マイジャグラー2実戦記!さむらいが考える止めるか否かの明確な判断基準とは?(後編)

やあやあ、さむらいである。


『前編』からお読み下さっている門下生(読者様)
はご存知だろうが、この度、

『実戦データを簡略化』

させて頂いた。


最近では時間や、ボーナスの突入契機なども
“実戦データ”に細かく、記載していたのだが、
見栄えも悪い上に手間も掛かっていた。


この度からボーナス突入契機が無表記のもの
“単独ボーナス”と言う事に。


そして、備考欄の“連チャン表記”簡素化
させて頂いた。


色々と詰め込んだせいでごちゃごちゃしていたのが
見易くなったのではなかろうか?


今回の門下生の方からのご助言による変更で、
我輩の負担はかなり、軽減させる事が出来た。


誠に感謝である。


これからも門下生の皆様のご意見や、ご助言を
取り入れ、より良いブログを築いていければと
考えている。


また何か、お気付きの点が有ったら、コメント
下されば幸いである。


さて、本日であるが、アウェーとなる系列店

『マイジャグラー2』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

マイジャグラー2実戦記!ボーナスはすこぶる良いが、肝心のぶどうは激悪!アウェーの系列店に参戦してみた!(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は蘭月も初めの頃。


“マイホの煽り機種”である、

『バジリスク絆』

を蹴り、アウェーである系列店の抽選に参加した
我輩の狙いは“煽り機種”の一つである

『マイジャグラー2』

であり、それは設置台数が少ないが、故の
判断であった。


いくら過疎店だからと言って、“マイホ”で抽選を
受けてから行っても取れるはずもない。


その為、アドリブで抽選から参加した我輩の
引いた番号は『1番』であり、その我輩が選んだ
のは“島、一番の凹み台”であった。


序盤こそ、追加投資を強いられる展開であったが、
上手く、連チャンを重ね、島一番の伸びを見せる。


“ぶどう300個”の時点で“BB11RB9”、合算“1/103”
であったのだが、貯まったのが2050Gぶどう
“1/6.83”と言う、驚愕の数値であったw


果たして、この台はどちらに転ぶのか?

マイジャグラー2のスペック

マイジャグラー2パネル©北電子

ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/287.441/431.161/172.46
21/282.481/364.091/159.07
31/273.071/341.331/151.70
41/264.261/292.571/138.85
51/252.061/277.691/132.13
61/240.941/240.941/120.47
出玉率
設定チェリー狙いフル攻略
196.57%97.30%
299.01%99.67%
3101.16%101.82%
4104.32%104.99%
5107.14%107.65%
6111.58%112.31%
単独ボーナス確率
設定BIGREG
11/402.061/668.73
21/397.191/528.52
31/383.251/496.48
41/372.361/409.60
51/352.341/390.10
61/334.371/334.37
チェリー重複確率
設定角チェリー+BIG角チェリー+REG
11/1456.361/1213.63
21/1394.381/1170.29
31/1337.471/1092.27
41/1260.301/1024.00
51/1213.631/963.76
61/1170.291/862.32
設定中段チェリー+BIG
1~6各1/6553.6
小役確率
設定ぶどうチェリーリプレイ中段チェリーピエロベル
11/6.351/36.031/7.30各1/6553.601/1024.001/1024.00
21/6.301/35.95
31/6.251/34.69
41/6.231/33.51
51/6.181/33.40
61/6.071/33.23
単独チェリー確率
設定確率
11/38.10
2
31/36.82
41/35.62
5
6

*中段チェリーは別フラグ
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

一樹百穫中盤実戦値
ぶどう個数時間ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
400個13:402586G1/6.471/5.36BB13RB101/112
500個14:303215G1/6.431/6.29BB14RB141/115
600個15:233812G1/6.351/5.97BB15RB161/123
700個16:184471G1/6.391/6.59BB18RB191/121

ここまで総投資は9本で、日を跨いでしまったが、
実の所、連チャン中

『ジャグ連4連チャン!』

と繋がっており、この時の合算は“1/98”と言う、
状況に我輩の台が“当たり台”であろうと、周りは
どんどん、止めていく。


待ってくれ、ぶどう“1/6.8”なんだが?w


そんな我輩の思いは届かず、島に一人残される。


ぶどうが激悪とは言え、こんなボーナス合算で
止められるはずもなく、続けるのであるが、
本当に“当たり台”とあらば、ここから
ぶどうは上がって来るはずである。


そう信じて打ち続けるのであった。


ここからは“ぶどう100個置”きの『一樹百穫』
報告させて頂く。


さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


ぶどうさえ上がってくれればと言う、気持ちが
伝わったのか、わずか536G“ぶどう400個”
貯め、2587Gで迎える。


“1/6.83”であったぶどうは一気に上がったが、
それでも“1/6.47”と、設定1の確率を大幅に
下回る数値。


設定6になるにはまだまだ、足りない。


節目となる“ぶどう500個”3215Gで貯めたが、
ボーナスは“BB14RB14”、合算“1/115”と言う、
設定6を上回る数値であった。


しかし、肝心要のぶどうは未だに“1/6.43”と、
設定1の数値をも下回っていた。


一体、ボーナスとぶどうのどちらを信じれば
良いのか?


