2016年度さむらい個人ランキングを公開!2017年勝ち組になる為には?

アンカー広告
--sponsored link--

やあやあ、2017年、マイホの設定の入れ方が激変し、
ツモ率が激減
しているさむらいであるw


“ブログ”を始めて早々、いきなりピンチであるw


まぁ、なるようにしかならないのは今に始まった事ではない。


8年以上、専業をしているが状況が変わる事は度々あった。


引っ越し等による土地の変化、
規制や内規の変更などによる出玉性能の変化、
震災などによる影響や、
イベント規制等による情報の変化等、
あげたらキリがないのである。


同じ事を続けていてはいつかは食えなくなる。
それが世の常である。


本日は昨年の結果を踏まえ、
時代の流れに合わせて2017年度の
立ち回る術を『さむらい流』で考察しようではないか!?

そもそも、さむらいの稼ぐスタイルって?

紙幣

門下生(読者様)にとって興味があるかわからんが、
パチスロの専業でも稼ぎ方は様々なのである。


大きく分けると三つ程に分類される。


・一つの店に通い、設定変更等のお店毎の癖を見抜き、高設定を狙い打つジグマスタイル

・天井やゾーンなどの期待値が見込めるとこのみを狙い打つ天井狙いスタイル

・グランドオープン、リニューアルオープンやイベント等、
の情報で店を移動する開店プロスタイル


主にこの辺ではなかろうか?


あとはぱちんことの兼業であるがここは我は専門外である。
さむらいはほとんどぱちんこは打たないのだ!


我輩がぱちんこのハンドルを握っていようものなら
専業仲間から似合わないとクレームを頂く程であるw


さて、話しが逸れてしまったが、
この中で言うと我輩はジグマスタイルである。


一つの店、いわゆるマイホに通い、
店のデータを集め、癖を読み、
高設定を狙い打つスタイルがメインであり、
攻める機種はノーマルAタイプを代表する

『ジャグラー』

である。


ジグマとは『地元の熊』からきた造語である。


もちろん、保険で“天井狙い”などもする。
だが、性に合っているのはやはり、
同じ店で打つ“ジグマ”なのである。

ジグマ以外のスタイルは?

ハイエナ

“天井狙いスタイル”、俗に言う“ハイエナスタイル”だが、
我輩はこの、“ハイエナ”と呼ぶ言い方が嫌いである。


なので当“ブログ”では“天井狙い”とさせて頂く。


現在、“天井狙いスタイル”専門で立ち回っている方々は感じていると思うが
正直、言って“天井狙いスタイル”の状況は今後も悪くなる一方であろう。


“5.5号機”による、出玉性能の低下が主な原因であり、
それによる客離れ、天井性能の低下などが要因である。
さらには9月には“5.9号機”になるのであるから絶望ではなかろうか。


天井狙いスタイルのみでやっている専業や兼業は今後、
追える期待値や時給を下げる、もしくは通う店を広げる等の
努力なくしては、収支にならない状況は続くであろう。


“開店プロスタイル”は今後も安泰ではなかろうか。
なぜなら、“開店プロスタイル”に一番必要なのは何よりも情報だからである。


イベント規制でホール様が告知などの集客が制限されている現状
より、情報を得れる人間が勝っていくのである。


これは、“パチスロ”“ぱちんこ業界”に限った話ではなく、どの市場でも同じ事が言えるのではあるまいか?

2016年さむらいが最も稼いだ機種とは?

--sponsored link--

ここからはランキング形式である。
細かい所は排除し、ざっと発表していこうw


2016年1月1日~12月31日までのデータである。


第3位!


ゴッド
©ユニバーサルブロス

『ミリオンゴッド~神々の凱旋~』

総獲得差枚数34340枚!

ここで天井狙いがメインの『ミリオンゴッド~神々の凱旋~』がランクインである。
普段は『ミリオンゴッド~神々の凱旋~』の設定狙いなどしないのだが
一度だけ、攻めて推定設定6をゲットし、
久々の万枚を達成出来たのがランクイン出来た大きな要因であろう。


ちなみに、何もわざわざ設定6をツモった時に限って、
こんな引かなくてもと言う位、
1日に引いた『GOD』5回であるW

第2位!!


マイジャグラー3
©北電子

『マイジャグラー3』

総獲得差枚数71916枚!

ここでやっとこジグマ的な機種の登場であるw


本機が導入されたのは2015年ではあるが、
ジャグラーシリーズのハイスペック機種では最新機種であったので
比較的に設定が入り易い状況にあったのであろう。
ここで登場するのは言わずもがなである。

第1位!!!


ジャグラー
©北電子

『ニューアイムジャグラー!!!』

総獲得差枚数は断トツの93672枚!

これは、『ニューアイムジャグラーEX』『ニューアイムジャグラーEX―KT』
合算ではあるが一括りにさせて頂いた数字である。
但し、『初代アイムジャグラーEX』は含まれていない。

総括

GOGO
©北電子

この結果を見て門下生(読者様)は如何、感じたであろうか?


『ジャグラーの設定6なんて勝率78%しかないんでしょ?』


『設定6でも出率105%なんて攻めれねーよ。』


『GOGOランプが光るだけのゲーム性なんて単調で打ってらんねーよ。』

そんな意見は全て

否っ!!!

である。


貴殿はどれほど世に充満した誤った情報だけで考えているのか、
と言う話しである。この

『アイムジャグラーの真実』

に関しては後日に記事にする事を約束しよう。


『アイムジャグラーの真実』についてはこちらから
『アイムジャグラーの真実』とは?メーカー発表出玉率105.2%の裏側を考察!(前編)

『アイムジャグラーの真実』とは?メーカー発表出玉率105.2%の裏側を考察!(後編)


2017年、勝ち残る為には人より、今以上に頑張るか、
人より情報を得るか、である。


少なからずここ、

『さむらい流スロプロ道』

では設置台数が一番多く、ホール様にとってメイン機種である、

『ニューアイムジャグラー』

の立ち回り術を伝授していこうではないか。


2016年に結果を残した、
我輩が培ってきたノウハウを惜しみなく伝授していく所存である。


勝ってる人間と同じ事が出来れば勝てるのである。
それを皆が真似したら自ずと勝てなくなり、
周りと同じでは勝ち続ける事など出来ないのである。
これはどこの世界でも同じ事が言えよう。

本日はこれにて御免!

--sponsored link--
広告336×280