ニューアイムジャグラー実戦記!推定設定6を打って7500Gしか回せなかった実戦記(後編)

やあやあ、さむらいである。


気付くのが遅かったが昨日の記事で

『祝投稿250記事目!』

であった。


日頃から足をお運び、読んで下さる皆様、
門下生(読者様)の方々には大変感謝している!


いつもなら節目には“リアル門下生”おすし
作成した“特製サムネイル”を飾っていたが
今回はなし。


実は既に『300回記念』を貰っているw


『250回』を飛ばすとは何ともお茶目ではないかw


そんな“リアル門下生”に支えられている我輩で
あるが前回、新たに登場した“リアル門下生”である
TKC(仮字)の記事を綴らせて頂いた。


今回はその『後編』を綴らせてもらおう!


お茶目なTKCが登場する『前編』をまだ、
お読みでない門下生(読者様)はこちらから
ニューアイムジャグラー実戦記!推定設定6を打って7500Gしか回せなかった実戦記(前編)

前編までの流れ

--sponsored link--

時は初霜月も半ばに入った頃。


少々寝坊し、開店から5分程遅れて入場した我輩で
あったが、遅れた“ペナルティ”“ハイスペック機”
が打てないと言うものであった。


大方の“ハイスペック系”『ジャグラー』
ライバル達に押さえられていたのだ。


後悔しても仕方がない。


遅刻は“専業”にとっても収支に直結する

『極めて重大なミス』

であり、それは“一般社会”と変わらない。


我輩は自ら行った過ちを自分の責任の基、
受け入れるしかないのである。


そんな“残された選択肢”の中から、

『ニューアイムジャグラーEX-KT』

を打つ事にした我輩であった。


序盤から“設定6”を思わせる好調な滑り出しで
“ぶどう400個”2229Gで迎え、ボーナスも
“BB9RB8”“合算1/131”と言う、申し分ない
展開。


そんな最中、“リアル門下生”であるTKCから

『弁当差し入れます!』

と、言う嬉しい申し出が。


しかし、予告された時間が過ぎても一向に現れない
TKCであった。

ニューアイムジャグラーEX-KTのスペック

クリスタルパネル©北電子

機種情報
メーカー北電子
導入日2014年8月
タイプノーマルAタイプ
BIG純増約325枚
REG純増104枚
天井非搭載
BB1G連軍艦マーチ
100G以内ゾロ目運命
ウィリアムテル序曲
ピアノ協奏曲第1番
プレミア演出上部LED点灯
レバーオンファンファーレ
ボーナス確率
設定BIGREG合算
11/287.41/455.11/176.2
21/282.51/442.81/172.5
31/282.51/348.61/156.0
41/273.11/321.31/147.6
51/273.11/268.61/135.4
61/268.61/268.61/134.3
出玉率
設定メーカー発表値チェリー狙い
195.9%96.9%
296.7%97.8%
398.7%99.9%
4100.8%102.0%
5102.8%104.2%
6105.2%106.6%
小役確率
設定ぶどうリプレイチェリー
11/6.491/7.301/33.6
21/33.6
31/33.4
41/33.2
51/33.0
61/6.181/33.0

©北電子 引用元パチマガスロマガ攻略!
パチマガスロマガ攻略!

引っ越し

作業

TKCとの出会いは10年とは言わないが8~9年
経過しているのではないか?


