またレギュラーかよ!ジャグラーでレギュラーばかりと感じている方は必見!レギュラーの大切さを伝授!

やあやあ、さむらいである。


先日、我輩が『ニューアイムジャグラー』
打っていた時の事である。

『レギュラーボーナス』

を引いて首をかしげる若者がいた。


よく見る光景である。


展開としては、“BIG間で1000G以上ハマり”
7連続でレギュラーボーナス、いわゆる

『オバケ』

を引いた時の事である。


首をかしげる動作を見て思う。


『本来、オバケを引ける事は有り難い事なのになぜ、オバケを引いて首をかしげているのか?』


今回は改めて『オバケ』の重要性について
綴らせて頂こうと思うに至った次第である。

ニューアイムジャグラーのスペック

アイムジャグラーEX Anniversary Edition

機種情報
メーカー北電子
導入日2012年4月
タイプノーマルAタイプ
BIG純増約325枚
REG純増104枚
天井非搭載
BB1G連軍艦マーチ
100G以内ゾロ目運命
ウィリアムテル序曲
ピアノ協奏曲第1番
100G以内ゾロ目
AnniversaryEdition
運命
交響曲25番第1楽章
アイネクライネナハトムジーク
プレミア演出上部LED点灯
レバーオンファンファーレ
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/287.41/455.11/176.2
21/282.51/442.81/172.5
31/282.51/348.61/156.0
41/273.11/321.31/147.6
51/273.11/268.61/135.4
61/268.61/268.61/134.3
出玉率
設定メーカー発表値チェリー狙い
195.9%96.9%
296.7%97.8%
398.7%99.9%
4100.8%102.0%
5102.8%104.2%
6105.2%106.6%
小役確率
設定ぶどうリプレイチェリー
11/6.491/7.301/33.6
21/33.6
31/33.4
41/33.2
51/33.0
61/6.181/33.0

 引用元

また、オバケかよ!

--sponsored link--

“レギュラーボーナス”、いわゆる『オバケ』
引いて残念がる方は多くいる。


中には『オバケ』を引いて

『台パン』

する“輩”もいる。


『台パン』とは台を殴る行為を言う。


さすがに『台パン』は道理に反する行為であり、
他のお客様にも迷惑が掛かる行為なので
“門下生(読者様)”の方々においても
やらないよう、くれぐれもお願いしたい。


台に当たろうが、その後に得られる枚数に変動は
ないのだからw


では、なぜ、

『オバケを引くとイラつくのか?』

を考えてみたいと思う。

レギュラーボーナスの立ち位置

レギュラーボーナス

上に挙げさせて頂いた『ニューアイムジャグラー』
のスペックを元に話させて頂きたいと思う。


本来、『ビッグボーナスは325枚』獲得出来、
『レギュラーボーナスは104枚』獲得出来る。


設定6のボーナス確率に至っては、
どちらも、1/268.6である。


設定1『オバケ』に至っては“1/455.1”であり、
イラつくのもうなずけるw


“最高設定の設定6”でも『1:1』であり、
“最低設定の設定1”に関しては『1:1.7』である。


“最高設定”ですら、“半々”


ましてや、どの設定かもわからぬ状況であり、
設定1かも知れない状況での『オバケ』


やっとこ、『ペカった』ボーナスが『オバケ』
がっくりするのもうなずける仕様である。


しかし、本機『ジャグラー』において、

『レギュラーボーナス』

がいかに重要な役目を担うものなのか、
改めて説明させて頂きたいと思う。

レギュラーボーナスの有り難さ

--sponsored link--

“最高設定の設定6”でも『1:1』である、

『レギュラーボーナス』

改め、『オバケ』


『ペカった=ボーナス』

である、本機。


その、“最高設定”でも『1:1』なのに出玉は
“1/3”

『オバケ』

だからこそイラつくのであろう。


しかし、我輩の上に挙げた

『BIG間1000G以上ハマり、7連続でオバケ』

の状況で

『また、オバケかよ!』

の気持ちはわからぬでもないのだが、そもそも、
“オバケ”を引けている時点で大変、
有り難い状況に気付くべきなのである。


“オバケ”を引けていなければただの

『1000Gハマり』

に他ならないw


ましてや、

『104枚×7=728枚』

ものメダルが払い出されている事に
感謝すべきなのである。


“BIG2回分”超、“投資14本”以上のメダルを
獲得出来ている。


そして、“設定1”“1/455.1”の確率である
『オバケ』がこれだけ引けている状況は
引けているだけで“高設定を示唆”して
くれているものであり、

『何を首をかしげる必要がある展開なのか?』

って事なのである。

設定推測を行う上での考え方

ポイント

そもそも、『設定推測』を行う上での考え方と
して、ボーナスが付いてくるかは結果論でしか
なく、

『ぶどうが良い台を9000G回した結果』

で見るべきであると、我輩は考えている。


どんな展開であろうが、ぶどう“1/6.18”
キープし、その台を“9000G”回した結果、
“BIG34REG34”合算“1/134”で当っていれば
それは途中、“ストレートで2000G”ハマろうが、
“BIG間4000G”ハマろうが、
“オバケが20連続”しようが、結果、

『9000GでBIG34REG34合算1/134』

になればそれは“推定設定6”になるのである!

設定による差枚数

--sponsored link--

では、数字的な部分で説明しよう。


本機、『ニューアイムジャグラー』において、
“BIG確率”での『設定判別』は難しい事は上の表を
見て、おわかり頂けるかと思う。


“設定6”でも“1/268.6”であり、“設定1”でも
“1/287.4”大した設定差ではない。


終日“9000G”回した時、

『設定6で33.51回』

に対し、

『設定1では31.32回』

である。


終日で“BIG1~2回の差しかないのである。


では、『オバケ』はどうか?


“設定6”“1/268.8”であり、“設定1”では
“1/455.1”“大きな設定差”がある。


終日“9000G”回した時、

『設定6で33.51回』

に対し、

『設定1では19.78回』

である。


“9000G”回せば“設定1”でもビッグは“30回”
越える
が、『オバケ』“20回”に満たない結果
なる。


更に、“設定6出玉率”から“9000G”回した時の
獲得出来る差枚数を計算すると、
“1782枚”獲得出来るのに対し、
“設定1”では-837枚”になる。


『オバケ』“14回近い差”が生まれ、
差枚数で“1428枚”である。


この数字を見て頂くとわかるように、
“設定6”の差枚数は

『BIG1回分325枚+REG1428枚』

終日の差枚数である事がおわかり頂けるで
あろう。

総括

ひらめき

正確に言うと、マイナス分は『ぶどう差』
補っている。


しかし、上記結果を見て言えるのは

『レギュラーボーナスが引けた分がプラスになっている』

と言う事がおわかり頂けたと思う。


仮に、“設定6”を打ててた時、『オバケ』1回分

『104枚』

が差枚数を上積みしている事に意識しよう。


さすれば、“設定判別要素”だけでなく、

『オバケが大変有り難いもの』

である事に気付く事が出来、また、

『台パンなどもっての外』

である事がおわかり頂けるであろう。

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
今後、“オバケ”引いたら喜ぶよ!
と、考えられるようになった“門下生(読者様)”
さむらいの応援クリックすべし!

--sponsored link--
レギュラー
Twitterで更新情報を受け取るべし!