またレギュラーかよ!ジャグラーでレギュラーばかりと感じている方は必見!レギュラーの大切さを伝授!

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、さむらいである。


先日、我輩が『ニューアイムジャグラー』
打っていた時の事である。

『レギュラーボーナス』

を引いて首をかしげる若者がいた。


よく見る光景である。


展開としては、BIG間で1000G以上ハマり、
7連続でレギュラーボーナス、いわゆる

『オバケ』

を引いた時の事である。


首をかしげる動作を見て思う。


『本来、オバケを引ける事は有り難い事なのになぜ、オバケを引いて首をかしげているのか?』


今回は改めて『オバケ』の重要性について
綴らせて頂こうと思うに至った次第である。

ニューアイムジャグラーのスペック

アイムジャグラーEX Anniversary Edition
©北電子

設定 BIG REG 合算 出玉率
1 1/287.4 1/455.1 1/176.2 96.9%
2 1/282.5 1/442.8 1/172.5 97.8%
3 1/282.5 1/348.6 1/156.0 99.9%
4 1/273.1 1/321.3 1/147.6 102.0%
5 1/273.1 1/268.6 1/135.4 104.2%
6 1/268.6 1/268.6 1/134.3 106.6%
小役確率
設定 ぶどう リプレイ チェリー
1 1/6.49 1/7.30 1/33.6
2 1/33.6
3 1/33.4
4 1/33.2
5 1/33.0
6 1/6.18 1/33.0

©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!

また、オバケかよ!

--sponsored link--

“レギュラーボーナス”、いわゆる『オバケ』
引いて残念がる方は多くいる。


中には『オバケ』を引いて

『台パン』

する“輩”もいる。


『台パン』とは台を殴る行為を言う。


さすがに『台パン』は道理に反する行為であり、
他のお客様にも迷惑が掛かる行為なので
“門下生(読者様)”の方々においても
やらないよう、くれぐれもお願いしたい。


台に当たろうが得られる枚数に変動はないのだからw


では、なぜ、

『オバケを引くとイラつくのか?』

を考えてみたいと思う。

レギュラーボーナスの立ち位置

レギュラーボーナス

上に挙げさせて頂いた『ニューアイムジャグラー』
スペックを元に話させて頂きたいと思う。


本来、『ビッグボーナスは325枚』獲得出来、
『レギュラーボーナスは104枚』獲得出来る。


設定6のボーナス確率に至っては、
どちらも、1/268.6である。


設定1の『オバケ』に至っては“1/455.1”であり、
イラつくのもうなずけるw


“最高設定の設定6”でも『1:1』であり、
“最低設定の設定1”に関しては『1:1.7』である。


“最高設定”ですら、“半々”


ましてや、どの設定かもわからぬ状況であり、
設定1かも知れない状況での『オバケ』


やっとこ、『ペカった』ボーナスが『オバケ』
がっくりするのもうなずける仕様である。


しかし、本機『ジャグラー』において、

『レギュラーボーナス』

がいかに重要な役目を担うものなのか、
改めて説明させて頂きたいと思う。

レギュラーボーナスの有り難さ

--sponsored link--

“最高設定の設定6”でも『1:1』である、

『レギュラーボーナス』

改め、『オバケ』


『ペカった=ボーナス』

である、本機。


その、“最高設定”でも『1:1』なのに出玉は“1/3”

『オバケ』

だからこそ“イラつく”のであろう。


しかし、我輩の上に挙げた

『BIG間1000G以上ハマり、7連続でオバケ』

の状況で

『また、オバケかよ!』

の気持ちはわからぬでもないのだが、そもそも、
“オバケ”を引けている時点で
大変有り難い状況に気付くべきなのである。


“オバケ”を引けていなければただの

『1000Gハマり』

に他ならないw


ましてや、

『104枚×7=728枚』

ものメダルが払い出されている事に
感謝すべきなのである。


“BIG2回分”超、“投資14本”以上のメダルを獲得出来ている。


そして、“設定1”“1/455.1”の確率である
『オバケ』がこれだけ引けている状況は
引けているだけで“高設定を示唆”してくれている
ものであり、

『何を首をかしげる必要がある展開なのか?』

って事なのである。

設定推測を行う上での考え方

ポイント

そもそも、『設定推測』を行う上での考え方として、
ボーナスが付いてくるかは結果論でしかなく、

『ぶどうが良い台を9000G回した結果』

で見るべきである。


どんな展開であろうが、ぶどうが“1/6.18”をキープし、
その台を“9000G”回した結果、
“BIG34REG34”合算“1/134”で当っていれば
それは途中、“ストレートで2000G”ハマろうが、
“BIG間4000G”ハマろうが、
“オバケが20連続”しようが、結果、

『9000GでBIG34REG34合算1/134』

になればそれは“推定設定6”になるのである!

設定による差枚数

--sponsored link--

では、数字的な部分で説明しよう。


本機、『ニューアイムジャグラー』において、
“BIG確率”での『設定判別』は難しい事は上の表を見て、
おわかり頂けるかと思う。


“設定6”でも“1/268.6”であり、“設定1”でも“1/287.4”
大した設定差ではない。


終日“9000G”回した時、

『設定6で33.51回』

に対し、

『設定1では31.32回』

である。


終日でBIG”1~2回”の差しかないのである。


では、『オバケ』はどうか?


“設定6”“1/268.8”であり、“設定1”では“1/455.1”
“大きな設定差”がある。


終日“9000G”回した時、

『設定6で33.51回』

に対し、

『設定1では19.78回』

である。


“9000G”回せば“設定1”でもビッグは“30回”を越えるが、
『オバケ』“20回”に満たない結果となる。


更に、上記“設定6出玉率”のから“9000G”回した時の
獲得出来る差枚数を計算すると、
“1782枚”獲得出来るのに対し、
“設定1”では“-837”になる。


『オバケ』“14回近い差”が生まれ、
差枚数で“1428枚”である。


この数字を見て頂くとわかるように、
“設定6”の差枚数は

『BIG1回分325枚+REG1428枚』

“終日の差枚数”である事がおわかり頂けるであろう。

総括

ひらめき

正確に言うと、マイナス分は『ぶどう差』で補っている。


しかし、上記結果を見て言えるのは

『レギュラーボーナスが引けた分がプラスになっている』

と言う事がおわかり頂けたと思う。


仮に、“設定6”を打ててた時、『オバケ』1回分の

『104枚』

が差枚数を上積みしている事に意識しよう。


さすれば、“設定判別要素”だけでなく、

『オバケが大変有り難いもの』

である事に気付く事が出来、また、

『台パンなどもっての外』

である事がおわかり頂けるであろう。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
今後、“オバケ”引いたら喜ぶよ!
と、考えられるようになった“門下生(読者様)”
さむらいの応援クリックすべし!

--sponsored link--
広告336×280
アクセスランキング