ニューアイムジャグラー実戦記!終日つばめがえしでどれだけボーナスを生入りさせる事が出来るのか?徹底検証!(後編)

やあやあ、さむらいである。


日頃から厳しいご意見も含め、コメントを頂き、
誠に感謝である。


この度、一部の門下生(読者様)から

『いつも同じでつまらん』

と言う、ご意見を頂戴し、

『さむらいらしい実戦』

をと、今回は普段とは異なったデータを取得
しながらの実戦を試みる事に。


終日、『つばめがえし』で実戦し、

『どれだけボーナスを生入りさせる事が出来、どれだけ得をするか?』

と言うデータを取得し、まとめてみる事に。


“さむらい流奥義”『つばめがえし』とは?

ジャグラーの出玉率が2%アップする!?究極打法を伝授!さむらい流奥儀『つばめがえし』とは?


詳しくは『前編』で綴っているので、まだ、
お読みでない門下生『前編』から読み進めて
下さるよう。


と言うわけで本日は

『ニューアイムジャグラーEX-KT』

“実戦記”『後編』をお届けしよう!


まだ、『前編』をお読みでない門下生(読者様)
こちらから

ニューアイムジャグラー実戦記!いつもと変わらん実戦記?終日つばめがえしで得れる効果とは?(前編)

前回までの流れ

--sponsored link--

時は吹喜月も半ば頃。


この日の“煽り機種”『バラエティコーナー』と、
『ニューアイムジャグラーEX-KT』と言う事で
4番手で入場した我輩は

『ニューアイムジャグラーEX-KT』

本命台を攻める。


序盤から不安を感じるぶどうであったが、
ボーナスは

『マイジャグの6か?』

と、言わんばかりの勢いであった。


節目の“ぶどう500個”3371Gで迎え、ぶどう
“1/6.74”と、残念な数値であったが、ボーナスは
“BB15RB19”、ボーナス合算“1/99”であった。

ニューアイムジャグラーEX-KTのスペック

クリスタルパネル©北電子

機種情報
メーカー北電子
導入日2014年8月
タイプノーマルAタイプ
BIG純増約325枚
REG純増104枚
天井非搭載
BB1G連軍艦マーチ
100G以内ゾロ目運命
ウィリアムテル序曲
ピアノ協奏曲第1番
プレミア演出上部LED点灯
レバーオンファンファーレ
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/287.41/455.11/176.2
21/282.51/442.81/172.5
31/282.51/348.61/156.0
41/273.11/321.31/147.6
51/273.11/268.61/135.4
61/268.61/268.61/134.3
出玉率
設定メーカー発表値チェリー狙い
195.9%96.9%
296.7%97.8%
398.7%99.9%
4100.8%102.0%
5102.8%104.2%
6105.2%106.6%
小役確率
設定ぶどうリプレイチェリー
11/6.491/7.301/33.6
21/33.6
31/33.4
41/33.2
51/33.0
61/6.181/33.0

©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

一樹百穫中盤戦

にほんブログ村 スロットブログ スロプロへ
BIG中ピエロ揃い

一樹百穫中盤実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
600個3948G1/6.581/5.77BB17RB211/104
700個4504G1/6.431/5.56BB19RB231/107
800個5015G1/6.271/5.11BB22RB241/109
900個5581G1/6.201/5.66BB23RB251/116
1000個6296G1/6.301/7.15BB26RB281/117

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


ここまで総投資9本ぶどう確率こそ、残念な数値
であったが、ボーナスは引けており、最低でも
設定5は有り、ここからぶどうが上がれば良いと
望みを捨てずに打ち進める。


昼休憩こそ取らなかったが、途中、コンビニへ
行き、軽食を取る。


また、普段は取らないデータを取っている実戦と
いう事で、普段より回すペースは下がっていた。


“ぶどう600個”を貯めたのは3948Gぶどう
“1/6.74”から“1/6.58”まで上がる。


ボーナスは“BB17RB21”でボーナス合算、
“1/104”


ぶどうが上がる事を望んでいたが、ここから
ジワジワと上昇傾向に。


『ジャグ連4連チャン!』

をカマし、迎えた“ぶどう700個”では“1/6.43”に。


更に“ぶどう700個”から511G“ぶどう800個”
貯め、“1/6.27”まで上昇する。


序盤のぶどうが嘘のように上昇し、ボーナスも
5015G“BB22RB24”、合算“1/109”に。


勢いは留まる事を知らず、5581G“ぶどう900個”
を貯め、遂には“1/6.20”まで上がったのである。


設定6“1/6.18”まであと少し、と意識したのが
いけなかったのか、“ぶどう1000個”を貯めるのに
715G掛かってしまい、頑張っていたぶどう
“1/6.30”まで下げてしまう。


しかし、ボーナスは何とか、好調をキープし、
“REG先行”であった展開も徐々に追い上げ、
6296G“BB26RB28”、ボーナス合算“1/117”
で折り返すのであった。


