バジリスク絆設定狙い実戦記!一発当選の連続の次は単発地獄!?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


月末になると思い出すのが、また、月日を重ねたな
と、言う事。


2017年の2月25日に記事を初投稿をしてからと
言うもの、早、1年と半年が過ぎた。


最近では週一でお休みを頂戴しているが、それでも
ほぼ毎日更新で続けて来れたのは門下生(読者様)
の皆様のお陰である。


誰も見てくれない状況であったら、ここまで
続ける事は出来なかっただろう。


まだまだ、始めたばかりであると思っていたが、
今となってはもはや、新人とは言えない状況で
あろう。


これから“スロットブログ”を始める方々の模範と
なれるよう、今後も頑張って行こうと思っている
ので引き続き、応援宜しく、お願い申し上げる。


さて、本日であるが、

『バジリスク絆』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

バジリスク絆設定狙い実戦記!どんだけ詰めが甘いんだよ!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は雁来月も半ば頃。


『ルパン三世 世界解剖』の導入日と言う事も有り
7番手でありながら“煽り機種”である

『バジリスク絆』

本命台に座る事が出来た。


“バジリスクチャンス(以下BC)”赤頭寄り
推移し、“BC確率”は重いながらも3回以内で
“バジリスクタイム(以下BT)”には当選していた。


度重なる“詰めの甘さ”を見せ、勝負所での
“無想一閃”を空かしたり、と苦戦していた。

バジリスク~甲賀忍法帖~絆のスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
©エレコ

機種情報
メーカー エレコ
導入日 2014年1月
初期導入台数 約55,000台
タイプ 純増約2.8枚のAT機
バジリスクチャンス(BC) ベル8回当選で終了
約40枚獲得
ATバジリスクタイム(BT) 追想の刻と争忍の刻
1セット約40G
無双一閃 真瞳術チャンスの突入のCZ
AT中のBC当選の一部で移行
真瞳術チャンス セット数上乗せ特化ゾーン
高確率で赤BARが揃い、ベル8回まで継続
プレミアムバジリスクチャンス ロングフリーズから発生
66%or80%ループ
+祝言モード
ゲーム数天井 BC間500GでBC当選
AT中のゲーム数も加算
BC回数天井 通常時BC間最大11回スルー
11回選択のテーブルn時は
次回BC1回でBT当選
設定推測要素
弦之介BC時
2回目の押し順ベル(残り6回)で撃破…設定456確定
5回目の押し順ベル(残り3回)で撃破…設定6確定!
ボーナス確率
設定 BC
通常時
BC
AT中
プレミアム
BC
AT
『BT』
出玉率
1 1/139.4 1/104.0 1/50400 1/441.3 97.3%
2 1/138.7 1/108.0 1/377.9 98.6%
3 1/137.9 1/104.0 1/403.4 102.0%
4 1/130.6 1/106.0 1/303.9 106.6%
5 1/130.1 1/98.0 1/343.1 112.1%
6 1/118.6 1/100.5 1/245.1 119.2%
BC振分詳細
設定 赤赤赤
赤赤青
青青青
青青赤
1 50% 50%
2 60% 40%
3 40% 60%
4 60% 40%
5 40% 60%
6 60% 40%
弱チェリー確率
設定 確率
1 1/44.4
2 1/43.3
3 1/42.4
4 1/41.4
5 1/40.5
6 1/39.7

