スーパーミラクルジャグラー実戦記!夕方から打ってみた!設定6をも見える台を譲って頂き、攻めた結果とは?

やあやあ、さむらいである。


今回で第2弾となる新シリーズ

『夕方から打ってみた!』

のお時間である。


以前であれば“夕方からの設定狙い”など、リスクが
高いと拒んできたが、その当時と比べても明らかに
状況は変わっている。


今は生き残れるか、どうかと言った厳しい状況。


夕方からでも設定を狙っていく姿勢を見せねば
生き残るのは難しいだろう。


ちょこちょこ、門下生(読者様)の方からさむらい
なら『夕方からどうするか?』と言ったご質問を
受ける事もあったのでそれならばと、企画したのが

『夕方から打ってみた!』

と言う、新シリーズ。


実の所、今回の台を打っていた時に思い付いた
新企画であった。


さて、本日はそんな新企画を思い立つに至った

『スーパーミラクルジャグラー』

を夕方から攻めた“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は秋初月も初めの頃。


月初めの新台入替日のこの日の“煽り機種”には

『モンスターハンター月下雷鳴』

と、もう1機種

『スーパーミラクルジャグラー』

であった。


我輩は『モンスターハンター月下雷鳴』を攻め、
初当たりこそ投資1本であったが、“700Gハマり”
2回食らった事もあり、高設定と言うには厳しい
展開を強いられた為、撤収。


幸い、投資は16本で済み、650枚ほどのメダルを
得ての撤収であった為、軽傷で済んだのであった。


昼休憩を挟んでから挑んだのは

『北斗の拳修羅の篇羅刹』

設定狙い


“煽り機種”でもないこの日に打つのは無謀では
あったが、なぜだか、設定変更挙動を確認して
いた為、攻めてみたのである。


3時間ほど打って、低設定のまぐれ吹きを炸裂させ
投資150枚1300枚近いメダルを獲得。


一応はプラス域になった事で夕方と言う事も有り、
この日は撤収するつもりでいた。


撤収前に店を巡回し、もう一方の

『スーパーミラクルジャグラー』

の島を覗くと2台程、“当たり台”と思わしき反応を
見せており、攻めるべきはこちらであったかと、
反省。


一方の“当たり台”と思わしき台を遊技中の
“兼業”の方にお声を掛ける。


すると、反応はいま一つの渋い表情。


とは言え、十分、高設定挙動と思われる展開で
あったが、ご本人は納得されていない様子。


もう一方の台が設定6ではないか?と言う、
お話しであった。


確かにもう一方の方がボーナス合算も良かったので
その可能性もあるが、こちらの台も弱めとは言え、
設定6でも十分有り得そうな反応であったのだが、
夕方に止めると言うではないか。


夜は仕事だからと言う話しであったが、普段は
同様の状況でも代打ちを用意する方であったが、
この日は止めると言うのでそれならばと、打たせて
貰う事に。


と言う訳で、

『夕方から打ってみた!』

と言う状況になったのであった。

スーパーミラクルジャグラースペック

スーパーミラクルジャグラー

©北電子

機種情報
メーカー北電子
導入日2017年6月19日
導入台数約25,000台
タイプノーマルAタイプ
BIG純増312枚
REG純増104枚
天井非搭載
ボーナス確率
設定BIGREG合算出玉率
11/282.481/468.111/176.1796.0%
21/273.071/431.161/167.1897.8%
31/268.591/372.361/156.0499.5%
41/256.001/341.331/146.29102.0%
51/251.101/304.821/137.68104.5%
61/230.761/332.671/136.25108.1%
小役確率
設定ぶどう角チェリー中段チェリーリプレイピエロベル
11/6.361/35.161/3633.681/7.301/1029.721/1035.79
21/6.35
31/6.33
41/6.38
51/6.25
61/6.02

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2018年7月21日現在
引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

6344G“BB24RB24”のボーナス合算“1/132”
ぶどう1056個“1/6.01”と言う状況で交代した。


確かに、展開的には対抗台が強く反応しており、
設定5が強いかな?と言う状況ではあったが、
“代打ち”を呼んでも時給分ぐらいは十分、払っても
お釣りが出る展開であると我輩は思い、打ち続ける
事を薦めたのであるが、雰囲気が悪いから止める
と言うので、譲って貰ったのであった。


打ち始めの時間は18:50と言う事で閉店まで丁度、
4時間


“閉店チェック”もあるので4時間フルにとは
いかないが、果たして。


『北斗の拳修羅の篇羅刹』で得たメダルを移動して
きての実戦であったので“換金ギャップ”はさほど、
気にしなくて良い状況ではあった。


初当たりは早く、わずか11G“BIG”を射止める。


まだ、前任者の方がメダルを流している時で
あったのでなんか、気が引けてしまった。


その後も早い当たりではなかったが、順調に
当たっており、“ぶどう50個”317Gで貯める。


“1/6.34”と、決して良い数値ではなかったが
ここはまだ、序盤。


そんな事を思いながら打ち続けていると、
“ぶどう100個”600Gで貯め、ボーナスは
“BB2RB3”で合算“1/120”であった。

一樹百穫

--sponsored link--

一樹百穫実戦値
ぶどう個数時間ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個19:42600G1/6.001/6.00BB2RB31/120
200個20:331170G1/5.851/5.70BB6RB51/106
300個21:321837G1/6.121/6.67BB9RB81/108
407個22:282427G1/5.961/5.51BB15RB81/106

