さむらいが行きついたジャグラーの究極奥儀『大車輪』とは?余す事なく伝授!

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


我輩がパチスロの専業になって早8年。


勝つ事だけを目的とし、高設定を掴んだともあらば、
食事も取らずにブン回し、トイレも我慢する。


どのようにしてその機種の出率を最大限に引き出せるのか?
を突き詰め、そのように打っていた。


そんな我輩が行きついたジャグラーの打ち方を本日は伝授致そう。

勝つ事と楽しむ事

--sponsored link--

昔はどれだけ取りこぼしなく、最速でボーナスを揃え、
どれだけ早く回せるかを突き詰めていた我輩である。


そんな我輩であったが、いつしかこんな疑問が生まれた。


『本当にパチスロを楽しんでいるのか?』と。


淡々と演出もカットし、打ち続けていいてふと、
気付いてしまった。

『つまらない』と。

パチスロに魅了され、身を投じたパチスロ業界


パチスロが好き過ぎて始めたパチスロの専業


そのはずなのにいつしか勝つ事、すなわち『金』だけを
追い求めている自分に気付いてしまったのである。

パチスロを楽しもう

×××

せっかく、好きで始めた専業生活である。


最終目的は勝つ事である事に揺るぎはないが、

『もっと、楽しもう』

と、思えたのである。


いつ、専業として食べられなくなるのか、
そのような不安はあれど、
今の世の中は企業に勤めていても同じであろう。


いつ、会社が倒産、あるいは合併
はたまた異動や転勤など、
いつ、働く環境が変わってしまうか、わからない。


行き当たりばったりな考えではあるが、
せっかく、好きなパチスロで食っているのであれば、

『もっと、パチスロを楽しもう』

と思えたのである。

さむらいが行きついた究極打法とは?

--sponsored link--

勝つ事に徹し、ジャグラーを打つ際は『つばめがえし』のみで稼働していた時代もあった。
しかし、一つの打ち方に徹していると

『飽きるし、つまんない』

のである。


『ジャグラーを楽しむ』為に気付いた事、それは

『単独チェリーも見たいし、連チェリーからのガコッも見たい!
全てのチェリーで期待したいし、ベルもピエロも取りたい!
飛び込み7も見たいし、他人との差も付けたい!』

そんな全ての望みを叶える為に編み出したのが究極奥儀

『大車輪』

である!


我輩の実戦記をご覧の方はお気付きであろうか?


データにベルとピエロの出現率が入っている事をw


まだ、読んでいないと、言う方は是非、読むべし!
2017年史に残る激動の3日間である。


ハイスペック機!マイジャグラー3の推定設定6を掴んだその結果は?(前編)
(後編)
3日連続ハイスペックの推定設定6をツモ?その結果は?3日間のトータル結果を検証!(番外編)

大車輪の打ち方

大車輪

▼大車輪の打ち方▼

朝一は必ず『つばめがえし』からスタート。
今日こそは全ての小役を取るつもりで始める。

取りこぼしミス=完全奪取否定

『大車輪』に切り替え。

100G単位の切りが良い所(ボーナス後201Gとか)で『斬鉄』に切り替え。

ボーナスが当たっていたら100Gまでは『斬鉄』を繰り返す。

100G以内の連チャン終了。

101Gから『一閃』に切り替え。

100G以内に当たらなければ101Gで『つばめがえし』に切り替え。

以下、このローテーションを繰り返す。


100G以内の連チャン中は同じ打ち方を繰り返し、
100Gおきに切り替える打ち方が『大車輪』である!

大車輪のメリットとデメリット

--sponsored link--

『大車輪』のメリット
・ベルは5/6、ピエロは1/3獲得出来、他人との差を作れる。
『つばめがえし』より、時間効率が上がる。
・集中力の切り替えが出来、披露軽減。
・色々な『ペカリ』を堪能出来る!
楽しい!!!


『大車輪』のデメリット
・小役の完全奪取ではなくなるので最高の出率ではない。
・考えがオカルトw(連チャン中は同じ打ち方をする、等)


さむらい流では出玉に影響を与えない、楽しむ為のオカルトは『あり』であるw

総括

パネル©北電子

勝ちに徹した打ち方も良いだろう。


しかし、パチスロを楽しむ事が原点である事を忘れてはならない。
さむらい流ではパチスロを楽しみつつ
他人との差をつけ、勝っていくのが『心得』である。


『大車輪』はその考えを打ちだした究極の打ち方であると言えるのではなかろうか?


本日は以上である。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!各ランキングサイトでさむらいのランキングをチェック

--sponsored link--
広告336×280