クレアの秘宝伝2実戦記!序盤から設定4以上が確定!?終日勝負した結果とは?(後編)

やあやあ、さむらいである。


昨日から大都技研『クレアの秘宝伝2』
“実戦記”を綴らせて頂いているのであるが、
そんな大都技研から『番長シリーズ』
“ノーマルAタイプ”となる、

『押忍!番長A』

が販売されるそうで、話題となっている。


『押忍!番長A』PVはこちらから

©大都技研

現在わかっている事は販売時期が2018年の春
言う事。


我輩の大好きなメーカーである大都技研の更に
『番長シリーズ』の新台と言うだけでも期待大で
あるが、詳細が分かり次第、また記事にしたと
思うので楽しみにしていてほしい。


さて、本日であるが、そんな『番長シリーズ』
販売する大都技研の代表する“Aタイプ”である

『クレアの秘宝伝2』

“設定狙い実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

クレアの秘宝伝2実戦記!序盤から設定4以上が確定!?終日勝負した結果とは?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は祝月、最初の入替日。


中途半端な抽選結果で選択したのは『ジャグラー』
ではなく、

『クレアの秘宝伝2』

“設定上げ狙い”


過去に一度だけ、設定6を掴む事が出来ている
本機であるが、中々、高設定が入るタイミングを
読むのも難しい所。


序盤はすこぶる良い、ベル確率に可能性を感じて
迎えた2回目“BIG”後の“RT(リプレイタイム)”
中に設定4以上が確定する演出が出現し、早くも
終日勝負が確定したのだが、結果は果たして。

クレアの秘宝伝~眠りの塔とめざめの石~のスペック

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村©大都技研

機種情報
メーカー大都技研
導入日2016年8月
導入台数約7000台
タイプAタイプ+RT
BIG最大304枚+30GのRT
REG最大106枚
天井非搭載
ボーナス確率
設定BIGREG合算出玉率(フル攻略時)
11/299.31/364.11/164.398.6%
21/292.61/341.31/157.5100.1%
31/280.11/303.41/145.3103.1%
41/265.31/287.41/138.0107.1%
51/257.01/264.31/130.3109.3%
61/232.41/232.41/116.2115.2%
赤ピラミッドBIG確率
設定確率
11/7282
21/6554
31/5041
41/4096
51/3449
61/2048
小役確率
設定ベルチェリースイカ強チャンス目
11/6.151/92.81/92.21/13107
21/6.111/91.91/88.2
31/6.041/90.81/84.5
41/5.981/89.31/81.3
51/5.921/88.31/78.01/9362
61/5.881/86.21/74.81/7282
RT中ハズレ確率
設定確率
11/7.9
21/7.4
31/7.2
41/6.9
51/6.6
61/6.4
設定推測要素
スイカ+REG出現
設定5or6確定!
REG中の赤キラキラカード
設定4以上確定!
REG中ビタ押しで大人クレアボイス
設定5or6確定!
クレアRT
555%出現で設定5or6確定!
666%出現で設定6確定!
番長2RT
456グラム出現で設定4以上確定!
忍魂RT
上乗せ666出現で設定6確定!
シェイクRT
ピンク高確率出現で設定4以上確定!
爺サマーRT
SPキーン音出現で設定2以上確定!

引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
にほんブログ村へ ©大都技研 設定4以上!?

一樹百穫中盤実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
600個3534G1/5.891/5.92BB17RB101/131
700個4173G1/5.961/6.39BB19RB131/130
800個4793G1/5.991/6.20BB24RB131/130
900個5475G1/6.081/6.82BB27RB141/134
1000個6099G1/6.101/6.24BB30RB171/130

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


2942G回してボーナスは“BB12RB5”で合算は
“1/173”と言う状況で迎えた“ベル500個”


設定4以上は確定しているので更なる設定5or6
確定演出を期待し、“クレアBIG”“忍魂BIG”
交互に消化していく。


序盤から設定4以上が確定すると言う、展開で
あったが、肝心の“REG”がすこぶる弱い。


すると、すこぶる弱かった“REG”3連チャンを含む

『5連チャン!』

が発生し、更には設定差のある“ピラミッドBIG”
含む

『4連チャン!』

と、一気に出玉を伸ばす。


ここで“忍魂BIG”での連チャンをゲットするも
設定6が確定する『+600』は成らなかったが、
念願の“楓BGM”をゲット。


にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村へ ©大都技研


“ベル600個”3534Gで貯め、ボーナスは
“BB17RB10”でボーナス合算“1/131”


