ファンキージャグラー実戦記!以前とは違うマイホの状況下で止めるか否か!?止め時は変わるのか?

やあやあ、さむらいである。

“ディスクアップの実戦記”を立て続けに投稿していたらドンドンと、ランキングが下がっている。

特に狙いがあってのものでもなく、時系列に沿ってそのまま投稿した結果であるのだが。

やはり、『ジャグラー』を売りにして来た我輩のブログにおいて、ART機と言うのは劣勢なのであろうか?

もしくは、言っても機種の人気とは反して“ディスクアップの実戦記”は需要がないのだろうか?

確かに『ディスクアップ』を打つ者として思うのは、ストイックに台と対峙し、自己満足を得るゲーム性である事。

となれば、“ディスクアッパー”にとって、他人がどうであれ興味がないと言う事でこのような結果となっている可能性も考えられる。

かと言って、“ディスクアップの実戦記”を外してしまってはネタがもたないので関係なく、綴っていく事になるのだが。

とは言え、連投とはならぬよう、“ジャグラーネタ”を織り交ぜようと、本日は

『ファンキージャグラー』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は木芽月も半ば頃。

この週は“ジャグラーシリーズ”の増台と言う事で早い番号を引きたい所であったが、初日は土俵にも上がれず終い。

迎えた2日目は抽選結果は19番と、微妙な結果ではあったのだが、

『ファンキージャグラー』

の増台分には座る事が出来た。

狙いは増台された『マイジャグ系』であったのだが、致し方なし。

過去データが1日分しかない為、候補台も絞り切れず。

となれば、前日の当たり回数の少ない台を選択する。

心配なのは初日増台された『マイジャグ系』がお祭り状態であった事。

それに反して、『ファンキージャグラー』はどこが“当たり台”であったかも微妙なデータであった。

そんな状況下で果たして、『ファンキー』高設定が投入されるのか?

そんな不安を抱える中、打ち出すのであった。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2019年3月16日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

実戦開始!

前日の状況からあまり、期待していないと言うのが正直な所であったが、打ち始めると最初の投資1本51Gも回る快挙に少しだけ、期待を膨らませる。

いつもの如く、『ファンキー』『つばめがえし』でしょ!と言う事で右リールに『ぶなば』を狙う。

“さむらい流奥義”『つばめがえし』とは?

『つばめがえし』とは?

やあやあ、鼻をかみすぎて鼻が真っ赤になっている さむらいである。 皆様は、花粉症は大丈夫であろうか? さて、連日さむらい流奥儀を伝授しているが いよいよ、大詰めである。 本日は最終形とも言える 『究極奥儀』 を伝授させて頂こう。[…]

つばめがえし

初当たりは投資7本217G“REG”

すると、6G4Gと、早いゲーム数で続けざまに“REG”連チャンさせる。

更には“ぶどう50個”を貯めたのが295Gと、“1/6.0”を切るペースで引けていた。

“REG先行”ぶどうも良好と言う事で期待は更に高まっていた。

あとは順当に“BIG”をと思っていたが、123Gペカッたのも“REG”

次いで、130Gペカるもこれまた“REG”

出た出た、この“初BIG”が中々引けないパターンであるか。

健闘虚しくも“ぶどう100個”を迎えるギリギリ手前で持ちメダルが尽き、追加投資

追加投資をしてすぐの620G“ぶどう100個”を迎えるのであったが、未だに“初BIG”が引けてていなかった。

一樹五十穫前半戦

一樹五十穫実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 50個毎の確率 BR BR合算確率
50個 295G 1/5.90 1/5.90 BB0RB3 1/98
100個 620G 1/6.20 1/6.50 BB0RB5 1/124
150個 851G 1/5.67 1/4.62 BB1RB6 1/122
200個 1138G 1/5.69 1/5.74 BB2RB7 1/126
『一樹百穫』とは?

やあやあ、さむらいである。 昨日まで更新してきた『さむらい物語』での "設定判別"の記事であるが、 『4号機の設定判別は良いから5号機の設定判別教えろよ!』 と言う声にお応えして、久方ぶりの 『極意』 を伝授したいと[…]

一樹百穫

まず、“初BIG”を引かぬ事には始まらない。

追加3本ペカるもこれまた、“REG”であったのだが、持ちメダルの68Gペカり、これが念願の“初BIG”となる。

実に“初BIG”を引くまで

『BIG間812Gハマり』

であった。

ここまで総投資は貯メダル再プレイの上限500枚となる、10本で済んだのは“REG”6回も引けていたからであり、大助かりである。

“初BIG”を迎えた直後の851G“ぶどう150個”を迎え、ぶどう“1/5.67”まで上昇する。

ここ最近のぶどうの数え方であるが、推奨してきた“ぶどう100個置き”と言うのは変わらないのだが、早めに見切る事も考え、序盤は“ぶどう50個置き”にも記録を取っている。

