【ファンキージャグラー】実戦記!ぶどうはすぐには収束しない!?何処まで追うのが正解なのか?(前編)

やあやあ、さむらいである。

兼ねてより、始める始めると言いながら長らく準備中としていた

『らぁ麺ブログ』

をとうとう、開設したのである!

稼働をしながらブログを更新すると言う事がどれだけ大変かと言う話しなのであるが、我輩の平均睡眠時間は3時間程である。

『もっと寝てないよ』と言う方もおられるだろうが、そう言う話しをしたいのではなく、意外と忙しない生活をしていると言う話しである。

そんな中での作業なので中々、進められていなかったのだが、とうとう開設出来たのであった。

何かを始めるには良い日とされる1月22日にどうしても開設したかったので、徹夜をしての作業であった。

まだ、記事を一つ投稿しただけであり、まだまだメンテナンスをしなければならないのであるが、やっと始めたと言う事が嬉しいのである。

我輩が食べて感動したらぁ麺を紹介すると言うだけのものなので、趣味の延長みたいなものであるが、1人でも多くの方にも感動した逸杯に出会えて貰えたら嬉しい限りである。

更新はまったり進めていくつもりであるが

『さむらい流らぁ麺道』

も宜しくお願い申し上げる。

『さむらい流らぁ麺道』はこちらから

さむらい流らぁ麺道

さむらい流スロプロ道を運営するさむらいが大好きならぁ麺を語るブログである。…

さて、本日であるが

『ファンキージャグラー』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は年積月も半ば頃。

この日はマイホで一番設定が見込める“旧イベント日”であった。

この日の“煽り機種”にはAT機などもあったが、ノーマルAタイプを主軸に立ち回る我輩にはあまり、興味のない話し。

有難い事に“ジャグラーコーナー”にも“煽り機種”があり、それが

『ファンキージャグラー』

であった。

とは言え、台数が限られており、座るには早い番号を引かねばならない。

そんな中、我輩が引いたのは一桁台

どの位の人数が『ファンキージャグラー』に流れるかわからんが、それなりの候補台には座れるであろう状況に。

いざ、開店時間となり入場が始まると、我輩が島に到着した時に先客は3人であった。

有難い事に我輩の本命台が空いていた為、間髪入れずに押さえる。

すぐさま、『ファンキージャグラー』の島は埋まっていくのであった。

“旧イベント日”“煽り機種”本命台を攻める事になったが、果たして。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日2016年7月4日
導入台数約20,000台
メーカー北電子
タイプノーマル
コイン保ち約35G
設定BIGREG合算出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%
設定ぶどう確率
11/6.37
21/6.37
31/6.32
41/6.27
51/6.21
61/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2020年1月23日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

ファンキージャグラー777演出

一通り、“開店チェック”を終えて打ち始める。

打ち方はいつもの如く、『つばめがえし』で遊技する。

“さむらい流奥義”『つばめがえし』とは?

『つばめがえし』とは?

やあやあ、鼻をかみすぎて鼻が真っ赤になっているさむらいである。皆様は、花粉症は大丈夫であろうか?さて、連日さむらい流奥儀を伝授しているがいよいよ、大詰めである。本日は最終形とも言える『究極奥儀』[…]

つばめがえし

何度も言っているが、『ファンキー』はリール制御が特殊なので『つばめがえし』が抜群に面白い。

いつもなら早めの初当たりとなるのだが、これは高設定と思わしき台を終日粘って、それを“実戦記”として投稿しているから当たりも早い傾向にある。

ダメ台を掴まされたら当たりが重いのは想像出来るだろう。

そう言った台は記事にならないだけなのだが、この日はしばらく遊技していても一向に当たらない。

当たりよりも先に“ぶどう50個”を貯めてしまうのだが、304Gで貯めてしまう。

当たらないが、ぶどう“1/6.08”と良好であった為、本命台だし、問題はないと思っていた。

そう思いながら打ち進めると、投資14本476Gで初ペカり、待望の“初BIG”を射止めるのであった。

連チャンはなしかと諦めた所であったが、103G“BIG”を引き戻すと、43G“REG”連チャンさせ、ここで“ぶどう100個”を貯めるのであるが、それが何と632Gであった。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--

ファンキージャグラー単独チェリー重複

一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個632G1/6.321/6.32BB2RB11/211
200個1398G1/6.991/7.66BB4RB51/155
300個2008G1/6.691/6.10BB6RB71/154
400個2617G1/6.541/6.09BB8RB101/145
500個3262G1/6.521/6.45BB11RB111/148
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。昨日まで更新してきた『さむらい物語』での"設定判別"の記事であるが、『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』と言う声にお応えして、久方ぶりの『極意』を伝授したいと[…]

