ファンキージャグラー実戦記!昼休憩取ると流れ変わると思わねえ?(前編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


先日の事。


高設定挙動の『ニューアイムジャグラー』
打っていたのだが、休憩を取ってお昼を食べに。


すると、“専業”1人から

『何で休憩取ったのか?』

と、尋ねられたのである。


小役の数値もボーナスもぶっちぎりであった
のだが、我輩の返答は

『お腹が空いたからw』

であったw


さて、本日であるが、

『昼休憩を取ってみた』

そんな“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は正月ボケも無くなってきた頃。


先日の6000枚オーバーと2018年は快調な滑り出し
となり、やっとこ、“稼働モード”になってきた。


見事、6000枚オーバーとなった“実戦記”
こちらから

マイジャグラー2実戦記!久々のこぜ6ロケットスタート!大台突破となるか?(前編)(後編)


そんな最中の比較的、設定の見込める週頭に
攻めたのは

『ファンキージャグラー』

“候補台”1台である。


この日はライバルも多く、あまり選べる状況でも
なかったのであるが、『ファンキー』“候補台”
2台空いていた。


最近、『ファンキー』の扱いが変わったように
感じており、周りも同じように感じているのか、
不人気な状況であった。


“当たり台”が入ってるのか、いないのか。


ただの中間設定の放置で台任せになったのか。


本物の設定6は使わず、設定4とか、5を散りばめ、
複数台、反応してどちらが“当たり台”なのか
不明であったり。


設定確認が出来ないので想像でしかないだが、
予測するのが難しくなったと言う、イメージ
なのである。


只でさえ、“設定推測”が困難な『ファンキー』
それをやられたら、こちらも厳しい状況となるのは
お分かり頂けるだろう。


この日は“候補台”2択に絞れてはいたが正直、
どちらに入ってもおかしくないので“五分五分”
言った所。


仕方がないので高設定から幾日か遠い台を
選択したのであった。


果たして、この選択は吉と出るか、凶と出るのか、
いざ、実戦開始である!

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G
設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2018年1月23日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦開始

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

いつものお約束である

『1本で万枚が出ますように!』

と、挨拶を交わし、実戦スタート。


すると、この気持ちが我輩の手からレバーを
通して、この『ファンキー』に通じたのか、
投資1本32G“BIG”を引く。


打ち方は『ファンキー』と言えば『つばめがえし』
1択であろうw


『ファンキー』を最大限に楽しむ打ち方とは?

ファンキージャグラーの薦め!ファンキージャグラーの魅力とは?最大限の魅力を堪能するさむらい流の打ち方を紹介!


181G“REG”を引くも301G回した所で早くも
『1本で万枚』の夢は破れる。


この時、まだぶどうは43個しか、収穫出来て
おらず、“1/7”とすこぶる悪いw


しかし、ここはまだ序盤と、追加投資。


“ぶどう50個”貯まったのが、351G“1/7”
状況は変わらず。


すると、追加投資4本入れた、194Gで引いた
“REG”から17Gで“BIG”と繋がり、これが
“BB1RB2”3連チャン


3連チャンで終わりか、と諦め掛けた101G
“BIG”が飛び込み、ここから何と、

『ジャグ連5連チャン!』

をカマし、一気に出玉を伸ばすのであった。

一樹百穫実前半戦

--sponsored link--
一樹百穫前半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
100個 706G 1/7.06 1/7.06 BB5RB3 1/88
200個 1383G 1/6.92 1/6.77 BB9RB6 1/92
300個 1974G 1/6.58 1/5.91 BB13RB8 1/94
400個 2606G 1/6.52 1/6.32 BB13RB9 1/118
500個 3292G 1/6.58 1/6.86 BB17RB10 1/122

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


『ジャグ連5連チャン!』の途中となる、706G
“ぶどう100個”が貯まっていた。


相変わらずの“1/7”と言う、数値。


しかし、ボーナスの引きはすこぶる良く、全然、
止めるような展開ではない為、もちろん続行。


“ぶどう200個”が貯まったのは1383G
“BB9RB6”とボーナス合算は“1/92”であった。


ぶどうは相変わらずの“1/6.92”と言う、目眩が
起こるような数値であったが、いやはや、
この合算“1/92”で止めないでしょ!と、
もちろん続行である。


更に勢いは衰えず、

『ジャグ連4連チャン!』

を挟み、“ぶどう300個”が貯まったのは1974G
“BB13RB8”、ボーナス合算“1/94”であった。


ぶどうは“1/6.58”と上がったが、全然、
打てる数値ではない。


しかし、ボーナス合算は“1/94”と、まだまだ
止める数値でもないw


悩む事無く続行するが、ここでこの日初となる、
ハマりが訪れる。


ストレートで736Gハマり、当たったのは“REG”


ここで“ぶどう400個”2606Gで貯め、ぶどうは
“1/6.52”と言う、数値に。


“ぶどう100個”貯めるまでに引けたボーナスは
“REG”1回のみとあって、ボーナス合算は
一気に“1/118”まで下がってしまう。


下がったと言ってもまだ設定6の数値よりも
引けているのであるが。


次の“BIG”が引けたのは126G

『BIG間862Gハマり』

であった。


ここから“BIG”が片寄って出現し、“ぶどう500個”
3292Gで貯め、この時ぶどうは“1/6.58”
ボーナスは“BB17RB10”、ボーナス合算“1/122”
であった。


以下は“前半の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 32G BB 投資1本
2 181G RB
3 194G RB 追加4本
4 17G BB 2連
5 81G RB 3連
6 101G BB
7 69G BB 2連
8 9G BB 3連
9 29G RB 4連
10 4G BB 5連
11 119G RB
12 284G RB
13 3G BB 2連
14 197G BB
15 47G BB 2連
16 173G RB
17 10G BB 2連
18 20G BB 3連
19 46G RB 4連
20 114G BB
21 64G BB 2連
22 736G RB
23 126G BB BIG間862Gハマり
24 13G RB 2連
25 212G BB
26 116G BB
27 20G BB 2連

総括

--sponsored link--

節目となる“ぶどう500個”3292Gも掛かり、
ぶどうは悪いがボーナスは引けている状況。


この時、気になったのが“常連さん”が打っていた、
もう1台“候補台”である。


同じペースでボーナスが引けている状況でぶどうは
“1/6.0”を切っていると言うのだ。


“当たり台”は向こうが正解かと、思いもしたが、
最近の傾向では複数台、反応を見せる事がある
『ファンキー』の島である。


まだ望みはあると、ここで『休憩』を取る事に
したのであった。


この『休憩』を境に展開は大きく変わる事と
なるのであった。


『後編』に続く。。。

ファンキージャグラー実戦記!昼休憩取ると流れ変わると思わねえ?(後編)

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
どうせ、いつもの“中華丼”だろ?と、思われた
鋭い門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280