ファンキージャグラー実戦記!これはない!わかっていながらぶどうが良いだけで続けた結果は?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


来月10月から“5.9号機”に移る“パチスロ業界”
節目を迎えるわけだが、実は“ブログ”も来月10月
“ある節目”を迎えると言う。


多くの“ブログ”でも取り上げられており、ご存知の
門下生(読者様)の方もおられるかも知れないが
今後は

『常時SSL化』

せねばならぬと言う“大きな問題”を抱えておる。


『”常時SSL化”とは何ぞや?』

多くの門下生(読者様)の方がそう、お思いに
なったであろう。


“我輩も”であるw


簡単に説明すると訪問下さる門下生(読者様)
方々が安心して訪問出来るよう、

『サイトのセキュリティを上げなさい』

と言う“Google先生からのお達し”である。


それも、10月までに行わないと
“保護されていないと、表示する”、と言う
“お達し”があったのだ。


“パソコンスキルもない、無知な我輩”が何か、
良かれと思ってやれば度々、“トラブルが発生”
しており、何もしないのが一番であると、学んだ
のであるが、さすがに今回は重い腰を上げねば
なるまい。


その際は“1日がかり?2日がかり?”どうなる事か
わからぬが、稼働もお休みし、“終日ブログに尽力”
せねばやりきれないであろう。


その際は告知させて頂くのでご理解頂けたら
幸いである。


さて、本日は“高設定”はないであろうとわかって
いながらも“ぶどう”が良い内はと粘った“実戦記”
『後編』である。


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから
ファンキージャグラー実戦記!これはない!わかっていながらぶどうが良いだけで続けた結果は?(前編)

前編までの流れ

--sponsored link--

時は埼玉県勢が夏の甲子園初制覇で沸く頃。


お盆明け、初の“新台入替”に我輩が選んだ機種は

『ファンキージャグラー』

“第2候補”


幸か不幸かぶっちぎりで収穫出来る“ぶどう”
信じ、粘るしかないのであるが、メダルは増えど、
“REG”が弱い。


2265G“ぶどう400個”を迎え、“1/5.66”と驚異的
“ぶどう確率”に対し、“BB11RB3”“REG”
“1/755”とかなり、重い。


果たして、“この不安”を拭うことが出来るので
あろうか?

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G

参考元天井狙い実践記様

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2017年9月5日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

一樹百穫中盤実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
500個 2914G 1/5.83 1/6.49 BB18RB4 1/132
600個 3529G 1/5.88 1/6.15 BB23RB5 1/126
700個 4179G 1/5.97 1/6.50 BB28RB8 1/116

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!

“ぶどう400個”までは“1/5.66”と驚異的な数値。


しかし、“設定6”と言えどこのまま、この数値で
終日動く事は難しく、収束に走るのが当たり前。


落ちるのはわかってはいるが問題はこの台が
“高設定か否か”であり、“高設定”を願って続ける
のであるが、“REG”が明らかに弱い。


中盤戦


“ぶどう400個~700個”の間。

じわじわと“ぶどう確率”は下がっていくもまだ
“1/6.0”を切る確率。


“ボーナス合算”を見れば“1/116”と、“高設定”
それであるのだが、“ボーナス比率”“低設定”
思わせるそれw


果たして、この『ファンキージャグラー』の設定は
いくつなのであろうか?

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
15 22G BB 2連
16 39G BB 3連
17 115G BB
18 16G BB 2連
19 41G BB 3連
20 61G RB 4連
21 113G BB
22 247G BB
23 10G BB 2連
24 89G RB 3連
25 64G BB 4連
26 65G BB 5連
27 206G BB
28 38G BB 2連
29 267G RB
30 6G BB 2連
31 108G RB
32 86G BB 2連
33 177G RB
34 35G BB 2連
35 10G BB 3連
36 49G BB 4連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--
一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
800個 4890G 1/6.11 1/7.11 BB32RB8 1/122
900個 5525G 1/6.14 1/6.35 BB37RB10 1/118
1000個 6217G 1/6.22 1/6.92 BB42RB11 1/117
1100個 6980G 1/6.35 1/7.63 BB44RB13 1/122

