化物語設定狙い実戦記!さむらいが化物語の設定狙いに初挑戦!

やあやあ、さむらいである。


以前にも触れた事があるが、我輩は意外にも
アニメを見る。


意外でも何でもねえよと、言われるやも知れんがw


入りはスロットからで一番最初に見たのは
『エウレカセブン』だった。


その他にも『ブラックラグーン』であったり、
『コードギアス』であったり、『まどかマギカ』
なんかも見ている。


上げたらキリがないのだが、そんな中、面白いだけ
でなく、他のアニメと比べてもと一線を画している
と感じたのが

『物語シリーズ』

である。


そこまで語れる程、数は見ていないのだが、
独特の雰囲気で良く出来ているな~と言った感じ。


『傷物語』などの最新の映画は見ていないが、
近々見たいと思っている。


そんな我輩の推しメン“羽川翼”であるw


さて、そんなわけで珍しくも

『化物語』

を攻めた“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は桐月も半ば頃。


“旧イベント日”と言う事も有り、“煽り機種”
強めであったが、なるべく抽選で一殺されぬよう、
“マイホ”ではなく、系列店の抽選に参加する。


その理由は系列店の方が“煽り機種”が多かったので
抽選が悪くとも何かしらの台には座れるのでは?
と言う予想。


そんな中、我輩が確保したのが

『化物語』

第2候補の台。


遅めの入場であったが、『化物語』の出目が
前日のままであった為、誰も座らなかったのか
空いていたのであった。


まずは“ガックン”せねば話しにならんと1回転
回すと、これでもかと言う位に“ガックン”した為、
この台と心中する事に。


解析結果を見ても設定判別出来る気がしないが、
いざ、実戦開始である!

化物語のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ

©Sammy

機種情報
メーカーSammy
導入日2013年10月
タイプ純増約+2.7枚/GのAT機
コイン持ち約31G/50枚
天井999Gで倖時間+倍倍チャンス
赤7ボーナス確定画面【忍】で設定5・6確定!?
ボーナス確率
設定AT初当たり出玉率
11/215.597.4%
21/207.598.6%
31/199.4100.8%
41/191.9103.5%
51/181.1107.1%
61/155.4112.4%

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

天井狙いはしても『化物語』設定狙いなど、
これまでにした事はない。


隣で別の機種を打ちながら『化物語』設定6
挙動を見ていた事はある程度。


その時はこれでもかと言う位にCZ(チャンスゾーン)
である“解呪ノ儀”に入っていた。


中々、当てられずと言った引き弱な展開でも
出玉が増えていたのでそのイメージがあれば
設定6はわかるのか?といった感じ。


一応は“稀役”に設定差があると言う事なので
カウントをする。


弱チェリーからの直撃や、スイカからの
“解呪ノ儀”の当選率などを見るようであるが、
確認出来たら突っ張れば良いのだろうか?


高設定が確定する演出は“赤BIG”当選時の
確定画面

『忍が出たら設定5・6』

と言う事であるが、それのみ。


きっと、高設定であれば良く当たり、“解呪ノ儀”
にも良く入ると言うものだろう。


とりあえず、リセットスタートと言う事で一応は
期待値がある所。


設定変更後は50%以上で高確以上、12.5%
超高確率で50GまではHIGHが確定する。


出来ればここで“解呪ノ儀”に入れてさっさと
当てたい所であったが、打ち始めて投資2本
強チャンス目と強チェリーを引き、見事
“解呪ノ儀”に当選。


ここは“緑”まで上がるも非当選。


だが、この“解呪ノ儀”解呪連となり、次回は
“赤”まで上がったので当たったかと思ったが、
ここもスルー。


そう、我輩は『化物語』とは相性が悪かったw


天井狙いで幾度となく対峙しているが、勝てる気が
しない機種の一つ。


3回目にも当選するも当てられず、早くも
今日の負けを覚悟するw


解呪連が続いていたのか、新たに当選したのか
微妙な間隔で再度、当選し、ここも当てられず、
結局、当てられたのが6回目“解呪ノ儀”
スイカを引いた次ゲームで“レインボー”になり、
当選。


ここまで投資は11本であった。


“倍倍チャンス”に当選するも振るわず『+35枚』


初当たりは“201枚”と振るわず、引き戻しもなし。


“リセットの恩恵”もあるが、いきなり解呪連をし、
あわよくば2連続解呪連であった可能性も考えると
良台挙動と言える。


“解呪ノ儀”の前兆であったのか、強チャンス目
直撃を射止め、ここは“倍倍チャンス”2回
射止めるも振るわず“383枚”


次も強チェリーから直撃となり、ここは
“完走150枚”


そしてここから再度、“解呪ノ儀”には突入するも
当てられないゾーンに突入し、序盤で得たメダル
“全飲まれ”


追加投資2本7回目“解呪ノ儀”でやっとこ
当選させるのであった。


“倍倍チャンス”2回と終了後3G以内の稀役
引き戻す“解呪ノ儀”に突入する事もなく、
306G“全飲まれ”


今度は追加投資5本で当選するもここも
“完走150枚”