ここからベルを100個貯めるまでに刻みよく、
“連チャン”するのである。


“ベル700個”4173Gで貯めるまでに

『4連チャン!』

をカマし、“ベル800個”4793Gで貯めるまでに
またも

『4連チャン!』

を炸裂させる安定ぶり。


しかし、ここで頼みの綱であるベルが徐々に
下がっていくのである。


“ベル800個”では“1/5.99”とギリギリ、“1/6.0”
切っていたが、“ベル900個”を貯めたのは5475G
ベル確率は“1/6.08”まで下がっていた。


節目となる“ベル1000個”までに

『6連チャン!』

を達成し、迎えたのは6099G


ボーナスは“BB30RB17”でボーナス合算は
“1/130”であった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
18363GBB
1932GRB2連
207GRB3連
2139GRB4連
2268GBB5連
23193GRB
2436GRB2連
2532GBB3連
2656GピラミッドBB4連
27103GBB
28278GBB
29103GRB
3045GBB2連
3197GRB3連
3268GRB4連
33133GBB
3449GBB2連
3588GBB3連
3683GBB4連
37203GBB
38238GRB
39163GBB
4017GBB2連
41224GBB
42285GRB
4342GRB2連
4483GBB3連
4598GBB4連
4648GBB5連
4756GRB6連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

一樹百穫後半実戦値
ベル個数ゲーム数ベル合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
1100個6766G1/6.151/6.67BB32RB181/135
1200個7427G1/6.191/6.61BB33RB191/143
1300個8020G1/6.171/5.93BB36RB201/143
1364個8397G1/6.161/5.89BB39RB201/142

順調に出玉は伸ばすも明らかに前回の実戦とは
違い、付いてこないベルと“REG”


毎度、設定6を望むのであるが、これが現実と
言った所であろう。


ここから節目となる、“ベル1000個”から引けた
“REG”3回のみ。


最終のベル確率は“1/6.16”設定1の近似値まで
下がっていた。


恐らくは“設定4以上確定演出”が出ていなかったら
間違いなく、投げていた台であろう。


最後まで打てたのはその“設定4以上確定”となる、
“ピンク高確”が出たからに他ならない。


9000Gを目指して回していたが、8400Gほどで
閉店を迎えるのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
48311GBB
4981GRB2連
50372GBB
51127GRB
52220GピラミッドBB
53403GBB
54192GRB
5523GBB2連
56182GBB
57318GBB
5849GBB2連
59101GBB
6099G止め

実戦結果

データパチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

実戦結果
総回転数8397G
総BIG39回(1/215.3)
総REG20回(1/419.9)
チェリー重複BIG4回(1/2099.3)
チェリー重複REG2回(1/4198.5)
スイカ重複BIG1回(1/8397)
スイカ重複REG0回
強チャンス目BIG1回(1/8397)
チャンス目
or不明BIG
34回(1/262.9)
チャンス目
or不明REG
18回(1/466.5)
ベル1364個(1/6.55)
チェリー92個(1/91.27)
スイカ95個(1/88.39)
強チャンス目1個(1/8397)
RT中ハズレ目129/1146個(1/8.88)
総収支
総投資12本
総獲得メダル4485枚
総差枚数+3885枚
総収支+68,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率115.4%

総括

--sponsored link--

最後に細かく“スロマガの判別ツール”に打ち込んで
みたは良いが、

『だよね~!』

と言う、設定495%を占める結果に笑って
しまった。


9000Gを目指して回していたが、思いの外
回せないのはチャンスリプレイなどを引く度に
ボーナス察知手順をせねばならない事であろう。


目押し頻度も多く、中々思い通りには回せ
なかったのである。


これは更なる鍛錬が必要と考える。


先ほども申し上げたが、最後まで打てたのは設定4
以上が確定する演出が引けていたからである。


今後の“6号機時代”“ノーマルAタイプ”
スペックダウンは致し方ないところであろう。


設定6でも“106%程度”が限度となると予想されて
おり、ここで重要となるのが“高設定確定演出”
あろう。


特に液晶搭載機の“ノーマルAタイプ”において
“設定示唆演出”は必要不可欠となる。


『番長A』にはしっかりと“設定示唆演出”
盛り込まれていると予想する。


なぜなら大都がそこら辺を怠る事はないと
信頼しているからw


確証はないがw


今後出てくる『ジャグラー』もしかりである。


『ジャグラー』も設定示唆演出を取り込まないと
“6号機時代”は生き残るのは難しいと考える。


今後も更なる進化を求めるのであった。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
『番長A』が楽しみで仕方ないぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

赤7揃い
Twitterで更新情報を受け取るべし!
--sponsored link--