ディスクアップ設定狙い実戦記!高設定を信じて挑むも噛み合わぬボーナスに苦戦した結果とは!?(後編)

やあやあ、さむらいである。


『ディスクアップ』を打っていて思うのは
“腕”じゃないな、と。


確かに、ビタ押し精度を突き詰めて、成功率を
上げる事で出玉率の底上げする事は可能であるが、
本機で出している人と言うのは、うま〜く、
ボーナスを繋げるセンスの塊の人達だと言う事。


これが、得意とする方は設定なんて関係ないと
強気で攻めれるのであろう。


しかし、我輩はこの 手の機種を不得意とする。


『バジリスク絆』では確定画面の準備中に何度、
無駄とも取れる巻物を引いて来た事か。


『化物語』では解呪の刻の突入ゲームで4回中3回
無駄に稀役を引いたり、『北斗の拳転生の章』では
残り勝舞玉19個あったのに19連敗を喫し、最後の
終了画面で中段チェリーを引いたり。


この二つは本日の話しであるw


兎に角、我輩は噛み合わないのである。


だからこそ、そんな我輩でも勝てるのか?と、
検証しなければならないと、挑戦したのが
今回の実戦である。


と言うわけで本日は

『ディスクアップ』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!

前回までの流れ

--sponsored link--

時は弟月も初めの頃。


現行機でホールからもお客人からも“専業”からも
1番注目を集めている機種と言っても過言ではない
機種と言うのが

『ディスクアップ』

であろう。


我輩も注目しているからこそ、本当に甘いのか?
設定判別は出来るのか?ホールの扱い方は?
食える機種なのか?と、検証しなければなるまい。


そう思いながら高設定狙えそうなタイミングを
狙っていた。


この日は“旧イベント日”と言う事で現在のマイホ
一番設定が見込める日であり、尚且つ、“煽り機種”
にも『ディスクアップ』は含まれている。


11番手で入場した我輩はここしかないと狙ったのは

『ディスクアップ』

本命台であった。


序盤から設定差のある“DANCE TIME(以下DT)”
なしの“異色BIG”2回叩き、“チェリー重複REG”
も確認。


更には高設定示唆となる、“ノーマルBIG”中の

『ビタ成功時の上乗せなし』

を確認する。


ほぼ、高設定であろうと言う所で前半を終え、
中盤戦に突入するのであった。

ディスクアップのスペック

ディスクアップ
©Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2018年6月4日
初期導入台数約2000台
タイプA+ART
同色BIG最大251枚+ART
異色BIG最大251枚+一部ART
REG最大103枚
リーチ目2766通り
天井非搭載
ボーナス確率
設定同色BIG異色BIGBIG合算REG
11/299.31/8192.01/288.71/496.5
21/7281.81/287.41/458.3
51/4681.11/281.31/442.8
61/3120.81/273.1
設定ボーナス合算出玉率出玉率
(完全攻略)
11/182.698.9%103.0%
21/176.6100.3%104.3%
51/172.0103.3%107.2%
61/165.9107.2%110.0%
特定ボーナス確率
設定リーチ目役A+異色BIG異色BIG合算チェリー+REG
11/16384.01/8192.01/5461.3
21/13107.21/7181.81/3276.8
51/6553.61/4681.11/2978.9
61/3855.11/3120.81/2520.6
通常小役確率
設定実質9枚役チェリースイカ
11/12.761/26.81/46.9
21/12.511/24.91/45.3
51/12.051/24.01/42.4
61/11.731/23.11/41.0
ART中小役確率
設定共通9枚役ハズレ確率
11/20.01/11.5
21/19.41/10.9
51/18.31/9.9
61/17.61/9.4
ART中通常リプレイとの比率確率
設定通常リプレイ÷(ハズレ+共通ベル)
12.80
22.68
52.29
62.18
ビタ押し成功時・上乗せなし発生率
(通常時の同色BIG中)
設定発生率発生割合
(同色BIG回数)
11/4156約150回に1回
21/1032約37回に1回
51/517約18回に1回
61/258約9回に1回
通常時異色BIG当選時・DT当選率
設定当選率
150.0%
244.4%
528.6%
619.0%
真・技術介入成功率別出玉率
成功率出玉率
100%103.0%
80.0%101.8%
66.0%100.9%
52.2%100.0%
50%99.9%

