アレックス実戦記!旧イベント日にアレックスの設定狙いを敢行!その理由とは?

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


昨晩はストレス発散の為に久々、深酒をして来た。


初めてと、言っても良い場所となる『神楽坂』
移動し、飲んだのだが、たまには見知らぬ土地で
飲むのも良いものであるなw


普段は下町臭漂う、場所で飲む事が多いが、
普段とは異なった“大人の雰囲気”が漂う
上品な街であったw


ストレスが発散出来たかはさておき、また飲みに
行きたいと思う。


さて、本日であるが、初となる

『アレックス』

“実戦記”をお届けしよう!

実戦日

--sponsored link--

時は神無月は月末近い頃。


この日は10月最後の“旧イベント日”


どこかのサイトで催しているようなイベント
コラボしたようで、この日ばかりは唯一、強気で
攻めれる日と、普段よりも気合を入れての参戦で
あったのだが、入場番号は70番と絶望的な番号。


いざ、入場し、『ジャグラーコーナー』に走るも
目ぼしい候補台のほとんどは押さえられている
状況に。


そんな絶望的な状況で我輩が選んだのは

『アレックス』

であった。


一見、博打にも見える機種選びであったが、作戦と
してはここ最近の“旧イベント日”にのみ発生する
後告知“ノーマルAタイプコーナー”の名が上がる
事が多い傾向であったのと、履歴的に上げ狙い
出来る履歴であった事。


また、メインの“旧AT機群の島”が見える位置に
ある事がその選んだ理由であった。


果たして、“ジグマの地の利”を発揮する事が
出来るのか?

アレックスのスペック

にほんブログ村 スロットブログ スロット攻略・裏技へ

©アクロス

機種情報
メーカー アクロス
導入日 2018年9月18日
導入台数 約3000台
タイプ ノーマルAタイプ
BIG 最大335枚
REG 最大116枚
コイン持ち 34.7G~36.4G/50枚
天井 非搭載
ボーナス確率
設定 赤BIG 鳥BIG BIG合算
1 1/585.1 1/585.1 1/292.6
2 1/574.9 1/574.9 1/287.4
5 1/555.4 1/555.4 1/277.7
6 1/528.5 1/528.5 1/264.3
設定 REG 合算 出玉率 出玉率(フル攻略)
1 1/381.0 1/165.5 97.9% 100.2%
2 1/356.2 1/159.1 99.8% 102.1%
5 1/331.0 1/151.0 102.6% 105.0%
6 1/309.1 1/142.5 106.1% 108.5%
羽A/B出現率
設定 羽A 羽B 羽合算
1 1/27.9 1/27.9 1/13.9
2 1/27.2 1/27.2 1/13.6
5 1/26.4 1/26.4 1/13.2
6 1/25.5 1/25.5 1/12.7
BIG中の小役による設定示唆
小役 示唆内容
JAC役C 偶数設定示唆
JAC役D 設定5示唆
JAC役E 設定2以上確定
+偶数設定示唆
ハズレ 高設定示唆
BIG中・小役確率
設定 JAC役A JAC役B JAC役C
1 1/1.5 1/6.4 1/6.4
2 1/1.6 1/5.3
5 1/1.6 1/6.4
6 1/1.6 1/5.3
設定 JAC役D JAC役E ハズレ
1 1/26.7 1/16384.0
2 1/32.0 1/595.8 1/16384.0
5 1/22.9 1/1191.6 1/595.8
6 1/26.7 1/595.8 1/1191.6

引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!

アレックスとは?