以下は“中盤の実戦データ”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
35183GBB
36422GRB
3720GRB2連
3837GBB3連
3961GRB4連
40413GBB
4190GBB2連
4241GRB3連
43136GBB
44158GBB
45175GRB
4638GBB2連
47147GRB
48272GBB
49233GRB
5036GBB2連
5197GBB3連
52308GRB
5397GRB2連
5421GBB3連

一樹百穫後半戦

--sponsored link--

一樹百穫後半実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
1100個6951G1/6.321/6.55BB29RB311/116
1200個7587G1/6.321/6.36BB36RB321/112
1300個8212G1/6.321/6.25BB39RB371/108
1338個8493G1/6.351/7.39BB40RB391/108

“ぶどう1100個”6951Gで貯め、“BB29B31”
合算“1/116”


ぶどう“1/6.32”と少し下げ、ここからはぶどう
終始、安定して“1/6.32”で推移していく。


ここから“BIG寄り”

『ジャグ連5連チャン!』

を皮切りに“BIG”の連打が始まり、“ぶどう1200個”
を貯めた時には“BB36RB32”となり、序盤の
“REG先行”の展開が嘘のような、大差を付けて
ひっくり返すのであった。


しかし、最後にはお約束と言わんばかりに
“REG”ばかりの

『ジャグ連5連チャン!』

“REG”は追い付くのであった。


最後の最後でぶどう“1/6.35”に下げてしまうが、
閉店ギリギリの“BIG”で締めくくるのであった。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
55105GBB
56104GRB
57328GRB
5851GRB
5997GBB2連
6029GBB3連
6145GBB4連
6215GRB5連
63180GBB
645GBB2連
65146GBB
6626GBB2連
671GBB3連
ジャンバリ!
68197GBB
6975GBB2連
7012GRB3連
7116GBB4連
72256GRB
7372GRB2連
74166GBB
7515GRB2連
7646GRB3連
7742GRB4連
7851GRB5連
79199GBB
800G止め

実戦結果

にほんブログ村 スロットブログへ
削り分+38G

実戦結果
総回転数8493G
総BIG40回(1/212.3)
総REG39回(1/217.8)
チェリー重複BIG7回(1/1213.3)
チェリー重複REG13回(1/653.3)
単独&中段チェリーBIG33回(1/257.4)
単独REG26回(1/326.7)
ぶどう1338個(1/6.35)
単独チェリー230個(1/36.93)
ピエロ3個(1/2831)
ベル3個(1/2831)
総収支
総投資9本
総獲得メダル5,328枚
総差枚数+4,878枚
総収支+86,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率119.1%
つばめがえし実戦結果
総ボーナス回数79回
総生入り回数41回(1/1.93)
先光り時総単独回数14回/先光り20回中
飛び込み回数27回
得した1枚41枚+6枚(先見時チェリー取得分)
得したゲーム数41G
ベル&ピエロ取得枚数72枚

総括

--sponsored link--

序盤のぶどうに比べたら大分、健闘したと思うが、
最終数値は“1/6.35”と言う、設定6で少々、ぶどう
が悪い展開でも有り得るし、設定5以下でぶどう
頑張って“1/6.35”で推移したとも取れる。


ボーナスは

『マイジャグ顔負け』

の展開に納得の結果を得る事が出来た。


我輩の設定推測としては“煽り機種”ド本命台
これだけ当たったので

『設定6で良いのかな?』

と言った所。


設定6でもぶどうが確率以下で推移する事など、
1日単位では十分に有り得る話しなのである。


さて、終日『つばめがえし』実戦でどれだけ

『生入りさせる事が出来るか?』

と言う、結果であるが、詳細は上の“表”にまとめて
おいた。


ボーナス79回の内、41回と言う結果であったが、
これが多いのか少ないのか、と言うのは比べるもの
がないのでお伝えし辛いが、我輩の見解では多いと
思っている。


単純に節約出来たメダルが41枚で、先光り時に
“先見”チェリー重複を見抜き、チェリーで得た
1枚を合わせて47枚


残念な事に今回はベルピエロがあまり、取れて
いないので合わせても119枚と言う結果であった。


普段はもう少し、引けるので今回の“倍の枚数”
稼げるはずである。


それと、あくまでほぼウェイトで回した前提では
あるが、41G分多く回せると言う結果である。


今回は慣れないデータ取得に手間取り、あまり
回せていないが、このボーナス展開で終日、
『つばめがえし』でも8800G程は回せたのでは
ないかと。


今回は普段より、大分掘り下げてお伝えしたが、
如何だったろうか?


しんどいので毎度はやらないが、ご要望があれば
また、同じような検証をしようかと思っている。


『毎回同じでつまらん』と言われぬよう、
今後も精進して参る!

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
今回は『つまった!』と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!


【訂正】つばめがえしの実戦結果の総ボーナスが89回と表記していたが、正確には79回の誤りであった。混乱を招いてしまい、申し訳ない。

ジャグビー
Twitterで更新情報を受け取るべし!
広告