ファンキージャグラー実戦記!旧イベント日ともなればファンキーにも高設定が入るでしょ!?(前編)

やあやあ、さむらいである。

“活字を読むと極度の睡魔に襲われる病”を発症してしまう我輩にとって本を一冊読むのも一苦労である。

現在は自宅のトイレが唯一、読める場所であり、そのタイミングと言うのも半日以上ホールに居る我輩にとっては、ごく、一部の時間であり、一向に進まないと言うのが、悩みの種。

そんな中でもやっと、休日を使って一冊の本を読む事が出来た。

しかし、どうしたら買溜った本を読めるのか?と、考えた時に一つの方法を思いついた。

それは稼働の合間に読むと言う、外出先で読む方法である。

例えば、空いた時間に店の休憩スペースで読書をし、頃合いを見て巡回すれば、打ちたい台も空いているかも?と言った、相乗効果も期待出来る。

その為、ブックカバーを買おうと、思い立ったので、先日買いに行ったのであったが、気に入ったものが見つからず。

相変わらず、形から入る所は治っていないが、これが“さむらいスタイル”であるw

さて、本日であるが、

『ファンキージャグラー』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は吹喜月も半ばの頃。

この日は“旧イベント日”と言う事でマイホで一番、設定の見込める日。

抽選の結果、10番台後半と言う、可もなく不可もなくと言う、入場番号。

“煽り機種”である、メインコーナーを攻めれる可能性もあるが、その中でも狙いとなる候補台には座りたい。

しかし、そこが空いているかどうかは時の運と言う事もあり、悩んだ挙句、我輩が選択したのは慣れ親しんだ

『ジャグラーコーナー』

であった。

そんな中、メインに狙うのはやはり、『マイジャグ系』である。

入場し、寄り道する事なく、『マイジャグコーナー』に走るも、悪い番号ではなかったのに我輩の本命台が押さえられている状況であった。

そんな中、我輩が最初に押さえたのは一般の方が本命台を押さえていた

『マイジャグラー3』

対抗台であった。

理由は、サクラ認定の輩がいる島では高設定が見込めないと考えたからである。

既に、『マイジャグ2』『マイジャグ4』もサクラ認定が押さえている状況であったのだ。

正直、『マイジャグ3』も期待出来ないかと、思っていた。

一通りの“開店チェック”を終えて、遊技台に戻ると、サクラ認定の一人が押さえていた

『ファンキージャグラー』

が、いつの間に開放されているではないか。

打たずに開放した理由はわからぬが、もっと、割の良い台を押さえられたからと考えたら納得もいく。

『マイジャグ3』を触ってからでも遅くはないかとも思ったが、何より、

『ファンキーが打ちたいw』

と言う理由で『マイジャグ3』を触る事無く開放し、『ファンキー』へと移動するのであった。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日2016年7月4日
導入台数約20,000台
メーカー北電子
タイプノーマル
コイン保ち約35G
設定BIGREG合算出玉率
11/275.41/452.01/171.197.0%
21/271.91/407.11/163.098.2%
31/267.51/372.41/155.799.8%
41/260.11/336.11/146.6102.0%
51/253.01/302.01/137.7104.3%
61/232.41/275.41/126.0109.0%
設定ぶどう確率
11/6.37
21/6.37
31/6.32
41/6.27
51/6.21
61/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2019年5月1日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

にほんブログ村 スロットブログへ

紆余曲折有りながらも『ファンキー』を選択した事に仮に負けたとしても後悔はない。

なぜなら、『ファンキー』は我輩の

『ジャグラーランキング1位』

の機種なのだからw

現在、ホールで現存する、『ジャグラーシリーズ』の中で一番好きだと言う事である。

今回、選んだのはこれ位の事がないと、中々攻められる状況ではない事と、“旧イベント日”と言う事で『ファンキー』にも高設定が使われてもおかしくないと言う理由から。

そして、設定上げ狙いとしても申し分ない履歴の候補台であった事も背中を押した要因でもある。

まさに、他人任せな機種選定であるが、マイホの現状では最善の策であると考えている。

でなければ、とうに他の店に流れているだろう。

そんな理由で対峙した『ファンキー』であったが、初当たりは投資4本122G“BIG”と、申し分ないスタートであった。

158Gで再度、“BIG”を射止めた直後の289G“ぶどう50個”を貯める。

体感でも良いとは思っていたが、ぶどう確率“1/5.78”と、走っていた。

そのまま、“REG”2連を挟み、連チャンが抜けたと思った118Gで再度、“REG”を引いた後の549G“ぶどう100個”を貯め、開幕イケイケモードでスタートを飾るのであった。