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一発当選

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

ここまで投資は23本


次なる“BT”89Gで引いた“異色BC”からの
一発当選


2回“BC”を絡め、797枚


次なる“BT”165Gで引いた謎当たりからの
“赤同色BC”一発当選


ここは“BC”中に巻物と、強チェリーを引き、
瞳術揃いであったのだが、“朧BT”であった。


ここは“朧”効果もあってか、1073枚


次も駿府城からの一発当選274枚


ここで弱チェリー確率を確認すると、3148G
71個“1/44.34”であった。


数値は設定1以下であったが、我輩は弱チェリー
関しては気休め程度にしか捉えておらず、良くても
悪くても、押し引きの判断基準にはしていない。


あくまで、皆様に情報発信をする上で、参考に
して頂く為に数えているもの。


我輩の台の挙動もここまで悪くはなかったが、
唯一、“BC”の初当たりが重いと感じていた。


対する、隣の対抗台もまた、悪くはない。


しかし、その対抗台

『4ベル撃破達成!』

2回確認すると、設定4だろうと捨て台詞を後に
止めてしまうのであった。


その後も我輩は140Gで射止めた“謎異色BC”
一発当選


320Gで射止めた“謎同色BC”巻物を引き、

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

『瞳術揃い』

からの一発当選


44Gで引いた“赤異色BC”巻物からの瞳術揃い
一発当選をし、“朧BT”と、ここまで巻物の力も
あるが、6連続での一発当選であった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
14 89G 赤赤青
BT当選
15 赤赤赤
16 赤赤青
(228G) BT終了 797枚
17 165G 赤赤赤 謎当たり
BT当選
18 青青赤
19 赤赤赤
20 赤赤青
21 青青青
(322G) BT終了 1073枚
22 139G 赤赤青
BT当選
23 青青青
(64G) BT終了 274枚
24 140G 赤赤青 謎当たり
BT当選
(38G) BT終了 148枚
25 320G 青青青 謎当たり
BT当選
(46G) BT終了 156枚
26 44G 赤赤青
BT当選
27 赤赤青
28 青青青
29 赤赤赤
(254G) BT終了 864枚

3ベル撃破達成!?