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


正直な所、今回の実戦は『夕方から打ってみた』
わけではあるが、譲って貰ったような台。


しかし、普段でも6400G“BB24RB24”の台を
見つけてラッキーと、打ち出す事もあるだろう。


前任者のぶどうの数値も参考にはするが、あくまで
頭の片隅に留める程度。


我輩は自分で打った結果しか当てにしていない為、
“数値を引き継ぐ”ような事はしない。


そう言った所では夕方から攻める皆様と状況は
さほど、変わらないと思っている。


順調に見える展開であったが、開始から丁度、
1時間が経った頃、698G回した所で“全飲まれ”


この時、698G“BB2RB3”、合算“1/140”
ぶどう114個“1/6.12”であった。


止める理由は見つからず、我輩は迷いなく、
追加投資


すると、追加投資2本“BIG”を射止める。


この時、“必要以上にガコガコ鳴る告知”から

『ジャグ連4連チャン!』

をカマし、昇り調子に。


一瞬、止められずにあれ?と言う違和感から急に
超高速回転を始め、“BIG”


ここで1170G“ぶどう200個”を溜め、ボーナスは
“BB6RB5”、合算も“1/106”に。


もはや、安定した挙動に設定5所か、設定6でも
おかしくない状況に。


上部パネルの流星ランプが停止毎に赤く燃え上がる
演出を

『ジャグ連4連チャン!』

中に拝見し、ボーナスの勢いはそのまま。


“ぶどう300個”1837Gと、“1/6.0”を超える所で
迎えるが全く、気にならず。


“ぶどう400個”2368Gで迎えた所でそろそろ、
“閉店チェック”に行かねばと思っていると、
なけなしの“BIG”を引き、時間ギリギリで
“閉店チェック”に向かうのであった。


以下は“実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
118:5511GBB投資1本
219:07142G飛び込みRB
319:19161GBB
419:35188GRB
559GRB2連
619:53169G先光りBB追加2本
ガコガコ
713G先光りチェリーBB
811GチェリーBB
989GチェリーRB4連
1020:24236GチェリーRB
1166G先光りBB2連
超高速
1220:50221GBB
1345G飛び込みRB
1416G飛び込みBB流星フラッシュ?
152GRB4連
1621:16214GBB
1788G先光りチェリーRB2連
1821:39211G飛び込みBB
1923GチェリーBB
2018G先光りBB3連
2122:02175GBB
2262G単独チェリーBB2連
2322:26207GBB
22:280G止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ

実戦結果
総回転数2427G
総BIG15回(1/161.8)
総REG8回(1/303.4)
チェリー重複&単独チェリーBIG4回(1/606.8)
チェリー重複REG3回(1/809)
単独&単独チェリーBIG11回(1/220.6)
単独REG5回(1/485.4)
ぶどう407個(1/5.96)
単独チェリー62個(1/39.15)
ピエロ3個(1/809)
ベル1個(1/2427)
総収支
総投資3本
総獲得メダル2,450枚
総差枚数+2,300枚
総収支+40,500ポイント(5.6枚交換)
出玉率131.6%

総括

--sponsored link--

終わってみれば文句なく、設定6の数値であり、
結果は+2,300枚の快勝であった。


前任者の方にはお礼と結果報告をしたのであった。


もちろん、設定6を疑う余地はないのだが、
島の状況的にもう一方が設定6でこちらは
設定5であったのではないか?と予想する。


台数が少ないので2台“当たり台”を入れている
だけでもかなり、状況は良いが、設定62台使う
とは思えず、圧倒的に強い、対抗台が本物の設定6
ではないか?と言う、横の比較での判断である。


夕方からでもこのような展開は十分に狙える所で
あるが、仮に設定6であったとして、稼げる
期待値は時間700Gで計算しても、4時間
680枚である。


時給換算すれば3,400円となるので、数字だけで
見れば十分であるが、あくまで設定6であった場合
の話しである。


実際は6400G“BB24RB24”の台を打っても
低設定を打たされるリスクもあるのだから時給
3,400円最高額と言う事になる。


やはり、夕方から攻めるのは大きなリスクを伴う
のでどれだけ、無駄な台を打たないか、が重要で
あると言えよう。


夕方からしか打てない方のご意見を伺っていると、
収支がブレてしまうのはやはり、ボーダーライン
下げてしまっている事が原因であると、我輩は
考える。


『打ちたい!』を優先させてしまっていると言う
結果であろう。


ご自身で打ち始めるボーダーラインをしっかりと
決め、それを上回る台以外は打たないとするのが
重要である。


結果が出ていない、そう言う方は、どこかで
打ち初めのラインを妥協していないだろうか?


今一度、負けてしまった時は妥協していないか、
反省してみるのも良いだろう。

本日はこれにて御免!

明日は記事更新はお休みさせて頂く。
ランキングに参加中である!
夕方から打ってみた!好きだぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

ベコタン
Twitterで更新情報を受け取るべし!
広告