押忍!番長3設定狙い実戦記!我輩の歴史にまた、1ページ!?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


月日が経つのがちと、早過ぎやしないか?w


つい先日、1年と7カ月を祝ったばかりだと
言うのに本日で当ブログを開設して、
1年と8カ月が経過してしまった。


このままでは2周年と言うのもアッと言う間な
気がするw


それこそ、まだ、駆け出しの新人のつもりで
おったが、いつの間にやら我輩よりも後から始め、
追い抜いているスロットブロガーが大勢いる
のにも驚きである。


もはや、我輩も古参者と言う扱いになるの
だろうか?


とは言え、身体が続く限りは老体に鞭を打ち、
初心を忘れず続けていく所存である。


今後とも応援、宜しく、お願い申し上げる。


さて、本日であるが、

『押忍!番長3』

を攻めた“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

押忍!番長3設定狙い実戦記!序盤でいきなりチャンスチェリーが降臨!?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時はまだ、菊咲月も月末の頃。


回収日と予想される日であった為、唯一、
攻められるのは“煽り機種”のみ。


“当たり台”設定5であれば御の字、そんな
状況の中、選ばれたのは

『押忍!番長3』

であった。


本命と言える候補台を攻めた我輩は序盤から
高設定を匂わす

『チャンスチェリー』

を引き当てる。


引き戻しはないのだが、3回の早い、初当たり分
合わせて

『Total枚数1392枚』

獲得と、合わせての一撃に一応は高設定の期待が
上がるのであった。


早めの初当たりに期待感は高まるも如何せん、
“番長ボーナス”が引けない状況が続くのであった。

押忍!番長3のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©DAITO

機種情報
メーカー 大都技研
導入日 2017年4月
導入台数 約30,000台
タイプ 純増約2.0枚/GのART機
コイン持ち 約41.0G/50枚
天井 ベル最大200個入賞
ARTセット開始画面に
設定示唆有り
【スウィートVer.】
設定6確定!?
ART終了画面に
設定示唆有り
【操&雫】設定6確定!?
【金閣寺】設定5濃厚!?
【操&牡丹】設定4以上!?
【清水寺】設定2以上!?
通常時BB出現率に設定差有り 高設定ほど出現率UP
ART引き戻し当選率 設定6は20.30%で引き戻し!?
ボーナス確率
設定 ART初当たり 対決(通常時) 対決(ART中) 出玉率
1 1/430.1 1/82 1/37 98.2%
2 1/414.0 1/81 1/37 99.4%
3 1/389.3 1/78 1/37 101.6%
4 1/335.6 1/76 1/36 106.7%
5 1/334.0 1/75 1/37 116.0%
6 1/242.3 1/71 1/36 119.3%
設定 通常時番長ボーナス
1 1/7449.2
2
3 1/4966.1
4 1/2529.9
5 1/3270.4
6 1/1812.0
共通ベル確率
設定 共通ベルA 共通ベルB 共通ベルC 共通ベル合成
1 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
2
3
4 1/49.65 1/97.81 1/139.44 1/26.64
5 1/52.85 1/103.37 1/152.41 1/28.44
6 1/45.83 1/91.53 1/123.65 1/24.49
設定 チャンスチェリー
1 1/21845.33
2 1/16384.00
3 1/21845.33
4 1/10922.67
5 1/8192.00
6 1/4096.00
設定 絶頂対決突入率
1 6.25%
2
3
4
5 25.00%
6 6.25%
設定 引き戻し特訓突入率
1 16.41%
2 25.00%
3 16.41%
4 29.30%
5 16.41%
6 39.06%
引き戻し特訓時の対決振分
設定 通常対決 確定対決
1 94.53% 5.47%
2
3 91.41% 8.59%
4 91.02% 8.98%
5 89.84% 10.16%
6 69.92% 30.08%
設定 トータルのART引き戻し率
1 5.70%
2 8.70%
3 6.10%
4 11.00%
5 6.30%
6 20.30%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

超ド級のドハマリ

にほんブログ村 スロットブログへ

毎度、『後編』を綴る際には“前回までの流れ”
して『前編』を搔い摘んでお届けしているのだが、
こんな簡潔に伝えられる内容であるならわざわざ、
2部構成にする必要なくね?と、思ってしまう。