我輩がまだ、“スロットメーカー”に勤めていた頃の
話しである。


千葉の営業所に配属された我輩は都内から千葉県に
引っ越しをした。


引っ越し当日、大方の搬入も終え、近所のスーパー
“ビール”を買いに出た。


全ての片付けが終わった時、“お疲れビール”
する為にも冷やしておかねばならんw


その、スーパーへ行く途中に“ラーメン屋”
見つける。


肉体労働で腹も空かせていた我輩は躊躇なく、
その“ラーメン屋”へ。


“ラーメンとビール”をこよなく愛す、我輩である。


新居から一番近い飲食店がその“ラーメン屋”
あり、どれ程の“ラーメン”か気になる所。


とりあえず、“ラーメンと炒飯”のセット、880円
頼む。


そして、“ビール”w


“ビール”を飲みながらこんなメニューがあるのかと
見回すと気になる貼り紙が。


『挑戦者求む!』

と言う、貼り紙。


こう来たら現代であれば、“デカ盛り”“激辛”
想像しそうであるが違う。


『腕相撲で勝ったらラーメン無料』

と言う、貼り紙であったw

腕相撲

--sponsored link--

何とも今時、珍しいw


今時と言っても10年近く前の話しだが、その当時
でもそんな事をやるのは“珍しい店”であった。


“瓶ビール1本”を飲み、“ラーメン炒飯セット”
満腹になった我輩は“この挑戦を申し出る”事に
したのだw


とは言うもの、それなりの自信があっての“挑戦”
ある。


特に大柄でもスポーツに長けていたわけでもない
我輩であったが、“腕相撲”は強かったのであるw


高校時代は“校内で一番”と言っても過言ではない。


競っているライバルはいたが、我輩が勝ち越して
おり、相手は常に“挑戦者”であった。


こんな“伝説”もある。


当時の我輩はホテルを退職した直後の求職中で
あり、地元近くに身を置いていた。


年齢は20代後半といった所。


地元の友人と横浜の“クラブ”に行った際、
“腕相撲”で盛り上がる“若人”がいた。


普段は行った事もない異空間での出来事。


『俺、強ぇ~!』

と、息巻いている“若人”に対し、友人が勝手に
“挑戦状”を投げかける。


“挑戦”するのはもちろん、我輩であるw


その“若人”はお世辞にも強くなかったのだが体格は
良かった。


そしてその、“若人”を倒すと奥から“真打ち”
登場するw


何と“クラブの用心棒”と、思わしき黒人が

『俺とやろう』

と、出て来たのだw


さすがに相手は“ヘビー級”であり、とんでもないと
思ったのであるが、我輩の友人が引き下がらないw


さすがに、『腕を折られるのではないか?』と言う
思考もあったが、その“挑戦”を受ける事にしたので
ある。


“ブッチャー”のような出で立ちのその用心棒と
対峙する。


空調は効いてるはずの店内で“汗だく”となり、
その“汗拭きようのタオルを首から下げる様”
まさに“プロレスラー”であるw


『腕は折らないでくれよ?』と、ジョーク?を
嚙まし、いざ、対戦。


この勝負、我輩も勝てるとは思っていなかったの
だが、あっさり勝ってしまった!w


拍子抜けした我輩はその“ブッチャー”のような
用心棒に

『One More Try!』

と、煽るも、相手は『参った』とジェスチャーを
し、完勝を収めたのだった!w


その時の出来事は以後、“伝説”のように語られる
事となる。


あくまで、我輩の地元での話しではあるがw


と、前置きが長くなったが“腕相撲”は少しばかりの
自信があった我輩は

『ラーメンを賭けた戦い』

“挑戦”する事となった。


丁度、昼時を過ぎ、落ち着いた頃の店内であった
為、“店主”は快く、我輩の“挑戦”を受けてくれた
のである。


どの“ラーメンでもタダ”になると言うのでもっと、
高い“ラーメン”にしておけば良かったと考える
始末。


我輩は“勝つ気満々”であるw


いざ、厨房から出て来た“店主”を見て驚愕するw


背丈はそこまで大きくはないが、100㎝は有ろうか
と言う胸周りに丸太のような腕。


やはり、これ程でないとこのような看板は
掲げないか、とw


それもそうである。


その“店主”より“腕相撲”強ければ

『毎日、ラーメンがタダ』

で食べられる事になるのだからw


『Ready Go!』

と言う、掛け声と共に全力で倒しに掛かった。


“腕相撲”は瞬発力が“命”である。


あと、“数センチ”で相手の腕を机に沈められると、
言う所で止められる。


『強い、強いw』

と言う、“店主”の表情にはまだ余裕が伺える。


普通なら微動だにせず、受け止める“店主”であった
らしいが、思いの外、我輩は善戦したようであるw


“店主”の腕をそこまで持ていった相手を見た事が
ないと言う。


我輩としてもここまで追い込んでの負けと言う、
経験がなかったのであるが、あと、“数センチ”まで
追い込んだそこから、逆転負けを喫し、格の違いを
見せつけられたのであった。


挑戦するのは“タダ”であり、やって良かったと
思っている。


“瓶ビール”“ラーメン炒飯セット”で満腹であった
我輩が帰ろうとした矢先。


『いや~、お兄さん本当強いね!』

と、褒められ、“餃子”が出て来たのであるw


『良かったら食べて』

と。


『いや、もう食えねよ』

と言う、気持ちを押し殺し、恩恵を授かり、
“瓶ビール”を追加したのであった。


その時の店主。。。

ではなく、『Ready GO!』と掛け声を発した
のがTKCであったw


その店の従業員として腕を振るっていたのである。


その時の出来事を覚えていたTKCは頻繁に声を
掛けてくれるようになり、その店は一人暮らしで
ある我輩の“メインキッチン”となるのであった。


だからこそ、我輩の食生活を未だ、心配し、弁当を
差し入れてくれると言うのである。


なんと、有難い事かw


『20分後に出ます』

と言ってから40分経っていた。


車であれば10分と掛からない場所のはず。


心配した我輩は打ちながらも離席しては電話を
したりと、稼働に集中出来ていなかった。


やっと、連絡がついた時には1時間近い時間が
経過していた。


大雑把な性格のTKCらしいと言えばらしいw


相変わらずだな、と思いながらもせっかく来るTKC
を待たせては申し訳ないと思い、そろそろかな?
と、休憩を取った我輩であった。

大雑把

時間

もう、着いてもおかしくない状況。


『20分後に出ます』と、宣言してから既に1時間


もしや、事故にでも有ったのか?