ここからは大きい当たりはないが、早めの当選を
積み重ね、何とか繋げていたが、9回目“倖時間”
後、196G回した所でまたも“全飲まれ”するので
あった。


以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
(56G)解呪ノ儀
(92G)解呪ノ儀
(138G)解呪ノ儀
(221G)解呪ノ儀
(248G)解呪ノ儀
(287G)解呪ノ儀
1307G倖時間投資11本
(30G)倍倍チャンス35枚
(72G)倖時間終了201枚
212G倖時間直撃
(60G)倍倍チャンス91枚
(104G)倍倍チャンス56枚
(141G)倖時間終了383枚
332G倖時間直撃
(76G)倖時間終了157枚
(64G)解呪ノ儀
(164G)解呪ノ儀
(236G)解呪ノ儀
(334G)解呪ノ儀
(388G)解呪ノ儀
(463G)解呪ノ儀
4482G倖時間追加2本
(7G)倍倍チャンス60枚
(73G)倍倍チャンス48枚
(133G)倖時間終了340枚
53G倖時間引き戻し
(66G)倖時間終了154枚
(421G)解呪ノ儀
6440G倖時間追加5本
(54G)倖時間終了157枚
(80G)解呪ノ儀
794G倖時間
(44G)倍倍チャンス70枚
(84G)倍倍チャンス161枚
(170G)倖時間終了413枚
(11G)解呪ノ儀
(113G)解呪ノ儀
(217G)解呪ノ儀
8236G倖時間
(10G)倍倍チャンス28枚
(25G)倍倍チャンス120枚
(62G)倍倍チャンス40枚
(145G)倖時間終了432枚
(106G)解呪ノ儀
(133G)解呪ノ儀
9234G倖時間
(14G)倍倍チャンス30枚
(70G)倖時間終了203枚
(9G)解呪ノ儀
(157G)解呪ノ儀

後半戦

--sponsored link--

普段、天井狙いをしている感覚と比べたら圧倒的に
“解呪ノ儀”には突入出来ているが圧倒的に
弱過ぎて当てられない状況であった。


“赤7”も引けなければ高設定示唆もあった
もんじゃない。


ここまで投資は19本まで膨らみ、もはや勝てる
ビジョンは浮かばないが、追加投資


当たったのは追加投資15本入れた

『634Gハマり』

であったが、ここも“完走150枚”


再度、“全飲まれ”からの追加投資1本で当て
“完走150枚”


ここからは早めの

『初当たり4連チャン』

を見せるが、“4連続完走150枚”ではどうしようも
ない。


これまで本命台よりも我輩の台の方がどちらかと
言えば引けている印象であったが、ここに来て
本命台が伸び出してきたのである。


投資は我輩と同じ位入っていたが、“赤7”中の
確定画面高設定寄り


時間は夕刻を迎えようかと言う頃に“全飲まれ”


悩んだ挙句、最後の追加投資と気合を入れる。


追加投資6本で何とか射止め、得た“283枚”
メダルを飲ませて撤収するのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
(417G)解呪ノ儀
(615G)解呪ノ儀
10634G倖時間追加15本
(56G)倖時間終了154枚
(104G)解呪ノ儀
11118G倖時間追加1本
(64G)倖時間終了154枚
1252G倖時間直撃
(61G)倖時間終了158枚
133G倖時間引き戻し
(47G)倖時間終了157枚
(52G)解呪ノ儀
1471G倖時間
(46G)倖時間終了157枚
(169G)解呪ノ儀
(252G)解呪ノ儀
(432G)解呪ノ儀
15439G倖時間追加6本
(17G)倍倍チャンス98枚
(92G)倖時間終了283枚
220G止め全飲まれ

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
実戦結果
総回転数4670G
倖時間回数15回(1/311.1)
倍倍チャンス12回
チェリー59回(1/79.15)
スイカ53回(1/88.11)
総収支
総投資41本
総獲得メダル0枚
総差枚数0枚
総収支▲41,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率85.3%

総括

--sponsored link--

終わってみれば総投資41本の大敗であった。


初めて『化物語』設定狙いをした感想としては

『無理ゲー!』

と、言わざるを得ない。


自身の引きが弱いせいもあるがw


中間設定を織り交ぜたら高設定を見抜く事は
難しいのではないか?と言うのが感想である。


設定6が確実に入ると言った状況であれば
攻められるが、それでも厳しいと感じた機種で
であった。


翌日、我輩の台の出目はそのままで本命台だけが
変わっていた所を見ると我輩の台は中間設定
怪しい所となった。


どこで引くのが正解なのか正直、わからずに
いたが、ここで止めたのには一つの作戦があった。


“旧イベント”時には恒例となりつつある、
後告知狙いである。


少しでも取り戻そうと、“マイホ”へ移動するので
あった。


『夕方から打ってみた!』に続く。

ミラクルジャグラー実戦記!夕方から打ってみた!普段は攻めていなかった本機を攻めた理由とは?

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『物語シリーズ』は最高傑作だぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

確定役羽川翼
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--