これでも1記事に費やす時間は3~4時間と、
相変わらずの要領の悪さw


1年8カ月続けて来て、成長が見えないのも
如何なものかw


余談はさておき、実戦の話しを綴らせて頂こう。


前述の通り、“チャンスチェリー”を引けた時点で
設定4以上はあるだろうと踏んでいた。


回収日と言う事でこんな日に『番長3』設定6
確認出来た事は皆無の為、良くても設定5と、
そんな状況の中、ART中に“番長ボーナス”
引けないのが歯がゆい。


ここまで初当たりは早かったのでどちらかと言えば
設定4寄りとも取れるが、対決中の小役の引きに
助けられていたのもある。


“絶頂対決”1度でも確認出来れば期待は上がる
のだが、まず、“番長ボーナス”が引けないのだから
話にならない。


そんな中、前半の勢いはどこへやらと言う展開に。


対決カウンターで言うと、“ART中”の分を省き、
初めはベル17個“ノリオ”とのバドミントン対決
に敗北。


次はベルを引けども引けども対決カウンター
割れず、やっとこ割れたのはベル58個で対戦相手
“チャッピー”で絶望の相撲対決に発展し、
対決中にベルを引くも敗北し、特訓もなし。


ここまで、早めの初当たりに浮かれていたが、
ベル32個を超えてしまうのは頂けない。


次はベル17個対決カウンターが割れ、
“サキ”とのバドミントン対決でここも敗北。


序盤の早い当たりは対決中にベルなどの小役が
引けていたからであって、このような展開が普通
なのだろうか?


全く、勝てる気がしない状況が続き、次は
ベル31個“サキ”とのバドミントン対決に敗北。


稀役から特訓にも発展するが、勝てない状況が
続く。


ベル31個“サキ”とのメンコ対決に当たり前の
ように敗北するもざわざわし、特訓へ。


“サキ”とのバドミントン対決に発展し、ここか?
と、思われたが敗北。


全てを諦め、もはや天井でしか当たるまいと意識
するとベル1個で割れ、これが直で特訓に行き、
“サキ”とのバドミントン対決に勝利。


高設定をほぼ、確信した直後、

『1309Gハマり!』

と言う、ドハマリを食らった挙句、単発で抜ける
のであった。

引き戻し!

--sponsored link--

設定6でも良く、“1000Gハマり”なんぞ、ザラに
あると言われているが、本当だろうか?


設定6を確信出来た台の方が少ない為、

『わからん!』

と言うのが正直な所。


設定6はやはり、引き戻しが引けると言う
イメージ。


ここまで初当たり4回引き戻し0回


1回引き戻し云々の前に対決カウンター
勝利してしまったので実質3回中0回


1回引き戻し特訓を確認したのみであった。


“1300Gハマり”単発と言う仕打ちを受け、
絶望に駆られていると、引き戻し特訓に発展し、
“マダラ”との相撲対決に期待は少し上がり、更には
この対決中にベルチェリーを引き当てると言う、
いかさまのような勝利を飾り、この日、初となる
引き戻しを射止める。


少々、無理矢理感は否めないが勝ちは勝ち。


これが2日目で終了し、2撃338枚獲得する。


終了後に再度、引き戻し特訓に発展するも“ノリオ”
とのバドミントン対決『はいはい』、と演出を
キャンセルしたかと思えば逆転勝利し、まさかの
引き戻しを射止めてしまう。


これが、4日目まで続くも600枚で終了。


もちろん、言うまでもなく、ここまで“轟大寺”
すら発展していない。


この後は引き戻し特訓に入らずであった。


こうなると、6回中3回引き戻し特訓に発展し、
2回引き戻しに当選となるので設定6も見える
状況に。


もちろん、これまで“番長ボーナス”は一度も引けて
いないので『設定6じゃねーよ』とツッコまれる
のを承知して言っているw


この時点で共通ベルを確認すると、“1/27.78”まで
下がっていた。

目指せ!番長ボーナス

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

ここまで32回“頂Journey”を消化していて
“番長ボーナス”1回も引けていないと言う状況に
何か、悪戯でもされているのか?と、疑うばかり。


こうなれば、どこで引けるかが楽しみでならない。


あいにく、“チャンスチェリー”を引けているので
さほどの不安はないのである。


538Gで当選し、5日目まで消化し、“轟大寺”には
2回も発展するも当てられず。


引き戻しではなく、対決カウンターで勝利し、
89Gと言う、早めの当たり。


1日目“轟大寺”に発展するも敗北し、3日目
6日目“轟大寺”に行かず。


ここは8日目まで続き、2撃で915枚獲得。


いや、マジで当たらんw


次は709Gと、少々ハマり、1日目“轟大寺”に発展
するも“チャッピー”との相撲対決に敗北を確信し、
演出キャンセル。


すると、これが野面で勝利となり、念願の初となる

『番長ボーナス』

を射止めるのであった。

全飲まれ!