やはりと言うかなんと言うか、“BIG”は引けども
“REG”は引けず。


“低設定”であろうとは思ってはいるがそれでも
まだ“ぶどう”が良い。


“ぶどう”を信じて打ち抜くスタイルがさむらい流


結果はわかっていても“ぶどう”が落ちるまでは
閉店まででも回してやろうと躍起になるw


そして、図ったかのように“ぶどう”が落ちていく。


しかし、反比例して引ける“BIG”


何と、“ぶどう1000個”を数える頃には
“BIG40回”オーバーw

『これ、6だわ~』

と言う台でも中々ない、ペースで引けていた。


しかし、この“REG確率”から察するに
“低設定域の”BIG”の引き強”であろう事は
ここまで回せば明らかであろう。


あとは“ぶどう”が下がれば止められると言う
ものである。


そう、思っていたら序盤の“ぶどう”の勢いが嘘の
ように悪くなり、一気に“ぶどう確率”が下がって
いく。


これぞ、“低設定”の成せる業であろうw


時は“20:20”


“ぶどう1100個”を境に身を引く事にしたので
あった。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
37 182G BB
38 362G BB
39 56G BB 2連
40 69G BB 3連
41 185G BB
42 1G BB 2連
ジャンバリ
43 168G RB
44 206G BB
45 52G BB 2連
46 59G BB 3連
47 5G RB 4連
48 95G BB 5連
49 11G RB 6連
50 33G BB 7連
51 303G BB
52 3G BB 2連
53 49G BB 3連
54 289G RB
55 327G BB
56 25G RB 2連
57 72G BB 3連
58 308G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村へ
ファンキーデータパチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦結果
総回転数 6980G
総BIG 44回(1/158.6)
総REG 13回(1/536.9)
ぶどう 1100個(1/6.35)
単独チェリー 204個(1/34.22)
ピエロ 2個(1/3490)
ベル 6個(1/1163.3)
総収支
総投資 2本
総獲得メダル 5494枚
総差枚数 5394枚
総収支 96,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 125.8%

総括

--sponsored link--

閉店まで回してどうなったか“ブログのネタ”にする
には絶好ではあったが、“低設定”と分かって打つ事
『スロプロ』を志す身として、それだけは妥協、
出来なかった。


“高設定”が望める状況であったなら打ち続けても
良かったが、序盤から“本命台が高設定挙動”
あった為、我輩の台は“低設定のBIGの引き強”
あり、“ぶどう”もその内、その“設定相応”になるで
あろうと思っていた。


“低設定”であろうとわかってはいてもやはり、
“ぶどう”が良い内は止めてはいけない。


仮に“本命台”が反応していたとしてもである。


自身が判別しているのは自身の台だけであり、
他人が回している台ではない。


あくまで自分が回している台だけでのデータで
“押し引きをすべき”である。


仮に、“本命台”が序盤に“高設定挙動”で自身の
台が“中途半端な反応”


“本命台”であろうと、自身が回しているわけでも
ないのに他人の引きで止めてしまい、結果“本命台”
は失速し、自分が打っていた台が“当たり台”
あったと言う話しはザラにある。


状況に応じて“臨機応変”なのがベストであるが、
“設定判別”は自身の台だけで判断するように
しよう。


でなければ“ブレてしまう”からである。


あくまで、

『REGが引けないから止めた』

であればもっと早くに止めている。


ましてや、“本命台”が反応していれば尚更である。


しかし、我輩は

『ぶどうが良い台を9000G回す』

と言うのが“さむらい流”である以上、“ぶどう”
落ちるまでは回して正解であったと考えている。


結果だけ見れば“5000枚オーバー”の快勝である!


しかし、“低設定台を”7000G”回した結果”
いつしか収束するものであり、この“逆の展開”
その内、来るのを忘れてはならない。


だからこそ、“閉店まで回さず、身を引いた”
のである。


この立ち回りが門下生(読者様)の皆様にとって
参考になるかはわからぬが、

『ぶどうが良いから攻め、ぶどうが悪くなったから止める』

と言う、“一貫して行っている行動”だと言うのは
知っておいてほしい所である。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
“低設定”でも“BIG”が引けるのが『ファンキー』
だぜ!と言う、門下生(読者様)さむらい
“▼応援クリック▼”すべし!

--sponsored link--
広告336×280
アクセスランキング