一樹百穫

“ぶどう50個”の時は良い感じで引けていたのに“ぶどう100個”を貯めたのは632Gとあって、“1/6.32”と言う、微妙な数値に。

2連で終わったと思われたジャグ連であったが、123G“BIG”を引き戻すと、ここから

『ジャグ連4連チャン』

へと発展させる。

しかし、当たったのは“REG3連発”とあって、出玉は増えずであった。

ともあれ、設定推測をする上で“REG”が引けているのは良い傾向であるので問題なし。

次の“BIG”325Gで引き当てると、“REG”連チャンで引き、やっとここで“ぶどう200個”を貯めるのであるが、それが何と1398Gを回した所であった。

何とも中々、貯まらないと思っていたが、“ぶどう100個”を貯めるのに766Gも要してしまったのである。

ぶどう確率はほぼ、“1/7.0”と言う事で今にも止めたい場面であるのだが、我輩は止めず。

止めるか否かは日にも寄るのだが、この日は設定が一番見込める“旧イベント日”であり、マイホでは誰よりもデータを取り続けている我輩が本命台とした台なのである。

最低でも“ぶどう500個”を貯めるまでは無条件で粘るつもりでいた。

ぶどうを数える理由は設定推測をする為であるのだが、1日単位では確率通りに収束するとも限らない。

設定6で有っても設定1以下の数値で終わる事もあれば、逆に低設定で有っても、1日単位位なら設定6の数値を上回って推移する事もあるのだ。

だったら、数える意味がないと言う声も聞こえるが、そんな事はない。

長い目で見て、確率は収束するのであるならぶどうが良い台を粘り続けていたら、生涯引けるボーナス合算設定6の数値に近付くはずである。

また、そんな理不尽は展開ばかりでもないので十分、参考になるのである。

それでも、ある程度参考になる数値として我輩が基準にしているのが、“ぶどう500個”なのだ。

終日勝負と考えるとおよそ、1/3日分となるので、これまでの展開があと2回で閉店を迎えるのかと言うイメージも出来る。

あいにく、ボーナス“BB4RB5”と言う事で、ボーナスが引けているとは言える程でもないが、何とか持ちメダルで繋がっている状況もあるので、ぶどうが上がってくれる事を信じて続行する。

大きな連チャンが起こる事もなく、持ちメダルが飲まれるか否かの一進一退を繰り返す。

“ぶどう300個”を貯めたのが2008Gとなり、ぶどう確率“1/6.69”と、回復傾向に。

ここでボーナス“BB6RB7”となり、合算は“1/154”に。

一気にぶどうが下がる事は有っても、“1/7.0”から“1/6.0”に一気に上がると言う事は中々、難しい。

今回の件であれば、400G“ぶどう100個”を貯めなくてはならないのだが、ほぼ不可能である。

ぶどうが上がっていくのもじっくり、徐々に上がっていくしかなく、どうにか先程のような一気に下がるような展開にはならないでくれと、願っていた。

さすがに我輩でも心が折れてしまうだろう。

せめて、最低でも現状維持位であれば耐えられるか。

何とか首の皮一枚で繋がっていたような展開であったが、ここに来て2連3連と、ジャグ連し始めるとここで、“ぶどう400個”2617Gで貯める。

ボーナス“BB8RB10”となり、合算は“1/145”にまで上がる。

若干ではあるが、“REG先行”の展開であり悪くなく、ぶどう“1/6.54”まで上がってくれた。

どうかこのまま上がり続けてくれれば良いのであるが、当初の目標である最低“ぶどう500個”までもう間もなくであり、そこまでに見れる数値になりそうもなく、まだまだ試行が必要である気がしていた。

ここで連チャンは止まり、ハマりもしないが連チャンもしない停滞期に突入していた。

こうして、“ぶどう500個”3262Gで貯めるのであるが、ぶどう確率はほぼ、現状維持となる“1/6.52”であった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
110:47476GBB投資14本
210:56103GBB
343GチェリーRB2連
411:10123GBB
538G飛び込みRB
680G飛び込みRB
7100GチェリーRB4連チャン
811:55325G飛び込みBB
946G飛び込みRB2連
1012:10133G飛び込みRB
1110G飛び込みRB2連
1212:20111GBB
1312:46324G先光りチェリーBB
1413:15289G単独チェリーBB
1579G飛び込みRB2連
1613:18194G先光りRB
1751GチェリーBB
183G飛び込みRB3連
1913:59204G単独チェリーBB
2014:10113G先光りBB
2114:30268G先光りRB
2214:39119G飛び込みBB

総括

--sponsored link--

“ぶどう500個”を貯めた3262Gの時点でボーナス“BB11RB11”となり、合算は“1/148”であった。

ぶどう“1/6.52”と言う数値であった為、正直止めても良い内容である。

ここの結果だけ見ると悪い数値なのであるが、『一樹百穫』の結果で見ると、“ぶどう200個”の時は事故的なものであり、それ以降は比較的安定して推移してくれていたのは大きい。

これがただ、数えているだけなら注目する事もないが、『一樹百穫』“100個置き”の推移を見る事でブレ幅を見る事が出来るのである。

参考にならぬ話しであるが、我輩が続けている理由はただ、本命台だからと言う理由のみであった。

せめて、持ちメダルである内はと続けていくのであるが、この後更なる試練が訪れようとはこの時はまだ知らなかったのであった。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。昨日は0:00に記事が上げられておらず、申し訳ない。予約投稿はしていたのであるが、失敗していた。原因はわからぬのであるが、気付いたのが1:00頃であったのですぐさま投稿し直した次第。今回は早めに気付[…]

ファンキー

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『さむらい流らぁ麺道待ってたぜ!』と言う門下生(読者様)さむらいの▼応援クリック▼すべし!

created by Rinker
ガイドワークス
¥3,035(2020/02/17 00:39:31時点 Amazon調べ-詳細)
ファンキー
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--