と、心配になるも、待て待て相手はあのTKCでは
ないかw


“大雑把と良い加減”を足して割ったような人物。


既に向かっており、

『近くまで来たら連絡して』

とやり取りをした後の“着信”だったので“休憩”
取ったのだが、それでも早過ぎたようであるw


到着したのは“休憩”を取ってから20分後


ガソリンが無く、“ガソリンスタンド”を探していた
らしいw


差し入れの“カツサンド”をほうばりながらお互いの
近況の話しをするも、あまり時間が残っておらず、
帰りの道案内をして早々に帰っていったのだったw


そんなこんなで朝からの遅刻と“TKC”の訪問が
重なり、

『今日は回せてませんよw』

と言う、話しであったw

一樹百穫後半戦

にほんブログ村 スロットブログ スロット日記へ
にほんブログ村

一樹百穫実戦値
ぶどう個数ゲーム数ぶどう合算確率100個毎の確率BRBR合算確率
500個2760G1/5.521/5.31BB11RB101/131
600個3445G1/5.741/6.85BB15RB111/133
700個4113G1/5.881/6.68BB21RB111/129
800個4693G1/5.871/5.80BB21RB121/142
900個5244G1/5.831/5.51BB22RB151/142
1000個5844G1/5.841/6.00BB24RB191/136
1100個6565G1/5.971/7.21BB28RB221/131
1200個7171G1/5.981/6.06BB33RB231/128
1256個7567G1/6.021/7.07BB35RB271/122

さむらい流設定判別法、極意『一樹百穫』とは?
ジャグラーで勝ちたい方は必見!さむらい流設定判別法『一樹百穫』を伝授!


長くなったので実戦はさらっとw


良すぎたぶどうは徐々に収束をするがそれでも
終日を通して“1/6.0”ほど。


とても優秀である。


ここまでぶどうが良いとあとは回せば良いだけで
あるが、『アイム系』設定6でも“合算が1/134”
と少々、重め。


今回は“BIG先行”で危なげなく大きく勝利する事が
出来た実戦であった。


以下は“後半の実戦データ”“実戦結果”である。

実戦データ
回数ゲーム数ボーナス備考
18173GBB
1922GRB2連
2027GRB3連
2139GBB4連
22503GBB
23133GBB
2421GBB2連
25252GBB
2677GRB2連
2721GBB3連
2880GBB4連
29172GBB
30167GBB
31184GBB
328GBB2連
33556GRB
3450GRB2連
3531GRB3連
36168GRB
3736GBB2連
38356GRB
39292GRB
40154GBB
4139GRB2連
4221GBB3連
4320GRB4連
4451GBB5連
45149GBB
4617GBB2連
476GRB3連
48131GRB
4993GBB2連
50265GRB
51273GRB
52115GBB
5314GBB2連
549GBB3連
55144GBB
5667GBB2連
5729GRB3連
58220GBB
5939GRB2連
6068GBB3連
611GRB4連
6262GRB5連
実戦結果
総回転数7567G
総BIG35回(1/216.2)
総REG27回(1/280.3)
ぶどう1256個(1/6.02)
単独チェリー205個(1/36.91)
ピエロ6個(1/1261.2)
ベル6個(1/1261.2)
総収支
総投資2本
総獲得メダル4034枚
総差枚数+3934枚
総収支70,000ポイント(5.6枚交換)
出玉率117.3%

総括

--sponsored link--

遅刻をしながらも結果的に

『ニューアイムジャグラーEX-KT』

推定設定6を掴む事が出来た。


しかし、遅刻をする者への“ペナルティ”は大きい。


5分の遅刻が損失1000Gと言う結果であるw


TKCは悪くない。


むしろ、近くで行事が有ったにせよ、スルーする
事は可能だったのに、わざわざ差し入れを持って
訪問してくれたのである。


TKCに対する時間にルーズな所の“ペナルティ”
久々の対談であったのにも関わらず、ルーズな
あまり、20分しか、時間が取れなかった事にあるw


連絡くれればもう少し、ゆっくり出来たと思う
反面、これがTKCらしい所でもあると思うので
あったw


せっかくの設定6も回せなかったがどこか満足の
我輩であったw

本日はこれにて御免!

ランキングに参加中である!
腕相撲には自信があるぜ!と言う
門下生(読者様)さむらい
▼応援クリック▼すべし!
挑戦は受け付けるのであるw

ドットピエロ
Twitterで更新情報を受け取るべし!
広告