どうしても続けたくなるような高水準でぶどうが推移している時と言うのは“50個置き”であろうと、“100個置き”であろうと、安定して良いと言うパターンが多い。

そうなれば“50個置き”に数えていてもあまり、効果は薄いので“50個置き”を止め、通常通りの“100個置き”に記録を取るやり方に切り替えるといった取り方。

実際に“実戦記”としてお届けする場合は高設定と思わしき台のデータをお届けしている事がほとんどなので大抵が“ぶどう100個置き”と言う形でお届けしているのである。

今回も序盤は“50個置き”で取得していたが、1138G“ぶどう200個”を迎えた時、“100個置き”で問題ないと判断し、切り替えるのであった。

以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数 時間 ゲーム数 ボーナス 備考
1 10:27 217G RB 投資7本
2 6G RB
3 4G チェリーRB 3連
4 10:39 123G RB
5 10:49 130G RB
6 11:09 264G 飛び込みRB 追加3本
7 68G BB BIG間812Gハマり
8 59G 飛び込みRB 3連
9 11:40 266G チェリーBB

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
300個 1827G 1/6.09 1/6.89 BB6RB10 1/114
400個 2580G 1/6.45 1/7.53 BB8RB11 1/136
500個 3184G 1/6.37 1/6.04 BB9RB14 1/138
593個 3828G 1/6.46 1/6.92 BB9RB15 1/160

その後のボーナスは大きなハマりもなく、順当に引けていたのだが、“100個置き”で良いと判断すると急激にぶどうの落ち具合が失速したような気がするのだが、気のせいか?

次の“ぶどう300個”を貯めるまでに689Gを要していたのだから気のせいではなかった。

しかしながら、ボーナス“BB6RB10”、合算“1/114”と、当たっていたので多少、ぶどう確率が落ちるのは致し方ない場面。

落ちたと言えど、走ってくれていたお陰でまだ、“1/6.09”であった為、ここをキープしてくれれば良い。

そんな願いであったのだが、“BIG2回”“REG1回”を挟んで迎えた“ぶどう700個”までに753Gも要してしまい、ぶどう確率“1/6.45”まで一気に下げてしまう。

ぶどう信者である我輩にとって、ここまで“ブレ幅”が大きい展開は特に嫌うパターン。

しかし、ボーナス合算“1/136”であった為、続行する。

我慢して続けると普段、節目としている“ぶどう500個”3184Gで迎え、ボーナス“BB9RB14”、合算“1/138”であった。

ぶどう確率“1/6.37”と少し上がるも、3472Gを回した所で健闘虚しくも“全飲まれ”

この時点でぶどう確率“1/6.32”と上がり調子であった為、追加投資

すると、追加3本チェリーでペカるも“REG”

このメダルも飲まれ、追加投資を試みるが、それは体感でわかるほど、圧倒的にぶどうが落ちなくなっていた。

追加7本、総投資20本の所で一先ず、データを確認するとぶどう確率“1/6.46”まで一気に下げてしまい、ここで敢え無く投了とするのであった。

実戦データ
回数 時間 ゲーム数 ボーナス 備考
10 11:57 174G 飛び込みBB
11 20G RB 2連
12 12:10 122G チェリーRB
13 16G チェリーBB 2連
14 12:29 179G BB
15 44G 単独チェリーBB 2連
16 12:45 122G 飛び込みRB
17 88G チェリーRB 2連
18 13:24 393G 先光りBB
19 52G BB 2連
20 13:59 310G チェリーRB
21 14:11 152G BB
22 80G 飛び込みRB 2連
23 14:29 111G RB
24 15:22 548G チェリーRB 追加3本
15:50 277G 止め 追加7本

実戦結果

設定判別ツール
パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!
実戦結果
総回転数 3828G
総BIG 9回(1/425.3)
総REG 15回(1/255.2)
チェリー重複BIG 2回(1/1914)
チェリー重複REG 5回(1/765.6)
単独&中段チェリーBIG 7回(1/546.9)
単独REG 10回(1/382.8)
ぶどう 577個(1/6.46)
単独チェリー 104個(1/36.81)
ピエロ 2個(1/1914)
ベル 3個(1/1276)
総収支
総投資 20本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲970枚
総収支 ▲20,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率 91.6%

総括

--sponsored link--

“全飲まれ”した時点では3653Gぶどう確率“1/6.33”であったのだが、追加7本入れて回せたゲーム数は175Gだけであり、この間のぶどう確率はと言うと、

『圧巻の1/10.94』

とあれば、止めたくなるのも納得、頂けるだろう。

止める際にスロマガの判別ツールを掛けてみるも上記のような中間多目の微妙な結果であった。

今回、このような中途半端な実戦データでありながらなぜ、載せたのかと言うと、以前の状況であったら止めてなかっただろうなと思ったから。

マイホの状況は以前とは比べる事は出来ないほど、悪化しているから。

19番よりも先に入場しているサクラが取っていない時点で設定6はないと思っている。

“REG先行”であった為、続ける手も考えたが、今の現状では引くのがベストであると判断した。

閉店時に自身が打っていたデータを確認すると6383G“BB22RB21”合算“1/148”と言う結果であった。

設定6のベースであってもチャラ位のデータであり、中間設定のベースではマイナス域と言う結果であった。

予想通り、中間設定であったと思っている。

止めるか否か、店の状況により、大きく左右される所であると改めて認識する実戦となるのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
自分なら続けてたぜ!と言う門下生(読者様)さむらい▼応援クリック▼すべし!

ファンキー
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--