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

その日初となる“番長ボーナス”を射止めるまでに
43回“頂Journey”を要したのは中々の記録
ではなかろうか?w


ちゃんと、写メを残したつもりであったが、
あまり綺麗な画像でなく、申し訳ない。


こんな展開であったので設定6はもちろんの事、
設定4すら疑いたくなる展開であった。


そもそも、設定4なら通常時の“番長ボーナス”位、
引けそうなものである。


ある意味、達成感を感じながら続けていると
当たったのはベル24個で割れた対決の335Gと、
“全飲まれ”ギリギリの所であった。


ギリギリ繋がったと喜びも束の間、準備中に
“全飲まれ”となり、追加投資と言う仕打ちw


貯メダルの再プレイ分であったからまだ、
マシであるが、気分は最悪である。


1日目2日目5日目“轟大寺”に発展し、
せっかくのチャンスモードも活かせず、全敗。


抜けてから128Gと早めに当てるも単発


470G回した所で“全飲まれ”となり、この日の
稼働を終了するのであった。

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ

パチマガスロマガ攻略!
実戦結果
総回転数 6844G
通常回転数 4176G
ART総回転数 2668G
総頂journey回数 53回
総番長ボーナス 1回(1/6844)
共通ベル 77回/2668G-MB198G(1/32.08)
ベル比率 77回/478回(1/7.21)
チャンスチェリー 1回/6844G
通常番長ボーナス 0回/4176G
絶頂突入率 0回/1回中
引き戻し特訓 4回/12回
引き戻し率 2回/12回
対決カウンターモード
1~7回 6回
10回 1回
15~17回 1回
20回 0回
24回 1回
30~32回 2回
39回 2回
44回 0回
45~47回 0回
50回 0回
56回以降 2回
総収支
総投資 5本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲250枚
総収支 ▲5,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率 98.8%

総括

--sponsored link--

時間はまだ20時前であったが、“全飲まれ”した
段階でスロマガ判別ツールを掛けてみると、
思いの外、設定2が強く出た為、止めと判断した。


“チャンスチェリー”が引けててこのツール結果
なので致し方ないだろう。


ってか、“番長ボーナス”引けな過ぎw


もはや、この引きで▲5本で済んだのは勝ちに
等しいか?w


“閉店チェック”時にデータを確認すると、後任者が
通常時から1回“番長ボーナス”を射止めていたが、
グラフは更に右肩下がりになっていた。


設定4の可能性も全然あると思うが、改めて
難しい台であると感じた1戦であった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
今後も応援するぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. 5 より:

    おはようございます☀
    番3難しいですねぇ💨 私は通常番長ボナはあまり当てにしません。ほぼエナのみです笑

    最近得意なはずのアイムで収支を下げ、ファンキーの凹み台のv字回復だけで頑張ってます( ´,_ゝ`)
    ちなみに昨日は久々にアイムで17-24で合算117から打ち始め、33-29で合算同じくらいまで成長させました✊

    • さむらい より:

      やあやあ、5殿、コメント感謝である。

      我輩も通常時の“番長ボーナス”はそこまで当てにしておらず、押し引きには影響していない。

      “REG先行”からの逆転劇は出玉も付くし、気持ちの良い瞬間であるなw

  2. うどん より:

    お疲れ様です。大変でしたね(・∀・;)

    6は頻繁(特にART後)にチャンスを貰えるイメージですよね。
    逆にそれを活かせないと…?

    2連続で4桁ハマりをかました台に6確が出て驚愕したり。
    確かに対決にはよく行ってたよね…みたいな。

    自分もおは天喰らったことありますし(・ω・;)
    その時はART後生まれ変わった様な動きをしてくれたので、助かりましたが(^^;

    あとはART中の対決カウンターで深いところが選ばれたままART抜けちゃうと苦戦しちゃいがち。

    ただやっぱり、なんやかんや低設定と挙動が違い過ぎるので打っていて早い段階で気づきやすいイメージはあります。
    ツールはもう分かってる上での答え合わせな感じ。

    推測ツールに入れられない部分も加味すると、
    やはり単発が少ない。
    弁当(高確移行)、低確チェリーが仕事してくれる印象、
    ですかね。

    • さむらい より:

      やあやあ、うどん殿、コメント感謝である。

      なんと、2連続で天井で“6確”であるかw

      さすがに我輩もぶん投げていると思われるw

      ART抜け後、対決カウンターで深い所を選ばれると厳しいな。