ファンキージャグラー実戦記!REG少ないけど大丈夫?ぶどうを信じて追った結果は?(後編)

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


本日は週明けと言う事で“新台入替”の日。


“5.9号機”の中でも我輩が注目すべきは

『タロットエンペラー』

の導入日である。


“A-PROJECT”と称し、“アクロスブランド”から
“4号機のリメイク機”を出してヒット機種を連発
している中、“第8弾”として出たのが
『タロットエンペラー』


『タロットマスター』“後継機”として出た本機で
あるが、例に漏れず“設定4段階”かと、思われた
本機になんと“エクストラ設定”の存在が噂されて
いる。


“BIG確率”を大幅に下げ、“REG確率”と通常ベース
を大幅に上げている?と言う“エキストラ設定”
更に2つあるのでは?との、話し。


実際に“マイホ”に導入された1台でそのような挙動
が見受けられた。


是非とも、続報を期待する所である。


さて、本日であるが、

『ファンキージャグラー』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』お読みでない門下生(読者様)
こちらから
ファンキージャグラー実戦記!REG少ないけど大丈夫?ぶどうを信じて追った結果は?(前編)

前編までの流れ

--sponsored link--

時は霜月に入り、まもない頃


ライバル達が“設定上げ狙い”をする中、我輩は
前日の“不発台”となる

『ファンキージャグラー』

“設定据え置き狙い”を敢行する。


序盤から安定している“BIG”と走っているぶどうの
おかげで粘っていたが、如何せん、“REG”
弱い。


更に、ここまで“頼みの綱”と信じてきたぶどうが
下がり始める。


“ぶどう500個”を迎えた3114Gの時点でぶどうは
“1/6.23”まで下がっていた。


但し、ここまで“BIG”は好調のまま、“REG”
若干ではあるが、上がってきたのが救い。


止める事などは考えず、“高設定”を信じ、回す
さむらいであった。

ファンキージャグラーのスペック

ファンキージャグラーパネル©北電子

機種情報
導入日 2016年7月4日
導入台数 約20,000台
メーカー 北電子
タイプ ノーマル
コイン保ち 約35G

参考元天井狙い実践記様

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/275.4 1/452.0 1/171.1 97.0%
2 1/271.9 1/407.1 1/163.0 98.2%
3 1/267.5 1/372.4 1/155.7 99.8%
4 1/260.1 1/336.1 1/146.6 102.0%
5 1/253.0 1/302.0 1/137.7 104.3%
6 1/232.4 1/275.4 1/126.0 109.0%
設定 ぶどう確率
1 1/6.37
2 1/6.37
3 1/6.32
4 1/6.27
5 1/6.21
6 1/6.16

*各設定10万G以上の実戦値
*サンプルの追加により予告なく数値の変更あり
*2017年11月27日現在
©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

--sponsored link--
一樹百穫中盤実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
600個 3768G 1/6.28 1/6.54 BB20RB10 1/126
700個 4326G 1/6.18 1/5.58 BB20RB13 1/131
800個 4889G 1/6.11 1/5.63 BB22RB14 1/136
900個 5537G 1/6.15 1/6.48 BB25RB18 1/129
1000個 6173G 1/6.17 1/6.36 BB27RB18 1/137

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


『ファンキージャグラー』を打つ上で一つの基準と
しているのが“ぶどう500個”である。


他の『ジャグラーシリーズ』でも“1日の1/3”となる
“ぶどう500個”が基準となっているのだが、
本機『ファンキージャグラー』にとっての
“ぶどう500個”はまた、違う。


“BIG確率”が軽く、“ぶどう確率”がはっきり出て
いない本機『ファンキージャグラー』において、
“ぶどう500個”ぐらいは数えないと設定なんて
見えて来ないから、と言うのが“その理由”である。


そして、“ぶどう500個”を数えた時に注目するのは
“ぶどう確率”“REG確率”


“BIG”は引けているに越した事はないが、引けて
いなくてもさほど、気にならない。


問題は“ぶどう確率”“REG確率”であり、ぶどう
に関しては“1/6.30”を切っていたら気にせず、
“1/6.50”を下回るようなら止める事を視野に
入れる。


そして、もう一つ重要なのが“REG確率”