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ

ここで我輩のブログでは初登場となる本機
『アレックス』の特徴を簡単にご説明させて頂く。


『アレックス』の前身機は4号機にあり、我輩が
過去最高傑作機種と称している

『B-MAX』

と、同時期に出ていた台であり、絵柄こそ違えど、
『B-MAX』と同じリール配列と言う雑にも見える
作りであったが、全くの“別物”に仕上がっていた。


気になる方は過去の『さむらい物語』で取り上げて
いるのでこちらを参考に

さむらい物語 第70話 ~さむらい免許を取る!(後編)~


本機の初打ちは以前に済ませているのだが、
残念ながら記事に出来るような内容では
なかった為、お蔵入りであった。


この日は登場から丁度、1ヶ月ほど経った頃の
実戦である。


初打ちの頃は出ていなかった解析情報もこの、
1ヶ月の間に出て来ていた。


本機『アレックス』“リプレイタイム”などと
言った付加機能は一切備えていない、“BIG”
“REG”のみの

『純粋なノーマルAタイプ』

である。


まず、通常時に数える小役であるが、メイン小役
であるのみでOK。


但し、比較的多く出現するチェリーと、“羽羽鳥”
3枚役14枚役と払い出しの多いぶどう要目押し
となるので通常時の小役目押しは必須である。


我輩の実戦上、ぶどうは予告音発生時のみにしか
出現していないが、他のチェリーや、3枚役
通常時にバンバン揃うので注意が必要である。


我輩は赤7付近を枠内に目押しし、順押しで
上段にテンパイしたら右リールにを目押しし、
3枚役をフォローする打ち方で消化している。


予告音発生時にはぶどうの可能性があるので
要目押し


他に数えるべきは“BIG”JAC役


“BIG中”は左下段に“チェリー付きの鳥”ビタ押し
し、14枚役を一回揃える事で最大335枚獲得する
事が出来る。


14枚獲得後は逆押しに切り替え、右リールに
“鳥の塊”を狙い、消化していく。


“中段に羽羽鳥”JAC役Cとなり、偶数設定の方が
出現率が高い。


“右上がりに羽羽鳥”が揃うのがJAC役Dとなり、
これは設定5の出現率が大幅に上がっており、
設定2のみ出現し辛い特徴がある。


“右下がりに羽羽鳥”が揃うのがJAC役Eとなり、
設定2以上が確定する瞬間となる。


ちなみにJAC役E設定5でも出現するが、
偶数設定とでは倍以上の確率差があり、
出現し辛い特徴がある為、出現したら
偶数設定示唆となる。


“BIG中のハズレ”『ハナビ』と同じように
低設定でも出現するがその確率は“1/16384”
と言う確率なので確認出来たらほぼ、高設定
思って良いだろう。


ちなみに“BIG中のハズレ”設定6よりも設定5
方が倍出易くなっている特徴がある。


主に押さえるべき点はこんな所であろうか?

実戦開始!

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ

ここで1発ツモと言う考えよりも周りの状況を
見るのも一つの目的として押さえた台なので
時間効率は左程、気にせず打ち出す。


初当たりは投資1本“REG”と幸先良い、
スタート。


これは敢え無く飲まれてしまうが、追加投資1本
再度、“REG”を引き当てる。


そしてこの“REG”を皮切り“にBIG2連チャン”へと
繋がり、持ち玉遊技に。


メイン小役である羽の確率“1/12.7~1/13.9”と、
重めであった為、“羽50個置き”に数える

『一樹五十穫』

でカウントする事に。


さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


最初の“羽50個”が貯まった619Gを回した所で
“1/12.38”と、設定6を上回る良好な数値であり、
ボーナス“BB3RB3”、合算“1/103”と言う、
申し分ないスタートを飾るのであった。

一樹五十穫実戦値

--sponsored link--
一樹五十穫実戦値
羽個数 ゲーム数 羽合算確率 50個毎の確率 BR BR合算確率
50個 619G 1/12.38 1/12.38 BB3RB3 1/103
100個 1286G 1/12.86 1/13.34 BB5RB5 1/129
150個 1958G 1/13.05 1/13.44 BB6RB6 1/163
200個 2878G 1/14.39 1/18.4 BB9RB12 1/137
223個 3267G 1/14.65 1/16.91 BB9RB13 1/149

1発ツモを期待はしていないなどと言いながらも

『ワンチャンあるかも?』

と言う展開に期待するも待っていたのは
“全飲まれ”


丁度、12時を過ぎた頃には全てのメダルが尽き、
追加投資を余儀なくされていた。


991G“BB3RB3”、合算“1/165”
“1/13.04”であった。


やはりかと言う思いもあったが、羽確率はまだ、
中間の数値であった為、追加投資


追加4本を入れた所の706Gぶりに得たボーナス
“REG”であった。


しかし、これを機に

『ボーナス4連チャン!』

へと繋げ、息を吹き返すきっかけに。


ここで“羽100個”1286Gで迎え、羽確率
“1/12.86”に。


ボーナス“BB5RB5”と、合算“1/129”にまで
上昇し、一安心。


むしろ、設定6ボーナス合算“1/142.5”である
本機にとっては破格のボーナス確率であった。


期待しながらも周りの状況に気を配りながら
遊技していた。


この日、1人“サクラ認定の男”