【完全攻略の条件】
・ボーナス成立時の次ゲームに1枚掛けでボーナス入賞手順を行う
・チェリー・スイカの取得率100%
・ボーナス中に枚数アップ手順を行う
・同色BIG中の真・技術介入成功率100%
・通常時・ART中にパンク1枚役を取得しない


引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

全飲まれ!?

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

1枚役C

ここまで投資はわずか4本となっており、激しい
連チャンこそないものの、順当にボーナス
積み上げて来た。


何より、“DT”“ノーマルBIG”時の5回中3回と、
順当に突入していたのである。


しかし、中盤になるとこの“DT”に入らない。


通常時の“同色BIG”中の技術介入でゲーム数を
積み上げていく“DJ ZONE(以下DZ)”とは全く、
別のART抽選となり、初当たりの“同色BIG”時の
約1/2か、“異色BIG”時のfeat.DTか、ART中の
ボーナス“DT”突入する。


ART中のボーナスは大抵20Gで稀にそれ以上と
言った感じだが、初当たりの“同色BIG”での
当選時はゲーム数が優遇されている。


この“DT”で稀に反転キャラと言った100G以上
“DT”に突入する事があり、これが大きな波を
引く為の、トリガーとなるのである。


その大事な“DT”が、100G所か、本当に1/2
なのか?と疑いたくなる程入らない。


6連続“DT”なしを食らい、やっとこ7回目
“BIG”時に久々となる“DT”当選。


これが“DT60G”となり、ARTをトータル98G
消化するもボーナスを引く事が出来ずに終わる。


兎に角、やれない我輩はART中にボーナス
引けないのであった。


この日、ここまででART中に引いたボーナス
“REG”1回のみ。


“REG”は通常時に引いてもARTが付かないので
DT20Gと言えど大変、重要である。


ART中の“同色BIG”は全て“ハイパーBIG”となり、
ビタの必要なはく、ジュワン発生時には勝手に
“DZ”分が上乗せされ、終了後はもちろん、
“DT”も付いてくる。


それ以降も通常から“同色BIG”を当てるも3連続
“DT”入らずであったが、“DZ”中にこの日初となる
ART中の“BIG”を引き当てる。


実に12回目“ノーマルBIG”でやっとのART中の
“BIG”連チャンであった。


初連チャンと言え、その後も流れを変える事、
叶わず。


2連続400Gオーバーと言う、中ハマりを食らい、
ボーナスも重い。


398G“REG”370G“REG”と、“BIG”
引けずにキツい中ハマりを重ね、ちょうど18時
回った所で全てのメダルが飲まれるのであった。


序盤こそ、立て続けに“異色BIG”2回引き、
“ビタ成功時の上乗せなし”“チェリー重複REG”
などを引いており、高設定は揺るぎないものと
思っていたが、それ以降、“チェリー重複REG”
1回引けたのみであった。


途中で設定を下げられたのか?と、疑いたくなる
ような展開であるが、引くべき所でボーナス
引けていれば展開ももう少し好転していただろう
と、追加投資をする。


追加7本

『BIG間1154Gハマり』

の所で念願の“BIG”を射止め、ハマりを抜ける
のであった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
1278G青BBDZ49G
13161GRB
14235GスイカバーBBDZ50G
15122G赤BBDZ39G
16317GRB
17139G赤BBDT60G+DZ38G
18384Gスイカ青BBDZ50G
19397GバーBBDZ51G
20167G青BBDZ47G
21(47G)青BBDT20G+DZ53G
2連
22160GチェリーRB
23415G赤BBDT40G+DZ85G
24441G青BBDZ55G
25127G青BBDT40G+DZ54G
26398GRB
27370GRB
28386G赤BBDZ50G
BIG間1154Gハマり
追加7本

後半戦チェケラ!