さすがに3000G回して“1/600”とかであったら
止める事も視野に入る。


今回は“ぶどう500個”の時点で“REG確率”
“1/445”と、踏みとどまってくれたおかげで、
止めずに済んだ事例であった。


3768Gで迎えた“ぶどう600個”の時点でさらに
“ぶどう確率”は下がってしまい、“1/6.28”


但し、“REG”は上がり、ボーナスは“BB20RB10”
ボーナス合算は“1/126”まで上がっていた。


ただ、ぶどうはここで一旦、下げ止まり、
ここから上がっていく。


2つ目の基準となる“ぶどう1000個”6173G
で迎え、ぶどうは“1/6.17”


ボーナス合算は“1/137”ながらも、“REG確率”
“1/343”まで上昇。


それでも“設定3~設定4の間”


まだ、余談は許されない確率ではあるが序盤と
比べると大分、上がってくれた為、狙いは間違って
いなかったと感じていた。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
25 452G BB
26 153G RB
27 16G BB 2連
28 46G RB 3連
29 11G BB 4連
30 105G RB
31 131G RB
32 272G RB
33 75G RB 2連
34 180G RB
35 453G BB
36 89G BB 2連
37 169G RB
38 22G BB 2連
39 23G RB 3連
40 160G RB
41 22G RB 2連
42 57G BB 3連
43 140G BB
44 344G BB
45 340G BB

一樹百穫後半戦

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数 ゲーム数 ぶどう合算確率 100個毎の確率 BR BR合算確率
1100個 6833G 1/6.21 1/6.50 BB28RB20 1/142
1200個 7565G 1/6.30 1/7.32 BB31RB25 1/135
1300個 8233G 1/6.33 1/6.68 BB38RB27 1/127
1378個 8745G 1/6.35 1/6.56 BB38RB29 1/131

ここまで弱いと感じていた“REG”をストレスなく
引けるようになる。


しかし、気付けば序盤、あれほど走っていたぶどう
であったが、下がり始め、何とか持ち直した
“ぶどう1000個”の時点で“1/6.17”と言う、数値に安心
していたが、ここから徐々に下がっていく。


途中、“BIG4連チャン”を含む、

『ジャグ連8連チャン!』

をかまし、この日の勝負を決めたのであったw

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
46 120G BB
47 207G RB
48 104G RB
49 308G RB
50 65G RB 2連
51 81G BB
52 7G RB 2連
53 26G BB 3連
54 257G RB
55 27G BB 2連
56 181G RB
57 96G BB 2連
58 69G BB 3連
59 10G BB 4連
60 82G BB 5連
61 11G RB 7連
62 45G RB 8連
63 150G BB
64 22G BB 2連
65 173G BB
66 269G RB
67 12G RB 2連
68 275G 止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

実戦結果
総回転数 8745G
総BIG 38回(1/230.1)
総REG 29回(1/301.6)
チェリー重複BIG 7回(1/124.9)
チェリー重複REG 4回(1/2186.3)
単独&単独チェリーBIG 31回(1/282.1)
単独REG 25回(1/349.8)
ぶどう 1378個(1/6.35)
単独チェリー 246個(1/355.5)
ピエロ 1個(1/8745)
ベル 7個(1/1249.3)
総収支
総投資 6本
総獲得メダル 2802枚
総差枚数 +2502枚
総収支 44,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率 109.5%

総括

--sponsored link--

最後に終わってみればぶどうは“1/6.35”と言う、
“ほぼ設定1”の数値に。


我輩の“判別結果”“設定5ないし、設定4”
言った所か。


ここ最近の“実戦記”を見ていてお分かりだろうが、

『こぜ6だわ~!』

と言う、“実戦記”が減ったのである。


これは“マイホの”状況が悪くなっている事を
意味する。


このような状況で今後、訪れる“6号機時代”
凌いでいけるのであろうか?


そのような状況でも、リアルタイムでお伝え出来る
よう、今後もこちらで更新していく所存である!

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『タロットエンペラー』“実戦記”を望むぜ!
と言う、門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280