答えは簡単な話し。


続けていれば自ずと、

『設定通りの結果』

が見えて来よう。


“ぶどう600個”3812Gで迎え、ぶどう“1/6.35”
と、やっとこ設定1の数値にまで追い付く。


ボーナスは“REG”中心の

『ジャグ連4連チャン』

をさせ、415Gと言う中ハマりから

『ジャグ連5連チャン!』

と、健闘しており、“ぶどう700個”4471G
迎えた時には“BB18RB19”、合算“1/121”
あったが、肝心のぶどうは一時、“1/6.35”にまで
上がったものの、再度失速し、“1/6.39”まで
下げてしまうのであった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
2140GBB4連
2213:29403G先光りRB
232G先光りBB2連
2413:56330GRB
2558GチェリーRB2連
2614:23291GチェリーRB
2739GRB
2818G先光りRB
2988GBB4連
3015:17415G先光りRB
3161GRB
3257GBB
3325GRB
3439G先光りBB5連
3516:00376G飛び込みRB
3616:14192GチェリーBB
373G飛び込みRB2連

止めるか否かの判断基準

--sponsored link--

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数時間ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
800個17:155167G1/6.461/6.96BB20RB191/132
900個18:085770G1/6.411/6.03BB21RB191/144

ボーナス合算“1/121”とあらば、止められるはずも
なく、ぶどうが悪かろうが、選択肢は“続行”のみ。


その“続行”と言う、選択肢はどこまで続けるのか?


我輩が基準としているのは『マイジャグ系』
設定4の合算“1/139”である事から

『合算1/140を下回るまで』

と言うのを一つの“判断基準”にしている。


これは『マイジャグ系』に限らず、『アイム系』
でもおおよそは同じ。


基本的にボーナスが1:1であった場合、損益分岐点
がおおよそ、“ボーナス合算1/150”位であると
考えている。


これが設定1ぶどう確率であったらマイナス域
となり、設定3でチャラ、設定6ぶどう確率
わずかにプラス域で下皿プレイと言った感覚。


それぞれの『ジャグラーシリーズ』で合算も
ぶどう確率も異なるのでおよそのチャラライン
“合算1/150”と言う事。


なので多少、ぶどうが悪くても“合算1/140”程度で
あれば辛うじてプラス域となるはず。


ここでマイナス域になってしまうようなぶどう確率
であったらそんな台は迷わず止めて良いw


このように、我輩は明確な

『止めるか否かの判断基準』

を構築している。


これは我輩の経験から培ったものであるので激しく
薦めるものではなく、“各々の基準”を設ける
参考程度にし、止めるか否かを“判断基準”を決める
のが良いだろう。


人に寄っては我輩は追い過ぎであると思う方も
おられれば、そこで止めちゃうのかよ?と言う方も
おられるはず。


問題はご本人が“納得出来る止め時か否か”、が
重要であると、我輩は考えるのである。


今回の実戦では終盤までボーナスは引けていたが、
終始ぶどう確率は悪く、我慢して続けていたが、
我輩の“判断基準”である“ボーナス合算1/140”
上回った為、止める決断を下したのであった。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
3816:34197GBB
3917:09445GBB
4017:35343G先光りBB
18:08327G止め

実戦結果

判別ツール結果
パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦結果
総回転数5770G
総BIG21回(1/274.8)
総REG19回(1/303.7)
チェリー重複BIG1回(1/5770)
チェリー重複REG2回(1/2885)
中段チェリーBIG1回(1/5770)
単独19回(1/303.7)
単独REG17回(1/339.4)
ぶどう900個(1/6.41)
単独チェリー160個(1/36.06)
ピエロ0個
ベル3個(1/1923.3)
総収支
総投資9本
総獲得メダル625枚
総差枚数+175枚
総収支+3,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率101%

総括

--sponsored link--

我輩の止めた後のその台の結果であるが、6500G
“BB23RB22”、合算“1/144”であった。


その後はあまり回される事もなく、現状維持と
言った所であったが、仮にこれが2,000枚出されて
いたとしても我輩は全く、動じない。


それは自身の“止めるか否かの判断基準”に沿って
止めた台であるからである。


仮にその“判断基準”が明確であったら、いくら
後任者にオカマを掘られようが、痛くも痒くもない
はずなのである。


“判断基準”がブレると、止めてしまった事に
後悔が生まれたり、続けた事で負債が増え、
凹んだりしてしまうのである。


ノーマルAタイプにおける“止め時”と言うのは
正解があるようで実際はない。


“高設定確定演出”があるような機種とは異なり、
『ジャグラー』などの設定推測は推測を超えるもの
ではない為である。


今回の実戦は我輩の一例である為、あくまで
ご自身の“判断基準”を決める上での参考にして
頂けたら幸いである。


結果、アドリブを利かせてアウェーの系列店
攻めた我輩の判断は失敗であったw

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『止め時はパチスロの最重要項目だぜ!』と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

チャンス
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--