『モンスターハンター月下雷鳴』

朝イチから攻めていたのだが、島で一番良い
挙動であったにも関わらず中途半端な所で止め。


ここまで465Gも超えておらず、止めた理由は
定かではないが、恐らくは“ハズシの日”なのだろう
と、処理をする。


そんな台を横目で見ながら我輩の台は再度失速し、
“羽150個”を貯めた1958Gまでに当てられた
ボーナス1回づつのみとなり、合算は再度、
“1/163”に。


羽確率“1/13.05”に。


気になる『モンハン』を横目に続けていると

『ボーナス4連チャン!』

から再度、上昇モードになるも肝心のは大幅に
下がってしまう。


“羽200個”2878Gで貯め、ボーナス
“BB9RB12”、合算“1/137”まで上げるも
“1/14.39”と、“設定1の確率”
大幅に下回る数値に。


その間、気になる『モンハン』は人は変われど
挙動は良いまま。


連チャンこそ繋げられない展開で飲まれては人が
入れ替わる。


結局、幾度となく移動するチャンスはあれど、
“サクラが止めた台”と言う事で一歩が
踏み出せずにいた。


結果、3回目“全飲まれ”の時点で全ての数値が
設定1を下回り、撤収するに至ったのであった。


以下はこれまでの“実戦データ”である。

実戦データ
回数 ゲーム数 ボーナス 備考
1 24G RB 投資1本
2 118G RB 追加1本
3 30G 鳥BB
4 31G 赤7BB 3連
5 162G 鳥BB
6 58G RB 2連
7 706G RB 追加4本
8 16G 赤7BB
9 66G RB
10 14G 赤7BB 4連
11 304G RB
12 291G 赤7BB
13 191G RB
14 79G RB
15 9G 赤7BB
16 88G BB 4連
17 105G RB
18 21G 鳥BB 2連
19 349G RB
20 53G RB 2連
21 116G RB
22 368G RB
68G 止め

実戦結果

判別ツール結果
引用元パチマガスロマガ攻略!

パチマガスロマガ攻略!
実戦結果
総回転数 3267G
総BIG 9回(1/363)
総REG 13回(1/251.31)
223個(1/14.65)
BIG中JAC役C 25個/216G(1/8.64)
BIG中JAC役D 6個/216G(1/36)
BIG中JAC役E 0個/216G
BIG中ハズレ 0個/216G
総収支
総投資 6本
総獲得メダル 0枚
総差枚数 ▲300枚
総収支 ▲6,000ポイント(5.3枚交換)
出玉率 96.9%

総括

--sponsored link--

この程度の“実戦データ”で記事にして申し訳ないが
『アレックス』を記事にしたかったのでご勘弁をw


中々、良く出来ている台ではあるのだが、4号機
『B-MAX』と同じように下段赤7からのハサミ打ち
をメインに打っていた我輩としては3枚役の存在の
せいでそれが出来ない為、イマイチな評価に。


3枚役の存在が前身機と同じように1枚役だったら
気にせず、ハサミ打ちをしていただろうと思うと、
少々残念に思う。


気になる『モンハン』であるが、やはり、

『島1番の当たり台』

であったようで、結果、爆発していた。


周りを見ると言う条件で座った本機であったのに
移動出来なかったのは“サクラが止めた台”
あったから。


何とも“サクラ”の存在のせいで立ち回りがブレると
言う、悪循環に陥っている証拠である。


この流れは今後も続く事になるのであった。


さて、アクロス系“A-PROJECT”本機で最後と
言う噂を聞き、非常に残念に思う。


6号機と言えども是非とも開発してほしいと、
切に願うばかりである。

本日はこれにて御免!

明日の通常の更新はお休みさせて頂く。
ランキングに参加中である!
『アレックス』は良く出来ているぜ!と思われた
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!

--sponsored link--
広告336×280

コメント

  1. 8787 より:

    こんばんは

    やはりサクラはわかるんでしょうか?自分もバレてたんだろーかw ぶっちゃけバイトした事あります。
    出ない6は夕方(16時頃)には撤収してましたよ!それまでハナハナ(裏も含む)しか打った事がなくAT.ARTの知識が全然無かったので、訳がわからず大変でしたw

    何がどう違うのかわからないけど、自分は朝から吹く事が多く(その後は3箱飲まれからの追加投資もあれば、そのまま吹き続けて万枚もあり)もう一人は朝から苦戦(4〜5万位投資)からの爆発って事が多かったです。同じ設定でもこんなに出方が違うんだなぁ、と思いました。

    もう時効なんで、参考までに書いてみました(笑

    • さむらい より:

      やあやあ、8787殿、コメント感謝である。

      その店でまともに稼働している者からすれば“サクラ”はバレバレであるw

      店側も我輩らに取られぬよう、“サクラ”に打たす時は“専業”が行かないような履歴の台に敢えて、入れて来るのである。

      最近ではハズシと言う、カモフラージュをしてくるのもまた、厄介なのだがw

      こういう日は適当な設定4・5でお茶を濁すパターンであるな。

  2. トボトボ より:

    お疲れ様です。

    なんだろう、”徒労に終わる”感が半端ない機種達が多すぎませんかね。ビタビタビタで枚数獲得していた頃、それなりに達成感があったのですが。

    私はスマホ片手に遊戯してる方は嫌いだったのですが、その気持ち、わかるような気がします。恐らく本気でツマンナイと思っているのでしょう、

    今のジャグラー達が居なくなったらどうしよう。

    • さむらい より:

      やあやあ、トボトボ殿、コメント感謝である。

      今の技術介入機4号機時代を比べてしまっては今の機種が可哀想であるw

      現行の規定の中でよくぞここまで仕上げてくれたと言うのが我輩の感想。

      『ジャグラー』が無くなる事はないかと思うが6号機は枚数減になってしまうのは確定事項である。