一樹百穫前半戦

--sponsored link--

一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
100個549G1/5.491/5.49BB2RB31/110
200個1095G1/5.481/5.48BB5RB31/137
300個1711G1/5.701/6.16BB8RB51/132
400個2335G1/5.841/6.24BB9RB111/117
500個2900G1/5.801/5.65BB13RB141/107

『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。昨日まで更新してきた『さむらい物語』での"設定判別"の記事であるが、『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』と言う声にお応えして、久方ぶりの『極意』を伝授したいと[…]

一樹百穫

最初の“ぶどう100個”549Gで貯め、ボーナス“BB2RB3”となり、合算は“1/110”と言う、好スタートで始まった実戦であるが、打ち方は『ファンキー』と言えば『つばめがえし』と言う事で飽きるまでは『つばめがえし』w

“さむらい流奥義”『つばめがえし』とは?

『つばめがえし』とは?

やあやあ、鼻をかみすぎて鼻が真っ赤になっているさむらいである。皆様は、花粉症は大丈夫であろうか?さて、連日さむらい流奥儀を伝授しているがいよいよ、大詰めである。本日は最終形とも言える『究極奥儀』[…]

つばめがえし

“BIG”3回引いた所の1095G“ぶどう200個”を貯める。

最初は“BIG”2連となったが、3回目298Gと、“BIG”1回分以上を飲ませての引き戻しと言った所であった。

ぶどう確率こそ、“1/5.48”をキープしてくれたが、ボーナス“BB5RB3”となり、合算は“1/137”に失速。

しかし、ぶどうは走っているので問題ないとぶん回す。

だが、ここで

『ストレート537Gハマり』

を食らい、当たったのは“REG”であった。

やはり、ぶどうだけでは安心出来ぬか、と思った矢先に

『ジャグ連6連チャン!』

を炸裂させ、“ぶどう300個”1711Gで貯め、ぶどう“1/5.70”に。

ボーナス“BB8RB5”と盛り返し、合算は“1/132”まで回復する。

ぶどう確率が安定している事が何よりなのだが。

ここまで“BIG”寄りで推移してきたが、251Gで射止めた“REG”から1G連チャン

『ジャンバリか?』

と期待するも、“REG”を射止めると、51Gで引き戻した“REG”から再度、1G連チャンのチャンス到来となるが、ここも“REG”と言う仕打ちであったが、12G“BIG”へと繋げ、かなり、早いペースで

『ジャグ連5連チャン!』

を炸裂させるのであった。

ここで“ぶどう400個”2335Gで貯め、ぶどう“1/5.84”となり、ボーナス“BB9RB11”、合算は“1/117”に。

こうなれば、高設定を確信し、失速すると言う、お約束のパターンを想像するが、ここも260Gで射止めた“REG”から

『ジャグ連6連チャン!』

を炸裂させ、更に“ジャグ連2連チャン”をカマした所で“ぶどう500個”2900Gで貯めるのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数時間ゲーム数ボーナス備考
110:34122GBB投資4本
210:36158G先光りチェリーBB
340GRB
495GチェリーRB3連
510:57118G先光りRB
611:12140G先光り単独チェリーBB
72GBB2連
811:38298G先光りチェリーBB
912:21537G飛び込みRB
105G飛び込みRB
1162GBB
1271G先光りBB
1335GBB
1437GチェリーRB6連チャン
1513:04251GチェリーRB
161G先光りRB
1751GチェリーRB
181GRB
1912GBB5連チャン
2013:32260G先光りチェリーRB
2185GチェリーRB
2225G飛び込みRB
2392GBB
241GチェリーBB
2536GBB6連チャン
2614:13215G飛び込みRB
2731GチェリーBB2連

総括

--sponsored link--

ここまで投資は初期投資の4本で繋がっており、申し分ない展開であった。

節目となる“ぶどう500個”の時点でぶどう確率“1/5.80”をマークし、ボーナス“BB13RB14”で、合算は“1/107”とあっては、

『こぜ6じゃね?』

と言っても過言ではない。

やはり、最初にサクラ認定が開放した台とあって、本物である可能性も高いと、後半も気合で回すが、果たして。

『後編』に続く…。

後編記事

やあやあ、さむらいである。毎月この日を迎えると言っているが、本日6月25日で『ブログ開設2年と4カ月』を達成した。これまでにも色々とあったが、今は最大のピンチを迎えていると言っても過言ではない。"専業"としての戦[…]

下段BAR揃い

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『ネットが普及しても本は大事!』と同調される門下生(読者様)さむらいの▼応援クリック▼すべし!

777
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--