別&設定推測 パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

単独異色BIG

先にお断りしておくが、今回の実戦を記事にするつもりはなかったので、小役データと実戦データは取っていたのだが、『一樹五十穫』のデータは取っていない。

正直、高設定を使っている事すら疑っていたので。

3月中旬から引き篭もり始めたので『パチスロ』と対面するのは、およそ3ヵ月ぶり。

その間、『パチスロ』を打ちたかったと言うと、全くそう言った気持ちはなかった。

好きで始めた『スロプロ』を目指す生活であったが、いつしか好きな事で生活する喜びはなくなり、生活をする為に『パチスロ』を打っていたのだとこの自粛期間に悟ったのであった。

今となっては13時間打ち続ける事が出来るのかと言う不安の方が大きい。

そんな我輩が止め時はどうだの、こう言う時は打ち続けるべきだの言っても何の説得力もないだろうと言うのが本音である。

今はただの『パチスロ』好きが、純粋に『パチスロ』を楽しむだけの“実戦記”とさせて頂く。

色々と思う所もあるが、実戦の話を。

打ち始めるとわずか23Gでリーチ目降臨となるが、残念ながら投資は2本目であった。

そして、3ヵ月ぶりに射止めたボーナスは何と、“DANSE TIME(以下DT)”付きとなる

『単独異色BIG』

であった。

大分、引きが貯まっていたせいであろうかw

いきなり、引いたボーナス“1/16384”と言う、設定差のない“単独異色BIG”と言う、引き。

この“単独異色BIG”と言うのは“feat.DT”と言う事で“DT”が付いくるのであるが、普段は最低が“DT20G”の所、通常時に引いた“単独異色BIG”“feat.DT”は最低でも“DT40G”以上が選ばれる性質を持つので通常時に引けた方がお得となっている。

そんなお得な“単独異色BIG”を引けたのであるから爪痕ぐらいは残したいと考えていると、“DT”中に“BIG”を引き当て、“DJ ZONE(以下DZ)”42G上乗せさせる事に成功する。

更にはART中に設定差のある“チェリー重複REG”を引き当て、“DT”を上乗せさせると、一撃で715枚獲得する事に成功する。

久々の実戦は投資2本で、“1/16384”“BIG”を引き当て、流れのままに715枚獲得出来たと言う素晴らしい出足であった。

さすがはこの生活を10年続けているだけの事はある。

見せ場を作る辺りは流石であると自画自賛しておこう。

次の一手はと構えていると、これもすぐに訪れる。

89G“スイカ重複BIG”を引き当てると、いきなり“DZ80G”を獲得する。

お断りしておくが、ビタがバッチバチに決った結果ではなく、ビタチャレンジ2連続で外したのであるw

ただただ、上乗せがデカかっただけの結果であった。

これも“DT”付きとなり、リーゼントマンが登場し40G以上を約束されると、わずか5G1枚役Aを引き当てる。

ここで“異色BIG”であれば、高設定示唆となるが、そうでなくとも“BIG”以上が確定しているので引けただけで万々歳。

ここは“黒BIG”であったが、“DZ”29G上乗せし、DTを消化し始めると、ここで何と

裏リーゼントマン

『裏リーゼントマン』

が登場したのであった。

画像は以前の実戦で撮った写真であるが、イメージが沸けば良しとする。

結果的にもう“1BIG”を引き当て、この一撃で936枚を獲得する。

ここまでで既に、どんぶり勘定でも1500枚程のメダルを獲得している。

このまま、蓄えた引きだけで何とかなるのではないか?

そんな甘い考えが頭を過ぎる。

その後は“BIG”を引いては単発と言うような停滞期が訪れ、そんなに甘くはないよな~と打ち進めていると、“REG”を挟んでの“495Gハマり”を食らってしまう。

ほら、始まったと思った矢先で、ここは“DT”には恵まれず。

しかし、“DZ120G”と言う驚異的な引きを見せ、これが何とARTを繋げたまま

『BIG4連チャン』

を炸裂させる事に成功し

『一撃1099枚』

と言う、今日一の引きを見せるのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
123G異色BB投資2本
DT40
2(38G)赤BBDT60G+DZ42G
3(58G)チェリーRBDT20G
489Gスイカ赤BBDT20G+DZ80G
5(5G)1枚A黒BBDT160+DZ29G
6(236G)青BBDT20G+DZ17G
7106G赤BBDT20G+DZ31G
8161G赤BBDT40G+DZ62G
9376G青BBDT20G+DZ59G
10(17G)チェリーRBDT40G
11167G黒BBDZ74G
12113GRB
13495G黒BBDZ120G
14(76G)黒BBDT20G+DZ72G
15(118G)1枚A赤BBDT20GDZ50G
16(23G)赤BBDT40G+DZ79G

総括

--sponsored link--

この時点で軽く見積もっても2500枚以上のメダルを有しており、14:00過ぎであった為、昼休憩を取って久々のランチを楽しんだ。

正直言って、この時点でこの日の勝ちを確信していた。

投資2本2500枚以上のメダルを有し、仮に設定1でもビタ100%時の出玉率は103%の本機である。

負ける要素はない。

更に我輩の背中を押したのはサクラ認定が一人、『ディスクアップ』の島で打ち始めたのも自信になった。

最低でも高設定は使っている事になり、全台系の可能性も出て来たのであった。

復帰戦でまさかの完全なるマウントポジションを取った訳であるが、この後まさかの展開を強いられるのであった。

『後編』に続く…。

本日はこれにて御免!

次回更新日は未定であるがボチボチ更新する予定である。
ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2020/07/04 18:28:47時点 Amazon調べ-詳細)
--sponsored link--
異色BIGDT付き
Twitterで更新情報を受け取るべし!