--sponsored link--

ハマリ後の連チャンを期待するも叶わなかったが、
326Gで引いた“同色BIG”からART中に“BIG”2回
引き当て、一撃792枚と言うこの日一番の波を
引き寄せる。


485Gと、またも中ハマりを食らうも慣れたもの。


ここで“DT”を射止め、キャラクターは60G以上
期待出来る“シンディ”


“シンディ”60G以上なのだが、60Gで爆弾が
20G“アフロ女”が出て来たと思ったらまたも
爆発し、“アフロ女”と、地味にここで
“DT100G”を射止める。


お陰で“1BIG”繋げる事が出来、592枚


その後も336Gで引いた“BIG”を契機に

『BIG3連チャン!』

をカマし、トータル777枚獲得するのであった。


これが、我輩の精一杯であるw

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
29326G赤BBDZ66G
30(17G)バーBBDT20G+DZ52G
31(107G)青BBDT20G+DZ33G
3連
3283G赤BBDZ38G
33(28G)赤BBDT20G+DZ42G
2連
34485G青BBDT100G+DZ45G
35(112G)赤BBDT20G+DZ21G
2連
36264GRB
37336G青BBDT20G+DZ19G
38(37G)赤BBDT20G+DZ38G
39(4G)スイカBBDT20G+DZ40G
3連
40176GRB
4131GバーBBDZ38G
4249GRB
43419GRB
44170G青BBDT20G+DZ53G
89G止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
実戦結果
総回転数8426G
総BIG31回(1/271.8)
総REG13回(1/648.2)
リーチ目役A+異色BIG1回(1/8426)
異色BIG合算2回(1/4213)
チェリー+REG2回(1/4213)
チェリー338個(1/24.93)
スイカ188個(1/44.82)
ART中ハズレ187個/1842G(1/9.85)
ART中共通ベル96個/1842G(1/19.19)
ART中通常リプレイ608個(1/3.03)
ART中ハズレ・共通ベル・通常リプレイ比率608個/(187個+96個)
=2.15
通常BIGビタ押し成功率178/200/回中(89%)
通常BIGビタ成功時上乗せなし1回/672G(1/672)
総収支
総投資13本
総獲得メダル1486枚
総差枚数+836枚
総収支+15,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率103.3%

総括

--sponsored link--

“ビタ押し成功率は89%”と、我輩的には不甲斐ない
結果に。


過去に名乗った“ビタ押しスト”が聞いて飽きれる。


最終的に“異色BIG”は序盤の2回のみで以降は
引けなかったが、“BIG”31回と健闘してくれた
お陰でプラスになったようなもの。


“REG”も弱く、設定差のある“チェリー重複REG”
も最終的に2回のみ。


ようは、中盤以降、設定が変わったかのように
設定差のあるフラグが引けなかったのであった。


では、設定判別の結果、低設定だったのか?と、
問われれば

『否っ!!!』

である。


我輩の設定推測では設定5・6以上だと思っている。


では、その根拠は?となるが、それは
“ART中のハズレ”である。


“1/9.85”だと、設定5位の数値であるが、
それだけではない。


ART中の通常リプレイ共通ベル+ハズレの比率が
“設定6の数値”を上回っていたからである。


何だそれ?と、興味を持たれた門下生(読者様)
向けて、次回はこの“通常リプレイとの比率”
重点的に説明させて頂こうと思う。

本日はこれにて御免!

とは言え、明日の更新はお休みさせて頂く。
ランキングに参加中である!
攻めて成功率90%以上にしろよ!と、応援して
下さる門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

ディスクアップBAR揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--