--sponsored link--

序盤は“詰めの甘さ”を見せていたが、中盤は巻物
引きを借りながらも、一発当選の連打で巻き返しを
図る。


謎当たりも多く、高設定挙動で有り、“BC”
赤頭寄りであったので、この時点で“設定4or6”
はあるのではないか?と、踏んでいた。


しかし、気になるのは自身の台よりも隣の対抗台
であった。


ライバルが止めた直後に引いた“BT”では

『5ベル撃破達成!』

で告知。


先客は“4ベル撃破”2回出たから設定4だろうと
決めつけていたが、偶数寄り“5ベル撃破”が出て
来たとなればまた、話しは変わってくるw


嫌な予感が頭を過ぎっていた。


後任の方は“真瞳術チャンス”から一撃5000枚
獲得し、満足されたのか止めてしまうのだが、
それも、もう少し後の話し。


対する、我輩の台派と言うと、先程ほどの勢いは
ないが、3回以内に“BT”当選を繰り返すも今度は
単発続き。


兎に角、単発か、2連を繰り返し、終いには500G
ゲーム数天井を食らったりと、中盤で築いたメダル
はどんどんと、飲まれていく。


ここでまたも弱チェリーを確認すると5755G
129個“1/44.61”と、相変わらずの数値。


ちょうど、この辺りであろうか。


隣の台に座った3人目の後任者が

『3ベル撃破達成!』

を射止めたのである。


BC確率の初当たりであったり、連チャンしない事
であったりと、どこか“弱さ”を感じていたが、
これが結果である。


2台並べて設定6を使うとは到底、思えないので
我輩の台は

『恐らく設定4』

と言った所であろう。


それでも、我輩は設定4であろうと、止めは
しない。


“フリーズ”や、“真瞳術チャンス”を込みであるが、
106.6%と言う出玉率は丁度、

『アイムの設定6』

の近似値である。


むしろ、せめて“6ベル撃破”を確認し、無駄では
なかったと、証明したいと、最後まで打ち切るので
あったが、最後の最後で

にほんブログ村 スロットブログへ

『5回スルーの6回目』

と言う、ハマりを食らうのであった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
30 100G 赤赤青
31 175G 赤赤赤
BT当選
(36G) BT終了 140枚
32 61G 赤赤青
BT当選
(39G) BT終了 144枚
33 423G 赤赤青
BT当選
(40G) BT終了 127枚
34 90G 赤赤青
35 27G 赤赤青
36 46G 赤赤青 謎当たり
BT当選
(73G) BT終了 233枚
37 100G 青青赤
38 159G 赤赤青
39 90G 赤赤青
BT当選
(36G) BT終了 140枚
40 122G 青青赤
BT当選
(79G) BT終了 278枚
41 94G 青青赤
BT当選
(124G) BT終了 412枚
42 500G 赤赤青
43 80G 青青青 謎当たり
BT当選
44 青青赤
(95G) BT終了 340枚
45 284G 赤赤青 1ベル撃破達成
BT当選
46 赤赤青
(61G) BT終了 261枚
47 175G 赤赤赤
BT当選
(38G) BT終了 145枚
48 228G 青青赤
BT当選
(74G) BT終了 284枚
49 89G 赤赤青
50 110G 赤赤青
51 165G 赤赤青
52 256G 赤赤青
53 65G 青青赤
54 156G 青青赤
BT当選
55 青青青
56 赤赤赤
57 赤赤赤
(206G) BT終了 789枚
58 233G 青青青
BT当選
(43G) BT終了 173枚
59 113G 赤赤赤
0G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

実戦結果
総回転数 8532G
通常回転数 5183G
総AT回転数 2240G
総BC 59回
総BT 22回
真瞳術チャンス 0回
赤赤青 27回
青青赤 13回
赤赤赤 11回
青青青 8回
弱チェリー 197回(1/43.21)
総収支
総投資 23本
総獲得メダル 1709枚
総差枚数 +559枚
総収支 +7,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率 102.2%

総括

--sponsored link--

21:50“BT”後、一発当選を外したのを確認し、
“朧BC”モード判別をして止め。


結果は、“BC”の重さと、単発の多い、連チャン
弱さ、最後のハマりとで辛勝となった。


そして、最後の最後まで“6ベル撃破”を確認する
事は出来なかった。


我輩の推定設定設定4としているが、最終の
弱チェリー確率“1/43.21”と、“設定2の数値”
あった事も見ると、実際は設定2であったと言う
結果でも驚かない内容である。


ともあれ、相変わらず“AT機”設定判別は難しい
上に投資が嵩むので好きになれないさむらい
あった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
そもそも、隣に座らなかった事を反省しろ!と
言う、門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. スタール より:

    どうもスタールです。
    やはり高設定といえどどこかに大きな一撃がないと出玉には期待できませんね。。
    私も先日4?くらいあろうかという、1.1.1.2.1.5.2.6.1という感じ(BTまでのBC回数)の絆をうってきましたが、一撃の最高が700枚、最初の2回のBCひくにあたっては900Gも要する苦戦をしいられマイナスで終わりました笑
    BT中もひけどもひけども追想中で、高確活かせず。。辛かったです笑

    • さむらい より:

      やあやあ、スタール殿、コメント感謝である。

      設定4だと、“BT”までは早いが、連チャンしないイメージ。

      噛み合わないと、幾らでも負けられる機種であるなw

      • スタール より:

        ですね(T^T)
        確定演出がもうすこし多ければ。。
        ところで、質問があるのですが、チャンス目でモードアップしたあと、BCでヒットせずおわると、次はモードまたさがるものなんですか?
        それとも一度あがると当選まで続くんですか??

        • さむらい より:

          やあやあ、スタール殿、返信感謝である。

          チャンス目後、モードアップしていたとしても、“BC”当選して、“BT”非当選であった場合は、テーブルに準じてモード移行されるはずなので“BC”でリセットされると認識しておいた方が良い。

          チャンス目でモードアップしたかどうかはあくまで予想でしかないので“朧BC”で半月が出て、それ以降にチャンス目引いても“BT”スルーと言う状況でないとあまり参考にならんだろうな。

          我輩もこの手の台は専門外なので詳しくは“解析サイト”にお尋ねするのが得策かと思われるw