さむらい物語 第15話 ~さむらい初のパチプロ宣言~

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


まだ、テスト段階ではあるが

『LINE@』

のアカウントを作ってみた。


更新情報などをタイムラインで更新しつつ、
門下生(読者様)と直接トークでコメントを
貰うなどの試みを考えての登録だったわけだが
『格安スマホだと年齢認証が出来ない』
らしい。


その為、考えていた門下生(読者様)との交流も
しばらく、お預けとなってしまったが
今しばらく、お待ち頂きたいと思う。

前回までのあらすじ

--sponsored link--

『さむらい物語』とは我輩の『過去の記憶や足跡』
『パチスロの歴史』を重ねて振り返り、見ていこう、
と言う趣旨の『物語』である。


一部、年齢などの部分は妄想が含まれている事を
お断りしておくw


『パチスロ』にハマり、
『パチスロ』で生きていく決心をしていた
さむらいは見事『受験』前日にも関わらず、
『ぱちんこ』を打っている始末。
そんな生半可な気持ちで当時の『受験戦争』
勝ちぬく事など出来るはずもない。


大好きな『桜』が舞う卒業式を迎えても
進路は決まっていなかった我輩が親に初めて進言したのは

『このまま進学せずにパチプロになるわ』

であったw

パチプロになる!

--sponsored link--

自業自得であったが、受験に失敗し、
正直、凹んでいた。


だがしかし、

『パチスロで生きていく』

決心をしている我輩である。


そもそも、勉強は好きではないし、
『パチプロ』に進学する意味もない。


そんなおり、我輩は両親に初めて心中を口にする。

『俺、パチプロになる!』

ビックリ猫

『で、あるか。。。』

そんな我輩の決意表明は軽く流された。


言い方は悪いが
『お金を出せば誰でも入れる』
私立校を受験する事となった。


姉の上二人が私立に進学しており、
我輩だけは公立と思っていたのだが
我輩の生半可な行動の結果、
親に無駄な学費を負担させる事となる。


後に、これが進級出来るいか否かの
瀬戸際に立たされるとも知らずに。

パチスロ史に名を刻む名機の登場

ニューパルサー

我輩のほろ苦い門出とは裏腹に歴史に名を刻むパチスロ機が登場する。


それは

『ニューパルサー』

である。


『ニューパルサー』は山佐が代表する『名機』である。


大量リーチ目タイプのノーマルAタイプである。


山佐の初となる4号機であったが後に
爆発的なヒットを記録する事となる。


当時のパチスロ機の総設置台数60万台に対し、
20万台の設置台数を誇っていた、と記憶している。


3号機の『裏物』が主流となっていた時代から
規制され、4号機へシフトしていく中、
確実に低迷していったパチスロ業界を盛り上げたのが
『ニューパルサー』
であった。

ニューパルサーのスペック

バーバーカエル

設定 BIG REG 出玉率
1 1/303.41 1/606.82 93.3%
2 1/282.48 1/564.97 96.2%
3 1/264.26 1/528.52 99.1%
4 1/248.24 1/496.48 101.9%
5 1/240.94 1/442.81 104.2%
6 1/240.94 1/364.09 107.0%

情報参考引用元ウィキペディア

ボーナス確率や、出玉率などを見ても
今のAタイプと呼ばれるノーマルタイプと
遜色ない数字である事がおわかりだろう。


現在のノーマルタイプもこの当時のベースが元に
作られているのであろう。

設定1以外はwww

設定1エゲツない出玉率である。


しかし、これもメーカー発表値である為、
実際の出玉率はもっと上がるのである。


なぜなら当時の4号機には正攻法な攻略法があったのだから。


それは『小役目押し』『リプレイハズシ』である。


この続きはまた、明日の記事で綴るとしよう。


第16話へ続く。。。>>さむらい物語 第16話 ~さむらい初のリプレイハズシ~

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
門下生(読者様)さむらいの応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280